2019年04月15日

中野の昭和

/ゆで太郎代々木東口店にて朝そば(鬼おろし)、生卵/鶏そば 煮干そば 花山中野店にて濃厚煮干そば、替玉/代一元 中野店にてビール大、餃子、冷し中華そば/

クリックすると拡大します

 早起きは中華そばのために、今朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 名実共に春めいてきて、今朝はつめたいお蕎麦、朝そば(鬼おろし)330円、クーポン生卵

クリックすると拡大します

 はみ出るくらいの器の絢爛も楽しいけれど、シンプルなぶっかけも、また楽し。
 味が壊れがちと分かっていても、天かす、紅生姜を忘れることが出来ない。
 美味しくいただき、ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 お昼は今月5日にオープンした、鶏そば 煮干そば 花山(はなやま)中野店@中野(中野区中野)(公式ツイッター)へ。
 ラーメン店の評価は1回食べて一発で決めなければダメなんだけど、1回では分からないこと、私は多し。
 分からなくてそのままにして次に行くことも多いけど(ラーメン神様、スミマセン)、ちゃんと知りたい店は何度も通います。

クリックすると拡大します

 営業時間が告知されていて、11:30-22:00の通し営業、無休とのこと。
 店内に入り、左手の券売機で食券を買います。
 メニューは鶏そば、濃厚煮干そば、つけ麺、まぜそばの四種類で、鶏そば、つけ麺を食べたので、今日は煮干し、残るはまぜそば。
 店内は満席で、1席だけ空いていた窓側のカウンター席に案内されます。

クリックすると拡大します

 少し待って濃厚煮干そば800円
 丼は持てないほど熱いけど、自身で持ってテーブルへ降ろすんだけど、テーブル席だと店員さんが運んでくれるので、印象が違うかな。
 他の関連店の煮干そばは清湯ですが、こちらは「濃厚」とあるだけあって、いわゆるセメントタイプです。
 セメントタイプではあるけど、煮干スープを鶏ガラスープで伸ばした美味しさ、セメントタイプ入門者にうってつけですが、ベテランには物足りません。

クリックすると拡大します

 過ぎたるは及ばざるがごとしとは言いますが、このくらいの濃度のスープが「濃厚」と呼ばれて主流になっていくのでしょう。
 角細麺は鶏そばと同じで、好相性を維持しています。
 トッピングは、鶏そばと同じで、大きめのレアチャーシュー、材木メンマ二本、刻み紫たまねぎ、青ネギ。
 スープが違うんだからトッピングは何か少し工夫があったら面白そうです。

クリックすると拡大します

 替玉100円を試してみましたが、いわゆる和え玉ではなく、オーソドックスな替え玉。
 たれは入っていませんが、チャーシューの切れ端(残り)が乗せられていて、そのまま残したスープに入れます。
 しばらくはこのオーソドックスタイプとし、しばらくしたら「リニューアルしました」と和え玉風にするのも商売としてアリですね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事が順調に終わり、ワンデーリミテッドが2軒、ポイントカード絡みが2軒、新メニューが1軒と、どこにするかラーメンでも食べながら考えるかと、宿題店に向かうも定休日。
 ネタ的には臨時休業の方が、、、とガクッと膝が折れてしまい。
 未食のままの近くの汁なし担々麺屋へ向かうも、途中、昭和な香りに掴まりました。

クリックすると拡大します

 代一元 中野店@中野(中野区新井)参考のページ)、こちらのページを見ると、高齢のご夫婦と息子さんで営業されているようです。
 1949年創業って、中野大勝軒の1951年創業より古く、つけ麺発祥とされている1955年より前じゃないですか。
 ※正しくは「つけ麺」ではなく「特製もりそば」であり、東池袋系大勝軒では現在でも一貫して「特製もりそば」であり、「つけ麺」は「つけ麺大王」の発案です。

クリックすると拡大します

 BGMはNHK第一、テレビがあるのは昭和ではなく平成。
 店内は厨房を囲むL字カウンターのみ14席、奥に2階への階段がありますが、2階は住居だと思われます。
 創業時から一切改装されていないとは思えないけど、分厚い一枚板や荷物置きが壁側に用意されていることから、「当時のまま」なのかも知れません。
 調味料はブラックペッパー、白胡椒、辣油、酢、醤油。昭和な店というと、濃い紅色のカスターセットにまとめて乗せられていて、くるくる回したり、、じゃないんだ。

クリックすると拡大します

 メニューはそばの部としてラーメンと焼きそば、ワンタンの部、御飯の部、餃子、野菜炒め、ライス、そして冷しそばの部。
 全店ではありませんが、中野店では冷し中華を通年で販売されています。
 屋号が書かれている欄をみると、出前時間は書かれていますが店舗の営業時間が書かれていません。
 裏側にも書かれていないのですが、そんなことより、飲み物が一切無いのは何でですか。

クリックすると拡大します

 と言うことでビール大550円、今夜は中野で一人お疲れ様会。
 大抵はブログに掲載する前提の構図で写真を撮りますが、何とFacebook掲載用の縦構図しか残っていない。
 たまにやっちゃうんだよな、何年経っても全く進歩しないというか、むしろ退化しているという。
 ま、ビールは黒ラベルで美味しかったけど。

クリックすると拡大します

 ビールと一緒に頼んだ餃子400円
 大きめのお皿に大きめの餃子、焦げ目しっかりで、なんとも美味しそう。
 我流に従い、直接辣油と醤油を掛けて食べると、餡にはニラやニンニクがたっぷり使われています。
 こんな餃子を食べたら他人にはとても会えないけど、まあ、この後で会うのは女房くらいか。

クリックすると拡大します

 餃子を食べながら、ラーメンにするか、ラーメン半チャーハンにするか、イチオシのカレーラーメンにするか悩みます。
 3秒くらい悩んで、冷し中華そば700円。「冷やし」ではなく「冷し」の仮名遣いであることが大切です。
 これまで色々な冷し中華を食べてきましたが、スープが別皿なつけそばタイプは初めてです。
 と言うか、開店時からこのタイプだとしたら、特製もりそばより先にセパレートタイプで提供していたということになる。

クリックすると拡大します

 冷水で冷やされた麺の上には、板海苔一枚、チャーシュー、カマボコ、キュウリ、紅生姜、さっと白胡麻、ちょこっと辛子。
 錦糸玉子が無いなぁ、必ずしもあるわけではありませんし、無ければ困ることではないし。
 麺を手繰って醤油たれのスープに浸けて食べる、他の具も同じようにして食べる、時々辛子を付けて食べる。
 スルッといただき、ご馳走さまでした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月14日

クルマで都内へ

/灼味噌らーめん八堂八(やどや)@中目黒にてランチセット/ラーメン一本屋@長原にてラーメン/

クリックすると拡大します

 今日は何年かぶりに都内へ車で向かいました。
 一般的には家族サービスと呼ばれるのかも知れませんが、私としては、その上下関係や利害関係を彷彿させる「サービス」というワードが嫌いで、絶対に家族サービスとは言いません。
 単に一緒に遊びに行くと言うこと、ですが、現地では別行動です。
 別行動だと仲が悪い?ほぉー、勝手に盛り上がっていてくれてよろしくてよ。

クリックすると拡大します

 女房と愛犬を車から降ろして、一路向かったのは灼味噌らーめん八堂八(やどや)@中目黒(目黒区東山)
 2019/2/10オープン、店主さんは真武咲弥渋谷店出身とのこと。
 味噌ラーメン店の出身であっても、味噌を自家製としたり、夜はそれなりに飲めるように日本酒を用意したりと、使用している麺以外は出身店と関係なさそうです。

クリックすると拡大します

 店舗は山手通りから目黒川とは反対に一本入った裏通り沿いの二階、良い場所を見つけましたね。
 仲御徒町に移転された名店のように、夜は(昼でも)飲み会で盛り上がれそうです。
 店先に置かれた立て看板を読みながら、開店時間を待ちます。

クリックすると拡大します

 定刻になって開店、階段を登って2階から店内へ入り、右手奥に設置されている券売機で食券を買います。
 メニューは味噌ラーメン800円、辛味噌ラーメン900円。味噌ラーメンに卵かけご飯250円か付いたラーメンセット1,000円。
 飲み物には、店主さんの出生地である北海道増毛町の蔵元である国稀(くにまれ)酒造の日本酒が用意されていて、是非とも味わってみたい。
 日本酒以外にビール、ハイボールなどが揃っていて、つまみのやっこ、チーズ味噌煮などもあります。

クリックすると拡大します

 店内はカウンター4席、2人掛けテーブルが2卓、らせん階段は上階へ続いているようです。
 卓上には一味唐辛子、ブラックペッパー。
 食券を店員さんに渡すと、厨房内ですぐに油を引いた中華鍋に火が当たる音が奏でられ始めます。
 中華鍋でスープ、野菜、味噌が炒め上げられる協奏曲が店内に響き渡ります。

クリックすると拡大します

 協奏曲を聴きながら、カウンター台に張り出された説明書きを読みます。
 こういう風にちゃんと説明されていれば、説明書きの単語を組みあわせるだけでラーメンレビューが書けるので、とても助かると同時に間違いも無くなります。
 説明書きの最後に書かれている「料理の撮影は大歓迎ですが、」で始まるお願い事項、何もこの店だけに限らず、飲食店全てに言えることですね。
 ネットにアップするときにボカせばいいと言うことではないでしょう。

クリックすると拡大します

 協奏曲が終わると共に運ばれてきたランチセット1,000円、味噌ラーメン800円と卵かけご飯250円の組み合わせです。
 赤でも白でも黒でもない白金色の味噌スープは、工業製品たる襟の正しさではなく、洗いざらいのリネンシャツが如くしなやかでなめらかな味わい。
 味噌が自家製ということは、季節によってその味わいが変わるってことで、何とか忘れないように四季で楽しみたい。

クリックすると拡大します

 縮れ中太麺は真武咲弥譲りの小林製麺、やや固めの茹で加減は一般ウケを狙っているのだろうけど、私の好みとしてはもう少し柔らかめが好み。
 スープにはモヤシとタマネギが煮込まれていて、スープとの一体感が堪りません。
 丼の三分の一を占める大きなチャーシュー、チャーシューの上には摺り下ろした生姜が乗せられ、少しずつではなく一気に溶かして楽しみます。
 山くらげのコリコリとした食感が楽しいですね。

クリックすると拡大します

 味変と言うことではありませんが、麺を少し残し、卓上に一味を振ってみました。
 この一味はかなり高い香りで、辛さよりも香りが楽しめるタイプ、良い感じです。
 続けて黒胡椒を振ってみるもの面白いかも知れませんが、黒胡椒は黒胡椒で楽しみたいです。

クリックすると拡大します

 うっかり食べ忘れていた卵かけご飯、TKGは手を出すほど好きではないので、滅多に食べないんですよね。
 で、ですね、醤油をお願いするのを忘れてしまい、後客多数で、遅れて頼むのが頼みづらくなってしまって。
 半分食べたところで味噌スープを合わせてみたら、これが結構いけます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 電車やバスで食べ歩きする場合の「一本道(乗り換え無し)」とは異なる、車移動の一本道。
 通りの名前は忘れましたが、10分か15分ほど走れば到着。
 車を停めるためにコインパーキングを探すことになるのですが、普段車移動しないので鼻が利かない。
 15分200円は高いのか安いのか、さっぱり分からない。

クリックすると拡大します

 東急池上線長原駅から徒歩3分ほど、和食厨房和華の跡地にラーメン一本屋@長原(大田区上池台1-44-1)
 2019/3/31オープン、龍の神@雪が谷大塚の2号店。
 店舗はすき家と居酒屋に挟まれているし、辺りには飲食店が多そうなので終始ノーゲスの構えで入店しましたが、先客、後客、どちらも数人の状況で、既に固定客がいらっしゃる印象です。

クリックすると拡大します

 店先のネオン灯とでも呼ぶのだろうか、メニュー灯なのかな、一通りメニューが紹介されています。
 余計なお世話なのでお店には決して言わないけど、こうしてラーメンの写真を掲示することで「美味しそうだな」と入店する店は良いけど。
 写真を掲示することで返って「止めとこ」とう効果もあるわけで。
 この店の場合は「色々あるんだな、どれにするかな」と選ぶ楽しみがあります。

クリックすると拡大します

 店内に入り、すぐ左手の券売機で食券を買います。
 メニューはラーメン680円、中華そば650円、油そば(醤油・豚骨・しお)600円。
 店先の立て看板では「豚骨ラーメン」と表記されていますが、券売機では「ラーメン」、どちらかが間違っているのか、両方とも間違っているのか。
 標準的なトッピング、ご飯ものはライスだけ、そしてビール。

クリックすると拡大します

 空いている席を見つけ、買った食券をカウンター台に置きます。
 厨房を囲むL字カウンターは10席、店舗奥に2人掛けと4人掛けテーブルがそれぞれ1卓、計16席。
 卓上にはブラックペッパーシルバー、辣油、酢、醤油、おろしニンニク。
 カウンター台は調理の手元は見えないほど高く、それなら配膳もカウンター台経由だろうな、とラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 ほどくしてラーメン680円、店内奥からぐるっと回って手元まで配膳して下さいました。
 スープは豚骨と言っても、豚ガラ6割に鶏ガラ3割の印象、香味野菜などで臭み消しされた、ほどほど美味しい半清湯スープです。
 特別にどこかに寄せるわけでなく、何かを目指すこともなく、お客さんに美味しいと召し上がって貰いたい一心の、日常食としての美味しさ。
 開店2週間でここまで仕上がっているとスープとは到底思えませんが、そんなことはお客さんには関係ないな。

クリックすると拡大します

 中太麺は製麺所不明ながら、スープとは好相性。
 トッピングは薄いながらチャーシュー2枚、メンマ、茹で野菜、板海苔一枚。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 その後、女房の用事が終わるまで車で一眠りして、と。
 行きも帰りも大きな渋滞がなく、安全運転で帰れて何よりです。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月13日

小田原で飲む

/箱根そば新松田店にて海老天ざる/カジュアルフレンチiTToku(いっとく)/彩酒亭洞/

クリックすると拡大します

 今日は2月の日本酒を楽しむ会で知り合った人と、小田原で飲む会。
 何かのイベントや宴会で利用したお店で、気に入ったら個別に会を主催して伺いたい性分です。
 これまでの自分だったら朝一で現地入りして、近くのラーメン店の二軒や三軒を回っていましたのは昔の話し。
 さて、そろそろ出掛けますか。

クリックすると拡大します

 小田原に向かう途中で途中下車し、箱根そば新松田店ホームページ)へ。
 小田急新松田駅を北口に降りると、タクシーロータリーに併設されているようです。
 ここの箱根そばがあることはかなり前から知っていましたが、入店するのは初めてです。

クリックすると拡大します

 店には入ってすぐ左手が厨房兼受付、窓側に立ち食いスペースが6人分ほど、右手は窓側向きカウンター6席、壁側に2人掛けテーブルが7卓。
 券売機で店舗限定メニューを探すも見たらないので、食べたことのないメニューを選びました。
 この店舗は箱根そばでも珍しく缶ビールを扱っています。

クリックすると拡大します

 少し待って海老天ざる540円
 お蕎麦には刻み海苔が掛けられ、二匹の海老は綺麗に揚げられていて、天つゆで頂きます。
 特別に美味しいと言うことはないけど、値段以上の美味しさを感じて、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 カジュアルフレンチiTToku(いっとく)ホームページ)、去年でしたか、ちがさき粋酔会のイベントで2018/7に利用し、「個別に伺いたい」と機を伺っていて、今回実現しました。
 1人か2人で伺うのは簡単ですが、友達が少ない私は4人、6人と人を集めるのが大変なので、再訪まで半年以上掛かってしまいました。
 それでも、行くだけいいじゃん、世の中には「ステキなお店ですね、個人的に利用したいです」と言うだけの人が何と多いことか、、、ま、他人のことはいいか。

クリックすると拡大します

 店先には「予約で満席」と張り紙があり、はて、私達は6人だから貸切にはならないだろうと店内に入ると、私達以外にも予約が入っていて、確かに満席です。
 ふう、早めに予約しておいて良かったよ。
 今日は大皿での宴会料理、1人5,000円で飲み放題が付くコースです。
 定刻より少し過ぎて全員が集まったので、銘々好みの飲み物で乾杯。

クリックすると拡大します

 今夜のメニューはプリントして用意されているので、コピペする形で料理を紹介します。
 1品目はいろん菜サラダ、野菜に軽めのドレッシングを掛けてあります。
 新鮮な野菜が安易に手に入る現代、サラダの決め手はドレッシングだと考えています。
 ドレッシングが掛かっていることを感じさせない野菜の味わい、シンプルな料理だからこそ料理人の腕が分かります。

クリックすると拡大します

 イワシのマリネ。
 そんじょそこらの居酒屋のなんちゃってマリネとは全く異なる料理、どんな料理にも本物と本物以外があります。
 思いの外、野菜が多く使われていますが、イワシの美味しさだけを感じられるマリネ、瞬間、会のお喋りが止まります。
 しかしして、このマリネを基準にしてしまうと、他のマリネが食べられなくなるので、これはこれとしよう。

クリックすると拡大します

 飲み放題に赤と白が入っていたので、先ずは白から。
 Terra Vega CHARDONNAY(テラベガ シャルドネ)2017 白ワイン チリ。
 「こんなに飲みやすくて、料理の味を邪魔しない美味しい(それなりの値段の)ワインを飲み放題にしちゃって」と感じていましたが。
 エチケットを見せて貰って「おおシャルドネか」と驚き、ネット検索すると1,000円以下の値段に驚き。

クリックすると拡大します

 ふじすそのポークのパテドカンパーニュ、ふじやまプロシュート、自家製ハム、豚肉のリエット。
 女性客向けに置かれたので反対側からの撮影になっています。
 肉料理はがっつり食べたい気持ちもあるけど、実は美味しい肉料理であれば量は要らないんですね。
 マスタードも良い感じで、ワインが進むというか、お喋りが止まらないというか。

クリックすると拡大します

 Rare Vineyards Carignan Vieilles Vignes(レア ヴィンヤーズ カリニャン ヴィエイユ ヴィーニュ)2017 赤ワイン フランス。
 白があまりにも秀逸でしたので、赤が霞んでしまった感がありますが、こちらの赤もかなり美味しい。
 美味しいのはワイン自体のセレクトもあるけど、温度管理に因ることも大きくて、それが私にはまだ分かっていない。
 当たり前のことだけど、赤と白ではグラスを変えているのですが、それが分かるのは飲み始めて一時間くらいまでかな。

クリックすると拡大します

 バケットは食べかけの写真でスミマセン(そんなのばっかり
 レバーパテを付けて頂くのですが、お喋りに興じていて、一枚しか食べていません。
 帰り際に残っていなかったので誰かが食べたんだ、、、お喋りしていても料理をちゃんと食べられる人になりたい。

クリックすると拡大します

 本日の魚料理、イトヨリ鯛の白ワイン蒸し、柚子風味のクリームソース。
 蒸し魚にソースの組み合わせこそ、まさにフレンチ、ですな。
 ふんわりとしたイトヨリ鯛の美味しさ、再び喧噪が一瞬静まります。

クリックすると拡大します

 本日の肉料理、シェフ厳選 豚肩ロースのグリル マデラ酒のソース。
 和牛の焼肉も美味しいけど、ソースを掛けたグリルもとても美味しい。
 ジャガイモやインゲンと合わせて食べたら、もっと美味しい。

クリックすると拡大します

 パスタはアマトリチャーナ、アマトリチャーナは、玉ねぎとパンチェッタ、チーズを使用して作るパスタソースです。
 この量で6人分ですが、多すぎず少なすぎず、とても美味しいパスタ。
 今夜はデシャップにたまたま女性が座っていて、色々と気遣って下さって、助かりました。

 デシャップ(Dish Up)には二つの意味があり、その一つは「キッチンとホールの間にある、厨房で調理された料理が出来上がってくる場所」という意味です。
 この「料理が出来上がってくる場所」を、大人数で囲むテーブルに料理が配膳されてくる場所になぞらえて「デシャップ」と私は言っています。
 一般的に、「デシャップに座る」とは言わないんじゃないかな。

クリックすると拡大します

 デザートはコースに入っていないので(後で知りました)、一人分だけお願いしました。
 この日が誕生日ではありませんでしたが、まま、喜んで貰えたので良かったです。
 宴会コースは2時間制でしたが、少しオーバーしてしまって。
 美味しく頂きご馳走様でした、また、宴会で利用させて下さい。

クリックすると拡大します

 で、ですね、小田原で飲んでいて、彩酒亭洞(さいしゅてい ほら)を素通りは出来ません。
 土曜日の遅い時間なので、予約なしでも入れるとは思っていましたが、それはそれで失礼ですので、事前に連絡済みです。
 一人帰ったので5人で伺いましたが、1階のテーブル席で飲むのは初めてかな。

クリックすると拡大します

 二軒目だから料理がどうのとか万事心得ていて、お通しと豆腐料理を出して下さいました。
 良い感じに酔っ払っていて、何か急に仲良くなった友達同士で、盛り上がってしまい。
 何を話したか覚えていないけど、身体がふんわりしていたことは覚えています。

クリックすると拡大します

 誰かが頼んだのか、誰も頼まないけど自然に出てきたのか分からないけど。
 神奈川の蔵元である瀬戸酒造店が醸す「酒田錦」本醸造、恐ろしく口当たりがよく、飲みやすい。
 お猪口で一口ずつ飲みながら、日本酒については誰もが黙っていない、付いていけないよー

クリックすると拡大します

 香川の蔵元である川鶴酒造が醸す「川鶴」純米 限定直汲み無濾過生原酒、特約店限定流通となります。
 申し訳ないけど、ラベルと片口の相性がぴったりだったことしか覚えていません。
 だからと言って再訪して同じ日本酒を飲んでも、恐らく味は違うんだろうな。

クリックすると拡大します

 折角だから、なんか切って、とお願いして、金目鯛とかカンパチとか。
 美味しそうな写真を撮って一口食べたら、お喋りに興じてしまい、みんな食べられてしまった。
 まだまだ一緒にいたかったけど、今日はこの辺でお開き、いやー、楽しかった。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記