2019年05月25日

落語と日本酒とお蕎麦の会

/ラーメンぶぅさん@荏原中延にて冷やしぶぅさん/薮伊豆総本店にて落語と日本酒とお蕎麦の会/

クリックすると拡大します

 待ちに待った週末、天気予報ではもの凄く暑くなるらしい。
 暑くなるから半袖で出掛けられるほど若くないので、今日は長袖で。
 逆に、長袖でもそんなに暑く感じないのは、自身の新陳代謝が、、、皆まで言うまい。

クリックすると拡大します

 お昼はラーメンぶぅさん@荏原中延(品川区戸越)公式ツイッター)へ。
 特に理由は無いけど、半年ほどご無沙汰してしまいました(すみません
 7月提供予定の限定メニューを、発売時期を急遽繰り上げて、本日と明日の2日間に先行販売すると聞き。
 この時期、あちこちのラーメン店で夏期限定メニューを販売するので、ツイッターとインスタグラムのチェックが欠かせません。

クリックすると拡大します

 券売機で食券を買って、店内を振り返るとほぼ満席、何とかカウンター席の一番奥が空いていました。
 まだまだ陽が高いけど、何の背徳感も感じずに中延で缶ビール400円。
 アテは無料トッピングの高菜を先に出して下さいました。

クリックすると拡大します

 程なくして冷やしぶぅさん850円、無料トッピングは生姜。
 この手のラーメン二郎系で冷やしをやろうとすると、やればやるほど千里眼インスパイアになってしまうので、引き際が肝心です。
 こちらの冷やしのスペックは冷たいのがゴマだれ、三河屋製麺の平打太麺、茹で野菜(キャベツとモヤシ)、刻み生姜、味付きウズラ、温かいのが味付き脂、ブタ、常温のが刻みニンニク、揚げ玉、青ネギ。
 やっつけではなく、食材ひとつひとつ吟味して組み立てられていて、非の打ち所は色味だけでしょうか。

クリックすると拡大します

 冷やしの一番大切な事は、冷たいことではなく、冷たくても美味しい麺であること。
 ですので、この冷やしは美味しい、次回の販売が今から楽しみです。
 食べ終わると店主さんから「アドバイスをお願いします」と訊かれたので「とても美味しかったです」と答えました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 15時過ぎに薮伊豆総本店ホームページ)へ、店先のモミジ、紅葉の頃は綺麗だろうなぁ。
 今日は落語と日本酒とお蕎麦の会にお声掛け頂き、いそいそと参加してきました。
 1階の受付で参加費を払って、エレベーターで3階へ上がります。

クリックすると拡大します

 3階はお蕎麦を食べる場所ではなく、噺家をお呼びして落語を楽しむ部屋として用意されたそうです。
 今日の落語は柳家三語楼の独演会で、演目は粗惚の釘、くっしゃみ講釈、紺屋高尾。
 自分の中では、落語は好き好きと言っていて中々聞きに行かない趣味のひとつ、今日は面目躍如ですな。

クリックすると拡大します

 2時間ほど落語を楽しみ、3階から2階に移っての食事。
 ちゃんとしたお蕎麦屋でお蕎麦を食べるのは随分と久し振りで、それだけでも嬉しいのに、日本酒も飲めてしまうと言う。
 長生きしていると、良いこともありますね。

クリックすると拡大します

 先付けを食べるペースが分からず、皆の話に聞き入っていると、食べ終わるのが最後になってしまいました。
 日本酒を飲むペースも分からず、注がれるままに飲んでいました。
 3階の食事処はほぼ満席で、ちゃんとしたお蕎麦屋にはちゃんとしたお客さんが付くんですね。

クリックすると拡大します

 続けて天ぷら、イカとドンコとカボチャだったような。
 旬の食材を丁寧に揚げるだけで、こんなにも天ぷらは美味しいなんて。
 皆の落語の話しが更にヒートアップしていますが、うんうん、と聞いているだけの私。

クリックすると拡大します

 日本酒はお店も用意されていますが、この日の日本酒は全て幹事さんの持ち込みで。
 京都の蔵元である玉乃光酒造が醸す「こころの京」純米大吟醸 祝100% 京都限定販売。
 京都の蔵元である松本酒造が醸す「澤屋まつもと 守破離(しゅはり)」山田錦。
 どちらも蕎麦前にぴったり、ぐいぐいと話を進めます。

クリックすると拡大します

 にしん京煮、にしんそばに乗せられているニシンの甘辛煮。
 こんな日本酒の合う料理を出されたら、酒を飲まざるを得なく。

クリックすると拡大します

 石川の蔵元である宗玄が醸す「宗玄(そうげん)」純米吟醸酒。
 山口の蔵元である八百新酒が醸す「雁木(がんぎ)」純米吟醸 無濾過生原酒。
 なんかさ、こうして日常的に純米吟醸酒を飲めるのが、とても幸せというか、いい時代になりました。

クリックすると拡大します

 せいろは二枚で1人前。
 蕎麦の正しい食べ方に則り、蕎麦を一本味わい、山葵と薬味ねぎで辛味と甘味を断ち切りながら、蕎麦を手繰る。
 辛めの蕎麦つゆにビシッとエッジの立った蕎麦、まさに江戸前。

クリックすると拡大します

 落語、お蕎麦、そして日本酒が付いて6千円以下とは、ありがた過ぎる。
 自身に人望が無いから、こうして誘って下さるのが大変ありがたい。
 心の底からありがとうございます、既に次の会が楽しみすぎる。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記