2019年05月31日

日ノ出町辺りで

/らーめん たつ屋 日ノ出町店@日ノ出町にて豚骨ラーメン/つけ麺 はま紅葉@日ノ出町にてつけ麺並/

クリックすると拡大します

 急に同居のオヤジが病院に行きたいと言い出し(ずっと我慢していたけど、遂に我慢しきれなくなり)。
 救急車をタクシー代わりに使って病院に行ってもらうわけにはいかず、急遽、病院まで付き添うことになり、午前休。
 何とか大事には至らなかったけど、いつ何があっても驚かないように、覚悟だけはしておかないと。

クリックすると拡大します

 お昼はコンビニパン一個で凌ぎ、何とか本日の作業をこなして、退社。
 華金だけど、どこかに飲みに行く気にならず、近場の未食店(牛骨屋バカボーン)に向かうも、改装工事中。
 さて、どうしてモノか。

クリックすると拡大します

 夜はらーめん たつ屋 日ノ出町店@日ノ出町(横浜市中区日ノ出町)へ。
 たつ屋自体は、暖簾に書かれているように昭和30年(1955年)創業(64年前)、こちらの日ノ出町店は、看板に書かれているように昭和39年創業(55年前)でしょうか。
 店員さんに「何年前からやってますか」と尋ねたら、「16、17年前からです」と仰ってました。

クリックすると拡大します

 店内に入り、すぐ右手の券売機で食券を買います。
 メニューは豚骨ラーメン、辛麺(卵黄あり・なし)、豚骨醤油ラーメン、魚節豚骨ラーメンの4種類。
 小ラーメンもあり、替え玉は100円、お得なランチセットも用意されています。
 標準的なトッピングに、水餃子、ご飯もの、ビールもあります。

クリックすると拡大します

 店内は左手の厨房を囲むL字カウンター6席と5席、右手には4人掛けテーブルが2卓。
 先客4人、後客6人、こんなに流行っているのにこれまで未訪だった自身を恥じます。
 「お好きな席にどうぞ」と案内されましたが、1人客なので空いているカウンター席へ。

クリックすると拡大します

 店員さんに食券を渡しつつ「カタメンで」と伝えます。
 卓上にはブラックペッパーグラウンド、おろしニンニク、白ごま、かえし、紅生姜、辛子高菜。
 カウンター台(テーブル席は卓上)にはビールのお供がスタンバッています。
 しかしして、博多とんこつラーメンだから、ビールを頼んでもコップ一杯空けないウチに配膳されてしまいそう。

クリックすると拡大します

 1分も掛からずに豚骨ラーメン630円
 「熱いので気を付けて」とカウンター台に置かれますが、構えても持つと熱くない。「熱いので気を付けて」と言うくらいなら、テーブルに置いて欲しい。
 ド豚骨スープは水っぽい舌触りではありますが、豚骨の旨味はしっかり伝わってきます。
 とてもこのスープで50年超の営業を続けられるとは思えないので、たまたま下ブレのようです。

クリックすると拡大します

 とんこつラーメンでスープが温かったら、もうそれだけで美味しくないと感じてしまうけど、食べ進むにつれて美味しくなります。

 自家製麺の極細麺はカタメン指定でも普通仕上げ、茹で時間の長短では無く、麺の保管場所が影響しているような印象です。
 基本的に柔らか仕上げが好きですが、とんこつラーメンだけはカタメンが好きなんだよね。次回はバリカタで頼もっと。
 トッピングは豚バラチャーシュー、多めの細切りキクラゲ、多めのネギ、なると。

クリックすると拡大します

 さて、味変を楽しみますか。
 卓上には辛子高菜と紅生姜がありましたが、折角なのでカウンター台に置かれているサービス品も試してみます。
 昆布の佃煮、トリ皮・ニンニク・玉ネギ・しょうがの揚げ物、味変用ではなくビールなどのツマミでしょうけど、今日はビールを飲みませんし。

クリックすると拡大します

 辛子高菜はかなり辛めとの注意書きがありましたがそうでもなく、ま、辛さは人によって感じ方が違うからね。
 揚げ物は良かったなぁ、昆布は入れませんでした。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 夜はつけ麺 はま紅葉@日ノ出町(横浜市中区長者町)へ。
 2017/11/17オープン、つけ麺紅葉@国分寺出身、つけ麺専門店ですが、「つけ麺だけ」ではありません。
 オープン前からオープンを知っていた気がするけど、麺とスープが安定してからと待っていて、一年半も経っていました。

クリックすると拡大します

 店内に入って右手の券売機で食券を買います。
 メニューはつけ麺の温かい麺と冷たい麺、最近追加されたまぜ麺。
 自家製麺ですが、つけ麺は麺量によって並230g、中340g、大450g、特560gと110g70円づつアップ。
 麺の種類は太麺、平打麺、細麺、手揉み縮れ太麺、手揉み縮れ平打麺から選べます。

クリックすると拡大します

 ミニ生姜焼き丼などのご飯物、水餃子などのサイドメニュー、ビールやレモンサワー、ハイボールなども用意されています。
 店内は左手の厨房を囲むL字カウンター8席と3席、先客6人、後客2人。
 厨房内にはご兄弟と思われる男性店員さんと女性店員さん。

クリックすると拡大します

 卓上には七品目の揚げ玉、ゆず七味、一味唐辛子、かえし、ミックスペッパー、す。
 品質保持のため、すりおろし生姜、すりおろしニンニク、玉ねぎみじん切りは冷蔵保存ですので、必要に応じて店員さんに声を掛けます。
 カウンター台に貼られた薀蓄を読んでいると、麺、つけ汁の順番でカウンター台を回り込んで配膳して下さいます。

クリックすると拡大します

 つけ麺並(冷)800円、麺は平打麺でお願いしました。
 麺自体は食べ応え重視の仕上がり、形状によって小麦の配合を変えているのだろうか。
 つまり、太麺と平打麺では味を変えているかと言うことなんだけど。
 ここまで幅広いと、つけ汁に浸けるのでは無く、粗塩か薄口醤油で食べたくなりますね。

クリックすると拡大します

 つけ汁は豚骨、魚介を長時間煮出した清湯スープでとても美味しく、卓上に用意された調味料との相性も良さそうですが、まー、麺とは合いません。
 これは、麺もつけ汁も知らないので、平打麺好きの一点で平打麺を選んだ私が悪いのです。
 それでもつけ汁も美味しいし、麺も美味しいので、美味しい美味しいと食べれば問題ありません。

クリックすると拡大します

 一気に食べ終わってスープ割り、割りスープは器を引き取って、寸胴から直接割り入れて下さいます。
 一口飲んで味を確認し、卓上の揚げ玉で食感を変化させて楽しみました。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記