2019年04月25日

イタリアンなラーメン

/中華そば竹むら@目黒にてシビ辛まぜそば/横浜家系ラーメンすずき家@子安にてギョーザ、ラーメン(並)/

クリックすると拡大します

 下の子がお弁当を作るようになったので、駅まで送ってきて戻ってくると、おかずが残っていることがあります。
 その残ったおかずを見ると、ついつい朝ご飯を食べてしまう。
 元々、どこかで朝ごはんを食べて出勤する予定で30分以上早く家を出ているので、どこかが自宅でも問題なし。
 写真も撮らなくて済むので、さっと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は中華そば竹むら@目黒(目黒区目黒)公式ツイッター)へ。
 2019/4/23から始まった、昼夜15食程度の限定メニュー狙いで訪問。
 お気に入りのラーメン店なので、限定メニューは全て拾う意気込みでしたが、告知が直前だったり販売数が少なかったり、、、
 いやいや、拾えないのはお店のせいじゃなくて自分の意気込みが足りないからですね。

クリックすると拡大します

 店内に入り、左手の券売機を見ると、未使用のボタンはあるけど「(限定メニューは)煮干しそば900円のチケットを買って」とあります。
 煮干しそばって800円じゃなかったっけ、、2019/1/11に値上げしているんだ。
 ネーミングはアレですが、ラーメン職人が珍しい食材を使った一杯ではなく、イタリアン出身の店長さんが作った一杯。
 竹むらはます田のセカンドブランドで、ます田はイタリアン店からのスピンオフ。これは期待できる。

クリックすると拡大します

 指定された食券を買い、店員さんに渡すときに「まぜそばで」と伝えます。
 空いている席に座って、ふと入り口付近を眺めると、無料サービスのコーヒーが用意されています。
 食べる前に飲むのはアレだし、食べ終わってからだとお店が混んでいたら飲みにくいです。
 だからと「お持ち帰りで」って書いてあるでしょ。

クリックすると拡大します

 少し待ってシビ辛まぜそば900円
 スープを使っていないラーメンの呼び方は油そば、混ぜそば、和えそばなどがあります。
 何を何と呼ぶかは作り手側も食べ手側も自由だと思いますが、私には私の基準があって、私的には和えそば。
 明らかにラーメン職人ではない料理人が盛り付けたと思われる、広がりを感じる美しさ。

クリックすると拡大します

 ラーメン用に比べて半分程度のスープに、つけ麺用の平打中細麺を沈めてあります。
 スープのベースは鶏ガラ出汁、辛味として唐辛子、旨味として煮干や干し椎茸、フライドオニオンが食感に変化を与えています。
 トッピングは豚肩ロースレアチャーシューをセンターに、刻みネギや小切されたメンマを回りに散らし、筏にした板海苔には粉チーズ。
 このタイプのラーメンは食べ進むにつれて味が馴染んできて美味しくなっていくことが多いのですが、このまぜそばは、一口目から美味しく最後の一口まで美味しい。

クリックすると拡大します

 なぜ赤ワインを用意していないのか。店長さんを小一時間、問い詰めたい。
 途中から粉チーズを合わせてみましたが、これがまた実によく合って、あっという間に食べ終わって、追い飯をお願いします。
 追い飯には粉チーズが付いているの初めてで、食べ方が分からないけど、ま、残ったスープに入れてみました。
 旨いわ、期間限定と言わず、数量限定でずっと続けて欲しい。

クリックすると拡大します

 ラーメンを食べ終わって辺りを見渡すと、たまたま空き席が目立ったので、コーヒーを頂きました。
 一口、二口で口直しにちょうどいい量、美味しくいただきました。
 ※持ち帰って飲め、と書いてあるのに店内で飲むな、ってツッコミどころですよ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は横浜家系ラーメンすずき家@子安(横浜市神奈川区)公式ツイッター
 13か月振りの訪問なのに、写真がピンボケで済みません。
 なんでピンボケしてるだろう、、、撮影技術が下手だからか、分かってますよ。
 店内に入り、右手の券売機で食券を買います。

クリックすると拡大します

 1年以上ぶりなので、ちゃんと紹介しておくと、醤油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメン(みそ食券で)、つけ麺、油そば。
 トッピングはのり(5枚)、半熟味玉、うずら(5個)、ほうれんそう、もやしキャベツ、メンマ、スペシャルトッピング。
 丼物は小ねぎ丼、小キャベチャ丼、チャーシュー炙り丼、半チャーハン、ライス、みそチャ丼。
 サイドメニューはおつまみチャーシュー、ギョーザ(5個)。飲み物はビール、氷結、黒ウーロン茶。

クリックすると拡大します

 空いていた席に座って食券を渡すと、私の好みを覚えていてくださり、スーパードライ350円がおつまみと共に。
 何となくおつまみが豪華になった気がするので、「なんかスゴイですね」と冷やかすと、「ふらわさんのSNSを見ていたら、他のラーメン店のがスゴイから」と冷やかし返されてしまい。
 そんなこんなで、今夜は子安で一人お疲れ様会。
 さて、一年間分のラーメントーク、スタートしました。

クリックすると拡大します

 途中でギョーザ(5個)300円、、、写真撮り忘れ。
 お目にかけられないほどの量だったとか、お目にかけられないほどの出来栄えだったとか、お目にかけられないほどのアレだったとか、決してそんなことはありません。
 話しに夢中で取り忘れただけですので、、面目ない。

クリックすると拡大します

 いつまで経っても話は終わらないので、タイミングを見計らってラーメン(並)700円
 ※店主さんのご好意により、標準的な盛り付けと異なりますので、ご了承ください。
 家系お好みは柔らかめ、薄めでお願いしています。
 こちらのラーメンは何杯食べたか分からないほど食べているので、改めての説明は割愛します。

クリックすると拡大します

 長多屋製麺の短尺平打中太麺、柔らかめ最高ですな。
 永遠に食べ続けられるほど自分の好みに合った美味しいラーメン、素晴らしい。
 ラーメンを食べていてもお喋りは止まらず、このお喋りこそがラーメンの最高の調味料。

クリックすると拡大します

 味変なんて要らないけど、すずき家の調味料は自分の味覚の水準器なのでね。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 また、食べに来ます。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記