2019年05月19日

初めての浦賀

/一酵や@西横浜にて一酵やつけ麺/クールクラン ウラガにて旧交を温める/

クリックすると拡大します

 友人夫妻がカフェを始めたと聞き、共通の知り合いを誘って訪問することにしました。
 する前に、宿題店を片付けますか。
 営業時間や電車の便を調べたら、よほどのことが無ければ大丈夫そう。

クリックすると拡大します

 相鉄線西横浜駅から南へ徒歩数分の、一酵や@西横浜(横浜市西区浜松町)
 県内のそれなりに名が通ったラーメン店は全て訪問していると自負していましたが、完全に抜け落ちていました。
 老舗名店ですので詳細は割愛しますが、店主さんとは10年前の2009/9に、イツワ製麺所食堂@横須賀市森崎でお目にかかっていますね。
 面識はありませんが、お元気そうで何より。

クリックすると拡大します

 口頭注文後会計、メニューはラーメンとつけ麺、ワインに日本酒。
 ラーメン(一酵やでは『スープ麺』と称する)は麺量を130gから200gまで選べ、つけ麺は130gから300gまで選べます。
 厨房を囲むL字カウンターは9席、4人掛けテーブルにはReservedの札が置かれています。
 卓上には白胡麻だけ。

クリックすると拡大します

 先頭で入店した私はカウンター左端に案内され、後ろの3人組はカウンター右端の店主さん立ち位置の目の前へ。
 その3人組、店主さんと世間話をしながら、ポンっと赤ワインのボトルが開き、何やら肉料理をつまんでいます。
 後客2人はビールからスタート、つまりラーメンを注文したのは私だけで、一酵やをラーメン屋だと思ってラーメンを注文した私は肩身が狭い。
 思い起こしてみれば、店先からしてラーメン屋に思えなかったな。

クリックすると拡大します

 程なくして一酵やつけ麺(200g)790円
 艶やかな丸細麺の自家製麺、色とりどりの香辛料を浮かせたり沈めたりしたつけ汁、遠く塩やの面影を残す、イツワ製麺所の塩つけ麺。
 麺の上には大ぶりのチャーシュー、茹でほうれん草、キクラゲ、モヤシが添えられていて、気分でつまんで頂きます。
 食べる前から美味い、食べたら美味い、食べ終わっても美味い。

クリックすると拡大します

 麺皿は木製のボウル状で「食べづらい」「持ちづらい」というお客さんもいると思いますけど、ま、お客さん全員に気に入ってもらうのは不可能ですから。
 このつけ麺を10年以上前から考案し、具現化し、提供し続けているのは、とても凄いこと。
 提供し続けているだけじゃなくて、限定メニューにも精力的に取り組んでいます。
 それでいて、お客さんの殆どがワインを、ビールを飲んでいる、と。ちなみに日本酒もあります。

クリックすると拡大します

 麺を食べ終わったらスープ割り、割スープは湯桶に用意されていて、たっぷり注いでたっぷり飲みます。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 1回食べたらミッションクリアだと思ったけど、返ってミッションが増えてしまう罠。

クリックすると拡大します

 初めての浦賀駅。
 近くまでクルマで来たことがあるけど、電車で降りたのは初めて。
 カフェはこの看板の裏側の通りを右に少し歩いた場所。

クリックすると拡大します

 クールクラン ウラガ、「クラン」とは人のことで、浦賀のクールな人、って意味かな。
 以前の店舗をほぼ居抜きで譲り受け、4/19にリニューアルオープンしました。
 もちろん、カフェだからアルコールはビールくらいしか用意されていないんだけど、ま、店主さんの顔が見たくてね。

クリックすると拡大します

 入ってすぐのレジでビールを注文して、一階のフロアを見渡すと20席ほどが満席です。
 んじゃ2階へ、と奥の階段を登ります。
 2階はミニライブが出来るスペースになっていて、何組かのホビーバンドがライブを開催されているそうです。

クリックすると拡大します

 奥は喫煙席として仕切られています。
 テーブル席も用意され、壁にはコンセントも用意されているので、パソコンを持ち込んでいるお客さんもいます。
 海から遠いの立地ですので、窓からは車通りしか見えませんが、陽当たり良好。

クリックすると拡大します

 メニューは、はまだ分店のコッペパンを使ったウラガドック、クールクランカレーはビーフベースとキーマカレー。
 各種スイーツ、飲み物はコーヒーや紅茶。
 ビールは生ビールと四種類(ブルックリンラガー、ブルックリンディフェンダーIPA、ゆずラガー、だいだいエール)のクラフトビール。
 辺りに居酒屋も少ないので、レモンサワー、ワインも一通りあり、隠し酒もあるとかないとか。

クリックすると拡大します

 口切りはブルックリンディフェンダーIPA(左)とだいだいエール(右)で、開店おめでとうございます。
 クラフトビールは缶で飲むことが多い私ですが、こうしてサーバーから注がれると、全く味わいが違うような気がします。
 ビールは焼肉などを流し込む飲み物と教え込まれているので、こうして単品を味わうのがとても新鮮で、とても美味しい。
 そこはかとなく、飲み比べも出来ちゃったりして。

クリックすると拡大します

 ビールには唐揚げ、ぃゃ、唐揚げにはビールなのか。
 ジャンボ唐揚げ(1個)100円、2人で来たので4つ、マヨネーズ付き。
 下味はがっつりニンニク醤油味ですが、ビールと合わせるとあっさり味で、カフェの唐揚げとは思えない美味しさ。
 つか、カフェで唐揚げを頂いたことがないので、このレベルは今や標準だったらスミマセン。

クリックすると拡大します

 折角だからじゃんじゃん持ってきて、とアンチョビキャベツ300円、山盛りポテト200円、豚とかぼちゃ炊いたん300円。
 冷凍物を使わず、ゆうこママが早朝から仕込んでいるので、日替わり、しかも数量限定なので、見つけたら躊躇せずに食べるべき。
 ポテトはビールのつまみにジャストフィットですが、豚とカボチャには日本酒を合わせたいなあ。
 えっ、あるの?

クリックすると拡大します

 香川の蔵元である丸尾本店が醸す「悦凱陣(よろこびがいじん)」純米吟醸 五百万石むろか生 30BY。
 口切りからチューリップブラスで、グイグイと飲む。
 カボチャによく合いますねぇ、美味しいですねぇ、一杯二杯と飲んでしまいますねぇ。

クリックすると拡大します

 折角だからカレーも食べていくかと、クールクランカレー1,000円、キーマカレー1,000円。
 カレーだけだと何だから、合鴨スモーク 300円。
 酒を飲みながら食べるカレーの美味しいこと美味しいこと。

クリックすると拡大します

 いつまでも日本酒というわけにもいかないので、ここでスパークリングワインのハウメ・セラ・グラン・リベンサ・カヴァ・ブリュット。
 日曜日の昼下がりに飲むスパークリングの美味しいこと、美味しいこと。
 いつもは食前酒で飲んでいるスパークリングワインですが、こうして食後(でもないけど)に飲むのもいけますね。

クリックすると拡大します

 時間の関係で〆になったベーコンステーキ400円。
 ゆうこママの手作りおばんざいという体ですが、つい最近までは主婦料理だったわけで、こちらとしては複雑な気持ちで美味しく頂きます。
 複雑な気持ちであっても、たっぷり飲んで、たっぷり食べて、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月18日

台湾ラーメン好

/塩生姜らー麺専門店MANNISH(マニッシュ)@淡路町にて塩生姜油そば/郭 政良 味仙東京神田店@神田にて台湾ラーメンカレー/

クリックすると拡大します

 月に一回あるかないかの休日出勤。
 陽気が良くて事務所に閉じこもっているのはもったいないと感じる昭和な男ですが、仕事しないと。
 唯一の楽しみはお昼のラーメンですね。

クリックすると拡大します

 神田駅から徒歩数分、なのですが、勘に頼って歩いて行ったら移転前の場所に向かっていて、慌てて調べ直すという。
 お昼は、塩生姜らー麺専門店MANNISH(マニッシュ)@淡路町(千代田区神田司町)へ。
 日によって混雑具合が違うようで、今日は空き席が目立つ店内です。

クリックすると拡大します

 券売機で「スタンプ5個以上の方限定」のボタンをポチッと押し、空いている席に座りながら店員さんにブラックカードと共に食券を渡します。
 店員さんから「限定が売り切れてしまって、油そばになりますがよろしいですか」と確認され、オールグリーン。
 移転前を含め、これまで十数回伺っていますが、初めて店主さんがいらっしゃらない店内です。

クリックすると拡大します

 程なくして塩生姜油そば850円
 丼にたれを入れ、茹であがった麺を敷き、麺の上に茹で小松菜、薬味ネギ、生姜挽肉、蒸し鶏肉、フライドオニオンをトッピングして、最後にすっとスプラウト。
 全体を軽く混ぜて食べると、生姜の辛さの先の旨さが渾然一体とした美味しさ、美味しいですねぇ。

クリックすると拡大します

 噂では麺が三河屋製麺から菅野製麺所に替わったようで、食べている時は全く気が付きませんでした。
 改めて反芻してみると変わったと可能性がかなり高いので、次回訪問時に確認しないと。
 製麺所がどこかなんてどうでも良くて、大事なのは美味しいかどうかだと考える人も多いですけど、私は気になります。

クリックすると拡大します

 油そばには生姜味の鶏ガラスープが付いてきて、その中にブラックカードでサービスされる味玉が沈めてあります。
 油そばを食べながら時々スープを飲みますが、程よい加減の味わいで、これまたとても美味しいです。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は郭 政良 味仙(かく まさよし みせん)東京神田店@神田(千代田区神田鍛冶町)ホームページ)へ。
 先週、東京ニュー新橋ビル店に伺ったので、東京初進出店(2016/8/2オープン)に伺います。
 都内には後一軒、名古屋に二軒、全店訪問したくなりますね。
 店内は「なぜここに?」と疑問になるほど狭く、店内に続く通路が人がすれ違えないほど狭い。

クリックすると拡大します

 8列9段のボタンが並んだ券売機を眺めると、メニューは東京ニュー新橋ビル店とほぼ同じなのに配置が異なり、「烏龍茶」「ウーロン茶」などと表記の揺れが目立ちます。
 料理名が漢字だろうがカタカナだろうが、どうでもいいと考える人がいるならば、逆に私はとても気になる人。
 台湾ラーメンの味噌味があるはずが見当たらず、うーんと逡巡し、見かけないメニューをポチッと。

クリックすると拡大します

 東京ニュー新橋ビル店には見当たらなかったコース料理。
 飲み放題付きなので、飲み放題が好きな人は割安に感じますが、飲み放題に興味がない私は割高に感じます。
 とはいえ、一度食べてみますかね。

クリックすると拡大します

 店内は厨房に面したカウンター5席、奥のスペースには右手に壁向きカウンター5席、左手に2人掛けテーブルが5卓、計20席。
 卓上には辣油、醤油、白胡椒。
 目の前の厨房の調理は見えませんが、カンカンという調理の音を聴きながら、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待って台湾ラーメンカレー(1日30食限定)850円
 台湾ラーメンにカレーを入れた一杯、台湾ラーメンだけでも辛いのに、カレーで更に辛くなり、イタリアンの上の辛さ、身体全体から汗が止まりません。
 台湾ラーメンのスープは鶏ガラとニンニク、唐辛子、挽肉などのバランス系スープだと思っていたけど、バランスを変えるアレンジも美味しい。

クリックすると拡大します

 製麺所不明ながら、スープによく合っていて美味しい角中細麺、これだけ熱いスープにも負けていません。
 辛さもそうだけど、熱さも引かないので、美味しくゆっくり食べていると、「ランチタイムのライスは要りますか」と女性店員さんが勧めてきます。
 連食中なんだから断るべきですが、ついうっかりハイ、と。

クリックすると拡大します

 小さめのご飯茶碗にたっぷりよそってあり、少し食べてからスープを掛けて頂きました。
 時間があれば色々と食べ方を工夫して楽しめたんだけど、ちょっと今日は無理かな。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 奥の壁には、台湾ラーメンの説明書きが描かれています。
 日本地図の名古屋の部分に東京ニュー新橋ビル店のポップが貼られていて、、そこまでして貼らなくても。

クリックすると拡大します

 仕事は暗くなったころに終わり、どこかでラーメンを食べるなり、焼き鳥を食べるなりも考えましたが。
 明日のこともあるので、早めに帰宅しました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月17日

天ぷら定食

/おにやんま五反田店にて冷「並盛」とり天&ちくわ天ぶっかけ、ねぎ増量/天ぷらすずきにてすずき定食/らぁ麺 時は麺なり@経堂にてハーブ香る冷製醤油らーめん/中華食堂 一番館 経堂店@経堂にて五目冷し中華/

クリックすると拡大します

 金曜日の朝はおにやんま五反田店へ。
 店先の券売機で食券を買って店内に入ると、いつも店員さんではなく見慣れない店員さんが調理をされています。
 調理人が変われば味は変わる、味が変わっていないと感じるのは、味の違いが感じられないだけ。

クリックすると拡大します

 馬鹿の一つ覚えのように、冷「並盛」とり天&ちくわ天ぶっかけ530円、ねぎ増量50円
 いつも同じ料理を頼むのは、同じ料理でも毎回違う味が楽しめるので、料理を変える必要が無いから。
 うどんが一本は二本少なく、うどんつゆはキンと冷えていてとても美味しい。
 鶏天が小さいめ、ちくわ天は衣が多め、今日も美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 お昼は、行こう行こうと思い続けて2年を過ぎてしまった、天ぷらすずきへ。
 外食はラーメン屋と居酒屋を優先してしまい、天ぷら屋は後回しになってしまいます。
 ランチタイムは外待ち数人、思い切って並んでみました。

クリックすると拡大します

 並んでいる間に店先をパチパチと撮っておきます。
 天ぷらすずきの楽しみ方を一通り読むと、半熟卵天ってのがウリだということが分かります。
 たくさん食べてももたれない、ってことで、味付けは最低限なんだなと。

クリックすると拡大します

 注文は券売機による食券制、ランチタイムに飲みながら単品注文出来るかどうかは不明です。
 定食はすずき定食850円、上天ぷら定食1,000円など定番5種類に季節の定食も用意されています。
 ご飯の大盛り100円増し、飲み物メニューは昼間も注文可能ですが、夜営業に訪問した時に紹介します。

クリックすると拡大します

 店内の空き状況を外から眺め、席が空いたタイミングを見計らって店内へ入り、食券を買って空いた席に座ります。
 食券をカウンター台に置いて待っていると、バラバラと運ばれてくる器たち。
 写真を撮らないのなら食べやすい並びにするのですが、、、ごはん、シジミの味噌汁、おろしが添えられた天つゆ、お茶、あらかじめ用意したツボ漬け。

クリックすると拡大します

 店内中央の厨房を取り囲むように7席、4席、7席のカウンター18席。
 卓上にはご飯のお供の自家製鶏そぼろ、高菜明太子、ツボ漬けが用意されています。
 天ぷら用の塩もありましたが、席から近くになくて、撮影はおろか使うのも難しい。

クリックすると拡大します

 初訪ということで、店名を冠したすずき定食850円を食べました。
 揚げ手は1人、店内満席なのですから、一本目のエビまで少し待たされます。
 天ぷらの経験値が極めて低いので、美味しいか美味しいくないかの基準でしか判断できませんが、この海老天は美味しい。
 火の通りがやや良すぎるように感じましたが、天つゆと大根おろしに合わせるととてもいい感じです。

クリックすると拡大します

 白身魚、鳥天。
 白身魚は仕入れによって変わるとのことで、今日はメゴチ、ふんわりさくっと美味しく揚がっています。
 鳥天はムネ肉かな、淡白な味でしたので、塩を掛けて食べたかったなぁ。

クリックすると拡大します

 サツマイモ、野菜は日替わりで二品入っています。
 各食材のポーション小さめ、味薄め、食べ盛りの若者や働き盛りの男性向きではなく、ゆっくり食事を楽しみたい人生の先輩や近所で働く女性向けなのでしょう。
 天ぷらに合わせてご飯を食べたら、ご飯が全く足りないので、天ぷらは天ぷら、ご飯はご飯で頂きます。

クリックすると拡大します

 半熟卵天、濃い目の天つゆに浸したワンスプーン。
 ご飯に乗せて、卵を割って、美味しく食べてみましたが、これは美味しい。
 新しい天ぷらの楽しみ方の提案なのだろうか、基本の天ぷらが美味しいから、この料理が映えるような気がします。

クリックすると拡大します

 イカ。
 店内を見渡すと、殆どのお客さんがすずき定食の様ですが、中には上天の人もいるし、ビールを傾けているご夫婦もいます。
 それでも1人客が多く、女性一人客もちらほらいるけど、空気に溶け込んでいて目立たないのが良いのだろう。

クリックすると拡大します

 ナス、二つ目の野菜です。
 これにてコースは終わりですが、お腹いっぱいには程遠いけど、満足度は高めです。
 天ぷらが美味し過ぎるからなのだが、他のネタも食べてみたい。

クリックすると拡大します

 これにて夜訪問のリハーサルが完了しました。
 日本酒のラインナップも確認したので、後は友達との日程調整だけですが、友達が殆どいない私が、これが一番の難関です。
 美味しくいただき、ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜はらぁ麺 時は麺なり@経堂(世田谷区経堂)公式ツイッター)へ。
 仕事が終わって、どこで何を食べようかなぁとツイッターを眺めていたら、限定メニューがあるとか。
 杯数が少ないので残っていない可能性が高かったのですが、売り切れていた幾らでも代替可能な農大通り。

クリックすると拡大します

 本日のみ15食限定でしたが、残2杯にありつけました。ラッキー
 券売機で食券を買って、誰も座っていないカウンター席に座ります。
 先客6人はテーブル席でラーメンを食べていましたが、後客はありませんでした。

クリックすると拡大します

 少し待ってハーブ香る冷製醤油らーめん800円
 色とりどりでカラフルな麺相、麺の上にレアチャーシューを敷き、レアチャーシューの上に紫玉ねぎ、水菜、ミョウガ、トマト、パブリカをあしらい、オクラを二本立てかけてあります。
 スープは脂を徹底的に抜いた鶏ガラ出汁、トロミが出るまで冷やして、ハーブ、パジル、オリーブオイルを合わせてあります。

クリックすると拡大します

 食材先行の組み立てですので味のまとまりは感じられませんが、まとまっていない美味しさを感じられます。
 合わせる麺はらぁ麺用の平打細麺、初めての冷製ラーメンだろうか、麺同士が絡んでしてちょっと食べにくいです。
 卓上にはもともと調味料が用意されていませんが、このメニュー様に何かあった方が楽しめるけど、一日限定メニューだからなぁ。

クリックすると拡大します

 何でも夏向けの季節限定メニューを試作する過程で、使わなかった食材で作ったとのこと。
 それでもささっと限定メニューを作り上げてしまうのだから、本懐が楽しみです。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は中華食堂 一番館 経堂店@経堂(世田谷区経堂)ホームページ)へ。
 店先を通りかかったら、前回は無かった冷やし中華が始まっていました。
 冷やし中華以外の夏季限定メニューもあるようですが、先ずは冷し中華から。

クリックすると拡大します

 店内に入り、空いている壁向きカウンターに座り、メニューを見ることなく店員さんに「冷し中華下さい」と注文します。
 タレが黒酢醤油ダレと胡麻ダレから選べると訊かれたので、醤油でお願いしました。
 ちなみに他の冷し麺は、海老冷し中華、盛岡スープ冷麺、ざる冷しつけ麺、いずれもリーズナブルなので、職場の近くにあればなぁ、と無いものねだり。

クリックすると拡大します

 店内は壁向きカウンターが10席、6人掛けテーブルが3卓、2人掛けが3卓と1階は34席で、2階に12席(恐らく4人掛けテーブル3卓)。
 卓上には辣油、酢、醤油、ブラックペッパーグラウンド、七味とうがらし。
 お冷を飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待って五目冷し中華500円
 サンプル写真と盛り付けが著しく異なりますが、それはそれ、一番館クオリティ。
 流水で冷やした麺の上に茹でてから冷やしたモヤシとニンジンを盛り付け、細切りハム、キュウリ、錦糸玉子、ワカメ、紅生姜、白胡麻。
 あまり公にはしませんが、ラーメンと一緒にお箸が写っている場合、盛り付けを直した後です。

クリックすると拡大します

 他の麺料理と共通なのでしょうか、冷し中華にはあまり使われない平打中太麺。
 美味しいのですが、量も多くて食べにくいです。
 黒酢醤油が麺に乗ってこないので、トッピングと共に多めに頂きます。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記