2019年05月08日

蕎麦、饂飩、拉麺

/ゆで太郎代々木東口店にてぶっかけ鬼おろしそば、焼きのり/麺屋坂本01@大森にて鶏天ぶっかけUDON/ajito ism shinjuku base@西新宿七丁目にてカルボナーら、追加のリゾット/

クリックすると拡大します

 早起きは中華そばのために、今朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。

クリックすると拡大します

 ゆで太郎では季節ごとに二種類ずつ、限定メニューを発売されています。
 その他にも前触れなくご飯ものが加わったり、減ったり、全ての限定メニューを食べるのは、私には到底できません。

クリックすると拡大します

 今朝はぶっかけ鬼おろしそば460円、焼きのり100円、クーポン大盛りにして、盛り付けてみました。
 ぶかっけタイプで初めて、麺を大盛りにしてみましたが、貝割れ大根、鬼おろし、薬味ネギも大盛りになったような気分でとても嬉しいです。
 焼きのりがこれまた美味しい。
 美味しくいただき、ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 お昼は麺屋坂本01@大森へ。
 色々と面倒なので、今回から正式名称のJapanese UDON noodle lab 麺屋 坂本01と表記を改めます。
 店先の大きなディスプレイを横目に、店内へ入ります。

クリックすると拡大します

 入ってすぐ左手の券売機で食券を買って、店内奥の定位置に立って、店員さんに食券を渡します 
 卓上にミル入りのブラックペッパーが置かれるようになっていました。
 厨房の調理を眺めていると、揚げ物の揚げ方、油切りが改善されています。
 こういう場面で「進化」という言葉を使う人見かけますが、それ、意味間違ってますから(私に言われたくないだろうけど

クリックすると拡大します

 少し待って鶏天ぶっかけUDON630円
 煮干し出汁のうどん汁から半分ほど身を乗り出している、田村製麺のうどん、以前に比べてコシを感じるのは茹で方を変えたからだろうか。
 全体的に振られた山椒が香ばしく、うどんを手繰る箸も進みます。

クリックすると拡大します

 大きな鶏天、鶏ささみ肉には隠し包丁が入っているので、箸で切り分けなくても、歯で問題なく食べ切れる柔らかさ。
 大根おろしをほぐしながらうどん汁を少しずつ味変、時折青ネギを食べる楽しさ。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。
 ああ、新潟に行きたいなぁ。

クリックすると拡大します

 夜は、2019/4/25にオープンした ajito ism shinjuku base@西新宿七丁目へ。
 ajito が ajito としてスナックの居抜きで大井町に産声を上げた2007/7、土砂降りの中を訪問して、三浦店主の話好きにつけ麺の味をろくに覚えていません。
 その後、ajito が移転して ajito ism に変わって一度行ったきり。
 私には未だ、ajito とは何なのか、分かっていない。

クリックすると拡大します

 店内に入って左手の券売機で、食券を買います。
 メニューはピザソバ850円、カルボナーら850円、つけ麺ロッソ850円、つけ麺ぺぺロッソ850円。
 ピザソバとカルボナーらは混ぜそばですから、ajito では温麺を提供していません。
 限定メニューでは提供された事があったのだろうか、一度も無いのだろうか。

クリックすると拡大します

 店内は奥の厨房につながる大きなU字カウンター16席、右側の壁側に2人掛けテーブル3卓、全22席。
 先客4人、後客2人、認知度も上がって混み合う前に間に合いました。
 店員さんは厨房に2人、ホールに1人。

クリックすると拡大します

 店員さんに食券を渡すと、「アンチョビ、オリーブが入りますが大丈夫ですか」と訊かれますので、大丈夫ですと。
 卓上の調味料は特製醤油だれ、塩、ブラックペッパーグラウンド、カイエンペッパー、カレー粉、にんにくのみじん切り、タバスコ(ホットソース)。
 色々と試してみたいけど、一振りで味を激変させる調味料ばかりに思えます。

クリックすると拡大します

 程なくしてカルボナーら850円
 惚れ惚れするほど鮮やかな麺相、しばし見とれた後に全体をよく混ぜる。たれを絡めるように混ぜるのがまぜそばの作法ですが、 ajito ism では空気を含ませるように混ぜる。
 好きなタイミングで好きなように食べる、どのタイミングでどんな食べ方をしても美味しい。
 豚肉チャーシュー、キャベツ、ベーコン、チーズ、生卵、チーズ、新鮮野菜。

クリックすると拡大します

 菅野製麺所の平打極太麺、この麺無くしては ajito は語れないけれど、語る必要なんてない。
 途中で使ってみた調味料は塩とにんにく、この一杯だけで一日の塩分摂取量を超えたな(リップサービスが過ぎるって
 数えることもなく3口くらいで麺を食べ終わって、店員さんに食券を添えてリゾットをお願いします。

クリックすると拡大します

 追加のリゾット200円
 〆のリゾットは、残ったたれや具材でリゾットを作るのではなく、改めてソースを加えるので、丼を空っぽにしても良い。と、頭では分かっているけど、ラヲタの悲しいサガか、程よく残してしまう。
 チーズが乗ったライスに半熟玉子も付いたリゾット、混ぜても混ぜなくても、どうやって食べても美味しい。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記