2019年04月30日

調布で二軒

/柴崎亭@つつじヶ丘(調布市)にて平成最後のらーめん(清湯醤油)/百笑食堂中華そばいしかわや@国領にて限定八王子/箱根そば多摩センター東口店にて多摩ラーメン/

クリックすると拡大します

 朝、出掛けようとしたら雨が降っていて、駅まで女房に送ってもらってから出発。
 いつもは新宿経由で向かうのですが、今日は多摩センター経由で向かった、柴崎亭@つつじヶ丘(調布市)
 年に一回くらいしか訪問できていない、東京で一番美味しいラーメンが食べられるお店。前回は2018/10ですから半年ぶり(すみません)。
 13時前に到着すると、踏切側まで並んでいて、傘を差してそのまま並びます。

クリックすると拡大します

 1時間ほど待って店先まで並びが進んだところで、店員さんが外に出てきて「お先にどうぞ」と案内して下さいます。
 私の前には家族連れが7人は並んでいたので、家族連れは並びで案内するので1人客を先に案内したという体なのでしょうか。
 券売機の前で「どれを買えば良いですか?」と店主さんに声を掛けると「『限定A』だけ」と言われたので、限定Aと生ビール(小)400円の食券を買います。
 食券を買ったらいったん店外に出て、反対側の入口からお店に入ります。

クリックすると拡大します

 先ずは平成お疲れ様と、新潟の蔵元である越銘醸が醸す「越の鶴」純米大吟醸 ドメーヌ2019BY。
 これはこれは大吟醸じゃないですか、ちょっと冷やしすぎですけど、美味しいことには変わりなく。
 グイグイと半分ほど飲んだところで、ラーメンが出来上がってきました。

クリックすると拡大します

 平成最後のらーめん(清湯醤油)800円
 スープは、合鴨ガラベースに豚と干し椎茸の旨味をプラス、返しは東松島の長寿醤油特選醤油に10年物の紹興酒、1級羅臼昆布、に鮪節の薄削を漬けこんであります。
 飲んだ刹那、これは日本蕎麦の蕎麦つゆですね。
 しかしして、こんなに美味しい蕎麦つゆは初めてですけどね。

クリックすると拡大します

 麺は、麺の奇才!北浦和の呉田(中野製麺)の角細麺、3日間の熟成を経て滑りを感じる麺肌。
 食べた刹那、これは切刃18番の日本蕎麦ですね。
 蕎麦つゆですので、日本蕎麦を合わせるのは何の違和感もありません。
 いつもながら大振りの豚肩ロースレアチャーシュー、三つ葉、最小限のトッピングが返って潔い。

クリックすると拡大します

 日本蕎麦には日本酒がよく合う、って、そもそも前提が違っているような気がしてやまないが。
 日本の代表的な料理であるラーメンと共に日本酒を飲むのが何の抵抗もなく、むしろ飲みたい。
 全てのラーメン店に日本酒を(言ってみたかっただけです、スミマセン
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 食べ終わって、折角ここまで来たので、近くでもう一杯食べていくかと。
 つつじヶ丘から国領まで二駅なのに、写真のタイムスタンプをみると、1時間掛かっている。
 乗り過ごしたのかなぁ、何がどうなったのか分からないけど、ま、時間は戻ってこないし。

クリックすると拡大します

 国領駅から徒歩数分の百笑食堂中華そばいしかわや@国領(調布市国領町)へ。
 去年の8月オープン直後の訪問以来、2回目の訪問になります。
 店名に「中華そば」が追加されましたが、店内の様子は変わっていません。

クリックすると拡大します

 営業時間は「いつ来てもいつもやっているように」と、11:00-23:00の無休になっています。
 なんか無理していて、なんかもの凄く心配なのは私だけでしょうか。
 心配しても何も変わらないので、ラーメンを食べることで応援します。

クリックすると拡大します

 店内に入り、右手の券売機で食券を買います。
 メニューは醤油中華そば、塩中華そば、いしかわブラック、いしかわライムブラック、札幌味噌らーめん、限定八王子。
 開店当初から随分と変わったラインナップで、(開店直後に)醤油中華そばだけを食べて「この店はこんな店」と評価する事の怖さ、愚かさ。力一杯、自戒を込めて。
 お冷やを用意して下さった席に座り、買った食券を渡して、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 修業先店同様、卓上には箸箱すら置かれておらず、お冷やは適時、注ぎ足して下さいます。
 程なくして限定八王子700円。中華そばの丼を変えてスープを減らし、刻み玉ねぎを散らしただけのような麺相。
 スープは鶏より鰹を強く感じ、強めに利かせた醤油たれが、全体をさらに力強くまとめ上げています。
 八王子ラーメンと言うと、クラシカルであっさりした印象ですが、それに比べてかなり遠い立ち位置。

クリックすると拡大します

 たまたまのブレなのか、このままネオ八王子ラーメンとして立ち続けるか、今後が楽しみ。
 麺は全メニュー共通の田村製麺の細麺、スープとは好相性、しかし八王子ラーメンとして考えると美味し過ぎます。
 刻みたまねぎが全体に散らされていますが、豚肩ロースレアチャーシュー、材木メンマ、カイワレ大根などのトッピングを考えると、八王子ラーメンではなく「限定八王子」の命名が腹に落ちます。

クリックすると拡大します

 美味しい美味しいと食べていたら、麺が無くなっていたので、スープも飲んでしまいました。
 確かに味変の調味料は要らないですね。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 雨が降り続いているので、公園で一休みして、もう一杯というわけにもいかない。
 ま、今日のところはこれで帰るかと、調布から橋本行きに乗ります。
 小田急線に乗り換えるには、多摩センターか永山で乗り換えるワケですが、今日は多摩センターで。

クリックすると拡大します

 小田急多摩センターの東口を出てすぐ右手の、箱根そば多摩センター東口店ホームページ)へ。
 六会日大前駅が今年1月末に閉店してしまったので、箱根そばでラーメンを提供する唯一の店舗になります。
 逆に言えば、なぜ1店舗だけラーメンを提供しているのだろうか。

クリックすると拡大します

 ラーメンメニューは醤油味のラーメンのみで味玉、チャーシュー、のトッピング、ミニかつ丼、ミニ豚丼、ミニカレーとのセットが用意されています。
 閉店した六会日大前駅で好評だった六会ラーメンを、商品名を変えて販売されています。
 いずれもラーメンは10時からの販売ですので、朝ラーとしては食べられません。

クリックすると拡大します

 もちろん、お蕎麦、おうどん、カレーなどは抜かりなくフルラインナップ。
 メニューが多いのでボタンが多くなりますので、初訪で目的のボタンを探すのは至難の業ですね。
 今日の私はラーメンなので、探すのは難しくないですけどね。

クリックすると拡大します

 受付はそば、うどんのコーナーとラーメンのコーナーで分かれているので、間違えないようにラーメンのコーナーへ食券を出します。
 空いているテーブル席に座ってラーメンの出来上がりを待ちます。
 席数は、入って右手に2人掛けテーブルが3卓、壁向きカウンター5席、店内中央に向き合わせ立ち食いカウンター6人分と着席6席、左手奥が2人掛けテーブルが4卓、計31席。

クリックすると拡大します

 番号を呼ばれて引き取ってきた、多摩ラーメン490円
 基本、箱根そばではエコ箸ですが、割り箸があったので使ってみることにしました。
 スープが多めなので麺が完全に沈んでいて、トッピングのかき揚げがスープを吸ってしまって(スープにかき揚げが溶けて)います。
 甘さが前面に出てくるスープはちょっと旨味過多、辣油が掛かっていますが、辣油自体が辛くないタイプなので、香り付け程度です。

クリックすると拡大します

 麺は縮れ中太麺、お蕎麦屋のラーメンの麺は細麺が殆どですので中太麺は珍しく、美味しく頂けます。
 かき揚げ、アオサ海苔がトッピングされていて、全体的に甘め仕上げですので、本格的なラーメンというのはちょっと違うかな。
 あくまでもお蕎麦屋さんのラーメン、定期券内にあれば何度か食べに来たいのですが。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月29日

とんぼラベル飲み比べ

/泉橋酒造の蔵見学/蔵元佳肴いづみ橋/蔵味噌ラーメン晴っぴ@ららぽーと海老名/ゆず味噌ラーメン890円/麻辣味噌880円/

クリックすると拡大します

 今日は、泉橋酒造主催の特別合同企画『BY30とんぼラベル6〜10号飲みくらべ』〜蔵見学付き〜に参加してきました。
 たまたま自宅で申し込んだのですが、魔が差したんでしょうか、「蔵見、行く?」と女房に声を掛けたんです。
 ということで、今日は女房と二人で参加してきました。

クリックすると拡大します

 と言うことで泉橋酒造の蔵見学から、私は二回目だけど女房は初めてですから、写真撮りまくり。
 気持ちはよく分かります、私も初めての時は写真撮りまくりでしたから。

クリックすると拡大します

 先ずは2階の研修場でオリエンテーション。
 ここも二回目の私は軽く聞き流してしまいますが、女房を始め20名強の参加者は一言も聞き逃すまいと聞いています。
 今回はビデオ(動画)での説明はありませんでした。

クリックすると拡大します

 見学は田んぼから始まります。
 泉橋酒造ではお米から作っているので、田んぼの管理が欠かせません。
 冬の間も水を張っていた田んぼは、春になっても雑草が生えません。

クリックすると拡大します

 次は精米、蔵元で精米をするのは当たり前では無く珍しいこと。
 精米すると米糠(こめぬか)が出ますが、その有効活用が何度聞いても素晴らしい。

クリックすると拡大します

 そして蔵へ、杉玉(酒林)はどの入口にも飾られています。
 蔵に入る前にマスクとキャップを被ります。

クリックすると拡大します

 最初が洗米と吸水、そして蒸し上げます。
 最終的には年単位で熟成させるのに、この吸水の工程は秒単位で管理されていて、何回聴いても驚かされます。

クリックすると拡大します

 続いて麹室へ、「一麹(こうじ)、二酒母(モト)、三造り」の麹。
 ここでは麹菌がお米のデンプンを糖分に変える(糖化)する部屋、糖化した糖が酵母によってアルコールに変わります。
 お米は箱麹(はここうじ)に分けられますが、泉橋酒造では全量箱麹で仕込んでいます。
 その後、槽場(ふねば)の説明があり、タンクを見て蔵見学は終了です。

クリックすると拡大します

 その後、タクシーで蔵元佳肴いづみ橋へ。
 泉橋直営の和食レストラン、蔵人が前掛けを付けたまま日本酒を振る舞い、日本酒と料理の説明をして下さいます。
 つまり、この店までか泉橋酒造なのだろう。

クリックすると拡大します

 今日は会のタイトルにあるように、とんぼラベルシリーズに合わせた料理となります。
 ちなみに、とんぼラベルシリーズとは、槽(ふね)より『中取り』のみを直接瓶詰めした新酒、数量限定(200〜300本)、全て『しぼりたて無濾過生原酒』です。
 直接瓶詰めなので純米酒ですが、泉橋酒造は全量純米酒です。
 とんぼラベル6本に燗付けした雄町の純米吟醸を合わせた7種類に合わせた料理、素晴らしいの一言でした。

クリックすると拡大します

 はじめに。
 ごほうびトマトと麹のガスパチョ、彩りトマトのカプレーゼ。
 カプレーゼはトマトと白苺が使われていて、まあ、美味しい。

クリックすると拡大します

 1品1杯(1銘柄)、1杯目はとんぼラベル10号 槽場(ふねば)直詰め 無濾過生原酒 純米酒生酛仕込み 海老名産山田錦 80% 2018BY。
 220本中85本、直詰めと言うこともありアルコール18度、滅多に見かけることの出来ない一杯。

クリックすると拡大します

 晩秋のひとさら。
 真鱒 蛍烏賊 晩春やさいの旨味出汁浸し。
 野菜に苦味を感じますが、嫌な苦味では無く、美味しい苦味。

クリックすると拡大します

 とんぼラベル6号 槽場(ふねば)直詰め 無濾過生原酒 純米酒生酛仕込み 海老名産山田錦 65% 2018BY。
 120本中97本、お酒が変わればグラスも変わる。

クリックすると拡大します

 今宵の酒肴盛り。
 葡萄海老塩辛 生雲丹 煽り烏賊。
 雲丹って一口の半分くらいを食べるのが1番美味しく感じます。

クリックすると拡大します

 とんぼラベル特別号 槽場(ふねば)直詰め 無濾過生原酒 純米大吟醸 海老名産山田錦 48% 2018BY。
 150本中の48本、このボトルは直営酒販店で見たことがあるな。

クリックすると拡大します

 鳴瀬とろ牡蠣 生ミンク鯨のユッケと・・
 牡蠣は酒蒸しで、生より焼きより美味しいと思っています。
 その牡蠣に鯨肉を合わせるんだ、面白いですねぇ、美味しいですねぇ。

クリックすると拡大します

 とんぼラベル7号 槽場(ふねば)直詰め 無濾過生原酒 純米吟醸生酛仕込み 海老名神力 60% 2018BY。
 180本中の88本、神力で仕込んでいるのでラベルがピンクです。

クリックすると拡大します

 本日のひとさら。
 やまゆり牛 ほほ肉 酒塩煮込み。
 箸でつかめないほど柔らかい肉、美味しいデスなぁ。

クリックすると拡大します

 とんぼラベル8号 槽場(ふねば)直詰め 無濾過生原酒 純米酒 海老名産山田錦 65% 2018BY。
 200本中の50本、リーデルの純米グラスで飲むと、日本酒の味も違いますね。 

クリックすると拡大します

 〆のお食事
 春せりとはまぐりの酒潮汁 真鯛・こしあぶらぶ炊込めし。
 青々としたせりと蛤の組みあわせ、とっても美味しい。

クリックすると拡大します

 生酛 純米吟醸 雄町 自社田栽培米雄町 50% 2017BY。
 ぬる燗に燗付けされ、温かいご飯とお吸い物に合わせてあります。

クリックすると拡大します

 甘味・水菓子
 とちおとめ 甘夏 湘南ゴールド。

 とんぼラベル9号 槽場(ふねば)直詰め 無濾過生原酒 純米酒 海老名産山田錦 65% 2018BY。
 甘味に合わせる日本酒は氷結ソーダにしてあって、瓶のチェックを忘れました。

クリックすると拡大します

 最後にお茶が出されます。
 店員さんが少なくて、やや間延びした場面もありましたが、それはそれでお喋りに興じたので、全く問題ありません。
 いやいや、蔵見学も付いて10,000円は安すぎるでしょう。
 美味しく飲み食いさせて頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 その後、せっかく海老名に来たんだからお土産に鯛焼きを買って帰ろうとららぽーとに立ち寄りました。
 立ち寄った鯛焼き屋の裏手にある、蔵味噌ラーメン晴っぴ@ららぽーと海老名で早めの夕飯を食べることにして。
 2017/10の新規開店直後以来の訪問、ららぽーとのフードエリアですので、席数の増減はありません。

クリックすると拡大します

 二人席に案内され、メニューを開いて口頭注文後会計です。
 メニューはゆず味噌ラーメン890円、えび味噌ラーメン980円、とまと味噌ラーメン890円、限定の麻辣味噌880円が追加されていましたが、味噌ラーメン専門店は変わっていません。
 卓上の調味料を見ると、辣油、醤油、酢は変わらず、一味、胡麻、山椒が増えていました。
 大きなアルミ製のコップでお冷やを飲みながら、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして女房のゆず味噌ラーメン890円
 柚子は皮とジェル状のがトッピングされ、香りでも味覚でも楽しめます。

クリックすると拡大します

 程なくして私の麻辣味噌880円。山椒は粒を擂るタイプです。
 モヤシやキクラゲと共に煮た味噌スープに唐辛子で辛味を加えてありますが、ひねったりねじったりせず、普段使いの美味しさです。
 痺れはあまり感じられず、途中で擂った山椒を掛けて楽しむタイプです。

クリックすると拡大します

 麺は自家製麺のメリケン製麺、平打太麺は柔らかめ仕上げで、相変わらず美味しい。
 豆腐とメンマは冷たいままでしたが、まま、そこは肩肘張らずに美味しく頂けます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 食べ終わるとお茶を出して下さり、ホッと一息付けます。
 その後、鯛焼きを買って帰宅、帰宅したら早く寝る。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月28日

あざみ野で二軒

/らーめん雅楽GARAKU@あざみ野にて油そば/らーめんとカラアゲ あの小宮@あざみ野にて柚子胡椒のたれそば、カラアゲ/

クリックすると拡大します

 今日は特に予定が入っていなかったので、今月中に行きたかった店に行くことにしました。
 電車が混んでいると思ったら、何のことは無い、日曜日だからなのか。
 ま、混んでいると言っても、二回乗り換えなくちゃならないので、あんまり気にならないのですが。

クリックすると拡大します

 東急田園都市線あざみ野駅から徒歩数分、らーめん雅楽GARAKU@あざみ野(横浜市青葉区)公式ブログ)へ。
 こちらには会社帰りの夜に伺って、うだうだと飲んでいることが多いのですが。
 そればっかりではお店の一面しか分からないので、年に一回か二回、休日の昼間に伺うことにしています。

クリックすると拡大します

 こちらでは毎月、月替わりの限定メニューを販売されていて、基本、そのメニューを食べています。
 しかしして、レギュラーメニューを全て食べているかと問われたら、食べていないという。
 食べなくちゃいけないと言うことは分かっているけど、分かっていることに限って出来ていません。

クリックすると拡大します

 店先で少し待ってから店内へ、休日は混み合っているので、店主さんご夫婦に、女将さんのお姉さんも出勤、さらにバイトの女子大生も加わって4人で回しています。
 券売機で食券を買うと、相席でも構いませんかと訊かれ、テーブル席に案内されました。
 おお、テーブルで食べるのは久し振りなので嬉しいなぁとワクワクしていたら、すぐにカウンター席へ移動。

クリックすると拡大します

 先ずはハートランド、昼間から飲むことに背徳感とか高揚感をことさら強調される方がいますが、私はごく普通のことなので、いつも通り飲むだけです。
 突き合わせの茹でだだちゃ豆、この豆がビールによく合って、ビールが進む進む。
 お客さんはひっきりになしに入ってくるので、さっさとビールを飲んで、とっととラーメンを食べて帰りますよ。

クリックすると拡大します

 今月の限定メニューの油そば900円(半ライス&スープ付き)、そこはかとなく平成最後の雅楽のラーメン。
 「こちら、全てお使い下さい」とジェル状の赤い液体が添えられています。
 ※店主さんのご好意により、標準的な盛り付けと異なりますので、ご了承ください。
 何度目かの油そば、全体をようくかき混ぜて頂くと、醤油とニンニクおろしの香りに包まれ、まあ、美味しい。

クリックすると拡大します

 一玉半の三河屋製麺の太麺、油そばにぴったりですよね、美味すぎる。
 卵黄、サイコロ切りのチャーシュー、茹でモヤシ、ニラ、フライドガーリックと共に食べると色々な味わいを楽しめます。
 途中から謎の赤い液体を調合すると、あら不思議、咳き込むほどの激辛混ぜそばに早変わり。
 慌てて中華スープを啜り、喉をなだらかにしつつ、麺を食べきります。

クリックすると拡大します

 残ったタレや具材にご飯をドサッと入れて、一気に食べ切ります。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 昼営業が終わろうとする時間なのに来客が途切れず、お店の繁盛が自分のことのように嬉しいです

クリックすると拡大します

 そうそう、スタンプカードを始めたそうです。
 二回でトッピング、6回でラーメン一杯サービスと、かなりお得です。
 有効期限が三ヶ月なので、毎週食べに行って下さい。

クリックすると拡大します

 あざみ野駅に併設されたエトモあざみ野(ホームページ)のリニューアルに伴い、2019/3/28にオープンしたらーめんとカラアゲ あの小宮@あざみ野(横浜市青葉区あざみ野)
 ラヲタにしか通じない「あの小宮」シリーズ、しょうが焼きに続く第2弾はから揚げ(しょうが焼きもあるけど)。
 エトモあざみ野内と言ってもバスロータリーのある西口の江田駅寄り、地下一階になります。

クリックすると拡大します

 店名に「カラアゲ」が付くと、ラーメン屋と言っても何となく定食屋、そこはかとなく軽く飲めそうな雰囲気を感じます。
 店内に入って左手に券売機がありますが、非常に分かりにくい(自分比)ので、入口横に大きく張り出したメニューで何を食べるか考えます。
 ラーメンは煮干醤油らーめん、淡麗塩らーめん、肉つけめん、柚子胡椒のたれそば。
 定食はカラアゲ定食、しょうが焼き定食、いずれもご飯のお代わりは自由です。

クリックすると拡大します

 飲み物は生ビール、ハイボール、ウーロンハイ、レモンサワー。おつまみはチャーシューなどのラーメントッピングにえだまめ等。
 定食は、(690円の)ラーメンとセットはありますが、(790円の)つけめんやたれそばとのセットは用意されていません。
 店名のカラアゲも食べてみたい場合、一品料理の三個と合わせるか、頑張って定食も頼むしかありません。
 今日のところは、お土産用の1個を店内で食べたりするのはNGでした(3個の2個をテイクアウトもNG)。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むL字カウンター6席ずつ、奥には4人掛けテーブルが2卓、計20席。
 圧倒的に家族連れ、友達同士での来店が想定される商業施設内の飲食店で、敢えて1人客狙いでカウンター主体の構成。
 卓上にはブラックペッパーグラウンド、辣油、酢、醤油、レモン。
 少し待っていると、ラーメンとカラアゲがほぼ同時に運ばれてきましたが、私はほど同時に食べられないので、後回しにしたカラアゲは少し冷めてしまいました。

クリックすると拡大します

 柚子胡椒のたれそば790円
 ここで「ラーメンに軍手!?一体何に使うのか!?」と盛り上げるべきでしょうけど。
 軍手は手にはめる以外に使い方が思い付かないし、軍手をするということは熱い物を持つと言うことだろうし、となれば、タレが入っていると思われる小瓶が熱いのだろうと。
 余計なお世話ですが、ネイルしている女性は軍手をするのは抵抗がありそうですし、そういうお客さんは(お願いすれば)店員さんが代わりに掛けてくれるのだろうか。

クリックすると拡大します

 小瓶には醤油たれと背脂、生卵が入っていて、「こんな熱いの、食べられないよ」と思いながら掛けます。
 全部掛けてから、小切りのチャーシュー、細切りメンマも合わせてかき混ぜて食べてみると、冷たいネギとモヤシ、キャベツでたれが冷やされて(野菜が温められて)ちょうどいい感じになります。
 私は不器用なので全体を均等にかき混ぜられず、熱い部分と冷たい部分が交互に感じながら頂きました。
 器用(普通)に全体を均等にかき混ぜられる人とは、味わいが変わりますね、きっと。

クリックすると拡大します

 濃いめの醤油味で極太麺を食べ進めますが、途中から柚子胡椒の辛さが顔を出してきます。
 熱かったり冷たかったり、背脂で甘かったり、柚子胡椒で辛かったり、色々と楽しめるたれそば。
 食べ終わったら店員さんに声を掛けると締めの一口ライスが頂けるそうですが、店員さんは奥の厨房に引っ込んでしまい、大声を出すのも何だなと。

クリックすると拡大します

 カラアゲ600円、味付けは醤油ガーリック、塩ジンジャー、あま辛スパイシーから選べるので醤油でお願いしました(1個1味は出来ないそうです)。
 一口で食べるのがやっとの大きな唐揚げが3つ、千切りキャベツも付いての値段は安いと言えば安いですが、こんな大きな唐揚げは要らないと言えば要らない。
 程々の肉質にさっぱりした醤油味で、居酒屋目線ですと物足りませんが、ラーメン屋目線ではちょうどいいです。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記