2019年05月17日

天ぷら定食

/おにやんま五反田店にて冷「並盛」とり天&ちくわ天ぶっかけ、ねぎ増量/天ぷらすずきにてすずき定食/らぁ麺 時は麺なり@経堂にてハーブ香る冷製醤油らーめん/中華食堂 一番館 経堂店@経堂にて五目冷し中華/

クリックすると拡大します

 金曜日の朝はおにやんま五反田店へ。
 店先の券売機で食券を買って店内に入ると、いつも店員さんではなく見慣れない店員さんが調理をされています。
 調理人が変われば味は変わる、味が変わっていないと感じるのは、味の違いが感じられないだけ。

クリックすると拡大します

 馬鹿の一つ覚えのように、冷「並盛」とり天&ちくわ天ぶっかけ530円、ねぎ増量50円
 いつも同じ料理を頼むのは、同じ料理でも毎回違う味が楽しめるので、料理を変える必要が無いから。
 うどんが一本は二本少なく、うどんつゆはキンと冷えていてとても美味しい。
 鶏天が小さいめ、ちくわ天は衣が多め、今日も美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 お昼は、行こう行こうと思い続けて2年を過ぎてしまった、天ぷらすずきへ。
 外食はラーメン屋と居酒屋を優先してしまい、天ぷら屋は後回しになってしまいます。
 ランチタイムは外待ち数人、思い切って並んでみました。

クリックすると拡大します

 並んでいる間に店先をパチパチと撮っておきます。
 天ぷらすずきの楽しみ方を一通り読むと、半熟卵天ってのがウリだということが分かります。
 たくさん食べてももたれない、ってことで、味付けは最低限なんだなと。

クリックすると拡大します

 注文は券売機による食券制、ランチタイムに飲みながら単品注文出来るかどうかは不明です。
 定食はすずき定食850円、上天ぷら定食1,000円など定番5種類に季節の定食も用意されています。
 ご飯の大盛り100円増し、飲み物メニューは昼間も注文可能ですが、夜営業に訪問した時に紹介します。

クリックすると拡大します

 店内の空き状況を外から眺め、席が空いたタイミングを見計らって店内へ入り、食券を買って空いた席に座ります。
 食券をカウンター台に置いて待っていると、バラバラと運ばれてくる器たち。
 写真を撮らないのなら食べやすい並びにするのですが、、、ごはん、シジミの味噌汁、おろしが添えられた天つゆ、お茶、あらかじめ用意したツボ漬け。

クリックすると拡大します

 店内中央の厨房を取り囲むように7席、4席、7席のカウンター18席。
 卓上にはご飯のお供の自家製鶏そぼろ、高菜明太子、ツボ漬けが用意されています。
 天ぷら用の塩もありましたが、席から近くになくて、撮影はおろか使うのも難しい。

クリックすると拡大します

 初訪ということで、店名を冠したすずき定食850円を食べました。
 揚げ手は1人、店内満席なのですから、一本目のエビまで少し待たされます。
 天ぷらの経験値が極めて低いので、美味しいか美味しいくないかの基準でしか判断できませんが、この海老天は美味しい。
 火の通りがやや良すぎるように感じましたが、天つゆと大根おろしに合わせるととてもいい感じです。

クリックすると拡大します

 白身魚、鳥天。
 白身魚は仕入れによって変わるとのことで、今日はメゴチ、ふんわりさくっと美味しく揚がっています。
 鳥天はムネ肉かな、淡白な味でしたので、塩を掛けて食べたかったなぁ。

クリックすると拡大します

 サツマイモ、野菜は日替わりで二品入っています。
 各食材のポーション小さめ、味薄め、食べ盛りの若者や働き盛りの男性向きではなく、ゆっくり食事を楽しみたい人生の先輩や近所で働く女性向けなのでしょう。
 天ぷらに合わせてご飯を食べたら、ご飯が全く足りないので、天ぷらは天ぷら、ご飯はご飯で頂きます。

クリックすると拡大します

 半熟卵天、濃い目の天つゆに浸したワンスプーン。
 ご飯に乗せて、卵を割って、美味しく食べてみましたが、これは美味しい。
 新しい天ぷらの楽しみ方の提案なのだろうか、基本の天ぷらが美味しいから、この料理が映えるような気がします。

クリックすると拡大します

 イカ。
 店内を見渡すと、殆どのお客さんがすずき定食の様ですが、中には上天の人もいるし、ビールを傾けているご夫婦もいます。
 それでも1人客が多く、女性一人客もちらほらいるけど、空気に溶け込んでいて目立たないのが良いのだろう。

クリックすると拡大します

 ナス、二つ目の野菜です。
 これにてコースは終わりですが、お腹いっぱいには程遠いけど、満足度は高めです。
 天ぷらが美味し過ぎるからなのだが、他のネタも食べてみたい。

クリックすると拡大します

 これにて夜訪問のリハーサルが完了しました。
 日本酒のラインナップも確認したので、後は友達との日程調整だけですが、友達が殆どいない私が、これが一番の難関です。
 美味しくいただき、ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 夜はらぁ麺 時は麺なり@経堂(世田谷区経堂)公式ツイッター)へ。
 仕事が終わって、どこで何を食べようかなぁとツイッターを眺めていたら、限定メニューがあるとか。
 杯数が少ないので残っていない可能性が高かったのですが、売り切れていた幾らでも代替可能な農大通り。

クリックすると拡大します

 本日のみ15食限定でしたが、残2杯にありつけました。ラッキー
 券売機で食券を買って、誰も座っていないカウンター席に座ります。
 先客6人はテーブル席でラーメンを食べていましたが、後客はありませんでした。

クリックすると拡大します

 少し待ってハーブ香る冷製醤油らーめん800円
 色とりどりでカラフルな麺相、麺の上にレアチャーシューを敷き、レアチャーシューの上に紫玉ねぎ、水菜、ミョウガ、トマト、パブリカをあしらい、オクラを二本立てかけてあります。
 スープは脂を徹底的に抜いた鶏ガラ出汁、トロミが出るまで冷やして、ハーブ、パジル、オリーブオイルを合わせてあります。

クリックすると拡大します

 食材先行の組み立てですので味のまとまりは感じられませんが、まとまっていない美味しさを感じられます。
 合わせる麺はらぁ麺用の平打細麺、初めての冷製ラーメンだろうか、麺同士が絡んでしてちょっと食べにくいです。
 卓上にはもともと調味料が用意されていませんが、このメニュー様に何かあった方が楽しめるけど、一日限定メニューだからなぁ。

クリックすると拡大します

 何でも夏向けの季節限定メニューを試作する過程で、使わなかった食材で作ったとのこと。
 それでもささっと限定メニューを作り上げてしまうのだから、本懐が楽しみです。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は中華食堂 一番館 経堂店@経堂(世田谷区経堂)ホームページ)へ。
 店先を通りかかったら、前回は無かった冷やし中華が始まっていました。
 冷やし中華以外の夏季限定メニューもあるようですが、先ずは冷し中華から。

クリックすると拡大します

 店内に入り、空いている壁向きカウンターに座り、メニューを見ることなく店員さんに「冷し中華下さい」と注文します。
 タレが黒酢醤油ダレと胡麻ダレから選べると訊かれたので、醤油でお願いしました。
 ちなみに他の冷し麺は、海老冷し中華、盛岡スープ冷麺、ざる冷しつけ麺、いずれもリーズナブルなので、職場の近くにあればなぁ、と無いものねだり。

クリックすると拡大します

 店内は壁向きカウンターが10席、6人掛けテーブルが3卓、2人掛けが3卓と1階は34席で、2階に12席(恐らく4人掛けテーブル3卓)。
 卓上には辣油、酢、醤油、ブラックペッパーグラウンド、七味とうがらし。
 お冷を飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 少し待って五目冷し中華500円
 サンプル写真と盛り付けが著しく異なりますが、それはそれ、一番館クオリティ。
 流水で冷やした麺の上に茹でてから冷やしたモヤシとニンジンを盛り付け、細切りハム、キュウリ、錦糸玉子、ワカメ、紅生姜、白胡麻。
 あまり公にはしませんが、ラーメンと一緒にお箸が写っている場合、盛り付けを直した後です。

クリックすると拡大します

 他の麺料理と共通なのでしょうか、冷し中華にはあまり使われない平打中太麺。
 美味しいのですが、量も多くて食べにくいです。
 黒酢醤油が麺に乗ってこないので、トッピングと共に多めに頂きます。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記