2018年10月03日

豚骨スープの清湯と白湯

/おにやんま五反田店にて冷「並盛」とり天&ちくわ天ぶっかけ/豚骨清湯・自家製麺かつら@黄金町にて担々麺/麺や小黒家(おぐろや)@和田町にて豚骨ラーメン(太麺)/

クリックすると拡大します

 五反田駅からおにやんま五反田店へ向かう道はホームを降りてから向かう道と、ホームから登って向かう道がある。
 どちらかの道が近くて、どちらかの道が遠いけど、それだけのこと。
 あなたの人生にとっては5分、1分が重要で貴重かも知れないけど、私の人生にとってはどちらも知りたいことが一番大事。

クリックすると拡大します

 食券を買って店内に入ると、他のお客さんと明らかに違う会釈なんじゃ無いかと思い込む自意識過剰な私。
 少し待って冷「並盛」とり天&ちくわ天ぶっかけ530円
 程よいコシのうどんが、今日もうどん汁に良く馴染んで、朝から元気をもらえる美味しさ。
 揚げたてのとり天が2つ、丼からはみ出すちくわ天が一本、うどん汁に浸けて美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 夜は京急本線黄金町駅から徒歩2分の豚骨清湯・自家製麺 かつら@黄金町(横浜市南区前里町1-17-6)へ。
 2018/9/25オープン、店主さんは横須賀の居酒屋かつら縁の方で、都内(非公開)と関内(濱星)のラーメン店で修行後に独立されました。
 ネット情報のお店の趣き、メニュー構成から想像するに、てっきり中華料理店出身かと思っていました。
 自家製麺は、独立を決めてから覚えたそうです。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、家族連れの盛り上がり、女性2人組の食事、に加わるオヤジお一人様。
 勧められた席に座ってメニューを見ると、ラーメンは醤油と雲呑麺、期間限定で担々麺のみ。
 ご飯物はライス、そぼろご飯、叉焼丼など。飲み物はビール、ハイボール、ソフトドリンクなど。
 一品物は冷や奴、蒸し鶏サラダ、や企業、唐揚げなど。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計、店内はカウンター無しのテーブル席のみで4人掛けが5卓、2人掛けが1卓、22席。
 卓上には醤油、辣油、酢、白胡椒。
 注いで下さったお冷やを飲みながら、壁掛けテレビを見ながらラーメンの出来上がりを待ちます。
 少し待たされたのでワンオペかと思ったら、調理とホールの2人体制。

クリックすると拡大します

 期間限定メニューの担々麺980円、縁が付いた角盆にレンゲ、割り箸と共に乗せられています。
 初めて見るパクチー山盛りの担々麺、麺の上には干し椎茸、玉ねぎを混ぜた挽肉が掛かっています。
 スープは屋号に掲げてあるように豚骨清湯、説明が無かったら「動物家」と豚も鶏も骨も肉もザックリまとめられてしまうほど、豚らしくなく、かと言って鶏とも違う味わい。
 口当たりは力強く、後味すっきりな極上のスープ、マニア受けは良く無いかもですが、一般受けは広いでしょう。

クリックすると拡大します

 芝麻醤を使っていないと思うほど軽い味わいで、パクチーに合わせるために薄めに仕上げたのかも知れません。
 僅かに固め仕上げの自家製麺の細麺、説明されている切刃22番より細く感じます。
 全体的に山椒が振られていますが、辛さを追求するのではなく、美味しさファースト。
 麺を食べ終わってもしばらくスープを飲んでいました。

クリックすると拡大します

 食べ終わってホールの店員さん、厨房の店員さんに少し話しをさせて頂きました。
 自分がこうと思っていること、こうであるべきと考えていることが、いかに現実とかけ離れているかと。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 相鉄線和田町から徒歩1分の麺や小黒家(おぐろや)@和田町(横浜市保土ケ谷区仏向町8)
 2018/6/26オープン、あまりにも綺麗なファサードですが、以前は酒屋だったようです。
 お店の事前情報が殆ど無かったので、色々とお話しできると嬉しいなと思いましたが、私は日本語だけしか話せないので。

クリックすると拡大します

 店先に掲げられたタペストリーを見つつ店内へ、左手隅にある券売機で食券を買います。
 メニューは豚骨ラーメン、こがしにんにく黒ラーメン、うま辛赤ラーメン、つけ麺。
 麺は細麺と太麺から選べます(つけ麺は太麺のみ)。
 チャーシュー丼、明太ご飯などの4種類ほどのご飯物、アルコール類、つまみが8種類。

クリックすると拡大します

 店内は厨房に面したくの字カウンター9席、テーブルは2人掛けが2卓、4人掛けと3人掛けが1卓ずつ、計20席。
 卓上には白ごま、ブラックペッパーグラウンド、おろしニンニク、辣油、醤油、酢。
 豚骨醤油を謳っていませんが、豚骨で醤油ダレなら家系と呼ばれることの多い横浜市。

クリックすると拡大します

 個人的には家系ラーメンより博多ラーメンに近いように思えます。
 店員さんに食券を渡すと麺の茹で加減を聞かれたので、普通でお願いしました。
 後客の男性客は「カタメコイメ」と淀みなく答え、店員さんも慌てること無く受けていました。

クリックすると拡大します

 少し待って豚骨ラーメン(太麺)700円
 厨房には小ぶりの寸胴が二基ありますが、営業時間から推測すると店内炊きではとても間に合わない気がします。
 今風の万人ウケする美味しいスープ、豚骨というより豚ガラ、豚ガラというより鶏ガラの味わい。
 わざわざ感はありませんが、普段使いの日常に溶け込む味わいに感じます。

クリックすると拡大します

 太麺とはいえ一般的には中細麺、普通仕上げで歯応えを感じますので、製麺所は四之宮商店ではないかと思いますが、自信ありません。
 トッピングは煮豚チャーシュー2枚、板海苔2枚、細切りキクラゲ、ネギ。
 途中で味変を試そうと卓上に目を向けますが、おろしニンニクしか見当たらないので、今日のところは無しで。

クリックすると拡大します

 食べ終わって、店員さんには「製麺所はどちらですか?」と尋ねると「5月にオープンしました、よろしくおねがいします」と。
 相手のことを言うより、先ず自身の日本語の勉強が先だろ。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記