2019年05月16日

そば、うどん、らーめん

/ゆで太郎代々木東口店にて季節のかきあげそば、焼きのり/Japanese UDON noodle lab 麺屋 坂本にて牛胡麻タレぶっかけUDON/麺亭しま田@恵比寿にて煮干しそば/

クリックすると拡大します

 早起きは中華そばのために、今朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。

クリックすると拡大します

 今朝は季節のかきあげそば530円、焼きのり100円、クーポンカレー
 季節のかき揚げは先攻後攻に分かれていて、先行の在庫が無くなり次第、後攻に切り替わります。
 代々木東口店の季節も切り替わって、帆立とアスパラへ。

クリックすると拡大します

 かき揚げの仕上がりは料理人の腕の見せ所で、見せる腕も様々。
 代々木東口店ではカレーに合う仕上がり、これまた新発見。
 美味しくいただき、ごちそうさまでした。

クリックすると拡大します

 お昼はJapanese UDON noodle lab 麺屋 坂本01@大森へ。
 ずっと品切れが続いていた胡麻関連のメニューでしたが、お店の公式インスタグラムで「胡麻たれ、入荷しました」とのことで、訪問しました。
 まあ、入荷って言い回しは正しくないけど、分かりやすいのでそのまま。

クリックすると拡大します

 入ってすぐ左手の券売機で食券を買って、店内奥の定位置に立って、店員さんに食券を渡します 
 卓上を見渡すと、お冷用のポットが置かれるようになっていました。
 まだまだ手探りの営業が続くんだろうなぁ、無理が無ければいいけど。

クリックすると拡大します

 少し待って牛胡麻タレぶっかけUDON800円
 冷やした胡麻タレに綺麗な麺線のうどんを寝かせ、おろし、牛しぐれ、青ネギを乗せたうどん。
 全体をそうっと馴染ませてから、ゆっくりと頂くと、程よいコシと程よい喉越し、美味しいですねぇ。

クリックすると拡大します

 たれが少なめなので、気を付けて馴染ませないと、最後の方は足りなくなってしまいそう。
 まま、美味しい牛しぐれと一緒に食べたら、それでいいですね。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は恵比寿駅西口から徒歩数分、昨日5/15にオープンした麺亭しま田@恵比寿(渋谷区恵比寿西1-7-15)へ。
 分かりやすい店舗のファサードが、はやし田@新宿三丁目との関連を示唆しています。
 訊けば、はやし田@新宿三丁目のプロデュースを受け、時は麺なり@経堂で実地研修を受けての出店とのこと。
 経営母体はジーアールインベストメント(株)、求人募集を読むと、海外出店を目指しているとのこと。

クリックすると拡大します

 店先には「オープン記念特別キャンペーンとして、5/15から17日までの三日間、先着100名にらぁ麺500円」とのこと。
 こりゃ、先着100名までに行くと、もの凄く混んでいそうなので、敢えて夜に訪問しました。
 19:30頃に到着して店内を伺うと、空き席が目立ちます。
 ふう良かった、良かったと店内に入り、右手の券売機で食券を買います。

クリックすると拡大します

 メニューはらぁ麺800円、煮干しそば800円、つけ麺850円。(券売機の写真を見れば分かりますが)煮干しそばは売り切れ。
 売り切れているから売り切れているとは限らないので、「えー、煮干し売り切れですかぁー」と女性店員さんに確認すると、「一食だけ、あります」とのこと。
 券売機のボタンは定価ですが、大きく「本日、麺類全品500円」と貼り出されているので、女性店員さんに確認すると、麺類全品500円とのこと。
 ホントかなぁと千円札を入れて煮干しそばのボタンを押し、お釣りボタンを押すと、500円のお釣り。

クリックすると拡大します

 店内は奥に真っすぐのL字カウンター14席。
 卓上には「蛇口」ではなくお冷のポットが用意されていますが、調味料は一切用意されていません。
 カウンター台に貼られた説明書きを読むと、(はやし田のセカンドブランドの)時は麺なり@経堂の料理を踏襲されているようです。
 全く同じではなく、メニュー名では時は麺なりが「煮干そば」、こちらは「煮干しそば」。

クリックすると拡大します

 厨房には男性店員さんが5人いましたが、時は麺なりの店員さんが2人いました。
 少し待って煮干しそば800円(オープン記念で500円)
 時は麺なり@経堂の煮干そばに酷似した麺相、スープは最後の一杯だけあって、かなり濃密、醤油たれの味わいを完全に隠してしまっています。
 この味わいが美味しかったとしても、再現性に乏しいですね。

クリックすると拡大します

 細麺は菅野製麺所、麺の味に茹で湯の疲労を感じられます。
 ですが、それはお店が悪いのでは無く、「そうなるであろう」と分かっていて訪問した私が悪い。
 トッピングはレアチャーシュー、青ネギ、材木メンマ、切手切りネギと、目分量の違いはあれ、時は麺なり@経堂と同一です。
 お客さんはひっきりなしに入ってくるので、ランチタイムには外待ち行列店になるのではないでしょうか。

クリックすると拡大します

 滑り出しは順調ですが、都会の人は飽きっぽいので、これからどうやって訴求していくのかが楽しみです。
 定期圏内に出店されたので、早めにメニューコンプしておこう。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記