2019年04月15日

中野の昭和

/ゆで太郎代々木東口店にて朝そば(鬼おろし)、生卵/鶏そば 煮干そば 花山中野店にて濃厚煮干そば、替玉/代一元 中野店にてビール大、餃子、冷し中華そば/

クリックすると拡大します

 早起きは中華そばのために、今朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 名実共に春めいてきて、今朝はつめたいお蕎麦、朝そば(鬼おろし)330円、クーポン生卵

クリックすると拡大します

 はみ出るくらいの器の絢爛も楽しいけれど、シンプルなぶっかけも、また楽し。
 味が壊れがちと分かっていても、天かす、紅生姜を忘れることが出来ない。
 美味しくいただき、ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 お昼は今月5日にオープンした、鶏そば 煮干そば 花山(はなやま)中野店@中野(中野区中野)(公式ツイッター)へ。
 ラーメン店の評価は1回食べて一発で決めなければダメなんだけど、1回では分からないこと、私は多し。
 分からなくてそのままにして次に行くことも多いけど(ラーメン神様、スミマセン)、ちゃんと知りたい店は何度も通います。

クリックすると拡大します

 営業時間が告知されていて、11:30-22:00の通し営業、無休とのこと。
 店内に入り、左手の券売機で食券を買います。
 メニューは鶏そば、濃厚煮干そば、つけ麺、まぜそばの四種類で、鶏そば、つけ麺を食べたので、今日は煮干し、残るはまぜそば。
 店内は満席で、1席だけ空いていた窓側のカウンター席に案内されます。

クリックすると拡大します

 少し待って濃厚煮干そば800円
 丼は持てないほど熱いけど、自身で持ってテーブルへ降ろすんだけど、テーブル席だと店員さんが運んでくれるので、印象が違うかな。
 他の関連店の煮干そばは清湯ですが、こちらは「濃厚」とあるだけあって、いわゆるセメントタイプです。
 セメントタイプではあるけど、煮干スープを鶏ガラスープで伸ばした美味しさ、セメントタイプ入門者にうってつけですが、ベテランには物足りません。

クリックすると拡大します

 過ぎたるは及ばざるがごとしとは言いますが、このくらいの濃度のスープが「濃厚」と呼ばれて主流になっていくのでしょう。
 角細麺は鶏そばと同じで、好相性を維持しています。
 トッピングは、鶏そばと同じで、大きめのレアチャーシュー、材木メンマ二本、刻み紫たまねぎ、青ネギ。
 スープが違うんだからトッピングは何か少し工夫があったら面白そうです。

クリックすると拡大します

 替玉100円を試してみましたが、いわゆる和え玉ではなく、オーソドックスな替え玉。
 たれは入っていませんが、チャーシューの切れ端(残り)が乗せられていて、そのまま残したスープに入れます。
 しばらくはこのオーソドックスタイプとし、しばらくしたら「リニューアルしました」と和え玉風にするのも商売としてアリですね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 仕事が順調に終わり、ワンデーリミテッドが2軒、ポイントカード絡みが2軒、新メニューが1軒と、どこにするかラーメンでも食べながら考えるかと、宿題店に向かうも定休日。
 ネタ的には臨時休業の方が、、、とガクッと膝が折れてしまい。
 未食のままの近くの汁なし担々麺屋へ向かうも、途中、昭和な香りに掴まりました。

クリックすると拡大します

 代一元 中野店@中野(中野区新井)参考のページ)、こちらのページを見ると、高齢のご夫婦と息子さんで営業されているようです。
 1949年創業って、中野大勝軒の1951年創業より古く、つけ麺発祥とされている1955年より前じゃないですか。
 ※正しくは「つけ麺」ではなく「特製もりそば」であり、東池袋系大勝軒では現在でも一貫して「特製もりそば」であり、「つけ麺」は「つけ麺大王」の発案です。

クリックすると拡大します

 BGMはNHK第一、テレビがあるのは昭和ではなく平成。
 店内は厨房を囲むL字カウンターのみ14席、奥に2階への階段がありますが、2階は住居だと思われます。
 創業時から一切改装されていないとは思えないけど、分厚い一枚板や荷物置きが壁側に用意されていることから、「当時のまま」なのかも知れません。
 調味料はブラックペッパー、白胡椒、辣油、酢、醤油。昭和な店というと、濃い紅色のカスターセットにまとめて乗せられていて、くるくる回したり、、じゃないんだ。

クリックすると拡大します

 メニューはそばの部としてラーメンと焼きそば、ワンタンの部、御飯の部、餃子、野菜炒め、ライス、そして冷しそばの部。
 全店ではありませんが、中野店では冷し中華を通年で販売されています。
 屋号が書かれている欄をみると、出前時間は書かれていますが店舗の営業時間が書かれていません。
 裏側にも書かれていないのですが、そんなことより、飲み物が一切無いのは何でですか。

クリックすると拡大します

 と言うことでビール大550円、今夜は中野で一人お疲れ様会。
 大抵はブログに掲載する前提の構図で写真を撮りますが、何とFacebook掲載用の縦構図しか残っていない。
 たまにやっちゃうんだよな、何年経っても全く進歩しないというか、むしろ退化しているという。
 ま、ビールは黒ラベルで美味しかったけど。

クリックすると拡大します

 ビールと一緒に頼んだ餃子400円
 大きめのお皿に大きめの餃子、焦げ目しっかりで、なんとも美味しそう。
 我流に従い、直接辣油と醤油を掛けて食べると、餡にはニラやニンニクがたっぷり使われています。
 こんな餃子を食べたら他人にはとても会えないけど、まあ、この後で会うのは女房くらいか。

クリックすると拡大します

 餃子を食べながら、ラーメンにするか、ラーメン半チャーハンにするか、イチオシのカレーラーメンにするか悩みます。
 3秒くらい悩んで、冷し中華そば700円。「冷やし」ではなく「冷し」の仮名遣いであることが大切です。
 これまで色々な冷し中華を食べてきましたが、スープが別皿なつけそばタイプは初めてです。
 と言うか、開店時からこのタイプだとしたら、特製もりそばより先にセパレートタイプで提供していたということになる。

クリックすると拡大します

 冷水で冷やされた麺の上には、板海苔一枚、チャーシュー、カマボコ、キュウリ、紅生姜、さっと白胡麻、ちょこっと辛子。
 錦糸玉子が無いなぁ、必ずしもあるわけではありませんし、無ければ困ることではないし。
 麺を手繰って醤油たれのスープに浸けて食べる、他の具も同じようにして食べる、時々辛子を付けて食べる。
 スルッといただき、ご馳走さまでした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記