2019年05月22日

焼肉に古酒を合わせる

/ゆで太郎代々木東口店にて季節のかきあげそば、焼きのり、コロッケ/ユキノマタユキ@三田にて風花/リトル肉と日本酒にて焼肉に古酒を合わせる/

クリックすると拡大します

 早起きは中華そばのために、今朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。

クリックすると拡大します

 今朝は季節のかきあげそば530円、焼きのり100円、クーポンコロッケ
 かき揚げ(帆立とアスパラ)にコロッケとダブル揚げ物に、天かすを加えたトリプル仕様。
 間に入る三陸ワカメ、紅生姜、薬味ねぎ。
 お蕎麦も美味しいけど、焼き海苔も美味しく、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼はユキノマタユキ@三田(港区芝)へ。
 こう暑いとラーメン食べていられないけど、まあ、たまにはラーメンも良いでしょう。
 今回でまだ3回目の訪問なので、メニューコンプに向けてまっしぐら。
 食券を買って、店員さんに挨拶しつつ空いている席に座って、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 風花(かざはな)900円
 いわゆるレモンラーメン、レモンラーメンはスープが冷たいことが多いけど、このラーメンは普通の温かいスープ。
 スープが温かいので全体に酸味が広がらず、豚ガラ、鶏ガラ、人柄スープの美味しさを時々、弾くように酸味が利いてきて、とても軽やかに味わえます。
 全体に黒胡椒が振られているので、「胡椒抜きで」と注文されているお客さんもいました。

クリックすると拡大します

 滑らかに喉を滑っていく細麺は麻生製麺、未だ開店2ヶ月経っていませんから、今後の磨き具合が楽しみです。
 スープには鶏もも肉チャーシューが3枚沈められていて、レモンは6枚、白髪ねぎ。
 レモンは食べても残しても食べ手の自由かと考えまして、私は食べます。
 食べている途中で色々と試してみようと、柚子唐辛子を振ってみます。

クリックすると拡大します

 うーん、塩たれのスープには合わないな、いったい何に合わせるために置いてあるのかな。
 スープからは豚骨の旨味を感じるので、食べ終わって店長さんに「店先には鶏ガラしか書かれてないけど、豚骨も使っているんですか」と訊いてみました。
 書いてないのに何で訊いてくるのかという顔をされながら「鶏ガラを炊き出す前に(豚骨を)使っているけど、旨味が出たら取り出してしまうから、『使っていない』と答えることも多いんです」とのこと。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜はリトル肉と日本酒ホームページ)へ。
 表向きは焼肉屋ですが、私的には美味しい日本酒が飲める焼肉屋の位置づけです。
 ちなみに今夜も税サ込みで6,500円、店内はテーブル1卓を残して満席の大盛況です。

クリックすると拡大します

 少し早く着きましたが、一回転なので早めに入ると店長さんから「飲みますか」と水を向けられてしまい。
 埼玉の蔵元である神亀酒造が醸す「神亀(しんかめ)ライト」純米、「ひこ孫」純米 三年熟成酒。
 つまり新酒である右側の神亀ライトを三年熟成させると、ひこ孫になります。

クリックすると拡大します

 1人で飲み比べをしていると2人登場。
 何飲んでいるのと訊かれる前に、まだ時間になっていないけどビールを勧めて、乾杯。
 先にモヤシのナムルが運ばれてきます。

クリックすると拡大します

 続けてキムチ、このキムチが美味しいんだよね。
 そうこうしている内に、このお店初めての知り合いが登場、既に飲んでいて慌てたかも知れません。
 まだ開始時刻前だから遅刻はしていないのに、もう飲んでいて盛り上がっているからな。

クリックすると拡大します

 ビールで乾杯しつつ1本目(私は3本目)の日本酒を。
 愛知の蔵元である長珍酒造が醸す「長珍(ちょうちん) BLACK」純米吟醸 花巻亀の尾 29BY。
 本来なら、ここで冷やを飲んで、料理に合わせて燗酒の流れですが、今日は冷やのみ。

クリックすると拡大します

 先ずは30日熟成の牛タン、今日も焼き担当の私。
 肉の焼き方、焼き具合は十人十色ですが、どんな肉(部位)にも基本となる焼き方があります。
 今日は初訪問の人がいたので、先ずは基本を知ってもらいたいので私が焼きました。
 次回以降、同じ焼き方でも良いし、自身の焼き方で楽しまれても良いと思います。

クリックすると拡大します

 宮城の蔵元である金の井酒造が醸す「綿屋倶楽部(わたやくらぶ)黒」純米酒 29BY。
 ちょうど4人分残っている、という理由もあって、こちらを。
 焼肉に合わせる日本酒にしては旨味が強いけど、綿屋のお酒は好きなので、問題なし。

クリックすると拡大します

 宮城の蔵元である金の井酒造が醸す「綿屋幸之助院殿(わたやこうのすけいんでん)」特別純米酒 29BY。
 綿屋を飲んでいると「こちらもどうですか」と、勧めて下さいました。
 私と友人二人は「いつもの」ペースで飲み進めますが、一人遅れがち。
 各自のペースで飲めば良いので、無理に勧めたりしません。

クリックすると拡大します

 塩焼きの肉、リブロース、上カルビ、カイノミなど。
 軽く焼いてから山葵を乗せて食べると、甘味と辛味が複雑に作用し合って、驚きの美味しさ。
 この焼肉も私がメインで焼きましたが、ま、焼いてもらって自分は飲む、と言うのが一番良いよね。

クリックすると拡大します

 ここでいったん、日本酒の流れを切ろうと、香川の蔵元である川鶴酒造が醸す「川鶴 讃岐くらうでぃ」30BY。
 ビール並のアルコール分6%、カルピスと言っても良いでしょう。
 ミネラルウォーターが飲み放題なので、たっぷり飲んでいても、日本酒を切るには日本酒かな。

クリックすると拡大します

 熱燗に移行する前に、冷やで飲んでおこうと埼玉の蔵元である神亀酒造が醸す「神亀(しんかめ)」純米 30BY(ラベル表記)。
 日本酒は冷蔵庫で保管してありますが、燗付けする日本酒は常温で保管されていてます。
 とはいえ、ともかく日本酒を多く飲むだけなら、こんな面倒くさいことせずに、「高め」「珍しめ」なお酒を飲み続ければ良いんですけどね。
 日本酒に限らず、飲み物は嗜好品だから、好きに飲んだら良いし、人に飲み方を押しつけちゃダメですね。

クリックすると拡大します

 焼き野菜(餃子)、毎回お皿が違う気がする(気のせい
 一応は餃子のタレが付いてきますが、基本、そのまま食べます。
 焼き野菜を食べると一気に燗酒ですねぇ、って、一緒に運ばれてきてますか。

クリックすると拡大します

 鳥取の蔵元である諏訪泉酒造が醸す「諏訪泉(すわいずみ)純米古酒1997」長期熟成純米酒 9BY。
 先にお銚子だけで出され、クイズ形式でしたが分かるはずがありません。
 この色艶、床が抜けたように腰から崩れ落ちるほど美味しい。

クリックすると拡大します

 埼玉の蔵元である神亀酒造が醸す「神亀大古酒(しんかめおおこしゅ)」純米吟醸、6BY。
 続けて更に古酒、17年前の日本酒、と言うか大吟醸を寝かすかな、と言うか写真の平盃が空っぽじゃ無いか。
 日本酒は一期一会が基本ですが、古酒となると本当にもう二度と会えないし、「適温」で付けて飲めることは考えられない。

クリックすると拡大します

 さて、大阪焼肉。
 色々な部位を葱と共にタレに漬け込んであって、ジュウジュウ焼きます。
 初めは私が焼いていましたが、途中から他の人にバトンタッチ、ここから私は飲みに入ります。

クリックすると拡大します

 宮城の蔵元である新澤醸造店が醸す「伯楽星(はくらくせい)」純米吟醸 2019BY。
 この辺からは飲んだお酒を全て撮っていない、手が回らないというか、酔ってくると言うか。
 伯楽星はとても飲みやすいのですが、あまり見かけないのは何故だろう。

クリックすると拡大します

 岩手の蔵元である川村酒造が醸す「酔右衛門(よえもん)」、どちらも岩手県産美山錦55%ですが、左が山廃純米無濾過 2013BY、右は特別純米無濾過 2017BY。
 飲み比べてと言っても、味が違うことは分かるけど、この時点ではあまり意味が無い。
 焼肉は人に焼いてもらった方が美味しいなぁ、この時点だからかも知れないけど。

クリックすると拡大します

 〆は最凶カレー、いつもはお店で扱っている牛肉を煮込んだカレーなのですが、何かが違う。
 なんとキーマカレー、この日のために3日間掛けて仕込んだそうです。
 お腹一杯なのに残せないカレー、かなり酔っているのに残せない日本酒。

クリックすると拡大します

 今夜のデザート酒は日本酒では無く甘酒、麹のおちち、アルコール0%。
 平盃では無くグラスで飲むべきですけど、流れで平盃で、おお、美味しい。
 つか、甘酒も扱うようになったのか。

クリックすると拡大します

 さらに、こんなのもあるよと勧められましたが、次回の楽しみにして諦めました。
 心ゆくまで美味しく頂き、心ゆくまで美味しく飲み、心ゆくまで楽しくお喋りしました。
 ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 新宿までは総武線、新宿からはロマンスカーで帰宅。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月21日

代休消化

/お寺の行事/めん徳 二代目つじ田ららぽーと湘南平塚店にて濃厚つけ麺/

クリックすると拡大します

 今日はお寺の行事に合わせて代休消化しました。
 お寺の本堂は畳敷きですが、檀家全員の椅子が用意されていて、お坊さんも正座すること無く椅子に座ってお経を読んでいました。
 こんなことは知っている人にとっては当たり前なんだろうけど、私は知らなかったのでちょっとびっくり。

クリックすると拡大します

 その後、女房の買い物に付き合って、ららぽーと湘南平塚店へ。
 買い物を途中まで済ませたところでお腹が空いてきたので、フードコードで何か食べるかという話になり。
 女房は定食を注文していましたが、私はラーメン、このフードコートにはラーメン店が3店入っているので、食べていない方。

クリックすると拡大します

 めん徳 二代目つじ田ららぽーと湘南平塚店ホームページ)、2016/10/6オープン。
 都内を中心に多く支店展開され、味噌味や担々麺に特化した店舗、フードコートなどにも積極的に展開されています。
 つじ田のつけ麺を食べるのはどの位ぶりだろうか。
 土日だったら並ぶのを諦めるほど並んでいるのですが、今日はガラガラ、平日はいつもガラガラなのかな。

クリックすると拡大します

 メニューは濃厚つけ麺、濃厚らーめんの二種類。
 レジで口頭注文すると「麺は大盛りにされますか?」と訊かれ、大盛り同額だから勧めているのかなと思いつつ辞退すると、有料のようです。
 つじ田と言えばスダチと黒七味ですが、スダチは半切りから1/4カットになり(ららぽーと湘南平塚店だけ?)、黒七味は1回分ずつ小分けにされたパックになりました(フードコート店のみ?)。
 フードコートですから、注文、支払いが済んだらチャイムコールを渡され、出来上がると呼び出されます。

クリックすると拡大します

 10分ほど待って、濃厚つけ麺950円
 『国内厳選の豚骨、比内地鶏の鶏がら、魚介、野菜、他合計十数種類の食材』から作り出されたスープ。
 10年前、5年前ではどんなにお金を出しても、どんなに待っても食べられなかったクオリティの美味しいラーメンが、たったの千円で、10分待てば食べられる時代になりました。
 でもまあ、日頃から個人店、チェーン店などの美味いラーメンを食べている人達には、全く雰囲気がないテーブルで随分高く、随分待たされると感じることでしょう。

クリックすると拡大します

 麺は三河屋製麺、つけ麺とらーめんでは異なる麺としていて、つけ麺は押し返すほどの弾力があり、つけ汁にゆるりと絡みつきます。
 トッピングは大ぶりの豚肩ロースチャーシュー、板海苔一枚。
 つじ田のつけめんの食べ方流儀に従い、麺を1/3ほど食べたところで、スダチを麺にぎゅっと絞ります。
 流儀に従ってスダチを絞らなくても最後まで美味しく食べられるのだろうけど、必ず絞って美味しく頂きます。

クリックすると拡大します

 残りの半分を食べたら、つまり全体の1/3を残して、黒七味を掛けます。
 この黒七味の香りがとても素晴らしく、模倣しているつけ麺もたまに見かけます。
 全く色褪せていないつじ田のつけめん、色褪せてはいませんが、ウサギとカメ理論が見え隠れするのも事実。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったら、つけ汁の器をお店まで持って行って、スープ割り。
 今日は空いていたので器を席まで持って帰ってきてスープ割りを楽しみました。
 フードコートが混み合っているときは、お盆ごと持ってきて、ここでスープ割りを楽しんだら下げ膳するのが良いですね。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月20日

麻婆茄子麺

/らぁ麺はやし田新宿本店@新宿三丁目にてはやし田ヴィシソワーズ/からひげ@武蔵新城にてからひげ麻婆茄子麺/

クリックすると拡大します

 出勤しようとしたら、オヤジに引き留められて、野暮用を言いつけられてしまう。
 そんなこと自分でやれ、って突き放せればいいんだけど、それができたら、今ここにいない。
 午前休して対応、ふう、月曜日からこれかよ。

クリックすると拡大します

 通勤途中でお昼にするべく、らぁ麺はやし田新宿本店@新宿三丁目へ。
 お店に着いたのがちょうど開店時間で、1分も待たないウチに開店、知らなかったけど平日から開店待ち客がいるほど繁盛しているんだ。
 つか、平日から開店待ちする人ってどんな人なんだろう。

クリックすると拡大します

 頭出しされていた夏期限定メニューが、たまたま本日5/20から販売開始されています。
 1日20食、『フランス料理の冷製スープ、ヴィシソワーズをはやし田なりにアレンジしてみました。ジャガイモの甘さのあるスープに自家製トマトオイルをかけ、ほどよい酸味と香りでさっぱり召し上がれます。』
 先に並んでいたお客さんはレギュラーメニューを食べていたので、たまたま私が一番客になりました。

クリックすると拡大します

 店内奥の調理場の目の前の席へ座り、食券をカウンター台へ置きます。
 厨房では、すぐにでも次の店が出せるほどの多くの店員さんが働いていて、なぜ、はやし田系の店舗は店員さんが潤沢なのだろうか。
 なんて考えても分からないことを考えつつお冷やを飲み、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待ってはやし田ヴィシソワーズ900円
 透明で涼しげな平皿に、流水で冷やした平打中細麺をなだらかに盛り付け、生クリームと豆乳に隠し味としてラーメンスープを忍ばせた特製スープを注ぎます。
 トッピングは鶏モモチャーシュー、合鴨、縦に切り分けられたオクラ、この料理専用に大振りに刻まれた紫たまねぎ、白髪ねぎ、特別に別皿で提供された焼きズッキーニ。
 仕上げに自家製トマトソースを回し掛け、全体にブラックペッパーを振りかけて。

クリックすると拡大します

 既視感があるありがちな冷製ラーメンに思えますが、食べてみると平打中細麺の美味しさと、隠し味のラーメンスープで、グッとはやし田らしくなって美味しい。
 既に初日でかなり完成度が高いけれども、まだまだ磨ける細部もあり、機会があれば再度食べてみたい1品ですね。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜は南武線武蔵新城駅から徒歩数分の、からひげ@武蔵新城(川崎市高津区新作)へ。
 2019/4/3オープン、てっぺん家@元住吉のセカンドブランド。
 店先を三等分し、左側は空きスペース、中央の引き戸を引いて店内へ入ります。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、左手に厨房があり、右手壁側の半分が赤紫に塗られて、メニューが紹介されています。
 メニューはからひげ麻婆豆腐900円、からひげ麻婆茄子1,000円の2種類のみ。
 それぞれ、麺とご飯が選べ、麺にはサービスライスが付き、ご飯はご飯大盛りにできます。

クリックすると拡大します

 券売機を見ると、サイドメニューに鉄鍋焼餃子、越路屋絹豆腐。
 ねぎチャーシュー、自家製ローストビーフはトッピングと言うよりツマミなのかな。
 飲み物はサッポロビール、ハイボールなど。

クリックすると拡大します

 食券を店員さんに渡すと「ご飯をお付けしますか」と訊かれるので、お願いしました。
 店内は厨房を囲む5席と4席のカウンター、壁側には2人掛けテーブルが2卓、壁向きカウンター3席、計16席。
 卓上には花山椒、醤油、辣油、酢。黒い紙エプロンが常備されています。
 注文が入ると、中華鍋を使ってスープを煮込んでいて、途中で辣油を入れ、結構辛そう。

クリックすると拡大します

 少し待ってからひげ麻婆茄子麺1,000円。温かみのある木材の角盆に乗せられて提供。
 麺の上には大振りの茄子が二本半分も乗せられていて、麻婆茄子じゃなくて、茄子麻婆の様相。
 トロミの付いた熱々なスープは鶏ガラベースですが、鶏の味は下支え、挽肉やニンニク、唐辛子などの辛味調味料の味が圧倒的で、顔中から汗が止まらないほど辛い。
 辛いけど旨い、しかしこんなに辛くしたら食べられる人が限られると思って尋ねると、これでも開店当初の辛さの半分とのこと。

クリックすると拡大します

 太麺はてっぺん製の自家製麺で、スープの熱さ、辛さに負けない力強い麺、茹で加減も完璧でとても美味しい。
 茄子はスープに絡めて食べるのではなく、一つ一つ摘んで食べる感じ、熱々でほくほく、美味しいなぁ。
 小鉢の白菜漬けが全く箸休めにならないほどですが、だからと言って全く役にな立たないと言うことはありません。

クリックすると拡大します

 ご飯をどうやって食べようかと思いましたが、茄子を何個か乗せて、スープを回し掛け、セルフ麻婆茄子丼にして美味しく頂きました。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 こうなると、麻婆豆腐麺も食べてみたいのですが、いつのことやら。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記