2019年04月12日

日本酒が飲めるラーメン屋

/ラーメン豚山東長崎店@東長崎にて小ラーメン(野菜、ワカメ、ショウガ)/柴崎亭梅ヶ丘店にて蝦夷アワビの中華そば/

クリックすると拡大します

 今週はちゃんと休みも取ったのに1週間が長かったなぁ。
 1日も早く不労所得で生活できるようになりたいけど、まだまだ仕事をしないとダメだな。
 ま、ラーメンでも食べて元気を出すか。

クリックすると拡大します

 東長崎駅で降りるのは人生二回目だと思うけど、今回は南口です。
 曇り空だったので画像処理して、全体を白っぽくしてみました。
 返って何の写真だか分からなくなってしまいましたね、スミマセン。

クリックすると拡大します

 お昼は、ラーメン豚山東長崎店@東長崎(豊島区南長崎)公式ツイッター)へ。
 豚山は、町田商店を展開するはギフトが仕掛ける「店内炊きスープ」の多店舗展開店。
 町田、平塚、大塚、大船に続く5店舗目として、らあめん花月嵐東長崎駅前店跡地へ2019/3/8にオープンしました。
 今月末には6店舗目をオープン予定とのことで、宿題が溜まらないように慌てて訪問します。

クリックすると拡大します

 店内に入り、左手の券売機で食券を買います。
 メニューは小ラーメン780円、ミニラーメン730円、大ラーメン880円と1号店の町田店より30円高いです(町田店と町田店以外という価格体系)。
 つけ麺はありませんが汁なしは用意されています。
 トッピングは生玉子、粉チーズ、肉かすあぶら、味玉、辛ニラ、白髪ネギ、味噌山。限定トッピングのスライスチーズ、バターコーン。

クリックすると拡大します

 壁にホワイトボードがあって、限定トッピングの有料分は紹介されていますが、ツイッター限定の無料分は書かれていません。
 買った食券を店員さんに渡すと(ご注文方法には『ラーメン提供前に』とありますが)「ニンニク入れますか?」と訊かれます。
 これは終日に渡って先に確認されるのか、空いていれば先に確認するけど、そうでもないときは提供時なのかは、不明です。
 「野菜と生姜、ワカメ」と伝えます、ちなみに生姜とワカメはツイッター限定の無料サービスですが、公式ツイッターをフォローしている証跡としてのスマホ画面は確認されませんでした。

クリックすると拡大します

 店内はすっかりリニューアルされ、入口近くがL字カウンター3席、奥に向かって4席、3席、合計12席。
 卓上にはブラックペッパーグラウンド、ホワイトペッパーパウダー、ラーメンたれ、酢、一味。
 紙エプロン、ヘアゴムが用意されているので、必要であれば店員さんに声を掛けます。
 ラーメン二郎とラーメン二郎の模倣ラーメンは、麺相は似ていますが全くの別物ですから、比較には意味がありませんから(だれとはなく)。

クリックすると拡大します

 少し待って提供、小ラーメン780円(野菜、ワカメ、ショウガ)、高めのカウンター台に丼が置かれますので、ワクワクしながらテーブルに両手で降ろします。
 野菜はモヤシとキャベツの割合が5対1くらいで、キャベツには歯の葉脈の部分も多く入っています。
 私は野菜に程よい歯ごたえを求めているので、この程度の歯応えがウエルカム、栄養たっぷりな葉脈がありがたいです。

クリックすると拡大します

 スープはきっちり乳化していて正にあらばしり(厳密には違いますので、あくまでもイメージです)、開店直後に来店した特権とも思える濃密な味わいです。
 こんな美味しいスープでこの店を評価したらダメなんだけど、まあ、たまにはいいでしょう。
 無料トッピングのワカメは白胡麻を振って三杯酢で和えてあり、おろし生姜は風味を保つために短い間隔で擂られています。
 ワカメはここ東長崎店のみの限定トッピング、ワカメを食べるためだけに東長崎には来られないけど、支店の差別化は大切ですね。

クリックすると拡大します

 開店直後の綺麗なお湯で茹でられた四之宮商店の平打太麺、醤油たれを綺麗にまとって、とても良い茹で上がりで美味しいです。
 提供直後から香り続ける爽やかな刻み生姜、ニンニクの辛味は大変魅力的ですが、ニンニクが食べられないときは生姜の辛味も素晴らしいです。

クリックすると拡大します

 豚はガッツリ系の中では大振りまではいかないけれど、一般的なラーメン店と比べればかなりの大振り。
 教科書的なバラ巻きチャーシュー、箸でホロリと崩れる柔らかさ、とても美味しい。
 食べ進めて麺だけが残った時点で、試しに一味唐辛子を振って味変してみましたが、これが結構美味しい。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 一昨日、昨日と、浴びるほど日本酒を飲んでいるので、今夜は休肝とするべき(若くないんだから)。
 馴染みの店に顔を出すと、隠し酒を出されることになるかも知れないし、出されることになれば出されたお酒を断れるほど人間が出来ていないので、お酒がない店に行くべき(常識がないんだから)。
 夜は柴崎亭梅ヶ丘店ホームページ)へ。

クリックすると拡大します

 限定メニューを販売するってツイッターで告知していたけど、店先の立て看板にはそれらしい形跡がありません。
 うーん、売り切れちゃったみたい、、でも念のため、訊いてみるだけ訊いてみるか。
 一杯だけなら何とか出来ると吉報あり、ダメ元で訊いてみるものですね。

クリックすると拡大します

 久し振りに夜に来たけど、8割くらいの入りで推移していて、満席店内待ちには一度もなりませんでした。
 1番奥の席に座って、店員さんに食券を渡します。
 今夜は店長さんがお休みで、代わりに店主さんが厨房に入っています。
 で、日本酒はアレだけどビールくらいなら良いかと、瓶ビール600円。

クリックすると拡大します

 程なくして蝦夷アワビの中華そば850円
 濃厚煮干スープに、アワビの肝、身、貝ヒモを混ぜ合わせ、板海苔を散らしてあります。
 これがラーメンのスープと言えるのかどうかはバウンダリーライン、ま、どうせ振り切るならこのくらい振り切ると気持ちが良い
 ビールを瞬時に蒸発させる性能を持つスープ、美味しいデスなぁ。

クリックすると拡大します

 合わせる麺は細麺、相性について全く分からないけど、ちぎった板海苔のパリパリ感が良い感じで、まあ、美味しい。
 アワビの身や貝ヒモは値段からすると、やっと入っているのが分かる程度かと思いましたが、チャーシューの代わりかと思うほど入っている。
 普通(?)のアワビと蝦夷アワビの違いは分からないけど、このアワビは恐ろしく美味しい。
 恐ろしく美味しいので日本酒を身体全体で欲しているけど、ここには無いし。

クリックすると拡大します

 お客さんが落ち着いてきた頃、店主さんがどうです?と話しかけて下さり。
 その後、しばし四方山話、色々と勉強になりました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記