2019年05月04日

パイプオルガンとバイオリン

/箱根そば愛甲石田店にて天付き冷し梅おろしそば/ラーメン豚山上野店@上野広小路にて小ラーメン/パイプオルガンとバイオリンのコンサート/カフェ&ワインバー ソレント/

クリックすると拡大します

 朝は箱根そば愛甲石田店ホームページ)へ。
 箱根そばの公式ツイッターで愛甲石田店の限定メニュー狙いで伺ったのですが、券売機のボタンを同額の限定メニューと押し間違えてしまい。
 うーん、期間限定販売とは言え、全店で販売されているメニューを店舗限定メニューのある店舗で食べるかな。

クリックすると拡大します

 令和元年五月一日から期間限定で販売が開始された、冷やしそば。
 令和の由来である『万葉集』の梅花に因んだお蕎麦、箱根本陣、田町店以外の前店で販売されています。
 店内は壁向きカウンター7席、2人掛けテーブル6卓。

クリックすると拡大します

 程なくして天付き冷し梅おろしそば550円。
 大根おろしに梅肉を乗せ、周りに刻み海苔、花鰹、刻みキュウリ、そして海老天を添えた逸品。
 さっぱりとした冷しおろしそばに梅肉を添えて、さらにさっぱりしていて、やや肌寒い今日には明らかにミスマッチ。
 でも美味しかったので、期間が間に合えばまた食べたい、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼はラーメン豚山上野店@上野広小路(台東区上野)へ。
 豚山は、町田商店を展開するはギフトが仕掛ける「店内炊きスープ」の多店舗展開店。
 町田、平塚、大塚、大船、東長崎に続く6店舗目として、らーめんよつば上野広小路店(2018/7/2-2018/11/30)の跡地に2019/4/16オープン。
 ここまで全訪問出来ていますが、今後の展開によっては全店訪問を考えねば。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、床が脂で滑りやすくて、ちょっと気を取られます。
 すぐ左手にある券売機を見ると、メニューは豚山標準、ライスとつけ麺がカミングスーンですな。
 食券を買って店内を見渡すと先客4人、比較的空いている席に座ろうとすると、「奥から詰めてお座り下さい」と女性店員さんからマニュアル調の案内がありました。

クリックすると拡大します

 店内は敢えてテーブルを置かず、厨房を囲むカウンター12席のみ、ガラガラの店内で奥にお客さんが固まっています(その中の一人が私)。
 席に着いて食券を渡すときに「柔らかめで」と添えます。
 卓上にはブラックペッパーグラウンド、ホワイトペッパーパウダー、お酢、らーめんタレ、唐辛子。
 お冷やを飲みながら待っていると「麺柔らかめのお客さん、もう少しお待ち下さい」と2回声を掛けられます。

クリックすると拡大します

 5分ほどで「奥から三番目のお客さん、お好みはございますか」と声を掛けられたので、「ヤサイ、ニンニク、ショウガ(ツイッターで告知)、で」と答えます。
 小ラーメン780円、自分の滑舌が悪くてヤサイマシが通っていないかと思うほどの小盛り、スープも少なめです。
 ヤサイは半分くらいがキャベツで、スープに浸して美味しく頂きます。
 非乳化スープは何かを入れ忘れたのかと思うほど味が薄く、豚山で初めてのスープがこれだと、再訪は厳しいだろうなあ。

クリックすると拡大します

 平打太麺は四之宮商店、柔らかめ指定が個人的に丁度いいです。
 スープとかえしも十分に混じっておらず、食べていて味が濃い麺と、味が薄い麺が楽しめます。
 豚はどんどん小さくなっていく気がしますが、目分量で切り分けているのだから、それなりに通っている人のはそれなりの豚が提供されるでしょうし。

クリックすると拡大します

 無料トッピングのニンニクの辛味が良い感じですし、ツイッター限定サービスの生姜はフレッシュでかなりの辛味です。
 卓上の調味料を使うこと無く、少しずつ混ぜていくことで味変が楽しめます。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 暗くなってから、パイプオルガンとバイオリンのコンサートへ。
 音楽に造詣が深いわけでは無く、音楽関係の知り合いがいるわけでも無いけど、たまたま飲み会で知り合った女性がパイプオルガンの演奏者だった、と。
 年に一回か二回、彼女のスタジオでのコンサートで、パイプオルガンを楽しんでいます。
 今日はバイオリンの演奏もあって、二時間弱、たっぷり楽しみました。

クリックすると拡大します

 コンサートが終わったら打ち上げ、カフェ&ワインバー ソレント(ブログ)へ。
 バーと称していますが、実態はイタリアン、店主さんはイタリアでの料理修業後にこの地にオープンしています。
 料理が美味しいのはもちろん、合わせるワインが絶妙です。

クリックすると拡大します

 今夜は打ち上げなので貸切、明るい薄紅色のテーブルクロスが敷き詰められています。
 お店は15席ほどで満席なのに、今日は18人ほど来店されて、立ち飲みが出るほど。
 さて、スパークリングワインで乾杯。

クリックすると拡大します

 サラダとパスタをつまみながら、飲む飲む、飲み手が飲める人と言うこともあるけど、ワインが飲みやすいと言うこともありますね。
 たまたま今日のバイオリニストさんと席が同じになったので、「譜面って未だに紙なんですね」と聞くと、タブレット型の譜面もあるという。
 そりゃそうだよね、話を進めると、まだまだ譜面アプリの品質に問題があって、紙を止めるわけにはいかないそうだ。

クリックすると拡大します

 ソレントで1番美味しい(と思う)ニョッキ、ゴルゴンゾーラチーズで絡めてあり、酸味が利いた濃厚さ、旨い。
 演奏の時に「昔は弦が良く切れた」と話していたので、実際、コンサートで切れたらどうするのかと訊いてみた。
 へぇ、そんなことになっているんだ、なるほどね。

クリックすると拡大します

 ワインをコップ2杯分も飲んでいないので、全く酔っていないのだけど、場の雰囲気でかなり酔います。
 デザートにプリン(のような洋菓子)、苺が乗せられています。
 まだまだ盛り上がっていましたが、終電が危ないので、早めにご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記