2018年08月17日

ナンコツとレバー

/中華そば大賀110@相武台前にてワンタンつけそば/ホルモン焼き時代輪屋(ときわや)にてナンコツ、レバー/

クリックすると拡大します

 金曜日は飲みに行くのがサラリーマンとしての決まりです。ふらわまにあファンが盛り上がるように、強めに言ってみます。
 しかしして連れだって飲みに行く友達がいないので、ラーメン屋で飲むかと。 
 ビールだけで無く日本酒が飲めるラーメン店は多くありますので、さて、どうするかと。

クリックすると拡大します

 夜は中華そば大賀110@相武台前公式ツイッター)。
 伺おうとすると定休日だったり、食材切れで早仕舞いしていたり、随分と間が空いてしまいました。
 で、やっと伺うと先客一人でガラガラだったりします。
 しかしして食べ終わる頃には満席になって、ゆっくり出来ないという。

クリックすると拡大します

 券売機を見ると、中華そば、つけそば、汁なし担々麺、担々麺のラインナップ。担々麺(汁なしも)には6辛以上のメニューが追加されています。
 夏期限定として棒々鶏麺が、常連客向けだった焼きそばが夜限定メニューとしてラインナップしています。
 温泉卵とか納豆などのトッピングも充実しています。

クリックすると拡大します

 今夜は相武台前に一人お疲れ様会、ビールはハートランドビール500円、付き出しはキュウリとチャーシュー。
 店主さんの目の前の席でしたので、四方山話は1ヶ月遅れの1周年おめでとうございますから。
 以前にも増してお昼営業のお客さんが多くなってきているとのことで、こちらまで嬉しくなってしまいます。

クリックすると拡大します

 何人かのお客さんへ先に提供してから、頃合いを見計らってお願いしたワンタンつけそば1000円
 ※店主さんのご厚意により、標準的な盛り付けと異なる可能性がありますので、ご了承下さい。
 綺麗な白磁の丼に盛り付けられた手打ち麺、上にチャーシューを乗せ、刻み海苔をあしらってあります。
 麺丼より一回り小さい丼に醤油ベースの鶏ガラスープをたたえ、穂先メンマ、レアチャーシュー、ワンタンを沈めてあります。

クリックすると拡大します

 手打ち麺は昆布水を纏っていて麺同士が絡まず、それでいてつけ汁には良く絡み、とても美味しく頂けます。
 昆布水に浸けると昆布の味が強く出ることが多いのですが、昆布水を一工夫してあり、そんなに昆布を味を感じません。
 麺の味わいがこれまでと違っていたのですが、気候とかブレとかなのかなと食べていたら、先週辺りに小麦の配合を変えたそうです。
 ワンタンは3つ、餡も美味しいし、皮も美味しい。日本酒の用意があれば、皿ワンタンも可なり。

クリックすると拡大します

 手打ち麺のつけそばという事で、どうしても丸長系のつけそばと比べてしまいます。
 しかしして、守るものを守りつつ進化する丸長系のつけそばと、守るのもなど何も無いゼロベースの大賀110のつけそばではまるで違います。
 どちらが美味しいかは個人の好みですが、私は大賀の方が好みです
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 ホルモン焼き時代輪屋(ときわや)(ホームページ)、『いつの時も どんな時代(とき)も/大切な家族や仲間たちと笑顔で/輪(わ)を囲み/楽しいひと時を過ごしてほしい/そんな思いを込めて/時代輪屋(ときわや)は誕生しました』
 こんな田舎ではと言うのは失礼ですが、タイミングにはよっては満席で断れることもあります。
 戸を開けるとカウンター席が満席で、、、おっと、一番端っこが空いていました。

クリックすると拡大します

 世の中にはビール党、日本酒党、サワー党など多くの党派がありますが、私はレモンサワー党。
 ということで、今夜は鶴巻で一人お疲れ様会、再び。
 店主さんには「随分と久し振りじゃ無いですか」と驚かれましたが、まま、一杯飲めば何事も無かったように。

クリックすると拡大します

 何年も変えていない、ナンコツから。
 この部位をナンコツと称して焼く店は他に知りませんが、たまたま仕入れがあった舌に近い部分の部位を混ぜてくれて、これがまた旨い。
 良い肉は良い香りがすると言われていますが、私には美味しいことしか分からず、香りはさっぱり分からない。
 以前は必ず二人前をお願いしていましたが、今は昔、最近は一人前から。

クリックすると拡大します

 続けてレバー、今では必ず焼いて食べます。
 一口大と言えば聞こえは良いけど、一口では食べにくい程の大きさで、この店はずっとこの大きさですが、都内焼肉店で出せば狂喜乱舞される大きさ。
 しっかり焼いて醤油ダレを漬けて食べると、数え切れないほどの栄養を一気に食べる感覚、旨いわ。

クリックすると拡大します

 食べながら飲みながら、店員さんとか常連さんとかのお喋りがとても楽しい。
 まあ、そんなお喋りがしたくてお店に来ていると言うこともあるけど。
 終電前に退店、美味しくいただき、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記