2018年09月18日

ざる中華、ひらつけ麺、海老味噌

/ゆで太郎代々木東口店にてざる中華、海老天/せたが屋品川品達店にてのり玉つけ麺/元祖海老そば 札幌らーめん縁や新大久保店にて海老そば味噌/

クリックすると拡大します

 早起きはお蕎麦のために、今朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 天高く馬肥ゆる秋、を背に足早に向かう火曜日。

クリックすると拡大します

 今朝はざる中華490円、クーポンで海老天
 愛も変わらず朝ラーなわけですが、付け合わせで印象がガラリと変わります。
 今朝は大好きな海老天、を塩でいただきました。
 美味しくいただき、ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 お昼はせたが屋品川品達店@品達ホームページ)へ。
 越谷まで食べに行ってホッと安心してしまい、今月初訪問になってしまいました。
 券売機の周りを一通りチェックして、限定メニューが無いことを確認し、手元のメモを見て未食のメニューのボタンをポチッと。

クリックすると拡大します

 常に一人で伺っているので、案内される席が決まっていて、見える景色がいつも同じです。
 そりゃそうだろうなんだけど、なんとかならないかなぁ。
 お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待ってのり玉つけ麺930円、標準のつけ麺780円に半熟味玉100円と海苔4枚がトッピングされたメニューです。
 つけ麺に海苔をトッピングしてどうするんだという話しもあるかも知れませんが、板海苔は別売りされていないので、こうして食べるしかありません。
 しかしして、サラッとした魚介出汁のスープに、この板海苔がいい感じで合うなんて、こうして食べてみるまで知りませんでした。
 つけ麺専用の平打麺が実に美味しい、いつかこの麺であんなことやこんなことをしてみたいなあ。

クリックすると拡大します

 つけ汁には角切りのチャーシューがゴロゴロと沈んでいて、半熟味玉の美味しいこと。
 途中まで美味しく食べて、途中からガツン汁を入れて味をブーストさせ、一気に食べきります。
 スープ割りも用意されていますが、このまま飲みきります。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 事務所を出たら突然の大雨、駅から歩く店は行かれないなぁと思案して、山手線新大久保駅で下車します。
 通りを渡って、右手の高架下を過ぎた辺りの、元祖海老そば 札幌らーめん縁や新大久保店@新大久保(新宿区百人町2-3-25)公式ツイッター)へ。
 1997年創業、1999年の新横浜ラーメン博物館5周年記念企画『激突!ラーメン登竜門』で海老そばが準優勝し、初めて出汁に海老を使ったラーメンだそうだ。
 東池袋大勝軒まるいち新大久保店(2016/7/1-2018/7/8)跡地に9/10オープン、9/10と11は500円キャッシュバック券を先着500名に配布されました。
 雨が降っているので、人が入らない様に店先を撮るのは大変です(誰に頼まれたわけでもないけど)。

クリックすると拡大します

 店先の券売機でメニューを吟味して、食券を買います。
 本店では元味の味噌と海老がありますが、こちらは「海老そば」のみで、醤油、焦がし醤油、塩、味噌、炙り味噌、辛味噌(本店での期間限定メニューのスピンオフ)。
 サイドメニューはご飯ものだけで、今夜の所は餃子はありません。
 ビールにサワーにソフトドリンク。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、店員さんに食券を渡すと、お好きな席へと案内されます。
 奥に長いレイアウトで、左手の厨房を囲むL字カウンター10席、右手の壁側に2人掛けテーブルが4卓、手前に4人と1一人のテーブル、計23席。
 卓上にはおろしニンニク、一味唐辛子、ブラックペッパーグラウンド。
 先客8人、後客4人と、満席にはならないけど、お客さんは途切れない感じです。

クリックすると拡大します

 程なくして海老そば味噌820円
 味噌の赤と甘海老の朱が混じり合った赤朱色のスープ、鶏ガラ、豚ガラのしっかりした美味しさの土台に、海老の風味、海老の旨味、そして海老の余韻。
 海老味の爆発、ではなく、海老と味噌とガラスープの絶妙なバランスが美味しいのではないでしょうか。
 バランスが合う幅が狭く、大規模展開は難しそうです。

クリックすると拡大します

 縮れ中細麺はカネジン食品、スープとは良く合っていて、とても美味しいですねぇ。
 トッピングの干し小エビ、チャーシュー、ヤングコーン、イタリアンパセリ、半身の味玉と、いずれも賛否両論ありそうな組み合わせです。
 この手のラーメンでは自然体でライスを付ける人が多く、メニューには「ちょこっと」「小」「大」が用意されています。

クリックすると拡大します

 私は無料なら「ラーメン代に含まれている」と考えて食べることにしていますが、無料ではない場合は「お店からすると必須と言うことではないのだな」と考えて付けない場合が多いです。
 もちろん、50円、100円がもったいないというケチ根性を隠すための方便ではありますけれど。
 スルッと食べてご馳走さまでした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記