2018年10月22日

東京一の味噌つけ麺

/ゆで太郎代々木東口店にて中華そば、温泉玉子、海老天/萬馬軒新宿二丁目店@新宿二丁目にて味噌つけ麺/

クリックすると拡大します

 早起きはお蕎麦のために、今朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 そろそろコートを羽織りたくなるほどの朝、今日も元気に朝ラーですね。

クリックすると拡大します

 今朝は中華そば490円、温泉玉子100円、クーポンで海老天
 ざる中華は通年販売ですが、その日の気分で温かいラーメンも食べられるのは、お蕎麦屋ならではですね。
 トッピングの様に見える天かす、紅生姜は盛り放題ですけど、まま、程々に。

クリックすると拡大します

 中華そば専用に配合したスープに角細麺がとても良く合って、とても美味しいです。
 途中で海老天を浸して、温泉玉子を崩して、ちょびっと味変ですね。
 美味しくいただき、ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜は萬馬軒新宿二丁目店@新宿二丁目へ。
 なんだかんだ言って10ヶ月振りの訪問、店内に入ると女性一人客、、、見覚えのある顔ですが名前はおろかどこで会ったのかさえ思い出せない。
 人の名前を思い出せないのは良くあることなので、全く気になりません。

クリックすると拡大します

 久し振りなので券売機を眺めます。
 温麺は味噌らーめん、辛味噌らーめん、岩海苔らーめん、醤油らーめん。
 つけ麺は味噌つけ麺、辛味噌つけ麺。
 トッピングは味卵、のり、バター、ネギ、メンマ。ライスにビール。

クリックすると拡大します

 芸能関係に疎いので誰のサインかは分からないし、誰のサインだと分かってもその価値は分からないし。
 分かる人に見てもらいたいなぁ。
 店内はカウンター4席にテーブル8席、ランチタイムにはお客さんでごった返しているそうです。

クリックすると拡大します

 さてビール390円、今夜は新宿で1人お疲れ様会。
 卓上にはさんしょ、白胡椒、一味唐辛子。
 ビールを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待って味噌つけ麺890円、つけ麺は歌舞伎町店にはありませんし、花田にもありません。
 中華鍋を振って野菜を煮込むスープ、三河屋製麺の平打中太麺240g(1.5玉)。
 日本一美味しいわけではないけど、東京では一番美味しい味噌つけ麺。

クリックすると拡大します

 スープというかつけ汁は豚ガラと鶏ガラのハーフ&ハーフ、辛味専攻ですが圧倒的に美味しい。
 つけ汁にはチャーシュー、メンマ、モヤシが沈められ、白髪ネギがあしらわれています。
 キッチリと冷やされた麺の麺肌がとても滑らか、つけ汁に良く合います。

クリックすると拡大します

 尋ねてみるとスープ割りも出来るそうで、豚骨と鶏ガラのラーメンスープで割って下さいました。
 全部飲めるほど若くないけど、美味しく飲みました。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 23:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月21日

のんびりと日曜日

/ラーメン頂(いただき)@秦野市南矢名にてチャーシューメン/

クリックすると拡大します

 土日のどちらかを出掛けると、出掛けていない方の日は一日中引きこもりになってしまう。
 少しずつ疲れが残る歳になってきたと言うことだな。
 無理せず、頑張らずに過ごしてきた人生、これからものんびりと。

クリックすると拡大します

 随分前に開店を知りましたが、ま、慌てなくていいやと、のんびりと構えていて、そろそろ行くかと。
 ラーメン頂(いただき)@秦野市南矢名2123-1、桜亭一号店の後を引き継ぐ形で2018/9/19(大安)にオープンしました。
 桜亭がこの地(発祥店)を引き上げるに辺り、6年間店長を務めた現店主さんに「やる?」と尋ね、「やる」と応えたそうです。
 営業時間は12:00-24:00の月休、「頂」の由来は「画数で決めました」とのこと。

クリックすると拡大します

 店内に入ると先客2人、手前に空いていたカウンター席に座り、メニューを見ます。
 口頭注文後会計、ラーメンメニューは豚骨醤油ラーメンのみ、トッピングの違いで野菜、ネギ、チャーシューなどが有り、ラーショに酷似しています。
 サイドメニューにワンタンがありますが皿ワンタンのみ、ご飯物はチャーシュー丼、肉丼があります。
 裏面はアルコール飲料で、生ビール、ハイボール、レモンサワー、ソフトドリンクも用意されています。

クリックすると拡大します

 店内は壁紙や調度品が一新されていますが、構成は同一で、カウンター6席に4人掛けテーブルが2卓、計14席。
 卓上にはブラックペッパーグラウンド、カウンター台にはおろしニンニク。
 お冷やのポットの代わりにヤカンが並べられています。

クリックすると拡大します

 程なくしてチャーシューメン900円、初訪店に1人で伺ってチャーシュー麺を食べたのは久し振りです。
 事前に写真等で知っていましたが、花びら全開の麺相、スライサーでカットされたチャーシューが9枚。
 豚骨醤油スープに末広製麺所の細麺を合わせ、板海苔2枚、味付きメンマ、ワカメがトッピングされています。
 このワカメといい、細麺といい、事前情報が無ければラーショの新業態と疑って掛かったでしょう。

クリックすると拡大します

 スープは綺麗に背脂が乳化していて、今風では無いけれど、とても馴染みやすい美味しい味わいです。
 細麺は固くも無く柔らかくもないジャストな茹で加減、長い経験に裏打ちされ、スープを良く持ち上げます。
 チャーシューは丼からはみ出しているので、冷たいままですが、スープも熱々と言うことは無く、これはこれで美味しくいただきます。
 丼が平皿の様に底が浅いので、スープは少なめ、この辺りもラーショに似ています。

クリックすると拡大します

 チャーシューと麺を半分くらい食べたところで味変、、と言ってもおろしニンニクだけですけど。
 しっかりした辛味が緩んだスープをビシッとしてくれて、最後まで美味しくいただきました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 駅まで近ければ飲みにも来れるのですが、ちょっと遠いかな。

 その後、自宅でのんびり。
 また明日から仕事、頑張りマウス。
posted by ふらわ at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月20日

憧れの鉄板焼き

/超熟成黒毛和牛鉄板焼 宮地 豊洲店にてイタリアのファンソーネ牛を、フレッシュポルチーニと共に楽しむ会/ホルモン焼き時代輪屋(ときわや)にて一人焼肉会/

クリックすると拡大します

 東京メトロ有楽町線豊洲駅、完全な地下駅なので、駅舎を見上げることは出来ません。
 電車からホームに降りた時点で出口をしっかり把握しておかないと、大きく遠回りを強いられたり、最悪到着できずに戻ってくることもある。
 目指すお店に一番近いのは1C出口、豊洲フォレシアまで徒歩1分。

クリックすると拡大します

 超熟成黒毛和牛鉄板焼 宮地 豊洲店ホームページ)、社長さんと知り合いだと、チェーン店でも個人店の様に思えてきます。
 宮地はダイゴインターナショナルの鉄板焼き部門であり、銀座店に続く2店目になります。
 店舗を貸し切っての、日本の飲食店では初めてと思われるイタリアのファンソーネ牛を、フレッシュポルチーニと共に楽しむ会
 会費20,000円の貸切鉄板焼きの会に、スルッと参加してみました。

クリックすると拡大します

 店先を撮るためにしばらく通りにいましたが、お店の前で足を止める人が思っていた以上にいますね。
 中にはドアを開けて店内に入ろうとする人もいて、5,000円以上は確実のお店に「良さそうだな、ここにするか」で入る感覚の人がいるってことだ。
 場所柄、何かの観光のランチでは無く、仕事かこの辺りに住んでいる人、私とは吸っている空気さえ違うんじゃ無いかと。
 ガラッと戸を引いて店内へ、入ったタイミングが良くて調理の目の前の席、持っていないけど、運がいいこともある。

クリックすると拡大します

 料理長さんが、テレビのグルメ番組でしか見たことのない、カット前の肉と茸を詳しく紹介して下さいます。
 「肉と茸はイタリア産ですが、バターはフランス産」と紹介された最高級のバターであるエシレ バター、とのこと。
 ふと周りを見渡すと、一人で参加しているのは私だけで、他は全てペアで来ていることに気が付く。
 圧倒的な場違い感、ま、想定内ですけどね。

クリックすると拡大します

 先ずはシャンパーニュ、ピエール・ジモネ・エ・フィス(Pierre Gimonnet et Fils)。
 今日は幹事さん以外全て初対面、こんな私でも緊張するのですが、このシャンパーニュでゆるっとするかと飲んだのですが。
 こんなに美味しいシャンパーニュはメニューリストを見たら絶対に頼めない、ああ、美味しい。
 美味しすぎてさっと飲んだら「ペース速いですね」と言われましたが、飲み放題なのにゆっくり飲む方が貧乏性の私には理解できない。

クリックすると拡大します

 一品目は宮地の熟成肉のローストビーフ。
 宮地の関連店である醍醐では熟成肉(ウェット・エイジング)が基本、メニューによっては30日間のドライ・エイジングとしていますが、宮地の熟成は60日間ドライエイジグ、つまり超熟成ドライエイジング。
 もちろん私は食べるのは2度目、なぜ2回目なのに1回目より美味しいのか、さっぱり分からない。
 こんなに美味しいのに「前菜」の位置付け、前菜がこんなに美味しくてもいいのだろうか。

クリックすると拡大します

 ファッソーネ牛のカルパッチョ。
 今日のファッソーネ牛は生後13ヶ月の牝子牛、部位はフィレ、先ずはカルパッチョ仕立てでいただきました。
 説明で聞いた様に、濃厚で奥深い和牛の味わいに比べるとあっさりして柔らかく、どちらが美味しいという次元で考えるとどちらも美味しい。
 黒胡椒が肉質に合っていないように感じられたけれど、肉料理なんて月に一度も食べない男の感想ですから。

クリックすると拡大します

 ワインは赤と白が2種類ずつ用意されましたが、私は赤だけをいただきました。
 1杯目(飲み放題なので何杯か飲みましたが)は、ポデーリ・ルイジ・エイナウディ(Poderi Luigi Einaudi Dogliani 2014)。
 透明感のあるルビー色、しっかりした味わいが肉料理にとても良く合います。
 ちょっと驚いたのが冷やし過ぎずに室温であったこと、確かに冷やし過ぎのワインはワインが美味しいだけで肉料理を引き立てないな。

クリックすると拡大します

 黒毛和牛シキンボの瞬間スモーク、ポルチーニ茸のエシレ・バターソテー添え。
 シキンボは外モモの一部で非常に固い部位、桜チップのスモークで香り付けして、説明が無ければシキンボと分からない柔らかさと美味しさ。
 そしてこここでポルチーニ茸がエシレ・バターの甘味と香りを纏って登場、いわゆるこの一皿で赤ワイン3杯は飲めるほど美味しい。
 左のフランス塩、右の塩コショウを適量付けて味比べをしましたが、どちらも美味しい。

クリックすると拡大します

 ここで箸休め、ですかね。
 ガーデンサラダ トリュフドレッシング。
 何気ないサニーレタスやキュロット、キュウリに見えますが、トリュフドレッシングを掛けるとこんなにも美味しくなるのね。

クリックすると拡大します

 2杯目(飲み放題なので何杯か飲みましたが)は、ナターレ・ヴェルガ ヌアレ ピノ・ネーロ(Natale Verga Nuarè Pinot Nero)。
 ピノは焼肉に実に良く合う、、、ってこのグラスはリーデルの純米グラスではないか、、いや、写真でしか見たことがないので分からないのですが。
 濃厚な臙脂色、軽そうに思えて軽くない美味しさ、香りもいいですねぇ。

クリックすると拡大します

 鉄板焼きの店なので、目の前で味付けしたり、焼いたり、カットしたり、見ているととても楽しい調理です。
 当たり前ですが、調理は奇抜なことをするわけではなく基本に忠実、鉄板と視線を合わせ、まるで鉄板と会話するかのよう。
 肉は1つとして同じ状態では無いから、このくらいでいいだろう、ではなく、ここで無くちゃダメだ、を見極めているのだろう。
 だから、肉料理が美味しくなるのだ。

クリックすると拡大します

 イタリア産ファッソーネ牛 フィレステーキ、北海道産ジャガイモ エシレ・バターソテー。
 目の前で調理された肉が、そのままカットされて盛り付けられて運ばれてくる。そのまま食べる。
 味が淡泊なのはイタリア牛だからか、仔牛だからか、経験値の低い私には分からないけど、美味しいことだけは分かる。
 付け合わせのジャガイモ、エシレ・バターの香りを纏って、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 ここで社長から振るまいとしてドメーヌ・ド・ラ・ブリトーシュ ブルゴーニュ・トネール シャルドネ(Dom. de la Bretauche Bourgogne Tonnerre Chardonnay)2013。
 白ワインですが、料理に合わせると言うよりワインの美味しさを純粋に楽しみます。
 一時期、ワインに傾倒していましたが、今は日本酒へ、いずれワインに戻るときのために、しっかりと味を覚えておきたい。

クリックすると拡大します

 フィレステーキは塩胡椒の最小の味付け(味調整)でいただきましたが、エシレ・バターで味付けしたのが配られます。
 これはこれで美味しいですなぁ、こんな味比べが出来るなんて思ってもみなかったので、望外の喜び。
 先の白ワインを合わせてみましたが、合いますねぇ、白ワインって一括りにするのが良くないのかも知れない。

クリックすると拡大します

 鉄板焼きであっても〆はご飯、田中農場の卵かけご飯、ポルチーニ茸添え、お味噌汁・香の物。
 ワインを飲み過ぎてふわふわしているのもあるけど、精神面でかなり浮き上がっていて、ちゃんと味を覚えていない。
 ご飯も美味しい、卵も美味しい、味噌汁も、香の物も、そしてポルチーニ茸も美味しい。

クリックすると拡大します

 デザートは紅玉(リンゴ)のソルベ。
 どんな楽しい会でも必ず終わる、どんなに終わらないで欲しいと願っても終わる、でも今日の会は終わらないと思っていた。
 美味しい鉄板焼き、ワイン、そして楽しい会話、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 電車で揺られて地元に地元に戻ってきてホルモン焼き時代輪屋(ときわや)(ホームページ)。
 『いつの時も どんな時代(とき)も/大切な家族や仲間たちと笑顔で/輪(わ)を囲み/楽しいひと時を過ごしてほしい/そんな思いを込めて/時代輪屋(ときわや)は誕生しました』
 お店は今週、4周年を迎えてますます繁盛、、って満席かい。

クリックすると拡大します

 テーブル席で一人焼肉会、今日はナンコツとレバーを。
 炭火焼きで火を上げてはいけないのですが、まま、そこは見栄え良くするためだけに肉の脂を落として、だな。
 ああ、焼肉は七輪で炭火焼きが最高だよね。
 一人で伺うことが圧倒的に多いけど、常連さんがいるので話し相手には困りません。

クリックすると拡大します

 2皿目はカルビかタンにすることが多いのですが、今日はタンにしました。
 焼いている絵を撮り忘れましたが、今日はタン元をサービスで付けて下さいました。
 ああ、タン元って本当はこんな形で、本物はこんな味なんですね。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記