2018年09月09日

彼岸花

/横浜家系ラーメン藤之家@秦野市にて醤油豚骨チャーシュー、半熟玉子、まぜそば/彼岸花/

クリックすると拡大します

 鮨屋や焼肉屋、焼鳥屋などに行くと、そのブログを書くのに半日以上掛かってしまう。
 時間が掛かるのは、写真の修正に時間が掛かる(ピンボケの写真をいくら修正しても・・・)、食材や日本酒、料理の裏取りに時間が掛かる(それでいて間違いだらけ)、そして文章を書くのに膨大な時間が掛かってしまう(日本語として成り立っていないのに)からなのですが。
 食材や料理名を列挙して、「美味しかったです」「オススメです」「接客が良かったです」と端的に書く方がずっと良いんじゃ無いかと、じっと手を見る。

クリックすると拡大します

 遅い時間のお昼に、女房と連れだって新メニューが出たと聞いていた横浜家系ラーメン藤之家@秦野市へ。
 ランチタイムに来ると駐車場が一杯で停められない事もあるので、時間をずらしてみたら、先客2台で助かりました。
 こうして店先にクルマが停まっていない状態というのは、開店直後くらいのものです。

クリックすると拡大します

 店内に入り、券売機を見るとコロコロチャーシューと餃子セットがメニューアウト、お子様ラーメン380円、チャーシュー丼280円、ビール380円、枝豆180円がメニューイン。
 先ず私が新商品のまぜそばのボタンをポチッ、チャーシューメンが好きな女房は「味噌のチャーシューメン?」のボタンを探すも見つからず。
 醤油と塩はチャーシューメンがありますが、味噌と辛味噌はトッピングとしてチャーシューを別に買うスタイル、、それじゃダメなんだ。

クリックすると拡大します

 同じじゃん、、とゴリ押しせず、そういうお客さんもいるんだな、と勉強になります。
 いつも座るカウンター席に座り、食券を店員さんに渡します。
 お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして先に女房の醤油豚骨チャーシュー950円、半熟玉子100円
 4枚ものチャーシューが乗せられていると、もう、家系ラーメンとは思えない程のボリュームです。
 以前は胡椒を掛けるだけでしたが、門前の小僧なんたらで、最近では針生姜を入れて味変を楽しんでおられます。

クリックすると拡大します

 すぐに私のまぜそば800円、台湾まぜそばではありません。
 醤油ダレを敷いた丼に短尺平打中太麺を乗せ、麺の上に刻みネギ、刻み海苔、辛子ネギ、ニラ、刻み玉ねぎ、魚粉、モヤシとキャベツの茹で野菜、センターに挽肉、の上に卵黄。
 丼がラーメン丼なので、溢さない様に気を付けてかき混ぜてから食べてみると、とても美味しい。
 色々な味が代わる代わる感じられて、これぞまぜそばという美味しさです。

クリックすると拡大します

 麺は麻生製麺、ラーメンの麺と共通のようでしたが、今後改善されるかも知れません。
 食べ進むと味が一体化してくるので、自然に味変になって、とても面白いです。
 途中で、このまま食べきるか、追い飯を楽しむかを決めなければなりませんが、ライス無料なので追い飯に即決しました。

クリックすると拡大します

 ライスは食べ放題なので、一杯は振りかけで食べ、二杯目を追い飯もアリですけど、もうそんなに食べられないお年頃です。
 泣く々々半ライス分をよそってきて、残した餡にライスを入れて、良くかき混ぜて頂きました。
 途中でちょろっと酢を掛けたりして。

クリックすると拡大します

 いつも食べる餃子350円、大抵は女房が2つ、私が3つ。
 女房はお皿のくぼみで餃子のタレを作って食べるけど、私はサッと全体に醤油と酢(水餃子の場合は辣油と酢)を掛けて食べます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 もう彼岸花が咲く季節になったのか。
 そうか、暑い暑いと言っていたけど、長月だからな。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記