2018年09月16日

藤沢で二軒

/地獄の担担麺 護摩龍 藤沢店にて地獄の担担麺飢餓(10辛)/らぁめん初代Okawari@藤沢にて鶏白湯担々麺/

クリックすると拡大します

 休みの日は、普段行かれない(行きにくい)地のラーメン店を巡っておきたい。
 隣りの市は大抵カバーできているので、その先の藤沢市や鎌倉市、時間に余裕があれば横須賀市まで足を延ばしたい。
 とは言え、一回で二杯、頑張っても三杯しか食べられないので、何度も行かなければならないのですが。

クリックすると拡大します

 藤沢駅から徒歩5分、おはなの隣りへ2018/7/9にオープンした地獄の担担麺 護摩龍 藤沢店@藤沢(藤沢市藤沢539)ホームページ)。
 地獄の担々麺 護摩龍は、平塚に本店がある天竜の暖簾分けです。
 本店は新宿の百人町にあり、藤沢店は五反田店(2016/5/1-)に続く3号店になります。
 店先に大きくメニューが貼り出されているので、入店前に納得のいくまで吟味できます。

クリックすると拡大します

 地獄系担担麺として、辛くない順に護摩龍(5辛)、飢餓(10辛)、阿修羅(15辛)、血の池(30辛)、無限(?)とラインナップ。
 ※これは、天竜の入門編、中級編、プロフェッショナル編、地獄のヘリテイジ編、無限に相当します。
 いずれも温麺とつけ麺が用意されています。
 自家製マー油を掛けたニンニク担担麺は修羅1号、2号、3号の順に辛くなり、こちらも温麺とつけ麺が用意されています。

クリックすると拡大します

 トッピングはバター、揚げネギ、のり、うずらのたまご、ホウレンソウ、ヤサイ、肉みそ、パクチー。
 無料トッピングはニンニク、アブラ、ショウガ。
 サイドメニューはライス(小、中、大)と炙りチーズリゾット。
 各本支店でオリジナルメニューも多いのですが、店内に入って券売機を見ると、いったんは基本メニューでやっていくようです。

クリックすると拡大します

 食券を買って空いているカウンター席へ、U字型のカウンター12席のみ使用していて、店内奥の厨房に相対する席は使われていませんでした。
 店員さんに食券を渡すと麺量(小120g、中160g、大240g)を尋ねられますので、中でお願いしました。
 先客4人、後客0人、卓上には花椒、フライドガーリック、酢。
 店員さんは奥の厨房に引っ込んでいるので、注文と配膳の時以外は接する機会が少なそうです。

クリックすると拡大します

 少し待って地獄の担担麺飢餓(10辛)900円、綺麗な盛り付けですねぇ。
 全体をかき混ぜてから食べてみると、先に練り胡麻の旨さ、次に唐辛子の辛さ、美味しいですなぁ。
 辛さがウリの店ですが、しっかりした美味しさがあっての辛さが地獄の担担麺グループの特徴です。

クリックすると拡大します

 大橋製麺の中太麺はやや固めの仕上がりで、スープにとてもよく合っていて、とても美味しい。
 大量の挽肉と茹でほうれん草はトッピングでは無くスープの一部と考えていて、特にこの挽肉があっての美味しさだと思っています。
 肉を入れればスープが美味しくなるのが分かっていても、原価を考えるとそうも入れられないのが実際のところ。
 こちらはラーメンの値段が上がっても挽肉を入れるポリシーのようで、ラーメンの値段に50円、100円を気にされる人には厳しそうですが、個人的には大歓迎です。

クリックすると拡大します

 途中から別皿でお願いした無料サービスのニンニクとショウガを、どさっと投入します。
 辛いスープがさらに辛くなったところで、酢を回しかけて(気分的に)さっぱりさせて。
 麺を食べ終わってスープと挽肉が余りましたが、リゾットは回避してお店を後にしました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 先の店からバイクで数分、藤沢駅から歩くと8分くらいに、らぁめん初代Okawari@藤沢(藤沢市藤沢)ホームページ)。
 2015/6/28のオープン、今年4月に三代目がオープンしたので、ゆるりと初代から回ってみようかと、今頃の初訪になります。
 「初代」の屋号は2号店も3号店もないオープン当初から付けていて、「2代目、3代目を出せる様に頑張るぞ」という意気込みが感じられます。
 開店してしばらくは日曜定休日でしたが、3代目がオープンした4月からは11:00-15:00の昼営業のみ、水曜定休となりました。

クリックすると拡大します

 店内に入り、左手奥の券売機に向かうと、右側に写真付きでラーメンの説明が貼り出されています。、
 鶏白湯、鶏白湯担々麺、煮干しそば、鶏白湯つけ麺、ラーメン以外にご飯物と焼き餃子、小籠包餃子。
 今の時代、700円スタートは安く感じますね。

クリックすると拡大します

 券売機を見ると鶏白湯は鶏白湯のみ以外に鶏白湯魚介、味噌白湯が用意され、醤油ラーメンの峠もあります。
 担々麺は汁なしが、煮干しそばは冷やし(夏期限定のようです)がメニューインしています。
 ボリュームのある山領(いただき)は定期提供を終了し、今後は臨時(期間限定)メニューとして販売されるそうです。

クリックすると拡大します

 厨房を囲むカウンター席は9席、壁側には4人掛けテーブルが2卓、店内はゆったりし過ぎるほどのスペースで、ベビーカーを押しているお客さんが3組でも4組でも入れます。
 卓上には黒胡椒、ホットペッパーソース、ハバネロペッパーソース。餃子用の醤油、酢、辣油は声を掛ける方式です。
 調理を手抜きしているわけではありませんが、たっぷり待っての提供、カウンター台越しかと思いきや、両手で運んできて下さいました。

クリックすると拡大します

 鶏白湯担々麺920円、サンプル写真の丼は磁器でしたが、提供はステンレスとはこれいかに。
 思わず「うわぁ、綺麗」と店員さんに聞こえる声で呟いてしまう麺相、さっと回し掛けたマー油、そっと添えられた青菜、センターに鳥挽肉とクラッシュナッツ、斜め切りされた白ねぎが舞っているようです。
 担々麺と銘打っていますが、芝麻醤の代わりに練り胡麻が使われていますが、その練り胡麻が実に良く鶏白湯スープに合っていて、こんなに美味しい鶏白湯担々麺は初めてです。
 美しいラーメンは美味しい。

クリックすると拡大します

 製麺所不明(麻生製麺?)ながら、スープとの相性はスープの美味しさに覆い隠されるほど。
 麺を食べ終わるとスープが残りますが、ライスを投入して、、ではなく、飲み終わるまでレンゲですくって飲んでいました。
 何となくゆったりしてしまう空気なんですよね、この空気はとても気持ちがいいです。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 次の店にバイクを飛ばし、お腹が空くまで近くの公園で一休み。
 椅子に腰掛けて見上げると、目の前にシャツブラウスの娘、佐藤 忠良(さとう ちゅうりょう)作。
 野外の銅像は日の加減で見え方が変わりますね。

クリックすると拡大します

 小一時間休みましたがお腹が空かないので、次回また、と帰路につきます。
 おおそうだ、彼岸花が咲いているはずだと稲荷神社に立ち寄ってみると、9分咲きじゃないですか。
 明日の朝、一眼レフカメラと三脚を持って、撮りに来よう。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記