2019年04月01日

新元号は令和

/おにやんま五反田店にて冷「並盛」とり天&ちくわ天ぶっかけ、ねぎ増量/中華そば 福味(ふくみ) 東京駅KITTE店@東京にて辛白湯ラーメン/豚骨らーめん若殿(わかとの)@蒲田にてラーメン/炭火焼とり澤屋/

クリックすると拡大します

 朝はおにやんま五反田店にて冷「並盛」とり天&ちくわ天ぶっかけ530円、ねぎ増量50円
 今朝のおにやんまはいつになく混み合っているけれど、お客さん全員がおにまにあ。
 おにまにあは店内に入ると黙って空いているスペースに立ち、出されたうどんを黙って啜り、ご馳走さまでしたと店を出る。

クリックすると拡大します

 店内を流れるひとつの空気の中で、流れを乱さない一体感が、美味しいうどんをもっと美味しくする。
 麺を食べ終わると、天かすをレンゲで入れて醤油を掛け、美味しくいただき御馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は中華そば 福味(ふくみ) 東京駅KITTE店@東京(千代田区丸の内)ホームページ)へ。
 店先の並びは日によって違うのか、それとも曜日か、ちょっとした時間帯か、といつも考えてしまう。
 こちらでは「食券を買って反対側に並ぶ」という並ばせ方で、店先の混雑を緩和させています。
 このラーメン激戦区には5店舗のラーメン店が軒を連ねているけど、他の店舗はどうしているのか知りません。

クリックすると拡大します

 「お次のお客様、どうぞ」と案内され、入って左側の相対カウンター。
 卓上の布巾が島毎に異なるので、座ったことが無い島に案内されたかったけど、思うに任せられない。
 隣の若い女性客は、ラーメンが運ばれてくると(スープの味をみないで)真っ先に胡椒を掛けていました。
 ま、せたが屋の胡椒は美味しいけど、先ずはスープの味を確認した方がいいんじゃないかと。

クリックすると拡大します

 程なくして辛白湯ラーメン910円
 これにていったんはメニューコンプ、これからはトッピングとサイドメニューのコンプに入ります。
 鮮やかな深紅のスープは、中華そばと同じ信玄鶏の白湯スープに自家製辣油を合わせていて、鶏本来の深い味わいを辛味が引き立てています。
 見た目ほど辛くはないですし、辛さの程度を訊かれることもありません。

クリックすると拡大します

 コナノチカラ製麺所の角細麺は白湯ラーメンと共通ですが、辛さを増しているので相性が少し離れてしまっています。
 ま、毎週のように食べていなければ気が付かないので、気にする人はいないでしょうね。
 トッピングは厚切りのチャーシューが二つ、細メンマ、薬味ネギ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は豚骨らーめん若殿(わかとの)@蒲田(大田区西蒲田)へ。
 焼肉弁恵のセカンドブランドとして、2019/1/5オープンしました。
 店名は、オーナーの奥さんが昔営業していた小料理屋の店名とのこと。
 立地は宮郎の隣、事前情報では家系ラーメンってことでしたし、店先にも「家系」ってあるので、「蒲田にまた家系かよ」と訪問を後回しにしてました、が。

クリックすると拡大します

 メニューはラーメンのトッピングバラエティのみと、まさしく家系ラーメンのそれです。最近、冷麺が追加されています。
 トッピングはノリ、コーン、玉子、ホウレン草、メンマ、チャーシュー、バター、キムチ。
 サイドメニューはライスのみ、ランチタイム(11:00-14:00)は小ライス無料です。
 飲み物はビール、レモンサワー。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むL字カウンター、11席と2席の13席。
 口頭注文後会計、オーダーしても家系お好みは訊かれません。
 「麺固め」などと伝えれば対応してくれるとは思いますが、それは家系ラーメン店に限りませんし。
 卓上には白ごま、ブラックペッパー、七味とうからし、酢、豆板醤、生姜、ニンニク。

クリックすると拡大します

 注いでくださったお冷を飲んでいると、「こちらをどうぞ」とコンニャクと昆布の和え物を渡されます。
 それなりにラーメン店には行っているつもりでしたが、ラーメンの添え物として、コンニャクを出されたことは初めてです。
 目の前の厨房には腰の高さほどのある寸胴が二基、店長さんは本格派家系ラーメン店の様な丸めた平ザルで、チャッチャと湯切りされてます。
 単なる焼肉屋のセカンドブランドとは思えませんが。

クリックすると拡大します

 程なくしてラーメン700円
 スープは豚骨清湯、厚めの油膜が豚骨出汁の美味しさを包み込んでいて、最後の一滴まで熱々で楽しませてくれます。
 家系ラーメン店で「中華そば」と称して豚骨清湯スープのラーメンを提供することがありますが、あくまでも豚骨白湯スープのラーメンが主体としてあっての話し。
 こちらは豚骨清湯スープのみの提供、個人的にはこのラーメンを家系ラーメンとは呼びません。

クリックすると拡大します

 平打太麺は菅野製麺所、家系ラーメン店に多く見られる形状の麺ですが、かなり固め仕上げです。
 トッピングは肩ロースチャーシューが2枚、板海苔が3枚、茹でほうれん草、ワンタンが3個。
 デフォでワンタンがトッピングされた家系ラーメンには出会ったことが無いし、ワンタンを3個も乗せて700円ってどういうことですか。

クリックすると拡大します

 さてさて、家系ラーメンのボーダーを揺るがすラーメンが出てきましたな。
 ラーメンって面白いなぁ、これだからラーメンはやめられない。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 友達に誘われて炭火焼とり澤屋へ、インディアン蒲田店の跡地に2018/12/14にオープンされました。
 店主さんは武蔵小山で間借り営業されていましたが、とある事情があり、独立されて蒲田へ出店されたとのこと。
 焼き鳥勉強中の私としては非常に興味がありましたが、中々タイミングが合わず、何とか友達を誘って訪問しました。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むカウンター9席、奥には4人掛けのテーブルが1卓、計13席。
 卓上には七味唐がらし(ハウス食品)、山椒(ハチ食品)、、、どうでもいい情報でした(すみません
 店員さんに「あの客」と覚えられるのが苦手なので、当日であっても電話で予約して名前を伝えます。
 入った時は既にテーブルが埋まっていてカウンターにも4人、その後、満席にはならないけど、常時お客さんでにぎわっています。

クリックすると拡大します

 いつもビールでは芸がないので、今夜はピローヴァノ(デオスティウミス グラン キュヴェ ブリュット)300円。
 ざっくりいえばスパークリングワイン、微発砲で軽めの口当たりなので、焼き鳥に合わせるというより食前酒ですね。
 と言うか、一杯がこの値段は安過ぎると驚くと、まだまだ知られていないので、安く提供されているとのこと。
 お通しとして朝漬けキュウリ、軽く近況報告しながら、メニューを手に取ります。

クリックすると拡大します

 コースや盛り合せは用意されておらず、全てアラカルトで注文、オーダーシートに本数を書きます。
 通常仕込まれている串が並んでいますが、無ければ二重線で消され、今日限定の食材は追加されています。
 初訪問なのでどういったスタイルで提供されるのか分からないけど、取り敢えず、5種類に2本ずつ書いてみました。

クリックすると拡大します

 先ずはポテサラ350円。
 薄味仕上げで、単品で食べると薄味すぎますが、焼き鳥の箸休め的に食べると、とてもいい感じです。
 そう、焼き鳥屋の一品料理は、いかに焼き鳥を活かすを考えた味付け、食感になっているかが大切ですね。

クリックすると拡大します

 日本酒は何種類か揃っていましたが、「他に何がありますか?」と訊いて、赤武を。
 岩手の蔵元である赤武酒造が醸す「AKABU F NEWBORN」醸造酒 2019BY、「F」はForYouであり、「あなたのために」という思いから。
 あくまでも食中酒、誤解を恐れずに言えば晩酌酒、とても馴染みやすくて美味しい。

クリックすると拡大します

 焼き鳥は1種類ずつ焼かれ、カウンター台に用意されたステンレスのトレーに乗せられ、手元のお皿に移します。
 ササミワサビ180円。
 やや小ぶりのささみは綺麗に火が通っていて、とても美味しいです。

クリックすると拡大します

 焼く順番は注文票の順番ではなく、2品目はレバー150円。
 少し火が通り過ぎに見えましたが、口に含んでみるとふんわりとした食感、濃厚は味わい、美味しい。

クリックすると拡大します

 続けて砂肝160円。
 砂肝は鶏の第二胃で、やや癖がある味わいながら、サクッとした独特の食感が堪りません。

クリックすると拡大します

 ナンコツ150円。
 もうさ、肉の部分が骨の部分より多いので、骨付き肉って感じですけど、美味しいから許す。

クリックすると拡大します

 日本酒が切れたので日本酒を。
 和歌山の蔵元である平和酒造が醸す「紀土KID」純米酒 31BY、焼き鳥の味を邪魔しない美味しい日本酒。

クリックすると拡大します

 かしわ250円。
 友達は旅行好きで、有給を使い切ってさらに欠勤しても旅行に出かけるとのこと。
 つまり、有給の範囲内でああだこうだ言っている私は、好きの部類にも入らないってことだ。

クリックすると拡大します

 ソリレス220円。
 肉の味わいがしっかりと感じられるとても美味しい部位、串も太めの竹串が使われています。

クリックすると拡大します

 椎茸100円。
 さっとダシを引いてあって、笠だけではなく茎も楽しめて、この値段は安過ぎでしょう。

クリックすると拡大します

 つくね250円。
 芯は火を通しただけのミディアムレア、鶏の脂が全体にしみ出していて、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 山口の蔵元である八百新酒造が醸す「雁木 ノ壱」純米 無濾過生原酒 2018BY。
 最後にもう一杯飲みたくなる酒、もちろん間違えずに最後に頂きました。

クリックすると拡大します

 カブ100円。
 お店の特徴が出る焼き野菜、瑞々しさを残したまま焼き上げてあり、しゃくっとした美味しさです。

クリックすると拡大します

 ペコロス150円。
 一つは強火で、一つは弱火で焼き上げて、食感の違いを楽しめる串。

クリックすると拡大します

 ボンジリ180円。
 最後に脂物はアレですが、思っていたほど脂っこくなくて、美味しい。

クリックすると拡大します

 〆に鶏雑炊580円。
 1人だと明らかに食べ切れない量ですので、2人からなのかな。
 鶏肉がたっぷり入っていて、とても美味しい〆になりました。

クリックすると拡大します

 お会計は1人5,000円強、印象としては1,000円程度高く感じました。
 だからと言って、4,000円台に収まる値付け(食材や飲み物の質、量)にしたら、それ相応のお客さんがそれ相応に使うだけでしょう。
 次回はワインを試してみたいと思わせる、焼き鳥屋。
 美味しくいただき、ご馳走さまでした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記