2019年04月28日

あざみ野で二軒

/らーめん雅楽GARAKU@あざみ野にて油そば/らーめんとカラアゲ あの小宮@あざみ野にて柚子胡椒のたれそば、カラアゲ/

クリックすると拡大します

 今日は特に予定が入っていなかったので、今月中に行きたかった店に行くことにしました。
 電車が混んでいると思ったら、何のことは無い、日曜日だからなのか。
 ま、混んでいると言っても、二回乗り換えなくちゃならないので、あんまり気にならないのですが。

クリックすると拡大します

 東急田園都市線あざみ野駅から徒歩数分、らーめん雅楽GARAKU@あざみ野(横浜市青葉区)公式ブログ)へ。
 こちらには会社帰りの夜に伺って、うだうだと飲んでいることが多いのですが。
 そればっかりではお店の一面しか分からないので、年に一回か二回、休日の昼間に伺うことにしています。

クリックすると拡大します

 こちらでは毎月、月替わりの限定メニューを販売されていて、基本、そのメニューを食べています。
 しかしして、レギュラーメニューを全て食べているかと問われたら、食べていないという。
 食べなくちゃいけないと言うことは分かっているけど、分かっていることに限って出来ていません。

クリックすると拡大します

 店先で少し待ってから店内へ、休日は混み合っているので、店主さんご夫婦に、女将さんのお姉さんも出勤、さらにバイトの女子大生も加わって4人で回しています。
 券売機で食券を買うと、相席でも構いませんかと訊かれ、テーブル席に案内されました。
 おお、テーブルで食べるのは久し振りなので嬉しいなぁとワクワクしていたら、すぐにカウンター席へ移動。

クリックすると拡大します

 先ずはハートランド、昼間から飲むことに背徳感とか高揚感をことさら強調される方がいますが、私はごく普通のことなので、いつも通り飲むだけです。
 突き合わせの茹でだだちゃ豆、この豆がビールによく合って、ビールが進む進む。
 お客さんはひっきりになしに入ってくるので、さっさとビールを飲んで、とっととラーメンを食べて帰りますよ。

クリックすると拡大します

 今月の限定メニューの油そば900円(半ライス&スープ付き)、そこはかとなく平成最後の雅楽のラーメン。
 「こちら、全てお使い下さい」とジェル状の赤い液体が添えられています。
 ※店主さんのご好意により、標準的な盛り付けと異なりますので、ご了承ください。
 何度目かの油そば、全体をようくかき混ぜて頂くと、醤油とニンニクおろしの香りに包まれ、まあ、美味しい。

クリックすると拡大します

 一玉半の三河屋製麺の太麺、油そばにぴったりですよね、美味すぎる。
 卵黄、サイコロ切りのチャーシュー、茹でモヤシ、ニラ、フライドガーリックと共に食べると色々な味わいを楽しめます。
 途中から謎の赤い液体を調合すると、あら不思議、咳き込むほどの激辛混ぜそばに早変わり。
 慌てて中華スープを啜り、喉をなだらかにしつつ、麺を食べきります。

クリックすると拡大します

 残ったタレや具材にご飯をドサッと入れて、一気に食べ切ります。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 昼営業が終わろうとする時間なのに来客が途切れず、お店の繁盛が自分のことのように嬉しいです

クリックすると拡大します

 そうそう、スタンプカードを始めたそうです。
 二回でトッピング、6回でラーメン一杯サービスと、かなりお得です。
 有効期限が三ヶ月なので、毎週食べに行って下さい。

クリックすると拡大します

 あざみ野駅に併設されたエトモあざみ野(ホームページ)のリニューアルに伴い、2019/3/28にオープンしたらーめんとカラアゲ あの小宮@あざみ野(横浜市青葉区あざみ野)
 ラヲタにしか通じない「あの小宮」シリーズ、しょうが焼きに続く第2弾はから揚げ(しょうが焼きもあるけど)。
 エトモあざみ野内と言ってもバスロータリーのある西口の江田駅寄り、地下一階になります。

クリックすると拡大します

 店名に「カラアゲ」が付くと、ラーメン屋と言っても何となく定食屋、そこはかとなく軽く飲めそうな雰囲気を感じます。
 店内に入って左手に券売機がありますが、非常に分かりにくい(自分比)ので、入口横に大きく張り出したメニューで何を食べるか考えます。
 ラーメンは煮干醤油らーめん、淡麗塩らーめん、肉つけめん、柚子胡椒のたれそば。
 定食はカラアゲ定食、しょうが焼き定食、いずれもご飯のお代わりは自由です。

クリックすると拡大します

 飲み物は生ビール、ハイボール、ウーロンハイ、レモンサワー。おつまみはチャーシューなどのラーメントッピングにえだまめ等。
 定食は、(690円の)ラーメンとセットはありますが、(790円の)つけめんやたれそばとのセットは用意されていません。
 店名のカラアゲも食べてみたい場合、一品料理の三個と合わせるか、頑張って定食も頼むしかありません。
 今日のところは、お土産用の1個を店内で食べたりするのはNGでした(3個の2個をテイクアウトもNG)。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むL字カウンター6席ずつ、奥には4人掛けテーブルが2卓、計20席。
 圧倒的に家族連れ、友達同士での来店が想定される商業施設内の飲食店で、敢えて1人客狙いでカウンター主体の構成。
 卓上にはブラックペッパーグラウンド、辣油、酢、醤油、レモン。
 少し待っていると、ラーメンとカラアゲがほぼ同時に運ばれてきましたが、私はほど同時に食べられないので、後回しにしたカラアゲは少し冷めてしまいました。

クリックすると拡大します

 柚子胡椒のたれそば790円
 ここで「ラーメンに軍手!?一体何に使うのか!?」と盛り上げるべきでしょうけど。
 軍手は手にはめる以外に使い方が思い付かないし、軍手をするということは熱い物を持つと言うことだろうし、となれば、タレが入っていると思われる小瓶が熱いのだろうと。
 余計なお世話ですが、ネイルしている女性は軍手をするのは抵抗がありそうですし、そういうお客さんは(お願いすれば)店員さんが代わりに掛けてくれるのだろうか。

クリックすると拡大します

 小瓶には醤油たれと背脂、生卵が入っていて、「こんな熱いの、食べられないよ」と思いながら掛けます。
 全部掛けてから、小切りのチャーシュー、細切りメンマも合わせてかき混ぜて食べてみると、冷たいネギとモヤシ、キャベツでたれが冷やされて(野菜が温められて)ちょうどいい感じになります。
 私は不器用なので全体を均等にかき混ぜられず、熱い部分と冷たい部分が交互に感じながら頂きました。
 器用(普通)に全体を均等にかき混ぜられる人とは、味わいが変わりますね、きっと。

クリックすると拡大します

 濃いめの醤油味で極太麺を食べ進めますが、途中から柚子胡椒の辛さが顔を出してきます。
 熱かったり冷たかったり、背脂で甘かったり、柚子胡椒で辛かったり、色々と楽しめるたれそば。
 食べ終わったら店員さんに声を掛けると締めの一口ライスが頂けるそうですが、店員さんは奥の厨房に引っ込んでしまい、大声を出すのも何だなと。

クリックすると拡大します

 カラアゲ600円、味付けは醤油ガーリック、塩ジンジャー、あま辛スパイシーから選べるので醤油でお願いしました(1個1味は出来ないそうです)。
 一口で食べるのがやっとの大きな唐揚げが3つ、千切りキャベツも付いての値段は安いと言えば安いですが、こんな大きな唐揚げは要らないと言えば要らない。
 程々の肉質にさっぱりした醤油味で、居酒屋目線ですと物足りませんが、ラーメン屋目線ではちょうどいいです。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記