2018年09月21日

有料試食会

/麺屋翔本店@西新宿七丁目にて塩ラーメン、しょうゆラーメン/

クリックすると拡大します

 金曜日は午後一で打ち合わせがあって、その打ち合わせを主催しているので、お昼休みに準備するわけだ。
 こうゆう金曜日も悪くないね。
 お昼は自席でお弁当、朝も自宅で済ませたので、夜に賭ける(何を?

クリックすると拡大します

 理不尽な対応をしていたらすっかり遅くなり、今日の限定メニューの売り切れを危惧しましたが、ま、売り切れていたら挨拶だけでも。
 麺屋翔本店@西新宿七丁目ホームページ)、伺ったタイミングではたまたま外待ちがありませんでしたが、その後はずっと満席外待ちありの混雑ぶり。
 今日は新宿野村ビルに10/2にオープンする3号店「麺屋翔みなと」で提供予定の鯛ラーメン、の有料試食会。
 まあ、試食会だから無料とは限らないけど、暗黙の了解ってことも多いですね。

クリックすると拡大します

 通常メニューをバッサリ止めて、鯛ラーメンだけの販売です。
 この店では、時々限定メニュー専門営業があるので、馴染みの人は驚かないけど、あまり良く知らない人は「じゃ、いいか」もあります。
 そうそう、麺屋翔みなとは元祖札幌や新宿野村ビル店(1981/11/21-2017/10/27)跡地、あのU字カウンターにテーブル席かと思ったら、引き渡しは全くのスケルトンだったそうです。

クリックすると拡大します

 タイミング良く空いていたカウンター席に座り、先ずはビール500円で今夜は新宿で一人お疲れ様会。
 じゃなくて、一人開店祝い、品達店に続いて3号店とは素晴らしいです。
 二番目に長く通っているお店が一歩ずつ前に進んでいるのは、自分のことの様に嬉しい。
 つか、この鶏皮ポンズが旨いよ、メニューには無いみたいだけど、どうしたんだろうか。

クリックすると拡大します

 先ずは塩ラーメン850円
 鯛ラーメンと言えば塩、塩とくればの見慣れた麺相、大きな丼のゆったりと盛り付けてあります。
 宇和島真鯛を贅沢に使ってスープを取った一杯、それでいて翔らしさを残す味わい、美味しいですねぇ。
 麺はこのラーメン(スープ)にカスタマイズした菅野製麺所の角細麺、良い感じです。

クリックすると拡大します

 トッピングはレアチャーシューと穂先メンマは定番として、岩海苔を合わせてあります。
 限定メニューではなく、レギュラーメニューとして販売されるのだから、このくらいの力の入れ加減がちょうど良い。
 ちょうど良いとは思いますが、開店直後に来る客は「相当期待して」いるから、そのための工夫は必要かも知れない。

クリックすると拡大します

 続けてしょうゆラーメン850円
 鯛ラーメンの醤油ダレは難しいんだよなぁ、一口スープを飲んでみると、香りと味がぶつかっている。
 それはお店も承知していて、「難しいですねぇ、まだまだ試行中です」と振ってくるので「これで良いと思いますよ、翔らしくて」と背中を押しました。

クリックすると拡大します

 世の中には星より多くのラーメン店があって、そんな中でも麺屋翔に来る人は、ラーメンが美味しいだけで来るわけでは無いでしょう。
 麺屋翔のラーメンを食べに来るのであって、そこを忘れてはいけないと思います。
 麺は塩と同じ菅野製麺所の角細麺、トッピングは岩海苔から板海苔に変わっています。

クリックすると拡大します

 食べ終わったところで3号店の店長を任される仲さんが厨房に入り、大橋店主さんはホールに回って、しばらく談笑、、談笑じゃないな。
 メールでも連絡は出来るし、電話で話は出来るけど、こうして顔を合わせて話すことがどれだけ大切か。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記