2019年04月18日

開店三周年

/麺屋翔品川店にて牛・鶏・帆立の白醤油らぁ麺、帆立飯/中華そば大賀110@相武台前にてワンタン(3個)、焼きそば/

クリックすると拡大します

 桜の中でもソメイヨシノという品種は、種で増えることが出来ず、全て人間が接木や挿し木などで増えていきます。
 それはつまり木々の中に自生していると思われても、実際は人間が増やしたんですね。
 私はずっと、種が飛んできて芽が出て大きくなったと思っていました。

クリックすると拡大します

 お昼は麺屋翔品川店(ホームページ)へ。
 本日は開店3周年、おめでとうございます。
 開店3周年を記念して、1日限定メニューが販売されます。

クリックすると拡大します

 店先には限定メニューが紹介されています。
 3周年に掛けて「3つの星が輝く日」と称して、醤油たれ、スープ、麺を星のように輝かせています。
 それにしても並んでいる人が多く、どれだけの人のお店が支えられているのかと思い知らされます。
 私はラーメンを食べるだけで、じっと手を見る。

クリックすると拡大します

 食券を買うと先に引き取って下さり、そのまま店先に並んでいると、程なくして店内に案内されます。
 案内して下さった店員さん以外、全て顔馴染みの店員さんで、この日は本支店からのヘルプも来ていました。
 もちろん店内は満席で、大橋店主さんが知り合いと思われるお客さんに声を掛けていらっしゃいました。

クリックすると拡大します

 程なくして牛・鶏・帆立の白醤油らぁ麺1,200円
 「牛、鶏、帆立のトリプルスープ」に「3種類の白醤油で仕込んだ醤油たれ」を合わせた特別なスープ。
 想像ですが、食材ありきで組み立てたスープと思われますので、旨味爆発ではあるけどバランスの調整が大変だったろうなぁ。
 これこそが麺屋翔のラーメンスープ、麺屋翔らしいラーメンスープ、心ゆくまで味わいます。

クリックすると拡大します

 平打中細麺は心の味製麺の特注麺、心の味製麺は既成麺とか標準麺は無くて全て特注麺でしょ、とかツッコんではいけません。
 この麺をこのスープの合わせるのは大変だったろうなぁ、ワンデーリミテッドだから一発勝負だし、それでもここまで相性が良いのは素晴らしいです。
 トッピングはローストビーフ、鶏肉、紫たまねぎ、帆立、皮雲呑、紫蘇雲呑、などなど。

クリックすると拡大します

 限定メニューに合わせて販売された帆立飯350円、セットだと1,500円で50円お得。
 醤油たれで味付けされた帆立とつくねとインゲン(で3つの星)を乗せてあります。
 この手のご飯ものはあまり食べないのですが、とても美味しいです。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は中華そば大賀110@相武台前ホームページ)。
 お店は小田急線の定期券内にあるので、心の中では毎月通いたいのですが、思っているだけ。
 そーゆーお店、多いよなぁ、、、頑張ろっと。

クリックすると拡大します

 店内に入ると先客数人、先ずは食券を買って、、、おっと今日は買わなくて良いのか。
 とはいえビールの食券は買って、空いていた席に座ります。
 先ずはビール500円、今夜は相武台前で一人お疲れ様会。
 四方山話が楽しいなぁ、ラーメンの話も楽しいなぁ。

クリックすると拡大します

 ずっと食べてみたかった皿雲呑、ワンタン(3個)150円
 麺が自家製麺なので、雲呑も自家製です。
 一般的な飲食店の皿雲呑は知らないけど、こちらでは麺茹でのお湯で茹でてあるので、ほんのりと麺の香りが付いています。
 たれもラーメンたれなので、ここのラーメンが好きな人は誰でも美味しいと感じる雲呑です。

クリックすると拡大します

 程なくして焼きそば850円、夜営業限定販売、券売機のボタンが足りないのか現金払いです。
 ラーメンで使われている手打ち麺を茹で上げ、フライパンで炒めて焼きそばにし、野菜炒めを合わせてあります。
 半熟目玉焼きを乗せ、辛子マヨネーズを掛け、紅生姜を添えて、焼きそば屋の焼きそばよりしっかり作ってあります。
 当たり前かも知れませんが、専用のお皿を用意し、中華スープを付けてあります。

クリックすると拡大します

 所々焼き目が付いた手打ち平打太麺、焼きそばを超えた焼きそばの美味しさ、製造方法非公開の秘伝のソースで最高に美味しい。
 そのまま食べても美味しいけど、お酒のアテにしても美味しいだろうなぁ(願望。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記