2018年08月31日

大岡山から日吉へ

/大岡山タンメン@大岡山にて大岡山タンメン/中華そば どんぐり@日吉にて中華そば白(塩)1玉/

クリックすると拡大します

 月末とは関係なく、週末は何かと立て込んでいて忙しい。
 それでも時間は前にしか進まない、喉元過ぎれば熱さ忘れる、とは昔の人はいいことを言いました。
 何とか仕事を終えて職場を出て、さて、どこにラーメンを食べに行こうか。

クリックすると拡大します

 大岡山駅から徒歩5分のこころ大岡山店を過ぎ、さらに1分ほど歩くと、大岡山タンメン@大岡山(大田区南千束3-16-3)が左手に見えてきます。
 8/30オープン、9/1までの三日間は大岡山とタンメンが500円で200杯限定でサービスされます。
 開店時間直前に到着しましたが、外待ち9人、全員が近くの大学生です。

クリックすると拡大します

 店員さんに聞いた話では、麺屋こころが閉店した中華料理店を買い取り、台湾ミンチなどの仕込み所として一年以上利用していたとのこと。
 仕込みを荏原町に移したので、なんかやろうか、とタンメンを始めましたとのこと。
 ちなみに、現在こころは主軸を海外(インドネシア、ジャカルタなどの5店舗、本年度中に新規3店舗出店予定)に置いているので、国内への出店は、東京中華そばこころ荏原町店以来半年振りになります。

クリックすると拡大します

 程なくして店先に暖簾が掛けられ、少し待って店内へ。
 メニューは大岡山タンメン、タンメンの2種類(違いはピリ辛ミンチの有無)。鬼辛タンメン、カレータンメンはカミングスーン。
 お得なセットは、ご飯+カラアゲ3個が200円、ネギメシ(ハーフ)+カラアゲ3個が300円、ミンチ丼(ハーフ)+カラアゲ3個が350円、の3セットが用意されています。
 トッピングは京都産ねぎ、肉増し、野菜増し、にんにく増し、ミンチ増し。サイドメニューはご飯ものと唐揚げ、ビールにウーロン茶。

クリックすると拡大します

 店内は厨房に向いたカウンター6席、店内奥と店内手前に4人掛けテーブル、全14席。
 こころの支店には7店舗しか行かれていませんが、どの店舗も狭く、この店舗も狭いので入口と出口が別に用意されています。
 卓上にはこしょう、ラーメンだれ、昆布酢。
 店内に大きく使用している食材の説明が貼り出されていますが、こちらでは豚肉しか紹介していないので、牛肉と豚肉の合挽を使っている台湾ミンチは使われてはおらず、台湾ミンチとピリ辛ミンチは別物です。

クリックすると拡大します

 程なくして大岡山タンメン800円(オープン記念で500円)
 私の知っているタンメンは、スープと共に野菜を煮立て、スープに野菜の旨味を移します。
 大岡山タンメンは、野菜は野菜で中華鍋でガラスープと共に煮立て、スープはスープで雪平鍋で温め、丼で合わせるスタイルです。
 雪平鍋で温めたスープは鶏と水、大量の鶏皮を細かく切り刻んでから炊き出しているけれど脂は控えめ、おろしニンニクとおろし生姜、辛味ミンチが想像しているよりも強めに辛さを主張します。

クリックすると拡大します

 細麺はこころと同じ太陽食品、スープとの相性が少しずれているように感じますが、開店二日目ですから「これで完成」ということはないでしょう。
 麺量は130gですので、お腹いっぱい食べたい人は、大盛りかセットライスを追加されるといいでしょう。
 野菜にはキャベツ、モヤシ、ネギ、ニラが使われていて、一杯のラーメンとしてはちょうどいい感じです。

クリックすると拡大します

 せっかくなので唐揚げを食べようと思いましたが、から揚げは6個350円、学生限定3個100円、お得なセットのいずれかになります。
 6個は多いし、ご飯も要らないし、学生じゃないしと悩んでいたら、、、ありがとうございます。
 言うまでもなく店内で仕込んで揚げていて、ラーメンのサイドメニューとしては十分な美味しさ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 10/1には先着100名にTシャツを配るイベントをやる予定と言っていたような、言っていなかったような。
 さて、大岡山から帰宅するにはどうやって帰ればいいかなと経路を探すと、日吉で乗り換えろと。
 おお、日吉には行ってみたいラーメン屋があったな。

クリックすると拡大します

 日吉駅東口に出て、通りを下り、通りを右に曲がってしばらく歩きます。
 駅から徒歩10分で、中華そば どんぐり@日吉(横浜市港北区日吉4-11-5)へ。
 日吉駅西口へ移転した佐藤(2015/9/26-2017/7)の跡地へ、7/2にオープンしました。
 店主さんは独学とのこと、さてさてどんなラーメンでしょうか。

クリックすると拡大します

 店先には手書きのポップが貼り出され、食材や具材が書かれているので、ブロガーとしては間違えずに書けるので安心です。
 とは言え、目で見えること、言われて聞いたことを書くだけではメッセンジャー、思ったこと、感じたことを伝えないと。
 余計はお世話ですが、こういった手書きポップはそれなりに絵心があると効果的ですが、私のように絵心ゼロですと、非常に厳しい。
 ま、そんなことはいいから、ラーメンを食べようと店内へ。

クリックすると拡大します

 入ってすぐ左手の券売機で食券を買います。
 メニューは4種類、中華そば赤(正油)、中華そば白(塩)、ざる中華(淡麗)、ざる中華(濃厚)、2玉がスタンダードで1玉が「少なめ」の設定です。
 トッピングは味玉、メンマ、チャーシュー、のり(8枚)、生卵、野菜。味玉はデフォでトッピングされていますので、二個食べたい人向けですね。
 サイドメニューはねこまんま、飲み物はビールにラムネ。

クリックすると拡大します

 店内は前店踏襲で、厨房に向いたカウンター6席、4人掛けテーブルが2卓、全14席です。
 卓上にはブラックペッパーグラウンド、七味唐辛子、酢。
 店内はゆったりした造りで、美味しいラーメンを食べると言うより、ラーメンを美味しく食べるといった趣き。
 厨房では2人の男性店員さんが、手際よく調理されています。

クリックすると拡大します

 少し待って中華そば白(塩)1玉700円、丼と蓮華を角盆に乗せ、ぐるりと回って配膳して下さいます。
 薄茶のスープは鰹節や煮干しを主体として、鶏ガラ、ゲンコツ、手羽元と共に煮出していて、油を取り除いています。
 タマネギや生姜などの野菜出汁を合わせてあることは伝わってきますが、バランスというか、マリアージュは鋭意模索中に感じます。

クリックすると拡大します

 中太麺は村上朝日製麺の切刃18番あたりでしょうか、スープとの相性は悪くありません。
 トッピングはチャーシュー二枚、板海苔二枚、メンマ数本、茹で小松菜、味玉と値段の割に豪華です。
 それにしてもスープが多い、ここまで多くなくてもいいんじゃないかと。

クリックすると拡大します

 食べ終わったタイミングで、アイスキャンディーをサービスされました。
 アイスは滅多に食べないので新鮮な美味しさ、ラーメンの後のアイスも悪くありませんが、それは後客がいない場合に限ってですね。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記