2019年04月27日

日本酒と津軽三味線に酔う

/煌龍軒大森店@大森にてビール、味噌ラーメン/SAKE Sceneマス福にて日本酒と津軽三味線に酔う会/

クリックすると拡大します

 GWの中で予定が入っている貴重な1日。
 予定が夜だった場合は、(折角その地に出掛けるので)その時間から逆算して「立ち寄る場所、店」を考えます。
 大抵はラーメン店を何軒か食べ歩くのですけど、まま、若くないですからね。

クリックすると拡大します

 大森駅北口から徒歩数分、大興苑跡地に本日4/27にオープンした、煌龍軒(きりゅうけん)大森店@大森(大田区山王2-7-1)へ。
 経営母体の麺匠八雲の方針なのでしょうか、開店祝い花は一切ありません。
 入口に併設されたディスプレイには、商品サンプルでは無く、空丼とメニューが置かれていて、とても斬新。
 ガタガタっと引っかかりのあるガラス戸を開けて店内に入ると、近場にビラを撒いたらしく、ラーメン一杯500円に釣られた地の高齢客、数人。

クリックすると拡大します

 そういう開店告知のフライヤーが店内に張り出されていたり、入口近くに置かれているのをよく見かけます。
 厨房を囲むカウンター5席と2席、入口近くには2人掛けテーブルが2卓、計11席。
 卓上の調味料は相模原店と同じで、コショー、おろしニンニク、一味唐辛子。
 店内にはご夫婦と思われる男女の店員さんとまゆか店主さん、開店おめでとうございます。

クリックすると拡大します

 店員さんは40代と思われ、男性店員さんは調理慣れしていますが、女性店員さんは会計も覚束ない様子。
 出店までには色々なストーリーが思い浮かびますが、ま、少しづつ分かってくるんじゃないかな。
 口頭注文後会計、先ずは瓶ビール600円、「昔ながらのラーメン店」で出すビールの銘柄が気になっていましたが、赤星なんですね。
 てっきりラガーだと思っていた私は50代後半、まだまだ何分かっていない若造ってことですな。

クリックすると拡大します

 注文してから5分も掛からずに味噌ラーメン750円
 テーブルに置かれた時点で(相模原店のそれとは)香りがかなり違い、食べ進むにつれて馴染んでくる味噌スープが初めから馴染んでいて、熱さに頼らずに立ち上る香りが食欲をそそります。
 本当に今日開店?スープの完成度が高くて、返ってスープとは別に炒めたもやしと間を感じますが、自身でスープに馴染ませれば良いこと。

クリックすると拡大します

 他店舗展開していくのだから食材やレシピを標準化(マニュアル化)されたのだと思われますが、標準化が十分では無いのか、十分に標準化されているけど調理人の腕で味が変わるのか。
 中太麺は本部から送られてくる自社製麺、軽く手揉みされてからテボに入れています。
 ほんの数秒の手間で麺の味が大きく変わるか?変わりますねぇ。ラーメンの美味しさは、ほんの数秒の手間の積み重ねですから。

クリックすると拡大します

 トッピングはチャーシュー、なると、白メンマ、九条ネギ。
 他店舗展開(チェーン店展開)の店舗で合っても、調理人が異なるのだから、出来上がりのラーメンの味が異なるのが自然な成り行き。
 煌龍軒ブランドは、全店味が違いますよをウリにするのか、同じ味に寄せていくのか、とても楽しみです。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜の予定まで時間があるけど、体調ファーストで休憩することにしました。
 結果オーライでラーメン食べたり、お酒を飲んだりするのが出来たのは若いウチだけ。
 というか、若いウチはこうして身体を休めるなんて考えたこともありませんでした。

クリックすると拡大します

 さてさて今夜は、SAKE Sceneマス福@虎ノ門ホームページ)にて日本酒と津軽三味線に酔う会
 日本酒と料理のペアリングだけでも嬉しいのに、大好きな山影さんの演奏が楽しめる会。
 ついうっかり一人で申し込んでしまったので、参加される方は全員初対面です。
 会費は日本酒二杯までが6,500円、それ以上は実費負担です。

クリックすると拡大します

 お店はフレンチ主体ですが、ショーケースには数本のシャンパーニュ、残り98本は日本酒。半分くらいしか銘柄が分からない。
 ということで、1杯目は三重の蔵元である森喜酒造場が醸す「るみ子の酒 すっぴん」特別純米無濾過生原酒 伊勢錦 30BY。
 香り立つ9合酵母、1杯目として最適な日本酒で乾杯しました。
 日本酒に凝り出すと片口や平盃などの酒器が気になり出します。

クリックすると拡大します

 1品目はグリーンサラダ、イトヨリダイとアナゴを合わせてあって、さっぱりしてとても美味しいサラダ。
 店内を見渡すと圧倒的に高齢者が多く、一人の若い女性客を除けば、自分が1番の若者のようです。
 このイベントは確かFacebookで見つけたと思ったけど、参加されている人の殆どはお店からの紹介のようでした。

クリックすると拡大します

 2杯目は石川の蔵元である宗玄が醸す「宗玄 純米雄町」無濾過生原酒 30BY。
 16年振りの雄町を使った純米酒、口当たりから力強く、舌上、喉越しまでお米の旨さを味わえます。
 平成最後に飲む日本酒、などと大げさに構えることなく、飲みたいときに(見かけたときに)飲みたいですね。

クリックすると拡大します

 2品目はタスマニアサーモンのグラブラックス(北欧風サーモンマリネ)。
 この辺りで山影さんの演奏が始まります。
 一部は平成を振り返ると称して、色々な平成の名曲を津軽三味線で弾き語り、素晴らしいですなぁ。

クリックすると拡大します

 3杯目は愛知の蔵元である長珍酒造が醸す「長珍 PINK」特別純米酒 29BY。
 熟成酒ですのでもちろん燗で、どちらかというと「燗付けを」とお願いして選んで頂いた一杯です。
 麹米に山田錦の品格漂う味わい、掛米に八反錦のしなやかな味わい、の両方が楽しめます。

クリックすると拡大します

 この辺りで山影さんの演奏、第二部は津軽民謡を絡めたアレンジ演奏、これが聴きたかったんです。
 ライブと言うことでその場一回限りの演奏ですが、さらにアレンジはその時の気分で演奏(演目)が変わるので、一生に一度の演奏です。
 飲んでいる場合でも、食べている場合でもありません。

クリックすると拡大します

 4杯目は愛知の蔵元である長珍酒造が醸す「長珍 タンク囲い」純米吟醸 28BY。
 吟醸酒を寝かせて出荷するって、、まあ、蔵元の苦労は分からないけど、味わいは角が取れた丸みを感じる美味しさ。
 こういう日本酒を「こういうのはどうでしょう」と出してくる飲食店、何度か飲みに来たいですねぇ。

クリックすると拡大します

 ローストポーク。
 擂り潰したタマネギをソースベースで味付けした掛けただけのローストポーク。
 コースとしては最後の料理と思って大切に食べていたら「よろしかったらお代わりをどうぞ」と勧められたので、慌てて食べて二回もお代わりしてしまいました。
 脂身がとても美味しくて、もち豚なんじゃ無いかと思ったけど、未確認です。

クリックすると拡大します

 5杯目は神奈川の蔵元である川西酒造が醸す「隆 足柄若水(白)」純米 無濾過生原酒 2018BY。
 あまりにも身近なので中々飲まない隆、久し振りに頂きましたが、問答無用に美味しい。
 味がしっかりして美味しい日本酒は、料理と合わせずに日本酒だけ飲むのも良いですけど、美味しい料理と合わせるともっと美味しいですね。

クリックすると拡大します

 身も心もすっかり満足して、ご馳走様でした。
 世の中に日本酒バルは数え切れないほどあるので、どこから行ったらいいのか分からなかったけど。
 短い残り人生、縁のあったお店に何度か通ってみたいと思います。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月26日

池袋で2軒

/らぁ麺はやし田池袋店@池袋にてのどぐろそば/NOODLE VOICE@池袋にて生ビール、餃子、中華そば/ホルモン焼き時代輪屋(ときわや)/

クリックすると拡大します

 明日からGWが始まるけれど、今日から始まる人もいるだろうし、明日から始まらない人もいるでしょう。
 私はカレンダー通りで、その休みの中で入れてある予定は3日だけ。
 他の日は未定、スケジュールは真っ白で、何をしようかとその日までワクワクが止まりません。

クリックすると拡大します

 お昼はらぁ麺はやし田池袋店@池袋(豊島区東池袋)へ。
 最近、流行の「鶏と水」ってラーメンがよく分からなくて、ひょっとして全メニューコンプしていないから分からないんじゃ無いかと、はやし田系列全店の全メニューを食べてみようと思っています。
 しかしして、力こぶ作って額に汗して頑張るのではなく、鳳仙花の一日限定は対象外とするくらいの力の抜き具合が、続けられる秘訣かと。

クリックすると拡大します

 とは言え限定メニューなどのラインナップを、店先のパウチで確認します。
 右手の系列店の説明が最新化されていませんが、それ以外の変更は無いようです。
 店内に入って右手の券売機で食券を買うと、「こちらへお願いします」とお冷やを置いたカウンター席を案内されます。

クリックすると拡大します

 席に着いて、カウンター台に設置された蛇口(って言うのかな)でお冷やを注ぎます。
 店内は半分以上の入りで、店員さんは「また新たな支店を出すのか」と思うほどの多さです。
 まあ、新しく支店展開したらまた食べに行くだけだな、と思いながら、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくしてのどぐろそば1,000円、昼夜20食程度の提供ですので、開店直後の店内はのどぐろ率が高めです。
 スープを飲んでみると、のどぐろが薄めで、この薄めが池袋店に起因するのか、下ブレなのか、新宿本店もなのか、全く分かりません。
 のどぐろスープを味わったことのない人は、この焼き魚の出汁と焦げた香りだけでのどぐろだと勘違いしそうです。
 スープにのどぐろ感が薄めでも、イワシ煮干しが美味しいので、美味しい美味しく無いかと問われれば、美味しいです。

クリックすると拡大します

 平打細麺は菅野製麺所の特注麺、スープとは好相性で、とても美味しく頂けます。
 トッピングはレアのチャーシュー2枚、材木メンマ2本、刻み紫タマネギ、青ネギ、くろなると。
 麺を食べ終わって、スープが多めに残ったので、替玉100円をお願いしました。

クリックすると拡大します

 お店によっては替玉といいながら和え玉な場合もありますが、こちらは所謂替玉です。
 それでも小切チャーシューが乗せられているので、食べ手としては納得感があります。
 作り手側から考えると、小切りチャーシューは端材活用かも知れませんので、ウィンウィンなのでしょう。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜はNOODLE VOICE@池袋(豊島区西池袋)へ。
 表向きは「NOODLE SOUNDSからの独立」とありますが、どうやら「独立」をセカンドブランドという意味で使っている様子。
 まあ、ラーメン業界以外では、独立だろうが支店だろうがFC店だろうが関係なくて、美味しいか美味しくないかの話しでしょう。
 店内に入り、食券を買って、案内されたカウンター席は奇しくも前回と同じ席です。

クリックすると拡大します

 さて、生ビール400円で今夜は池袋で一人お疲れ様会。
 じわじわと関係者に伝わるようにここに書いてみます。
 NOODLE SOUNDSの前身であるおらがの駒さんは、最後のおらがとなった内幸町店にて、(麺屋大斗の運営会社である)DAITO STYLEを退職され、その後は一切関わっていません。
 関わっていないので、NOODLE SOUNDSには一度も顔を出していません。

クリックすると拡大します

 餃子300円
 普通サイズと一口サイズの中間ほどの大きさで、ビールのつまみにちょうどいい大きさです。
 つけるたれは店員さんが調合して用意して下さり、ちょこんと付けて美味しく頂きます。

クリックすると拡大します

 ビールを飲み終わったのでもう1杯飲んでから、中華そば780円
 中華そばは(NOODLE SOUNDSで言う)濃厚豚骨魚介らーめんのリニューアルかと思ったら、全く異なる鶏清湯ラーメン。
 店長さんは和食出身であってもラーメン作りは大斗で覚えたのだから、鶏清湯はやったことが無いはず。
 つまり初めての鶏清湯、鶏ガラ8に豚ガラ1のスープに、節系を味わいを整えるかのように差し入れてます。

クリックすると拡大します

 濃厚全盛、魚介万歳の現代に、このバランス系の味わい、美味しいですなぁ、よくぞこのスープをと、勇気に乾杯。
 店内製麺の細麺は全粒粉入りで、スルスルと食べられてとても美味しいけど、ちょーっと熟成が足りないかな。
 トッピングは、大きめの炙りチャーシュー、数本の材木メンマ、板海苔一枚、青葱、ゆず。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 帰宅途中で途中下車し、ホルモン焼き時代輪屋(ときわや)(ホームページ)へ、『いつの時も どんな時代(とき)も/大切な家族や仲間たちと笑顔で/輪(わ)を囲み/楽しいひと時を過ごしてほしい/そんな思いを込めて/時代輪屋(ときわや)は誕生しました』
 店先にも笑い声が漏れてきて、満席だったら出直すとか戸を引いて店内へ。
 1席だけ空いてましたよ、ラッキーかアンラッキーかは分かりませんけど。

クリックすると拡大します

 今夜はレモンサワーを飲みながらレバーとなんこつ、一人前ずつ一人前を。
 七輪での焼き方は、ちょっとしたコツがあるけど、教えるほどのコツでは無く、一回か二回、焼けば分かります。
 以前は割り箸で直接焼いていたけど、女将からのお触れが出回り、トングで無ければ生肉は触れないことになりました。
 レモンサワーを飲み終わったら日本酒、晩酌用の醸造酒ですが、これがまたホルモン焼きにとてもよく合います。

クリックすると拡大します

 レバーとナンコツを食べ終わったら、牛タン。
 今夜の牛タンはカットに乱れがあり、店長さんの体調不良が反映されているかのようです。
 それでも自然体でタンモトとタンサキが盛り合わさっているのは、流石です。
 一時間ほどで退店、とても美味しく頂きました。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月25日

イタリアンなラーメン

/中華そば竹むら@目黒にてシビ辛まぜそば/横浜家系ラーメンすずき家@子安にてギョーザ、ラーメン(並)/

クリックすると拡大します

 下の子がお弁当を作るようになったので、駅まで送ってきて戻ってくると、おかずが残っていることがあります。
 その残ったおかずを見ると、ついつい朝ご飯を食べてしまう。
 元々、どこかで朝ごはんを食べて出勤する予定で30分以上早く家を出ているので、どこかが自宅でも問題なし。
 写真も撮らなくて済むので、さっと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は中華そば竹むら@目黒(目黒区目黒)公式ツイッター)へ。
 2019/4/23から始まった、昼夜15食程度の限定メニュー狙いで訪問。
 お気に入りのラーメン店なので、限定メニューは全て拾う意気込みでしたが、告知が直前だったり販売数が少なかったり、、、
 いやいや、拾えないのはお店のせいじゃなくて自分の意気込みが足りないからですね。

クリックすると拡大します

 店内に入り、左手の券売機を見ると、未使用のボタンはあるけど「(限定メニューは)煮干しそば900円のチケットを買って」とあります。
 煮干しそばって800円じゃなかったっけ、、2019/1/11に値上げしているんだ。
 ネーミングはアレですが、ラーメン職人が珍しい食材を使った一杯ではなく、イタリアン出身の店長さんが作った一杯。
 竹むらはます田のセカンドブランドで、ます田はイタリアン店からのスピンオフ。これは期待できる。

クリックすると拡大します

 指定された食券を買い、店員さんに渡すときに「まぜそばで」と伝えます。
 空いている席に座って、ふと入り口付近を眺めると、無料サービスのコーヒーが用意されています。
 食べる前に飲むのはアレだし、食べ終わってからだとお店が混んでいたら飲みにくいです。
 だからと「お持ち帰りで」って書いてあるでしょ。

クリックすると拡大します

 少し待ってシビ辛まぜそば900円
 スープを使っていないラーメンの呼び方は油そば、混ぜそば、和えそばなどがあります。
 何を何と呼ぶかは作り手側も食べ手側も自由だと思いますが、私には私の基準があって、私的には和えそば。
 明らかにラーメン職人ではない料理人が盛り付けたと思われる、広がりを感じる美しさ。

クリックすると拡大します

 ラーメン用に比べて半分程度のスープに、つけ麺用の平打中細麺を沈めてあります。
 スープのベースは鶏ガラ出汁、辛味として唐辛子、旨味として煮干や干し椎茸、フライドオニオンが食感に変化を与えています。
 トッピングは豚肩ロースレアチャーシューをセンターに、刻みネギや小切されたメンマを回りに散らし、筏にした板海苔には粉チーズ。
 このタイプのラーメンは食べ進むにつれて味が馴染んできて美味しくなっていくことが多いのですが、このまぜそばは、一口目から美味しく最後の一口まで美味しい。

クリックすると拡大します

 なぜ赤ワインを用意していないのか。店長さんを小一時間、問い詰めたい。
 途中から粉チーズを合わせてみましたが、これがまた実によく合って、あっという間に食べ終わって、追い飯をお願いします。
 追い飯には粉チーズが付いているの初めてで、食べ方が分からないけど、ま、残ったスープに入れてみました。
 旨いわ、期間限定と言わず、数量限定でずっと続けて欲しい。

クリックすると拡大します

 ラーメンを食べ終わって辺りを見渡すと、たまたま空き席が目立ったので、コーヒーを頂きました。
 一口、二口で口直しにちょうどいい量、美味しくいただきました。
 ※持ち帰って飲め、と書いてあるのに店内で飲むな、ってツッコミどころですよ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は横浜家系ラーメンすずき家@子安(横浜市神奈川区)公式ツイッター
 13か月振りの訪問なのに、写真がピンボケで済みません。
 なんでピンボケしてるだろう、、、撮影技術が下手だからか、分かってますよ。
 店内に入り、右手の券売機で食券を買います。

クリックすると拡大します

 1年以上ぶりなので、ちゃんと紹介しておくと、醤油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメン(みそ食券で)、つけ麺、油そば。
 トッピングはのり(5枚)、半熟味玉、うずら(5個)、ほうれんそう、もやしキャベツ、メンマ、スペシャルトッピング。
 丼物は小ねぎ丼、小キャベチャ丼、チャーシュー炙り丼、半チャーハン、ライス、みそチャ丼。
 サイドメニューはおつまみチャーシュー、ギョーザ(5個)。飲み物はビール、氷結、黒ウーロン茶。

クリックすると拡大します

 空いていた席に座って食券を渡すと、私の好みを覚えていてくださり、スーパードライ350円がおつまみと共に。
 何となくおつまみが豪華になった気がするので、「なんかスゴイですね」と冷やかすと、「ふらわさんのSNSを見ていたら、他のラーメン店のがスゴイから」と冷やかし返されてしまい。
 そんなこんなで、今夜は子安で一人お疲れ様会。
 さて、一年間分のラーメントーク、スタートしました。

クリックすると拡大します

 途中でギョーザ(5個)300円、、、写真撮り忘れ。
 お目にかけられないほどの量だったとか、お目にかけられないほどの出来栄えだったとか、お目にかけられないほどのアレだったとか、決してそんなことはありません。
 話しに夢中で取り忘れただけですので、、面目ない。

クリックすると拡大します

 いつまで経っても話は終わらないので、タイミングを見計らってラーメン(並)700円
 ※店主さんのご好意により、標準的な盛り付けと異なりますので、ご了承ください。
 家系お好みは柔らかめ、薄めでお願いしています。
 こちらのラーメンは何杯食べたか分からないほど食べているので、改めての説明は割愛します。

クリックすると拡大します

 長多屋製麺の短尺平打中太麺、柔らかめ最高ですな。
 永遠に食べ続けられるほど自分の好みに合った美味しいラーメン、素晴らしい。
 ラーメンを食べていてもお喋りは止まらず、このお喋りこそがラーメンの最高の調味料。

クリックすると拡大します

 味変なんて要らないけど、すずき家の調味料は自分の味覚の水準器なのでね。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 また、食べに来ます。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記