2019年05月03日

泳げ鯉のぼり相模川

/泳げ鯉のぼり相模川/つけ麺ながおか@中央林間にてつけ麺(並盛り)、ゆで餃子2個/

クリックすると拡大します

 今年も泳げ鯉のぼり相模川公式サイト)、第32回になります。
 第一回目から欠かさず行こう思っていますが、大雨だったり、行こうと思ったら終わっていたりして、何度か行かれていません。
 今年のGWは歴史上最長と言うこともあってか、今までの中で1番道が空いていて、河川敷の駐車場へのすんなり停められました。

クリックすると拡大します

 一通り愛犬を遊ばせたら(映り込んでいるけど)、屋台で何か買ってから帰るかと、今日はおやきにしてみました。
 なすみそやかぼちゃも美味しそうでしたが、信州名物なので野沢菜で。
 その後、女房は愛犬と近くの公園で遊び直すと言うことで、ラーメンでも食べてくるかと。
 14時を大きく回った時間だったので、殆どのお店は中休みに入っていて、それじゃあ大手ロードサイドチェーン店にしようかと思いましたが。

クリックすると拡大します

 30分に救われて入店した、つけ麺ながおか@中央林間(大和市中央林間)公式ツイッター)。
 2012/12/12オープン、通り反対側の六角堂には行った覚えがあるけど、うーん、全くのノーマークでした。すみません。
 オープンして6年以上経っているのだから、ネットを検索して店主さんの出身やお店の経営母体が分からなければ、それでよしと考えましたが。
 結果、さっぱり分からない。誰か、知ってますか?

クリックすると拡大します

 店内に入り、右手の券売機で食券を買います。
 メニューはつけ麺、濃厚つけ麺、辛味つけ麺、ごまつけ麺、辛味ごまつけ麺が830円。味噌つけ麺、辛味味噌つけ麺が930円。らーめん800円、味噌らーめん850円。
 麺量は並盛り220g、中盛り320g、大盛り420gまで同額、特盛り600gは100円。
 サイドメニューにゆで餃子、白ごはん。ビールもあります。

クリックすると拡大します

 店内はL字カウンター7席と4席、4人掛けテーブルの15席、広めの店内をワンオペで回しています。
 卓上にはブラックペッパーシルバー、鰹節粉、酢。ネット情報を見ると、以前は刻みたまねぎもあったようです。
 先客8人、後客2人、どこかに行くついでに立ち寄ったという感じでは無く、お店を目指してきた感じです。
 お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待ってつけ麺(並盛り)830円。都内では絶滅危惧種と考えられている一昔前のつけ麺。
 豚骨、鶏ガラ、魚介を丁寧に炊き出したつけ汁、普段使いには十分な美味しさです。
 ああ、この美味しさに狂乱索餌した時代が懐かしい、流行に乗っかっただけのつけ麺は淘汰されたけど、こうして残っているつけ麺もあります。
 近場だったら一通り食べてみたいし、限定メニューあれば狙って食べてみたいです。

クリックすると拡大します

 濃い小麦色の角太麺は中西食品、かなり固め仕上げで、多摩地区でラーメンを食べ歩いている人ならば、この麺で修業先が分かりそうなほど特徴的です。
 個人的には柔らかめ仕上げの麺が好きですが、どうしてどうして、この固さも悪くありません。
 つけ汁には、バラ巻きチャーシュー、半身の味玉、メンマが沈められています。

クリックすると拡大します

 食べ終わったらスープ割りをお願いします。
 専用に用意された割スープは昆布出汁、温度も一気に温かくなり、とても美味しい。
 この味わいも今では懐かしい、違う時間帯に食べに来たいです。

クリックすると拡大します

 つけ麺だけじゃアレなので、ゆで餃子2個120円
 ゆで餃子というか、水餃子に葱を散らしただけですが、ほんのりラーメンスープ味が付いていて、とても美味しい。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 その後、女房と愛犬をピックアップして帰宅。
 自宅でのんびりしていると、次女が遊びに来ると言うことで、ちょっと買い出しして、自宅飲み。
 元気でやっていれば、それでよし。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記