2018年09月13日

百日咲く花

/百日紅/NOODLE SOUNDS@本郷三丁目にて鰹油そば/

クリックすると拡大します

 百日紅の花があちこちで咲いています。
 花(草木)の名前は人間が勝手に付けたのですが、花の色に白や紫があっても「白百日紅」「紫百日紅」と分けずに「百日紅」と呼ぶのは何故だろうか。
 ま、考えても分からないことを考えても仕方ないので、ラーメンでも食べに行きますか。

クリックすると拡大します

 NOODLE SOUNDS@本郷三丁目、調べてみたら今日で7回目の訪問になります。
 季節の限定メニューを販売される様になって久しいのですが、あまりの人気に仕事が終わった夜営業では売り切れていることが殆どです。
 仕込み量を増やせばいいのだろうけど、それが簡単にはできないから、こういうことになっているのだと思います。
 いずれにしても、お店が流行っているのは自分のことの様に嬉しいですね。

クリックすると拡大します

 店先にはレギュラーメニューに加えて、季節限定メニューが掲げられています。
 上段の冷しそばは食べていませんが、まあ、全部のメニューは食べられないので、今日は9/12から始まった油そばにしました。
 店員さんに確認できていませんが、おそらくは秋季限定メニュー、ささ、店内に入って食べましょう。

クリックすると拡大します

 タイミング良くノーゲス、券売機で食券を買い、カウンター内の店員さんに渡します。
 背が高い人と、そうでもない人の2人の男性店員さん、どちらも顔を知っていますが、名前は分かりません。
 まあ、名前が分からなくてもラーメンの味は変わらないでしょう、、、そうなのかな。

クリックすると拡大します

 まだ調理に不慣れなのか、提供まで少し待たされます。
 醤油ダレを白丼に茹で上げた麺を乗せ、茹でモヤシを重ねて、花かつお、魚粉、白ネギ、鰹フレーク、水菜を麺が見えないほど盛り付けます。
 盛り付けのセンターに卵黄、卵黄にスパイスを振りかけて鰹油そば800円

クリックすると拡大します

 1玉半ほどの自家製麺を丼からこぼさないように全体をよくかき混ぜてから食べると、鰹の風味と、甘めの醤油ダレが程よく麺に絡んで、とても美味しい。
 特に鰹、カツオの油と魚粉とフレークの三重奏がとても心地よい、シャキシャキとした食感のモヤシがいい感じです。
 美味しいのですが味が一直線で、途中で違う味を舌が求めてきます。

クリックすると拡大します

 折角なので、なにか味変が出来ればと酸味や辛味を卓上に探しますが、スタイリッシュな店内に似合うスタイリッシュなホワイトペッパーとヒマラヤピンクソルトしかない。
 味が変わるほどホワイトペッパーは無理、口当たりだけリフレッシュしました。
 この手の油そばには、残ったタレや具をかき取る追いライスが付き物ですが、タレも具も殆ど残りませんでした。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 仕事が遅くなって、とても夕飯を食べる心の余裕がなくて。
 都会だから、食べるつもりならいくらでも食べられる店はあるし、中食でもいいだけど。
 昨日に引き続き、真っ直ぐ帰宅。
posted by ふらわ at 23:01| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記