2018年09月12日

夕飯を自宅で

/おにやんま新橋店にて冷「並盛」とり天&ちくわ天ぶっかけ、ねぎ増量/横浜家系ラーメン志田家蒲田店にて旨辛らーめん/

クリックすると拡大します

 朝は、おにやんま新橋店へ。
 店先にはポリ容器が置いてあったり、パイロンが並んでいたり、1度たりとも店先を綺麗に撮れたことがありません。
 どんなお客さんが朝からうどんを食べに来るのか、店先で少し眺めていたら、4人中2人が食券を買わずに店内へ。
 先に食券を買って下さいと、大きく貼り出してあるのにな。

クリックすると拡大します

 うどんの値上がりに伴って五反田本店の券売機は変更されていましたが、こちらは値段を変更しただけのようです。
 ※昨日の写真もそうでしたが、今日はこの券売機の写真を加工してあり、現実には有り得ない券売機です。
 1度はおろし醤油を食べてみたいと思いながらも、今日もぶっかけを買ってしまいます。
 食券を買うと、店内の厨房にレシートが印刷される仕組みなので、券売機でボタンを押した順番に店内に入ります。

クリックすると拡大します

 店内に入り、受付でそのまま待っていると、出来上がりを乗せて下さいます。
 気を付けるという程ではありませんが、受付で角盆に箸を乗せないと、食べるスペースには箸が用意されていないという。
 以前は受け取った時点でネギと天かす、おろし生姜を追加しましたが、今は昔。

クリックすると拡大します

 受け取ったら、好みのテーブルに運び、好みで天かすやおろし生姜、七味唐辛子を掛けて頂きます。
 冷「並盛」とり天&ちくわ天ぶっかけ530円、ねぎ増量50円
 いりこ出汁の汁をもう少し欲しいところ、次回は「汁を多めに出来ますか」と頼んでみようか。

クリックすると拡大します

 完全立ち食いスペースで啜るうどん、美味しいですねぇー
 ちくわ天が一本、とり天が2つ、さくさくと美味しく頂けます。
 美味しくいただき、ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 お昼は横浜家系ラーメン志田家蒲田店公式ツイッター)へ。
 今日は先月販売が始まったつけ麺と同時にリリースされたメニュー狙いで。
 ちょっと無沙汰してしまい、どことなく緊張しながら店内に入ると、店員さんのにこやかな「いらっしゃいませー」の挨拶に、ホッとします。

クリックすると拡大します

 店内に入り食券を買って、いつもの席へ腰掛けながら店員さんへ食券を渡します。
 すぐに席を立って(それなら座らなくてもいいじゃんね)壁に接するテーブルに用意された無料サービスのご飯をよそります。
 多くの家系ラーメン店でライスを無料でサービスしていて、ふりかけとか乗せ物とかも合わせてサービスされています。
 こちらでは、崩したゆで玉子を軽く和えた崩しゆで玉子と、唐辛子をニンニクで和えたニンニク唐辛子が用意されています。

クリックすると拡大します

 折角だから両方味わっちゃおうと、ご飯に半分ずつ乗せて席に戻ります。
 以前の私は、ラーメンとツーショットするためにお預けしていましたが、もうそんな歳ではないので、ラーメンの調理時間に食べてしまいます。
 ゆで玉子は美味しいけど、ニンニク唐辛子は結構辛いな。

クリックすると拡大します

 少し待って旨辛らーめん750円、家系お好みは麺柔らかめ。
 基本の家系ラーメンスープに唐辛子粉を溶かし込み、旨くて辛い、辛くて旨いスープです。
 唐辛子は粉末にしても水には溶けないので、あれやこれやと工夫してあり、出来上がってから唐辛子を振るのとは全く異なります。
 今日のスープは軽めの味わいで、辛さがしっかりと感じられ、とても美味しいです。

クリックすると拡大します

 酒井製麺の短尺平打中太麺、麺柔らかめですので長時間茹でてあり、最後の一本まで麺が熱々で美味しいのです。
 トッピングは大きめのチャーシュー、板海苔三枚、茹でほうれん草、薬味ネギはスープ前方式です。
 ほうれん草は注文ごとに茹でて温めているので、スープとの相性もいい感じです。

クリックすると拡大します

 スープに馴染ませておいた板海苔をご飯に乗せて、家系手巻き海苔。
 無料サービスですので、ご飯をお替わりして、家系手巻き海苔を三本、美味しかった。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事が終わったらラーメンを食べるか、お酒を飲むか、が一番の楽しみなのですが。
 たまにはいいだろう、と何も飲んだり食べたりせずに帰ることにしました。
 まるで体調が悪いみたいですね。
posted by ふらわ at 23:44| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記