2019年04月02日

野暮用でお茶の水

/ラーメン大至@湯島にてビーフカレーつけ麺、クラムチャウダーつけ麺/NOODLE SOUNDS@本郷三丁目にてホタテ69らーめん/

クリックすると拡大します

 今日は用事をこなすためにお休みを取ってお茶の水へ。
 せっかくのお休みを有意義に過ごしたいのだけど、ラーメンを食べるくらいしか思いつかない。

クリックすると拡大します

 早めに着いたので、用事の前に向かったのは、ラーメン大至@湯島
 大抵は仕事終わりの夜に伺うので、昼間に伺うのは随分と久しぶりです。
 夜は券売機を閉めて口頭注文後会計としていますが、昼は券売機が稼働していて、昼と夜では微妙にメニューが異なります。

クリックすると拡大します

 今年も始まりました春の限定細つけ麺乱打、今日で二回目となります。
 細麺を使ったつけ麺を10種類販売されるのですが、2杯づつ5回で食べ終えられるように、販売期間が微妙にズレています。

クリックすると拡大します

 一杯目はビーフカレーつけ麺830円、カレーつけ麺ですね(まんまか
 『美味しいカレーでつけ麺を!フォンドボー、ソテーオニオンチャツネ、醤油、かつお節、和洋食材を駆使し、バランスをとりながら、ビーフの旨さを重視し仕上げたカレースープ。具は牛バラ・人参・男爵芋、極上のフライドオニオンも良。』
 前回も食べましたが、この具沢山カレーはカラーライスとして食べたいほど美味しい。

クリックすると拡大します

 細麺を絡めてカレーを食べるのが、どれだけ美味しいか。
 具は麺と別に食べるのですが、あっ男爵芋だ、あっ牛バラだ、と喜びを隠せません。

クリックすると拡大します

 二杯目はいつも通り麺少なめにしてもらって、ミニサラダを付けてもらいました。
 奇をてらわず、サニーレタス、ホウレン草、コーンにミニトマト、これが美味しい。

クリックすると拡大します

 二杯目はクラムチャウダーつけ麺980円、シチューつけ麺ですね(べたです
 『日本の家庭でも馴染み深いクラムチャウダーでつけ麺!大至のスープベースにアサリ、ホタテの旨味を加え、ホワイトソース仕立てにクリーミーに仕上げました。ほうれん草、ジャガイモ、人参、玉葱と野菜も豊富。』
 今回の細つけ麺乱打で最高価と思われるつけ麺、一番多くの食材を使っていると思われます。

クリックすると拡大します

 シチューだけレンゲでしばらく食べてしまい、バケットを浸けて食べてみたい美味しさ。
 細麺が実によく絡んで、最後まで美味しくいただけました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 用事を済ませて向かったのは、NOODLE SOUNDS@本郷三丁目
 近く2号店を池袋にオープンするとのことで、どんな経緯で出店されるのか、色々と話を聞きたかったのですが。
 顔馴染みの店員さんが不在で、何の話を聞くことも出来ず。

クリックすると拡大します

 店内は半分以上の入りで、客層は店舗近くで働いている方々のようです。
 お客さんの注文を聞いていると、殆どの人がつけ麺を食べていて、ああ、私もつけ麺にすればよかったな。
 などと考えながら、お冷を飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待ってホタテ69らーめん850円
 『北海道産のホタテ貝柱を大量に使用。その旨みを最大限に引き出す為に塩味のポイントにピンクロックソルト(ヒマラヤ産の岩塩)を合わせた特製のホタテ塩ダレと、何度も何度も丁寧に漉していく濃厚クリーミーな鶏ガラ&豚骨、鰹&昆布のWスープにタイ、コマイ、銀タラや香味油で香りを引き出していく。甘味、うまみ、塩気のバランスが絶妙の唯一無二のスープ。』

クリックすると拡大します

 途中から(大斗スタイル傘下になってから)自家製麺になり、モチモチの平打太麺はこの上なく美味しい。
 トッピングは大ぶりの炙りチャーシュー、材木メンマ、板海苔1枚、カイワレ大根、刻み玉ねぎと角切り大根のミックス。
 スープはとても美味しいけど、途中でどうしても塩を振ってしまうんだよね、途中からなんだけど。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記