2018年10月11日

中目黒の焼肉屋

/せたが屋品川品達店@品達にてチャーシュー塩らーめん/焼肉鍋問屋 志方にて旧交を温める/

クリックすると拡大します

 朝食は自宅で済ませてきたので、お昼はせたが屋品川品達店@品達ホームページ)へ。
 手元のEvernoteで未食のメニューを確認すると、残り6種類、その後はトッピングを試してみるつもりです。
 券売機で先に食券を買ってから、店頭の待ち行列に並びます。

クリックすると拡大します

 順番が来て店内へ。
 ほぼ毎週通っているので、こっちは店員さんの顔をとっくに覚えちゃいましたが、店員さんに顔を覚えられている様子はありません。
 そりゃそうだよ、一日100人とか200人以上のお客さんが来るんだから。

クリックすると拡大します

 今日はチャーシュー塩らーめん1,000円
 せたが屋のラーメンは豚骨清湯に魚介出汁を加えた醤油ラーメンですが、醤油タレを塩タレに換えた塩ラーメンもとても美味しい。
 さらに美味しいチャーシューを増量、さらに美味しくいただきます。

クリックすると拡大します

 自社製麺の角太麺がスープに良く合っていて、一気に啜れてしまいます。
 トッピングはチャーシュー以外に材木メンマ、小松菜、白髪ネギ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は何とか日程調整して、中目黒へ。
 予約してくれたお店へ向かってみると、途中で「この道は歩いたことがある」とデジャブが漂ってきます。
 最後に高架下をくぐって店に着いてみると、ああ、ここで焼肉食べたな、何人かと知り合ったな、と。

クリックすると拡大します

 目当ての焼肉鍋問屋 志方紹介のページ)、ビルとは別の入口から地下に下ります。
 特に説明はありませんでしたが、「志方」はオーナー兼料理長である中尾さんの故郷、兵庫県志方町に由来しているのだろう。
 お店は2012年オープンですのでそろそろ6周年、名よりも実を取るナカメで5年以上も営業するのは並大抵のことではありません。
 店内は満席の様相で、1卓だけ空いていたテーブルに案内されます。

クリックすると拡大します

 テーブルを仕切るパーティションには錦鯉や蛇の目傘が描かれ、お客さんがいなければ店内を見て回りたいほど。
 ということで、先ずはビールで今夜はナカメで二人お疲れ様会。
 「随分久し振りですねー」「いやいや、先月会わなかっただけでしょ」「1ヶ月会わないとスゴく会ってない気になるー」
 本気にするほど若くは無いけど、冗談だと笑い飛ばせるほど枯れてはいない。

クリックすると拡大します

 先ずは幻のユッケ1,280円。
 特定の焼肉屋でしか焼肉を食べていないので、この手の生ものを食べる機会が減っていますが、以前は必ず食べていたユッケ。
 特別な機械を使ったかの様な均等に胡麻と葱が散らされ、全体を卵黄と混ぜていただきます。
 ねっとりと、しっとりと、万感の美味しさ、温度も冷やし過ぎておらず、ここまでユッケが美味しいと、この後の肉も期待してしまいます。

クリックすると拡大します

 ビールが終わったので日本酒、上撰剣菱、雪の茅舎、坂一筋田村の中から剣菱を選びました。
 普段、日本酒が飲みきれないほど揃っている焼肉屋がどれだけ希有なのかを知らされます。
 伝統的なコップを入れた升に並々と注がれて、ぐいぐいと飲みます。

クリックすると拡大します

 キムチ850円。
 箸休め的に預鉢しておかないと気が済まないキムチ、大根、胡瓜、白菜の3種類盛り合わせです。
 肉の味に合わせた軽めの味付け、自家製と説明がありましたが、説明が無い店は自家製では無いのだろうか。

クリックすると拡大します

 噂のタン塩1,430円。
 横ではなく縦に薄くスライスしたタンを食べたのは初めて、タンサキからタンモトまで1度に味わえます。
 肉質の高さから葱や香辛料は不要に思えたので、二枚目から落として食べてしまいました。

クリックすると拡大します

 シンシン1,480円。
 牛肉で一番美味しい部位のシンシン、しっかりとした赤身と程々のサシ、しっかり焼いてしっかり味わう。
 美味しいですねぇ、実に美味しい、お代わりしたいほど。

クリックすると拡大します

 歳の近い二人で飲んだので、どうしてもあっちが痛い、こっちが動かないの話になってしまいます。
 私は体調が万全では無いけれど、それは若い頃に比べてなので、歳のおかげと受け入れるべきでしょう。
 なんて湿っぽい話をしても仕方ないので、美味しい焼肉を食べることにします。

クリックすると拡大します

 カメノコ1,380円、シンシンが美味しければ隣の部位のカメノコも美味しい、と。
 新鮮角切りレバー980円、さっと炙って美味しくいただくレバー。
 ザブトンの焼きすき1,980円、特製ダレに浸けて焼き、溶き卵でいただく希少部位。
 いちぼ1,580円、独特な歯応えが楽しく、山葵でいただきます。

クリックすると拡大します

 〆にご飯物と、肉寿司4貫入り赤身とトロのハーフ&ハーフ1,480円。
 ※赤身寿司とトロ寿司のニューがありますが、お願いして2カンずつ握ってもらいました。
 酢飯と山葵でいただく生肉、美味しいですねぇ。

クリックすると拡大します

 最後に汁物、ユッケジャンスープ780円、辛さ増し100円。
 かなり辛くて、ああ、私はこの程度の辛さでも辛いと感じる様になってしまったんだな、と。
 とても楽しいお喋り、とても美味しい焼肉、付き合ってくれた友達に感謝、感謝。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月10日

エレガントとリッチ

/九州熱中屋品川 LIVEにてランチ/拉麺 成(なり)@高田にてエレガントな煮干拉麺、辛ニボリッチ/

クリックすると拡大します

 朝食を自宅で済ませてきたので、お昼は外食とばかりに品川駅港南口付近をぶらぶらと。
 ふと目に付いた、九州熱中屋品川 LIVEホームページ)へ。
 1階のコンビニ以外は(株)DDホールディングスの店舗で占められているので、きっと同社所有のビルなのだろう。

クリックすると拡大します

 ビルの入口には、2階の由丸、4階のちゃんぽん由丸のA看板に並んで、3階のランチメニューも紹介されています。
 ふむ、唐揚げ、明太子食べ放題なのか、食べてみるか。
 店舗は3階なのでエレベーターでも良かったけれど、そこはかとなく階段で登りました。

クリックすると拡大します

 ランチメニューは先の食べ放題1品です、1杯目はこちらでご用意します、と説明があります。
 分かりましたと告げると、1分もしないうちにランチ880円が運ばれてきます。
 平たく言うと、唐揚げと明太子と味噌汁とご飯は食べ放題ですが、千切りキャベツとマヨネーズは食べ放題ではありません。
 食べ放題なので、量について語ることにあまり意味が無く、分子が無限大なのでコスパを評価しても同様に意味が無く。

クリックすると拡大します

 鶏の唐揚げは下味が付いているとは言え若鶏の様で、ドレッシングというかタレが見当たらないので、最初のウチはマヨネーズを付けてみましたが、それ以降はそのまま食べることになります。
 味が分からなくなるほど多くのタレがあっても困るけど、これは寂しいです。
 とはいえ、最初の4つはマヨネーズで食べて、2杯目からは自分で追加します。
 レモンとか柚子胡椒とかあるだろうと立って向かいますが、あえなく玉砕。

クリックすると拡大します

 明太子が2種類あるので、明太子を乗せて食べるのだろう。
 お代わりは鶏の唐揚げ5個に昆布と明太子を取ってきました。
 ご飯と味噌汁はお代わりせず、ひょっとしてこのままではコスパ最低なのかも知れない。
 ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事が終わって、ささっと新店を探すも、特に惹かれる店を見つけることが出来ません。
 それじゃあと、気になっている店に行くかと、目黒から東横線で日吉へ、日吉からグリーンラインで高田へ。
 前回の轍を踏まない様に、エレベーターを2階乗り継いで地上に出ます。
 お休みの日の昼間は20人以上並んでいて涙を飲みましたが、平日の夜営業開始前は何人くらい並んでいるだろうか。

クリックすると拡大します

 拉麺 成(なり)@高田(横浜市港北区高田西)、開店前は真っ暗で、店先の待合席に二人ほど開店待ちをされています。
 2018/1/31プレオープン、4/1グランドオープン、この緩やかなスタートがラーメンフリークの目を引かなかった理由でしょう。
 店名の「成(なり)」は店主さんの「ヤスナリ(漢字不明)」から。
 店主さんは都内でラーメン屋と居酒屋をやっていたけど、スパッとやめて地元へ戻り、ゆるりとラーメン屋を始めたそうです。

クリックすると拡大します

 定刻になって暖簾が掛かり、店内へ入って店員さんの案内に従って左端から詰めて座ると、店内満席、外待ち2名の認知度。
 口頭注文後会計、ラーメンのレギュラーメニューは、エレガントな煮干拉麺780円(純煮干し)、メロウな醤油拉麺780円(豚ガラと鶏ガラ)。
 日替わりでニボリッチ(煮干しと豚ガラと鶏ガラ)、辛ニボリッチ、大蒜塩ホルちゅけ麺、浅利・オマール出汁の塩ちゅけ麺。
 ご飯物はニクニクニクメッシ。

クリックすると拡大します

 飲み物はビール、サワー、焼酎などでソフトドリンク無し。
 店内の半分以上を占める厨房に面した横一文字のカウンター7席、卓上には黒胡椒のみ。
 カウンター台が高く、厨房では店主さんと助手さんがテキパキと調理されていて、店員さんとの距離はかなり遠いなと感じたのは、私の食べ歩き経験の未熟さからか。

クリックすると拡大します

 少し待ってエレガントな煮干拉麺780円
 シルクハットを逆さまにしたような丼を茹で湯で温めているので、一度に二杯までの提供になります。
 伊藤ですら感じたことのない強烈な煮干し臭、スープの上に刻み玉ねぎと岩海苔だけと言う最低限のトッピングが成せる、香りの左ジャブ。
 ここで前のめりになって麺を手繰ると右カウンターを食らって開始70秒でダウンすると分かっていても、引き込まれるように麺を手繰る。

クリックすると拡大します

 ああ美味しい、とっても美味しい、かなり美味しい、なんでこんなに美味しいの。
 煮干しの清湯に見せかけて限りなく白湯な高温なスープ、玉ねぎや岩海苔が邪魔に感じられるほどの美味しさ。
 極細麺の自家製麺は加水が高め、茹で加減固め、これ以上は無い好相性です。
 丼の縁に材木メンマ2本やチャーシュー2種類、水菜が乗せられていますが、一つ一つしゃぶしゃぶして食べると、芯が冷たいので、ちゃんと温めて食べると美味しい。

クリックすると拡大します

 あっと言う間に食べ切ってご馳走さまでした。
 その場でもう一杯良いですか?と聞けば食べられたかも知れませんが、外待ち客が増えたかも知れないので、一旦、店の外に出ます。
 外待ち客に続こうと思ったら、開店待ちの2人が入れ替わりで入店ただけで、誰もいません。
 それでも店先で10分ほど待ちましたが、誰もこないので、再入店します。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、そんな客はいないのか「忘れ物ですか?」と聞かれたので「もう一杯良いですか」と満願の笑みで確認します。
 タイミングが良かったか悪かったか分からないけど、一杯目の同じ席に座ります。
 2杯目も同じメニューを食べても良かったけど(それほど美味しかった)、一応これでもラヲタの端くれ、限定メニューを食べないと。

クリックすると拡大します

 さっきは気が付かなかったけど、店内右手に個室があり、その近くの壁に書が飾られています。
 私は書の覚えが無いので、書いてある漢字は読めるけど、書としての素晴らしさ、表現は分からない。
 日本人なら書くらい分からないと、とは思わないけど、どこかに学べる場は無いかなぁ。

クリックすると拡大します

 少し待って辛ニボリッチ850円
 純煮干し出汁に豚ガラと鶏ガラのスープをブレンドしてあっても、煮干し香りの強烈な左フックが立ち上がってくるスープ。
 辛味付けされた挽肉とカエンペッパーを乗り越えてくる香りに、酔ってしまいそうです。

クリックすると拡大します

 ラーメンは全て同じ極細麺で、リッチなスープにもよく合ってとても美味しいです。
 トッピングはエレガントに板海苔2枚が加わり、先の轍を踏まない様に、スープに浸してしっかり温めてから、美味しくいただきます。
 辛味付けからの辛さはほぼ感じることは無く、挽肉の美味しさだけがスープに加わります

クリックすると拡大します

 食べていると「こちらをどうぞ」とサイドメニュー用(?)の分厚いチャーシューをサービスしてくださいました。
 有り難く美味しくいただきながら、店主さんにラーメンの感想を伝えました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月09日

3つのトッピング

/遊園のベンチ/ラーメンぶぅさん@荏原中延にて油そば/五反田行きのバス/

クリックすると拡大します

 連休明けの残業、心身とも疲れて、ふと目に付いたベンチに座ってしまった。
 ここでこのまま寝られたらどんなに楽か分からないけど、そこで時間が止まるわけでは無く、必ず朝が来て起きることになる。
 未来のことは何も決まっていないと言っても、いくら何でもここで寝るのはネタが過ぎるだろう。
 さて、気を取り直してラーメンでも食べに行くか。

クリックすると拡大します

 少し訪問間隔が空いてしまったラーメンぶぅさん@荏原中延(品川区戸越)公式ツイッター)、店先の看板がピカピカしていてとても眩しい。
 道路側は全て透明ガラスなので、こちらから店内を覗くと、店内からもこちらが良く見えて、お互い苦笑い。
 ま、そう言う店ですからね。

クリックすると拡大します

 券売機でメニューが変わっていないことを確認して、未食メニューのボタンをポチ、ポチッと。
 空いている席に座って食券を渡し、「野菜増し、特製生姜、味付き脂、きくらげ、鰹節、コーン、葱、刻み海苔、玉葱、高菜」から無料トッピングを3つ選びます。
 んで缶ビール400円、今夜は荏原中延で一人お疲れ様会。
 付き出しにカレー豚をサービスして下さいましたが、とてもビール一本では太刀打ちできません。

クリックすると拡大します

 少し待って「ニンニク入れますか」に「お願いします」で出来上がってきた油そば850円
 無料トッピングは野菜増し、コーン、高菜で、ほぐし豚を激辛豚に変えて下さいました。
 先ずは野菜、モヤシとキャベツの茹で野菜、うすーく醤油タレが回し掛けられていて、揚げ葱と激辛豚と刻みニンニクを絡めながら美味しくいただきます。

クリックすると拡大します

 野菜を半分くらい食べたところで麺を引っ張り出して食べ始めます。
 通常は角太麺ですが「試しにどうですか」と勧められた平打太麺、どちらも三河屋製麺で、この手のモヤシ大盛ラーメンには平打太麺がとても良く合います。
 醤油タレの甘さ、激辛豚の辛さ、刻みニンニクの辛さ、揚げ葱の甘さ、どれもこれも美味しい。

クリックすると拡大します

 野菜を殆ど食べたところで、コーン、高菜を投入し、センターに全卵を割り入れます。
 それぞれの味が混ざり合わない様に、さりとて離ればなれにならない様に、丁寧に混ぜてからいただく、美味しいですねぇ。
 麺量250gがみるみるうちに無くなって、いきます。

クリックすると拡大します

 が、「こちらをどうぞ」とベストタイミングで味付き脂をサービスして下さいます。
 セルフ富士丸のシロ(分かる人だけに分かる)、何が美味しいか分からなくなっていますが、美味しい物は美味しいと。
 途中での味変は最低限を好む私ですが、それはラーメンに依存して、このラーメンは何度も味変して楽しみたいです。

クリックすると拡大します

 食べ終わったところでプーアール茶100円(試飲)。
 ビンで出されるので、二倍に希釈して飲むと後味すっきり、割烹料理の最後に味噌汁を飲むみたいなものだな。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記