2019年05月24日

今年も冷やし中華

/後楽そば五反田店にて冷し牛おろしうどん/麺屋翔品川店にて桜えびと春キャベツの塩まぜそば/元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田にて冷やし中華、チャーシュー/

クリックすると拡大します

 朝は後楽そば五反田店へ。
 もう少し多く立ち寄りたいと思っている立ち食いそば屋ですが、体調不良でスタンドが厳しく、近くの立ち食いうどん屋と同様に、立ち寄りペースが激減しています。
 ま、長い人生、山あり谷あり、急がば回れ(で合ってる)。

クリックすると拡大します

 何を食べるか特に考えていないので、店先に張り出してあった夏期限定メニューにしました。
 と言うか、券売機のボタンが一杯で、限定メニューのボタンを探すのが大変です。
 実態はもうボタンで全てのメニューは販売できず、例えば大根おろしの単品はコロッケの食券を買って、食券を渡すときに変更する方式になっています。
 だからと言って、70円券、100円券などを揃えるのは風情が無いからなぁ。

クリックすると拡大します

 冷し牛おろしうどん600円、そばも選べます。
 うどんの味もうどん汁の味も覆い隠す、牛肉、カイワレ大根、大根おろし、おろし生姜、ワカメ、温玉。
 山葵も付いていたけど、そこまでは使い切れません。

クリックすると拡大します

 冷たいうどんなのにぼそぼそと切れる食べ応え、うーん。
 ここはひとつ、牛肉や温玉の味を楽しむと割り切って、だな。
 ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は麺屋翔品川店(ホームページ)へ。
 短期間の限定メニューを販売されていないので、そんなに混んでいないだろうと伺ったら、外待ち10人。
 なめていてゴメンナサイ。

クリックすると拡大します

 今日は品達×ゆるゆりスタンプラリー(4/26-6/30)の限定メニュー狙いで。
 店内が広いので、このメニューの注文状況は分かりませんでした。
 少し待ってカウンター席に案内され、お冷やを飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして桜えびと春キャベツの塩まぜそば900円
 ※店長さんのご好意により、標準的な盛り付けと異なりますので、ご了承ください。
 これまで色々なキャベツラーメンを食べてきましたが、ここまでの茹でキャベツ量にはびっくりしました。
 キャベツを青梗菜、白ネギと共に軽く塩茹でし、別に茹で上げておいた豚バラと和え、塩たれに合わせてあります。

クリックすると拡大します

 桜えびからも塩気が出るので、一般人には塩気が強過ぎると感じるだろうけど、私にはジャストフィット。
 菅野製麺所の平打中太麺、塩たれに合わせるような茹で加減がとても美味しいです。
 途中で味変すること無く、最後まで美味しく頂きました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は元祖旨辛系タンメン荒木屋@蒲田(大田区西蒲田)(ホームページ)へ。
 今月から冷やし中華が不定期で始まっていて、何とかタイミングが合わないモノかと気を揉んでいましたが。
 普段の行いが良くないのに、こういうことはタイミング、ふう。

クリックすると拡大します

 開店時間の10分前にはシャッターが上がり、先ずはビールで今夜は蒲田で一人お疲れ様会。
 付き出しは(女将さん改め)綺麗な女性店員さんが仕込んで下さったヒヤミキュウリの浅漬け、ビールを瞬間的に蒸発させる機能があります。
 ビールを何本も飲むのは個人的にはNGなので、さて、日本酒。

クリックすると拡大します

 千葉の蔵元である飯沼本家が醸す「甲子(きのえねまさむね)別誂」 純米吟醸生原酒 無濾過直汲み。
 アルコール16度なので、新調したコップに氷を1、2個入れてもらって、ロックで頂きます。
 直汲みなのに酸味を殆ど感じず、リンゴを思わせる香りが飲み口から喉越しまで継続しています。
 夏を迎える前にちょうどいいお酒、そろそろラーメンが出来上がってきました。

クリックすると拡大します

 冷やし中華900円、チャーシュー100円
 何を持って冷やし中華とするかは難しいのですが、冷やし中華ですと出されれば冷やし中華です。
 中太麺を一玉分(標準では一玉半ですが、一玉でお願いしました)茹で上げ、流水できっちりと冷やしたら丼へ。
 茹でモヤシを盛り上げ、周りに細切りキュウリ、細切りハム、水菜、コーンと盛り付けていきます。

クリックすると拡大します

 盛り付けが終わったら特製の冷製スープを回しかけ、チャーシューを立て掛け、スイカを立て掛け、最後の刻み海苔を乗るだけ乗せて、出来上がり。
 食べ切れる自身があるとか無いとか考えても無駄なので食べ出すと、一口目から旨い。
 頭で食べるのでは無く、舌で食べる冷やし中華、毎年二回は食べたいと思いつつ、一回しか食べられていません。

クリックすると拡大します

 ラーメンは麺料理ですから、どんなにスープが美味しくても、トッピングが素晴らしくても、麺が美味しいことが大切。
 荒木屋では全メニュー共通でサッポロ製麺特注麺、温麺でもつけ麺でもまぜ麺でも、もちろん冷やし中華でもぴったり合わせてきます。
 ラーメン二郎系ではありませんので、ブタとは呼ばずチャーシューと呼びますが、この大きさで100円。
 大きくても嬉しいことは私にはありませんが、今日のは特に出来が良くて、旨かった。

クリックすると拡大します

 ラーメンを食べながら綺麗な女性店員さんを見ていると、外待ちされているお客さんの注文まで取ってきて、お客さんの食べ具合を見ながら、麺を先行して茹でています。
 ですので、順番が回ってきて席に着くと、1分も掛からずに提供されます。
 5年という月日は人をここまで変えるのか、いや、変わろうと努力したから変われたのだな。
 スルッと食べて、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 少し前に看板が付いたけど、未だシャッターは閉まったまま。
 いつオープンするのかな。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記