2019年03月31日

限定三杯

/柴崎亭梅ヶ丘店にてアトかけ鶏油の塩そば、鰤の味噌丼付き/東京味噌らーめん萬馬軒花橙@梅ヶ丘にて海老味噌らーめん/麺屋夏鈴@読売ランド前にて魚介白湯ラーメン/

クリックすると拡大します

 今日は平成最後の日と思い込んでいる人が多い日。
 何事にも思い込みは大切で、夢は叶う、と思い込まないと、どんな夢も叶いませんし。
 ラーメンなんて何杯でも食べられる、と思い込まないと、三杯も食べられません。

クリックすると拡大します

 開店時着席を目指して家を出るも、道中で桜を撮影していて、いつもと同じ電車でいつもと同じ時刻に到着しました。
 それでも何とか開店時に着席できた、柴崎亭梅ヶ丘店ホームページ)。
 なんかここのところ毎週来ているのは、毎週のように限定メニューが出るからだけど。
 来週は無理そう(ポツリ

クリックすると拡大します

 今日の限定メニューは、週の初めに鰤を仕入れたところで告知されました。
 券売機には限定メニューのボタンが600円、850円、時価と三つあるので、今日は時価なんだな。
 店内に入り、食券を買って空いている席に座り、お冷を運んできてくださった店員さんに「おはようございまーす」とうっきうき。
 まー、ラーメン食べるだけでうっきうきとは、私ってバカだな(今頃気が付くのもバカ)。

クリックすると拡大します

 程なくしてアトかけ鶏油の塩そば、鰤の味噌丼付き1,000円
 本日だけの限定メニュー、説明によれば『鶏、日本酒、みず、しお、特売のパセリだけで仕上がりました。』との事ですが、パセリ感だけは不明。
 柴崎亭のラーメンのスープに多く見られる、何も足さない、何も引かない、鶏だけの味わい。
 美味しいスープを目指すのではなく、丁寧に、正直に、鶏の旨味だけを残すことを目指した味わい。

クリックすると拡大します

 トッピングは、チャーシュー2枚にネギ、以上。
 巷にあふれている情報過多のラーメン、食材に頼り切ったラーメン、に対して真正面から向き合った水墨山水画のようなラーメン。
 どうだ見たか、と山手線上に行列を作るのではなく、こういうラーメンもありますよ、と世田谷区の各駅停車駅でひっそり提供するところが、ラーメン愛。

クリックすると拡大します

 付け合わせは味噌漬けの鰤丼で、そのまま食べても美味いだろうけど、せっかくならばとラーメンスープを掛けて味わう。
 そりゃ、鰤の味噌漬けが美味しくないはずはなく、ご飯に合わせても美味しいし、美味しいラーメンスープに浸せばさらに美味しい。
 こんなに美味しい丼を朝から食べちゃっていいのかな。

クリックすると拡大します

 スープは飲み干すのではなく、飲み干してしまっているもの。
 大きくて重い丼なので、両手でしっかりと支えて持ち上げました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 ラヲタですから、一杯食べたくらいでお腹は一杯にならないけど、だからと言ってすぐに連食したりしない。
 もう若くないのですよ、もう無理は効かないのですよ、もう若い人とは張り合わないのですよ。
 天気がポカポカしていたので、ボケっと桜を眺めていただけですけどね。

クリックすると拡大します

 続けて、東京味噌らーめん萬馬軒花橙(まんばけんはなだい)@梅ヶ丘(世田谷区梅丘)公式ツイッター)へ。
 先のラーメン店からは至近距離で、雨が降っていても傘が要らないほど。
 これまでは全て平日の夜に訪問していたので、休日も昼間も訪問するのは初めて。
 まあ、長く通っていると、こういうこともありますよ。

クリックすると拡大します

 店先には手書きで限定メニューの告知、初めてみました。
 公式ツイッターをチェックしていると、殆どが臨時休業のツイートなのですが、久し振りに限定メニューのツイートをみて、おっと。
 ちょうど梅ヶ丘に用事があり(笑)、そそくさと入店しました。

クリックすると拡大します

 店員さんに買った食券を渡すと、ライス、ニンニクは要りますかと訊かれるので、連食中にも関わらず、お願いしてしまいました。
 席に座ってジャンバーを脱いで、カメラを準備していると、先にライスとニンニクが運ばれてきます。
 お客さんは先客3人、後客8人と家族連れも来店されています。

クリックすると拡大します

 程なくして海老味噌らーめん880円
 通常の豚骨スープに大量の甘海老の頭をすり潰して混ぜ込み、再び炊き出すことで、海老の旨味を纏わせ、海老の香りを立ち上らせていて、とても美味しい。
 ベースの豚骨スープが美味いので、さらに美味しくなったスープ、それでいて限定感を抑えた値段。
 もー、やれるんなら、もっとやってよ!

クリックすると拡大します

 合わせる麺は三河屋製麺の平打太麺、意識してから無意識かは分からないけど、固め仕上げで、とてもスープに合います。
 分厚く大きなチャーシューは2枚、半熟玉子は一個分、茹で野菜にメンマ、最後に干し桜海老が振ってあります。
 茹で野菜はスープと共に中華鍋を振って温めてあるので、一体感があってとても美味しい。

クリックすると拡大します

 ついうっかり頼んでしまった半ライス、スープにインするか、半ライスにスープを掛けるか悩みましたが。
 レンゲで何杯かすくってスープに浸して食べると、とても美味しいです。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 さて、電車移動。
 移動途中で途中下車して、床屋に立ち寄って髪を切る。
 前回失敗されたので、今回は慎重に好みを伝えるも、無事に成功。
 さて、遅くならないうちにラーメンでも食べますか。

クリックすると拡大します

 読売ランド駅から徒歩5分の、麺屋夏鈴(かりん)@読売ランド前(川崎市多摩区西生田)公式ツイッター)へ。
 カフェ ゆいーとの定休日(日曜日)に間借り営業されています。
 営業日は公式ツイッターで告知され、今日は11:00-24:00の営業時間となります。
 毎週は営業していないので、月に2日から3日の営業になりますが、限定メニューも欠かしません。

クリックすると拡大します

 とは言え、何となくスープを組み合わせたり、ちょっと特別なトッピングを乗せた感は拭えませんが。
 しかしして、食べ手としては、限定とあらば見過ごすことは出来ない。
 今日は魚介白湯ラーメン、特製トッピング乗せ、丼とのセットが100円から200円引きになります。
 口頭注文後会計、アイドルタイムということもあって終始ノーゲス。

クリックすると拡大します

 少し待って魚介白湯ラーメン800円
 夏鈴のベースである鶏白湯スープに魚介ダシをブレンドしたと思われる、美味しいスープ。
 魚粉は感じられますが、嫌味なざらざら感ではなく、返って楽しめる味わい。
 このレベルのスープならすぐ独立しても、やって行けると思います。

クリックすると拡大します

 菅野製麺所の細麺はいい感じの茹で加減で、スープとは好相性、美味しいですね。
 トッピングは大ぶりの豚バラチャーシュー、茹でほうれん草、メンマ、刻み玉ねぎ、正方形の板海苔1枚、糸唐辛子、全体に黒胡椒が振られています。
 前回のつけ麺はちょっと不安でしたが、ラーメンは全く問題がありません。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 お会計時に少しお話をさせていただきましたが、独立に向けての目途は立っていないようです。
 とはいえ、急に決まることもあるからな。
 来週は無理そう(ボソッ

クリックすると拡大します

 地元に戻ってきたら、薄紅色の夕陽。
 上手く桜を前景にして、撮れたらいいなぁ。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月30日

自宅でラーメン

//
クリックすると拡大します

 午前中、オートバックスにクルマの修理をお願いしに行ったのですが。
 故障の状況を診て、ああ、これだったらディーラーに持ち込んだ方がいいよと、修理を断られてしまいました。
 なんとなくそうかなと思っていたけど、実際に断れると悲しい。

クリックすると拡大します

 お昼は自宅でラーメン。
 過日、すみれの試食会に伺ったときにお土産でもらったラーメンを作ってみた。
 トッピングのチャーシューが用意できなかったので、ネギを掛けただけだけど。
 再現性についてはコメントできませんが、結構美味しい。

クリックすると拡大します

 夜はスーパーで買ったおつとめ品の刺身盛合せ。
 370円が半額だったので即買い、合わせるお酒はレモンサワー。
 いつもはポリ容器からお皿に盛り付け直すのですが、今日は手抜き。
 美味しくいただきました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月29日

肉の日は天ぷら

/横浜家系ラーメン横浜道品川港南口店@品川にてとんこつラーメン/完全紹介制の天ぷら屋/

クリックすると拡大します

 お昼は横浜家系ラーメン横浜道品川港南口店@品川(ホームページ)へ。
 お店が乗換駅近くなので、もっと頻繁に伺いたいのですが、中々。
 ラーメン10杯食べると一杯サービスのスタンプカード、あと3ポイント。

クリックすると拡大します

 店先をざっと見渡し、未食の限定メニューが見当たらなかったので、レギュラーメニューにしました。
 店内に入り、タッチパネル式の券売機の「博多とんこつラーメン」のタブから、ラーメンボタンをポチットな。
 「いらっしゃいませー、空いている席にどうぞ」と案内されてカウンター席に座ります。

クリックすると拡大します

 程なくしてとんこつラーメン750円
 真っ白いスープは正に豚骨スープに見えますが、ちょーっと違う様な味わいです。
 熱々でとても美味しいので、豚骨だろうが豚ガラだろうが鶏ガラだろうが、そんなことは誰も気にしないでしょう。

クリックすると拡大します

 四之宮商店の細麺は、スープによく合っていて、良い感じです。
 トッピングは大振りのチャーシュー、メンマ数本、板海苔一枚、薬味ネギ、サービスのウズラの卵5個。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜はお誘いいただき、完全予約制、完全紹介制の天ぷら屋へ。
 店舗の店名、住所、連絡先などは非公開、食べログ等のグルメサイト掲載拒否店です。
 ま、世の中にはこういうお店もあるってことで、へぇーって見てもらえれば。

クリックすると拡大します

 薬味は塩がフランスの岩塩、自家製のカレー塩、笹塩、柚子胡椒、梅肉。

クリックすると拡大します

 ビールはヱビスの小瓶。

クリックすると拡大します

 名刺代わりの板海苔の天ぷらに雲丹を乗せて。

クリックすると拡大します

 熊本県の特大あさり、京都の大黒しめじ。

クリックすると拡大します

 ヒラスズキの神経じめ。

クリックすると拡大します

 ケンサキイカのえんぺらで仕込んだ塩辛。

クリックすると拡大します

 栃木の蔵元であるせんきんが醸す「さくら(OHANAMI)」無濾過生原酒 うすにごり 純米吟醸 2019BY。

クリックすると拡大します

 アオリイカ、行者ニンニク、ヒラマサ、うるい。

クリックすると拡大します

 とらふぐの茶碗蒸し、丹波の黒豆、ズワイガニ、黒胡椒を振って。

クリックすると拡大します

 さて、ここから天ぷら。薬味として大根おろし、レモン汁。

クリックすると拡大します

 店主のパフォーマンス、これで10人分。

クリックすると拡大します

 大人のかっぱえびせん、車海老のアゴ。

クリックすると拡大します

 車海老のブリッジ。

クリックすると拡大します

 だし汁。

クリックすると拡大します

 車海老のブリッジ2。

クリックすると拡大します

 福岡産のアスパラ。

クリックすると拡大します

 茨城産のレンコンをクリスピー仕立てで。

クリックすると拡大します

 徳島産の原本しいたけ、ちいたけ。

クリックすると拡大します

 キャリフワのタチウオ。

クリックすると拡大します

 タラノメ。

クリックすると拡大します

 ホタルイカ。

クリックすると拡大します

 スティックセニョール。

クリックすると拡大します

 アオハタの西京漬け。

クリックすると拡大します

 熊本産の赤茄子。

クリックすると拡大します

 牡蠣の天ぷら。

クリックすると拡大します

 新潟の岩モズク。

クリックすると拡大します

 奈良の蔵元である今西酒造が醸す「みむろ杉」純米大吟醸 山田錦 火入れ 2019BY。

クリックすると拡大します

 ふきのとう、柚味噌。

クリックすると拡大します

 群馬の阪東もち豚、べっ甲ソース。

クリックすると拡大します

 マイタケ、揚げと焼き。

クリックすると拡大します

 穴子。

クリックすると拡大します

 京都の蔵元である松本酒造が醸す「澤屋まつもと 守破離 ID1502」2017BY。

クリックすると拡大します

 シルクスイート、市場の倉庫で1ヶ月寝かせ、三時間蒸し、零下20度で冷凍、蜜がカラメル化。

クリックすると拡大します

 香の物。

クリックすると拡大します

 冷製カレーうどん、カイワレ大根とホタテの天ぷら。

クリックすると拡大します

 うどんは冷凍うどん。

クリックすると拡大します

 お釜で炊いたごはん、コシヒカリ9割、ササニシキ1割。

クリックすると拡大します

 残ったカレーを掛ける前。

クリックすると拡大します

 デザート、和三盆入り。

クリックすると拡大します

 食べ終わって数日経ちますが、天ぷらとは何かについて、未だに理解できていない。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記