2019年06月08日

再び辻堂

/創作麺処 スタ★アト@茅ヶ崎市赤松町にて青森県産のよもぎと北海道産の黒豆の鶏白湯つけ麺〜よもぎの香りと共に〜(熱盛250g)、地鶏の肉増し塩そば(並盛)/蔵出し味噌 麺場 田所商店 平塚店にて北海道味噌らーめん、ミニ味噌チャーハン/

クリックすると拡大します

 自分がお休みの日でも下の子が出勤であれば、駅まで送るためにいつもの時間に起きなければならない。
 もう成人なんだから自分で行けよ、と言い放つことも出来るけど、親として出来ることが少なくなってきたので、喜んでさせてもらっています。
 さて、帰ってきて一眠りして、今日は一日オフにしよっと。
 と思っていたのに、「美味しいチャーシューが食べたい」と女房から声が掛かりまして。

クリックすると拡大します

 ラーメン一杯食べるために、自宅から車で一時間掛けて向かうのは、常識でしょうか非常識でしょうか、普通でしょうか特別でしょうか。
 今週も来てしまった創作麺処 スタ★アト@茅ヶ崎市赤松町
 専用駐車場が二台分しかないので、近くにCPもあるらしいけど全く分からないので、空いているといいなと思っていましたが、ちょうど一台分空いていて、良かった。
 ということは、店内も空いているのかな、と暖簾を跳ね上げて店内へ。

クリックすると拡大します

 先客2人、後客2人、まだまだ時間が早かった様です。
 メニューを見ながら、私は今土日限定のよもぎつけ麺、女房はチャーシューメン相当を注文します。
 お冷を飲みながら、店主さんと話をしながら、ラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 私は青森県産のよもぎと北海道産の黒豆の鶏白湯つけ麺〜よもぎの香りと共に〜(熱盛250g)950円
 蓋のある土鍋のような容器で提供、蓋を取るとよもぎを練り込んである自家製麺が熱盛250g、スノコが敷かれていて、麺が浸されたダシ汁が割スープになっています。
 麺が昆布(?)汁に浸かっているので香りはイマイチですが、もの凄いよもぎ感。こんなに多くのよもぎを1度に食べたのは初めてです。
 鶏白湯のつけ汁はそれだけで十分に美味しいのに、黒豆も入れていて、とても美味しいです。

クリックすると拡大します

 前回は200gの麺量でしたが、250gだとかなり多く感じ、それでも麺が美味しいので、するすると食べられます。
 しかしして、よもぎ麺と鶏白湯スープとの相性がいい感じなのが凄い、何度も試作を重ねてという時間的余裕はなかったはずなので、一発勝負なのだろう。
 トッピングは鶏むねチャーシューだけでしたが、麺とスープだけでお腹も心も満腹です。

クリックすると拡大します

 満腹でもスープ割は欠かせません。
 麺皿(土鍋)のスノコの下に溜まっているスープをレンゲで割り入れて、ゴクゴクっと飲みます。
 美味しいなぁ、最後の一滴まで飲んじゃったよ。

クリックすると拡大します

 女房は地鶏の肉増し塩そば(並盛)1,180円
 ここで言う「地鶏」とは恐らく日本で唯一、ここでしか使われていないと思われる松風地鶏(まつかぜじどり)(生産者である松風地どりのホームページ)。
 松風地鶏は名古屋コーチン同士を掛け合わせた、地鶏肉特定JAS規格の地鶏として認定されています。
 名古屋コーチンを完全無薬で飼育し、オス鶏なら約180日間、メス鶏なら約270日間の長期飼育しています。

クリックすると拡大します

 で、一番大切なことは、店内のどこを見渡しても「松風地鶏」の文字が見当たらないこと。
 スルッと食べてご馳走様でした。
 食べ終わってお会計、少し店主さんとお話させていただき、店を後にしました。

クリックすると拡大します

 いったん帰宅して、女房は愛犬と遊びに行って、遅くなりましたが一人オフ、のんびりします。
 とは言え、のんびりが中々できずについついラーメンの新規オープンを検索してしまい。
 空いているうちに、行ってみますか。

クリックすると拡大します

 2019/6/3にオープンした、蔵出し味噌 麺場 田所商店 平塚店ホームページ)へ。
 田所商店の味噌ラーメンは好みの味で、小田原に出店した時は何度か伺ったのですが、いかんせん遠い。
 そんな私の心情をくみ取ってくれて(勝手な思い込みです)、平塚店に出店して下さるとは。
 ちなみに田所商店は直営と暖簾分け(独立)がありますが、こちらは暖簾分けとなります。

クリックすると拡大します

 店内はゆったりした造りで、狭い店内でラーメン職人の命を削る音を聞きながらラーメンを啜るのも好きですが、広々とした店内で大切な人とお喋りしながらのんびりとラーメンを食べるのも好きな私にぴったりです。
 店内中央にU字カウンター10席、後はテーブル席で2人掛けが1卓、4人掛けが6卓、小上りに6人掛けが2卓、計48席。
 ちなみに駐車場は20台分、バイクや自転車を停めるスペースも用意されています。

クリックすると拡大します

 メニューは味噌ラーメンのみで、味噌の種類として北海道味噌、信州味噌、九州麦味噌が用意されています。
 トッピングも多く、サイドメニューは味噌チャーハン、ミニチャーシュー丼、ミニジャージャー丼、餃子など。
 卓上には辣油、酢、醤油、辛味噌、七味唐辛子。
 口頭注文後会計、先客6人、後客6人、認知はまだまだこれからと言ったところです。

クリックすると拡大します

 程なくして北海道味噌らーめん766円、ミニ味噌チャーハン356円
 末永く味わえる味噌の程よさ加減、スープと一緒に煮込んだモヤシなどの野菜がいい感じです。
 ギリギリまで味噌の旨味を引き出したラーメンも好きですけど、こうして普段使いの味噌ラーメンも好きです。

クリックすると拡大します

 平打中太麺は製麺所不明ながら、スープにとてもよく合っていて、するすると食べられます。
 食べながら肉味噌を溶かしていくと、少しずつ味噌味が濃くなっていくので、これはこれで美味しい。
 通り一辺倒の味わいになりがちなスープですが、フライトオニオンが食感にアクセントをつけてくれます。

クリックすると拡大します

 田所商店の味噌ラーメンは、味噌の種類によって特徴的なトッピングがあります。
 北海道味噌のはポテトフライがトッピングされています。
 私はこのポテトフライがこっそり好きなので、次回からトッピングしてみようかと。
 ちなみに、信州味噌には「山菜」、九州麦味噌には「さつま揚げ」。

クリックすると拡大します

 さて、味噌チャーハン。
 味噌味ベースなチャーハンは他では見かけません。
 私の大好きなパラパラタイプ、玉子とかネギとがたっぷり入っていて、とても美味しいチャーハンです。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記