2018年08月22日

680円のラーメン

/らーめん家せんだい曙町店@阪東橋にてらーめん(醤油)/横浜家系ラーメン黄金家@黄金町にて並盛ラーメン/

クリックすると拡大します

 仕事が終わって駆け付けた伊勢佐木町、で、いいのか。
 この辺りはちょっと目を離すとラーメン店が開店しては閉店し、閉店しては開店しています。
 行きたいラーメン店が3店貯まると(食べるのは2店ですが、予備に1店)、黄金町駅で降りて、食べ歩いて関内駅、なコースが多いですね。

クリックすると拡大します

 らーめん家せんだい曙町店@阪東橋(横浜市中区曙町4-47)、横浜橋店(2014/5/15-2018/6/29)から移転して7/9にオープン。
 立地は麺屋サスケ横浜店(2014/5/24-2017/4)、ハングリーピッグ曙店(2017/5/1-2018/5/30)の跡地、ハングリーピッグ曙店は閉店では無く移転のようですね。
 移転前の横浜橋店には去年の6月に訪問していて、その時のワンオペ店長さんが引き続き店長を務めています。

 らーめん家せんだいには公式サイトがありますが、曙町店は(横浜橋店も)掲載されていないのでリンクは張りません。
 ※ちなみに、公式サイトには「せんだいの名の由来でもある鹿児島県・川内(せんだい)は」の記載がありますが、正しくは「かつては」です。

クリックすると拡大します

 店内に入り、左手にある券売機をみるとボタンはらーめんだけですが、食券を渡すときにタレの種類を醤油、塩、味噌、辛味噌から選んで伝えます。
 麺量は中盛りが100円、大盛が200円、トッピングはチャーシュー、味玉、ネギ、もやし、ほうれん草、キャベツ、のり、きくらげ、メンマ、コーン。
 ご飯物はライスにチャーシュー丼、飲み物は缶ビール、缶チューハイ、からだすこやか茶。
 店内に家系お好みは貼り出してありませんし、店員さんからも聞かれませんが、言えば麺の茹で加減、味の濃さ、油の量は調整して下さいます。

クリックすると拡大します

 買った食券を店長さんに渡すと「前の店に来てくださってますか?麺柔らかめで」と。
 1年前以上に一度だけ来たお客さんの顔と好みを覚えていることに、初めの頃は驚きましたが、何度もあると「よくある事」として、当たり前に感じてしまいます。
 店内は前店の居抜きで、厨房を囲むL字カウンター13席。
 卓上にはおろしニンニク、練り唐辛子、酢、ブラックペッパー。

クリックすると拡大します

 少し待ってらーめん(醤油)680円、家系お好みは麺柔らかめ。
 カウンター台に置かれた丼は熱くて持てないほどで、テーブルに降ろすとモウモウと豚骨臭、これはスゴイ。
 これまで味わったことの無い熱さの豚骨醤油スープ、豚骨の旨味全開、鶏油の香り爆発、隠し味のキビナゴ出汁が全体をまあるく包んでいます。
 横浜ナンバーワンブロガーさんが「かつてのせんだいの味に一番近い」と太鼓判を押す、美味しい味わいです。

クリックすると拡大します

 柔らか仕上げの丸山製麺の丸太麺はこれまた旨い、スープに良くあっています。
 ちなみに並盛りは黒丼ですが、中盛以上は薄青磁になります。
 トッピングは大きめの板海苔3枚、豚肩ロースチャーシュー、茹でほうれん草。
 ライスを頼んで家系海苔巻きを楽しみたかったのですが、もう一軒予定しているので、今日のところは見逃します。

クリックすると拡大します

 麺を半分ほど食べたら味変、おろしニンニクと練り辛子をたっぷりと。
 全体を良く馴染ませてからいただくと、もう一つの味が顔を出してきます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 横浜家系ラーメン黄金家@黄金町(横浜市中区末吉町3-67-7)、永楽家@伊勢佐木長者町(2015/12/3-2018/1)の店員さんによる2018/8/16オープン。
 伝聞ですが、復活に際して吉村家で働いていた方も手伝っているとか。
 永楽家は未食ですが、家系ラーメンに見せかけて生ほうれん草をトッピングすることで有名でしたが、今夜は封印されています。
 お店に入ろうとすると入口にオープニングフライヤーが山積みされていて、持って店内に入ります。

クリックすると拡大します

 店内右手の券売機を見ると、メニューは醤油ラーメンのみ、中盛りは100円、大盛は200円。
 トッピングは味玉、のり、ほうれんそう、キャベツ、メンマ、ネギ、青ネギ、千切りネギ、ピリ辛ネギ、ピリ辛ネギチャーシュー、きくらげ、わかめ、玉葱、キムチ。
 チャーシュー丼などのご飯物、アルコール飲料。
 買った食券を店員さんに渡しつつ家系好みを伝え、オープニングフライヤーを見せてトッピングの無料サービスをお願いします。

クリックすると拡大します

 無料サービスは玉子、のり、ネギ、キャベツ、キクラゲ、わかめ、ほうれん草、ライスになります。
 店内は広めで、厨房を囲むL字カウンターは14席、店内奥には自立式のチャイルドシートも用意されています。
 厨房には白装束に白長靴の男性店員さん2人、大きめの寸胴3つ、いやが応にも期待が高まります。
 卓上には酢、ブラックペッパーグラウンド、豆板醤、おろししょうが、トウガラシ、行者にんにく。

クリックすると拡大します

 少し待って並盛ラーメン680円
 カウンター台からテーブルに降ろすときに丼がかなり熱く、中盛り用と思われる一回り大きな丼に並々とスープが注がれています。
 きっちりと炊き出された豚骨スープですが、さっぱりめというか薄め。
 薄いから美味しく無いということは無いのですが、厨房の寸胴から濃厚さを想定していたので、肩をすかされます。

クリックすると拡大します

 長多屋製麺の中細麺、何故に中細麺かと食べてみれば、スープに合わせてありますね。
 これはこれで1つの美味しい家系ラーメンの形、気が付けば店内満席です。
 トッピングは薄切り豚バラ肉チャーシュー、板海苔3枚、茹でほうれん草。
 キャベツは買えば100円ですが、こんなに乗せちゃって大丈夫なんだろうか。

クリックすると拡大します

 途中で行者ニンニクを入れて味変しましたが、いかんせんスープの量が多く、かといってたっぷり入れてもスープを飲み干すわけじゃ無いし。
 食べ終わっても丼は熱いまま、うーん、そこまで熱くしなくても。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記