2019年04月21日

相模原遠征

/煌龍軒(きりゅうけん)相模原店にて味噌ラーメン、卵かけご飯(並)/ラー麺 ずんどう屋 相模原鵜野森店にて元味らーめん/

クリックすると拡大します

 天気が良い日曜日はツーリング日和。
 ツーリングと言っても原チャリだし、1人だし、「ちゃんと」ツーリングしている人に失礼ですな。
 ラーメン店までのルートをグーグルマップで調べたら一時間でしたが、原チャリだし、二時間かな。

クリックすると拡大します

 自宅から二時間弱で到着した、煌龍軒(きりゅうけん)相模原店@相模原(相模原市中央区相模原4-6-6)公式ツイッター)。
 麺匠八雲(やぐも)のセカンドブランドとして2019/4/20オープン、立地は相模原大勝軒の隣り、宝くじ売り場の跡地。
 まゆか店主さんは元バイトAKB(梅澤愛優香)とのことですが、アイドルに全く興味が無いので詳細は割愛します。
 店名の「煌龍」は「煌(きら)めくように龍が昇る」と言う意味で、『昔ながらのホッとする町のラーメン屋』を目指すそうですが、23歳の女性が思い描く「昔ながら」が想像できないっす。

クリックすると拡大します

 14時近くに訪問すると店先には6人ほど待たれていて、店先で並んでいても後客の家族連れに追い越されそうになるし、ごく自然に代表待ちされているし。
 追い越して店内に入ろうとした家族には「並んでいますよ」とお声がけさせていただきましたが、代表待ちされていた二人組は放っておきました(説明が面倒)。
 20分ほど待つと、まゆか店主さんが店内へ案内してくださいましたが、厨房には若い男性が1人。
 まゆか店主さんはヘルプでしょうから、11:00-15:00 17:00-23:00 月休の営業を一人で回していくのでしょうか。

クリックすると拡大します

 店内入るとムッと熱く、天井を見渡すと小型のクーラーが1台、西日の強い店舗でクーラー1台は有り得ないから、これから設置されるのでしょう。
 店内は厨房を囲むL字カウンター7席、2人掛けテーブル3卓。
 券売機が見当たらないので、この席数をワンオペで口頭注文後会計で回されるのは、ちょっと頑張り過ぎでしょう。

クリックすると拡大します

 メニューは味噌、塩、正油。トッピングはねぎ、バター、味玉。
 ご飯ものは白めし、卵かけごはん、サイドメニューは焼豚メンマ、瓶ビール。
 卓上には、S&B特製ヱスビーコショー、一味唐辛子、おろしニンニク、酢。

クリックすると拡大します

 味のある木材をふんだんに使われた店内は、とてもいい雰囲気です。
 目の前の厨房を見ると、麺茹で場と中華鍋を振る場が近すぎるように見え、盛り付けるシンクは遠いように感じて、仮に人数を増やしても調理が並列化できそうに見えません。
 もちろん調理経験ゼロの素人の戯言ですから、その道のプロが見れば十分な広さなのでしょう。

クリックすると拡大します

 意外にも早く、店着から45分程で味噌ラーメン750円、八雲より50円安い設定。
 もやしと共に煮込まれた味噌スープ、最初の何口かは八雲の味わいそのもに感じて美味しいです。
 しかしして、食べ進めるとラードが少ないのか調理時間が短いのか、味の深みが薄れていき、冷めるのが早いです。
 糸唐辛子をなるとに替えた以外のレシピ(食材と調理方法)は八雲と同じとのことですが、調理経験ゼロの私が思うに、調理器具と水が変わったら、食材はともかく調理方法は調整しなくちゃならないのではないでしょうか。

クリックすると拡大します

 麺匠八雲の製麺所から配送されてくる角中太麺は僅かに固め仕上げ、開店二日目でもスープに合っていて、とても美味しいです。
 八雲2店分なら自家製麺かも知れませんが、セカンドブランド展開されていくのですから自社製麺の方がしっくりきますね。
 以前、八雲の麺は店主さん自身で製麺されているとツイートされていましたが、セカンドブランド展開が始まっても店主さん自身が製麺されているのでしょうか。
 トッピングはチャーシュー、メンマ、薬味ネギ。

クリックすると拡大します

 合わせて注文した、卵かけご飯(並)150円
 この卵かけご飯が昔ながらのラーメン店のサイドメニューになります。
 卵には既に醤油が掛かっているので、さっと溶いてご飯に掛けて美味しくいただきます。
 この卵かけご飯が味噌ラーメンに合っているかと言うと、個人の好みに寄りますね。

クリックすると拡大します

 煌く龍が昇っていくことと、昔ながらのホッとする町のラーメン店がどうしても結びつきません。
 それはつまり、私自身が古い人間であり、今後10年先、20年先には確実にラーメンは食べていないから、想像が届かないってことだろうな。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 ラー麺 ずんどう屋 相模原鵜野森店@相模原市南区鵜野森ホームページ)へ。
 2019/2/15オープン、姫路に本店を構え、東京から岡山まで約50店舗を展開する(株)ZUNDの神奈川進出1号店、4/15には神奈川2店舗目として中央林間にもオープンいます。
 神奈川のラーメン好きがZUNDと聞けばズンドバーが頭に浮かびますが、中村屋との関係性は私の口からはちょっと。
 お店の住所を見たとき、去年閉店したラーメン鈴木の居抜きかと思ったら、すぐ隣りに一から建ててありました(つまり閉店した店舗はそのまま)。

クリックすると拡大します

 公式ホームページには2017年に「トリドールホールディングスにグループとして参入」とあるし、セントラルキッチンの工場を定期的に建設していることも書かれています。
 変に隠したり誤魔化したりせず、堂々としていて、好感が持てます。
 店内は天井が高く、厨房向きカウンター12席、2人掛けテーブル8卓と席も詰め込みすぎていないので、ゆったりラーメンを楽しめます。
 席に着くとずんどう屋特製高菜が置かれ、卓上には餃子のたれ、ラーメンコショー、辣油、ごま、餃子のみそダレ、紅しょうが。店員さんに声を掛ければ、おろしニンニクを出して下さいます。

クリックすると拡大します

 メニューは元味のみで、(一風堂のように)新味は用意されていません。店舗によっては和風、担々麺、ずん辛などもあります。
 ですので、1種類のラーメンにトッピングと、チャーハンや餃子、唐揚げなどのサイドメニューを組み合わせて楽しむ感じです。
 口頭注文後会計、注文すると麺の種類(細ストレートか中太ちぢれか)、麺の茹で加減、背脂の量を訊かれます。
 ここまで多店舗展開されているのに、ラーメンの種類が少ないのは「ラーメンではなく作品だから」ではないでしょうか。

クリックすると拡大します

 また、メニューの多さってラーメンフリークにはウケが良いけど、ウケが良いだけで実際に再訪するかと言うとどうなんでしょうか。
 では家族連れはとういうと「○○が美味しかったから△△も食べたい」ってリピートするかというと、ちょっと考えづらい。
 これは並びの(歩けば30分は掛かるけど車だと5分くらい)魂心家、町田商店などでも似たり寄ったりではないでしょうか。

クリックすると拡大します

 座って数分で元味らーめん800円、茹で加減は普通、背脂は普通、麺は細麺でお願いしています。
 一口飲んでみると、旨味調味料できっちり調整されて、とても美味しい豚骨スープ。
 徹底的に漉されているので骨感は皆無、口当たりから喉越しまで滑らかに通っていきます。
 店内炊き原理主義の人もいるし、美味しければ工業製品上等の人もいますが、私はどんなスープでも大好きです。

クリックすると拡大します

 普通指定の細麺、もの凄く好きな人はいないだろうけど、大っ嫌いな人もいない、広く多くの人が楽しめます。
 トッピングは煮豚チャーシュー二枚、板海苔、青ネギとシンプルです。
 全体的にはシンプルな構成で、ラーメンを磨きに磨き、最小限の構成で提供されている印象を受けます。

クリックすると拡大します

 麺を半分ほど食べたところで辛子高菜と紅生姜で味変、ちなみに紅生姜は卓上に常設されています。
 しっかりと味付けされているので、美味しいスープがさらに美味しくなります。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 若い頃ならもう二、三軒、二、三杯でしたが、今は昔、何の躊躇もせずに帰路につきます。
 行きと同じ様に安全運転で帰宅、とても充実した日曜日になりました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月20日

リインカネーション

/中華そば はな田@上北沢にてつけ麺/純米酒専門店八咫渋谷店にて大矢孝酒造の飲み比べ/鮨だり半でラ友と飲み会/

クリックすると拡大します

 お昼は中華そば はな田@上北沢(世田谷区上北沢4-16-10)へ。
 2019/4/19オープン、閉店した中華麺専門店めとき@新大久保が大好きで大好きな店主さんが出店されたとのこと。
 めとき(変わった店名ですが、店主さんの苗字が「目時」)は永福町大勝軒出身、2004/6と2009/11の二回しか伺っていません。

クリックすると拡大します

 店内に入ってすぐ左手の券売機、メニューは中華そば880円、つけ麺850円。
 ご飯物はチャーシュー丼、チャーシューおにぎり、ライス。
 飲み物は瓶ビール、レモンサワー、ウーロンハイ、ソフトドリンク。
 めときならば中華そば1択ですが、多くのフリークがレポするでしょうから、私はつけ麺で。

クリックすると拡大します

 奥に長いカウンター9席、奥には4人掛けテーブルが2卓、計17席。
 卓上には酢、白胡椒、黒胡椒。
 店内には東池袋大勝軒店員のユニフォーム(紺地のTシャツ)が掲げられています。
 サポートの女性店員さんは店主さんの奥さんでしょうか、にこやかに配膳されていました。

クリックすると拡大します

 少し待ってつけ麺850円、カウンター台越しに提供、
 麺が盛り付けられている丼は、中華そばの丼ほどの大きさはではありませんが、一般的はラーメン丼程の大きさはあります。
 横浜亭の丸中太麺を手繰ってつけ汁に浸けて啜る、グイと胸倉を掴まれる豚骨、圧倒的な煮干し感、東池袋大勝軒とも永福町大勝軒とも異なる方向性。
 つけ麺として食べたら、開店2日目の味とは思えない完成度であり、身震いするほど美味い。

クリックすると拡大します

 しかしして、めときを目指すならば、辿り着くまでは10年は掛かりそうなほどの味わい、それでいて、ラーメンに対する姿勢の方向性に微塵のブレもありません。
 この麺を啜ってめときを思い浮かべる人は少ないかもしれないけれど、ある一定数存在します。
 麺の上には箸で掴めないほど柔らかいチャーシューが乗せられていますが、つけ汁にも角切りされたチャーシューが沈められていました。

クリックすると拡大します

 あっという間に食べてしまい、スープ割をお願いします。
 引き取ったつけ汁の器に、パッと白ネギを振り、なみなみと割スープを注いでくださいます。
 この手のラーメン(つけ麺ですが)を現代風に評価、分析する術を私は持ち合わせていません。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 渋谷駅の西側、純米酒専門店八咫渋谷店ホームページ)にて残草蓬莱(ざるそうほうらい)、昇龍蓬莱(しょうりゅうほうらい)の勉強会。
 大矢孝酒造の蔵元である大矢さんを招いての飲み比べ、20人以上の日本酒好きが集まっての会です。
 飲み比べと言っても、あれが美味しい、これが美味しいという飲み比べの会ではありませんし、出来るだけ多く飲んだ方がお得という会でもありません。
 1種類ずつ蔵元さんから説明を受け、この説明がオフィシャル、ノンオフィシャルと混ざっていての勉強になります。

クリックすると拡大します

 お酒なんてどう飲んでもいいし、美味しければいいんですよ。
 ただ私(私達)は飲める回数(量)が一生では限られていることを知っているので、どうせ飲むならできる限り美味しく飲みたいから、どうやって飲めば美味しく飲めるかを知りたいんです。
 今日の気付きは、「日本酒は半完成品であり、食事と合わせて完成する」ということ。

クリックすると拡大します

 お酒の銘柄(種類)を説明しても仕方ないので、割愛します。
 この日は8種類(一升瓶で3,000円から10,000円まで)飲みましたが、お酒に込めた、ラベルに込めた、色に込めた、それぞれの思い、しっかりと受け取りました。
 実は簡単には手に入らない日本酒もありますが、近場の酒屋で手に入るの銘柄から買って飲むかな。
 貴重なお話、ありがとうございました。

クリックすると拡大します

 その後、アルコール漬けになった身体を十分に癒してから、夜の飲み会。
 多忙な友人が時間を作ってくれたので、一番暇な私がひょこひょこと混ぜてもらいました。
 お店は代々木駅から徒歩数分の鮨だり半、某ラーメン店を多店舗展開する社長御用達の居酒屋とのこと。
 居酒屋と言っても、鮮度の高い魚料理を低価格で提供し、地酒もかなり揃えています。

クリックすると拡大します

 定刻になり、生ビールで乾杯。
 SNSでやり取りしていると、久し振りに会っても久し振りな感じがしません。
 料理をどうするかということで、歳だけは無駄に取っている私がセレクト、、ダメダメですみません。

クリックすると拡大します

 一品目はホタルイカ盛り1,200円。
 生ホタルイカとボイルホタルイカの盛り合わせ、生ホタルイカは生姜醤油で、ボイルホタルイカは酢味噌で。
 4人だったので8匹ずつ盛り付けられていて、とても嬉しい。

クリックすると拡大します

 刺身の盛り合わせ。
 さわら、クジラ、タコ、マグロ、アジの盛り合わせ。
 この辺りで話が盛り上がり過ぎて、ちゃんと一人一切れ食べたか、不明。

クリックすると拡大します

 金目鯛の煮付け2,980円。
 酒が進んできて、値段を見ないで頼んでしまいましたが、頼んで正解でしたな。
 身崩れ寸前まで煮付けられていて、なんとも美味しいキンメダイ。

クリックすると拡大します

 日本酒は片っ端から飲んだ、写真は全部撮っていません。
 いつもは額に皺を寄せて「ここは純米吟醸で」となるところですが、今夜はただひたすら飲んだ。
 今から思い返すと、昼間も飲んでいるので、相当飲んだことになる。

クリックすると拡大します

 あん肝ポン酢980円。
 箸休めに近いなぁ、どちらかというと、ちゃんと写真が残っていてびっくり。
 店内は土曜日の夜ということもあって、ずっと満席で、大声を出さないと会話ができないほど。
 こういう居酒屋でワイワイ飲むのも嫌いではないけど、年に一回か二回で十分です。

クリックすると拡大します

 活あわびお造り900円。
 集まった友達は、基本ラーメン繋がりなので、どうしてもラーメンの話しになりがち。
 ラーメンの話しは嫌いではないけど、ラーメンの話しは終わらないので好きではない。

クリックすると拡大します

 最後に鮨、かなり飲んでいて一人一人前は食べられないけど、写真は欲しいので一人前頼みました。
 全くもう、お寿司のことを何と思っているだよ、、、でも写真を撮り終わったら、あっという間に食べてしまった。
 楽しく飲めて、楽しい会にお誘い頂き、ありがとうございました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月19日

お蕎麦屋のカレー

/ユキノマタユキ@三田にて特雪華/らーめん三田一力堂@三田にて黒醤油ラーメンライス/箱根そば登戸店にて野菜カレー/

クリックすると拡大します

 やっと金曜日。
 今夜は飲みに行って、、明日の土曜日はゆっくり寝て、、なんて夢を見る日。
 まあ、夢はいつでも見られるので、とりあえず仕事、頑張っていこうか。

クリックすると拡大します

 水曜日に続いて、お昼はユキノマタユキ@三田(港区芝)へ。
 あまり人のことは言えませんし、誰に言っているのか分かりませんが、そんなに美味しかったら何度でも食べに行くのでは無いでしょうか。
 ま、私の場合は美味しいと言うこともありますが、1回食べたのでは分からないから再訪するのですが。

クリックすると拡大します

 券売機で食券を買い、厨房を囲むカウンター席を見渡すとほぼ満席です。
 図らずとも店長さんの立ち位置の目の前の席しか空いていません。
 手が届くかと思うほど近くに(あくまでもイメージで、実際には届きません)、使い込んだ大きな寸胴が三基並んでいて、スープがぽこっ、ぽこっと丼に注がれる時を待っています。
 いい音だなぁと聞いていると、麺が茹で上がってすちゃっ、すちゃっと湯切りされ、目の前で盛り付けられていきます。

クリックすると拡大します

 少し待って特雪華(とくゆきばな)950円
 逆スナフキンハット型の丼、スープは飲みにくく飲み干しにくく、それでいて量は少なくて済みそうです。
 豚ガラ、鶏ガラ、人柄の清湯スープ、古く懐かしい昭和時代のラーメンスープをに塩たれを合わせて現代風に仕立ててあります。
 三日も経てばまた食べたくなる味わい、美味しいですねぇ。

クリックすると拡大します

 全メニュー共通の細麺は麻生製麺、しなやかな舌触り、するりと滑らかな喉越し、美味しいですなぁ。
 トッピングは豚レアチャーシュー、鶏モモチャーシュー、味玉、茹でほうれん草、白髪ネギ、糸唐辛子、柚子皮、そして水餃子。
 丼の端には柚子胡椒が添えられていて、もちろん使わなくても良いのですが、貧乏性な私は必ず使ってしまいます。
 スープが冷めてきて、味が伸びてきたら、キュッと締めてくれます。

クリックすると拡大します

 この2つの水餃子、水餃子ほどは厚皮ではないけれど、焼き餃子ほどは薄皮ではありません。
 聞けば、一般的にはワンタンだろうけど、それでは面白くないので水餃子にしたと言う。
 毎日仕込んでいると思われる(冷凍ではない)生餃子、スープによく馴染んで美味しいです。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 食べ終わって近場を散策していたら目に付いたので、ふらっと入ってみたらーめん三田一力堂@三田(港区芝)ホームページ)。
 ※人通りが途切れないので、何枚かの写真を合成しています。
 2017/8/22オープン、ぽつんぽつんと支店展開されていて、神田小川町のお店は行ったかな、おろっ、今年の2/10に閉店されたんだ。
 こちらの店舗の営業時間が2019/2/12から朝9時スタートに変わっているのですが、神田小川町の閉店と関係ありそうです(未確認です)。

クリックすると拡大します

 店先の大きな立て看板にメニューが掲げられ、ランチタイムと言うことで、昼セットが紹介されています。
 メニューは京都ますたに系のラーメンと去年の10月から追加された黒醤油ラーメンのみ、ご飯などのセットがお得に提供されています。
 公式ツイッターを読むと、定期的に限定メニューも販売されているようです。
 夜はハイボール片手に飲めるラーメン屋になります。

クリックすると拡大します

 店内を覗くと右手の厨房に面したカウンター5席が満席のよう、すると出てきた店員さんに「相席で構いませんか」と確認されます。
 快諾して店内に入ると、奥の厨房とは反対側の壁向きカウンター3席、厨房の向こう側に4人掛けテーブルが2卓。
 卓上にはおろしニンニク、酢、胡椒、唐からし。
 口頭注文後会計、食券を渡すと麺の茹で加減とねぎ油の量を訊かれます。

クリックすると拡大します

 程なくして黒醤油ラーメンライス850円、茹で加減は普通、ねぎ油の量は少なめで。
 ライスは積極的には要らないんだけど、「ライスなしで」と言えないヘタレな私。
 チャーシューを煮込んだ様な肉出汁が感じられる、甘くて美味しいスープ。
 何度か食べたら飽きそうな味わいですが、たっぷりと盛り付けられた九条ネギが味の尻尾を掴んでいて、よく考えられています。

クリックすると拡大します

 中細麺は自社製麺なのかな、背脂ラーメンと共通に感じましたが、相性は悪くありません。
 チャーシューは肩ロース、バラ肉、ウデ肉の3種類がトッピング、美味しくて量があってとても得した気分。
 メンマも海苔も無いけれど、このスープにこの麺なら要らないと思います。

クリックすると拡大します

 さてご飯、漬物は付いてきていませんし、卓上を見渡しましたがふりかけとかは見当たりません。
 そのまま食べるのが正しい食べ方でしょうけど、折角ラーメン屋にいるんだから、ラーメンスープを掛けて頂きました。
 スープだけじゃなんなので、チャーシュー、ねぎも乗せて。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 帰宅途中で途中下車(改札を出ていないので下車ではないけど)して、箱根そば登戸店ホームページ)で晩ご飯。
 エスカレーター近くの壁がドラえもん化していますが、駅全体がドラえもん化していて、どこでもドアもあるので、是非。
 つか、この誰もいない(一人いますが)状態になるまで、カメラを構えて待つのはかなり怪しい。
 以後、気を付けます。

クリックすると拡大します

 登戸店と小田原店にだけカレーメニューがあり(他店舗はカレーライス、カツカレーのみ)、つまりそれは登戸店ではカレーを食べなければならないと言うこと。
 カレーは全部で7種類、カレーライスのトッピングバラエティかと思っていたら、ビーフカレーもあるんですね。
 食べるメニューはカレーに決めていたとは言え、そばで店舗限定メニューが無いことを確認して、食券を買います。

クリックすると拡大します

 店内に入り、厨房前の受付はお蕎麦(うどん)用とカレー用に分かれていて、並列に調理されているので、お蕎麦がどんなに並んでいてもカレーはすぐに受け付けられます。
 席は多くて、厨房に面した壁向きカウンター3席、2人掛けテーブルが5卓、立ち食いスペースが10席、向かい合わせのカウンター8席、壁向きカウンター5席。
 そのほかに家族、女性優先席が用意されていて、2人掛けテーブルが5卓、計46席。

クリックすると拡大します

 少し待って野菜カレー580円
 カレーライスが460円ですので野菜部分は120円相当、ちょっと高めに感じられますが、美味しいので高くありません。
 やや甘めに味付けされたカレー、一味を掛けて辛さを調整するのもアリですが、まま、今日はそのまま味わいます。
 福神漬けをポリポリ食べながら、美味しく頂きました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記