2019年04月10日

陽の鳥で二人飲み

/ゆで太郎代々木東口店にて朝そば(玉子)、焼きのり、海老天/鳥一支店にてからあげ定食/陽ノ鳥にて二人飲み/

クリックすると拡大します

 早起きは中華そばのために、今朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 今朝は例年に比べて寒すぎる、こんな朝は温かいそばで温まろう。

クリックすると拡大します

 朝そば(玉子)330円、焼きのり100円、クーポンAB
 お蕎麦をざるそばではなくかけそばにすれば、器が角盆にちょうどぴったり、小さな幸せ。
 入れ放題の天かすをたっぷりとお蕎麦に掛け、生玉子を崩しながら美味しく頂きます。
 途中から天ぷら、焼きのりを頂き、美味しくご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 お昼は鳥一支店へ。
 品川港南口にドミナント展開する鳥一の支店、支店の屋号は「鳥一○○店」「鳥一△▽支店」など命名するのが一般的ですが、「鳥一支店」と命名するのは聞いたことがありません。
 前回は早めに伺って、あっと言う間の満席に驚きましたが、満席だったら違う店にしようと今日は遅い時間に伺いました。
 ガラガラなんだ、昼二回転くらいしかしないんだ。

クリックすると拡大します

 前回のふゆてーの量の多さに懲りて、今日は当店1番人気と記されたからあげ定食800円
 昼営業終了が近いと言うことと関係あるのか、ご飯が食べきれないほど盛られていて、味噌汁、たくあん、マカロニサラダと付いています。
 定食の食べ方は人それぞれですが、先ずは千切りキャベツにソースを掛け、左手で味噌汁の器を持ち、右手で持った箸を差し入れてさっと混ぜてから頂きます。
 その後、味噌汁の茶碗をご飯茶碗に代え、箸で唐揚げを切り分けてから頂きます。

クリックすると拡大します

 写真が下手くそで分かりにくいのですが、唐揚げは一口では食べられない程大振りなのが6個、、食べ切れるかなぁ。
 鶏の銘柄は告知されていませんが、特別な鶏ではなく、それでいて下味は最小限、揚げ時間はテーブルに運ぶ時間までも計算されたような火の通り感。
 こんな美味しい唐揚げを食べたのは、13年前に西中島南方の焼き鳥屋で食べて以来、驚きました。
 とは言え、美味しさというか味覚は人それぞれ、この味が普通の人も多いと思います。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は友達に声を掛けて、西新宿の奥にある陽ノ鳥(旧店名:焼き鳥けいじ)、経営は絶好調です。
 前回伺って店長さんの心意気に感じ入るところがあり、再訪することにしました。
 待ち合わせ時間より少し早く着いて、先に座って友達を待ちます。
 若い頃は「絶対に遅れない(絶対に先に着く)」ことを信条にしていましたが、まま、今は昔、時は流れ。

クリックすると拡大します

 しかしまあ、早く着いて相手を待つといっても携帯電話(スマホ)があれば、退屈はしません。
 それでも昔気質の私は、さっとチェックしたらポケットにしまい、軽く目を閉じてじっとして待ちます。
 長い人生の中で、何もしないでじっと待つ時間は返って貴重なんじゃないかと。

クリックすると拡大します

 少し時間を過ぎて登場、お疲れ様の乾杯ビールは夢ビール480円。
 今夜はお喋り中心になると思って、アラカルトで1品ずつオーダーするのではなく、陽ノ鳥串焼き7本スペシャルコース4,000円(飲み物代は別)をお願いしました。
 前菜として自家製浅漬け3種盛り、カブ、キャベツ、ネギでしょうか。
 お酒の合間、焼き鳥の合間につまむのにぴったりの手軽さです。

クリックすると拡大します

 続けてサラダとしてグリーンサラダ、野菜の新鮮さもさることながら、ドレッシングがとても美味しい。
 目の前の焼き台で焼いている焼き鳥は自分たちの分ではないけれど、それでも焼いているのを見ているのはとても楽しい。
 友達とは近況絡みの四方山話が殆どで、これまでどうだったかとか、これからどうしていこうとか、全くなし。
 まあ、そんな飲み会があっても良いし、どちらからと言えばそんな飲み会ばかりでもいいし。

クリックすると拡大します

 鶏逸品として極とろレバー、炙りハツのネギまみれ。
 アラカルトの半分を一皿に盛り付けてある立て付けですが、半分に見えないのは調理人の手元が滑ったのだと思います。
 このレバーが舌に絡みつくようにねっとりした美味しさ、ハツとネギの相性の良さ、もうこの瞬間に日本酒を飲みたい。

クリックすると拡大します

 1杯目は日本酒リストを見て、誰が反対しても飲むと決めていた秋田の蔵元である新政酒造が醸す「陽乃鳥(ひのとり)第 10 世代」貴醸酒。
 なんで焼き鳥屋に陽乃鳥があるんだよと不思議に思いながら、一杯(5勺程度)780円は安すぎるだろうと。
 貴醸酒とはお酒を仕込む仕込み水の一部を日本酒として仕込んでいて、成分(?)構成は「純米酒」ですが、税務区分としては「普通酒」です。
 口当たりの美味しさと、喉越しの美味しさの、美味しさが二回楽しめるんですよと、一口勧めると、「私も飲みたい」ともう一杯注文することに。

クリックすると拡大します

 コース料理の焼き鳥は鶏串6本、野菜串1本の組みあわせで、1本目はささみ。
 ささみは塩で焼くことが多いのですが、こちらの店は基本的にタレで焼いています。
 山葵は彩りと香り程度で、ささみのふっくらとした味わいを楽しみます。

クリックすると拡大します

 ここで本日の煮込みである、塩もつ煮込み。
 もつ煮込みと言えば一般的には味噌ですが、味噌だと焼き鳥に合わないので、塩で煮込んでいると思われる美味しさ。
 ゴボウや豆腐も良い感じ、箸休め的な位置付けですが、一気に食べてしまう美味しさ。

クリックすると拡大します

 ここで秋田の蔵元である栗林酒造店が醸す「春霞(はるがすみ) 花ラベル」純米 限定瓶囲い。
 まさに食中酒、焼き鳥に限らず和食によく合う風合いと味わい、店長のセレクトが光ります。
 日本酒は想定通り、差しつ差されつになりますが、圧倒的に差されっぱなし。
 友達は「(陽乃鳥と飲み比べて)日本酒ってこんなに違うんですね、初めて知りました」と驚いていました。

クリックすると拡大します

 ふりそで、ハツ。
 焼きのタイミングで1種類だけではなく2種類同に出てくるところに、資本系としての片鱗が見えます。
 それでも、味が変わるほど温度低下しないで、美味しく頂きました。

クリックすると拡大します

 ここで野菜串であるシイタケ、シイタケって植物だから野菜でよろしかったでしょうか。
 さっと出汁が引いてあって、ふわっと広がるシイタケの美味しさも格別です。

クリックすると拡大します

 ここで「メニューに載っていない日本酒はありますか」と訊いて、広島の蔵元である相原酒造が醸「雨後の月」 辛口純米。
 キレが程々で、食中酒の中でも後半に飲みたい日本酒です。

クリックすると拡大します

 ねぎま。
 たっぷりとタレを付けたねぎま、ネギと正肉の割合は一対一、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 ここで揚物として大山鶏の唐揚げ。
 大山鶏は焼き鳥とラーメン以外で殆ど食べることがありませんが、こうして唐揚げにしても美味しいですね。

クリックすると拡大します

 逸品として長芋の醤油漬け。
 焼き鳥だけで飽きるわけじゃないけど、焼き物の間に挟んでくる逸品がとても嬉しい。
 コースメニューにはもう1品書かれていましたが、食べなかったような、覚えていないだけかな。

クリックすると拡大します

 最後にせせり、砂肝。
 薄味仕上げが、コースの終わりを告げます。
 砂肝はこれまで食べた中でも大きい部類に入り、ふわっとした食感と、さくっとした歯応えが楽しめます。

クリックすると拡大します

 〆物に鶏白湯雑炊が用意されていますが、勧められるままに鶏そぼろ丼へ。
 実はこの店は鶏出汁ラーメン以外にも油そばもあって、いつか食べなければなりませんが、今日はその日ではありません。
 焼き鳥のポーションも十分なので私はお腹いっぱいですが、女性の身体には別腹があるらしい。

クリックすると拡大します

 塩バニラアイス、私は一口も食べなかったな。
 食べた、飲んだ、よりお喋りをたっぷり、とても楽しかった。
 ご馳走様でした、また、立ち寄らせて頂きます。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記