2019年07月31日

橋から眺める夕陽

/麺彩房弐 NEXT@人形町にてまぜそば/暑気払い/

クリックすると拡大します

 こう暑くては、お昼に外食なんてもっての外だし、コンビニに買いに出掛けるのも躊躇します。
 だから、朝、コンビでお弁当を買って出勤するべきだし、もし買い忘れたら社食や社販でなんとかするべきなんだけど。
 食べるのを諦めてしまうのは、どうかと思う。

クリックすると拡大します

 お昼を食べ損なって、移動中に立ち寄った、麺彩房弐 NEXT(めんさいぼうネクスト)@人形町(中央区日本橋人形町)公式ホームページ)。
 公式ツイッターをみたら、今月7月から通し営業に変わっています。
 こういう移動中狙いの私には使い勝手が良くなりましたが、近場で働いている人は「そんな時間にラーメン食べないし」、なのかなぁ。
 店内を覗いたらノーゲス、ゆっくりラーメンを食べますかね。

クリックすると拡大します

 券売機を見ると、リニュール予定の焼き鰆そばがメニューアウト、代わりに2019/7/3から豚そばが熟成と淡麗に分かれました。
 うーん、事前情報ではまぜそばのメニューインだけだと思っていましたが、自身の情弱ぶりを遺憾なく発揮。
 11時から15時は小ライスサービスとあり、ハッと時計を見ると数分過ぎていて、、、スープ(たれ)の残り具合で追加購入するか決めますか。

クリックすると拡大します

 カウンターは5席ありますが、店内が空いているときは1席抜いて4席にして、ゆったり食べられます。
 テーブル2卓はそのままで4人掛けと3人掛け。
 卓上の調味料が少し変化したので記しておくと、サンショパウダー、ホワイトペッパーパウダー、酢、一味唐辛子、甘辛。

クリックすると拡大します

 少しして、まぜそば750円、麺の大盛りは無料サービスですが、並でお願いしています。
 醤油たれに麺をまぜてから、たっぷりの茹で野菜を乗せ、干し海老、分けネギ、刻み海苔を散らせたまぜそば。
 全体を馴染ませる様にしてかき混ぜてから食べてみると、かなりあっさり味。
 暑い夏には、あっさりしたまぜそばがとても食べやすいですね。

クリックすると拡大します

 大成食品の特注縮れ太麺が、醤油たれによく合い、玉ねぎ、モヤシ、ニンジン、キクラゲなどにとてもよく合います。
 その野菜以外に小切りされたチャーシューも入っていて、値段を考えるとかなりお得感があります。
 一気に食べてしまえば食べ切れてしまうでしょうけど、最近、咀嚼力が落ちて早く食べられない私。
 ゆっくり食べていると味に変化が欲しくなります。

クリックすると拡大します

 卓上を見渡し、辣油と酢を回し掛けてみました。
 今日に限ったことではないし、これからもそうなんだけど、この途中での味変って調味料の加減が難しいです。
 他の人は知らないけど、少しずつ加えて味を調整なんて面倒なことはやらずに、ささっと回し掛けてああ美味しかったがふらわ流です。
 スルッと食べてご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 歩いていたら、たまたま夕陽が綺麗だったので、撮ってみました。
 すれ違う人が「何かあるの?」的な視線を投げかけてくるけど、この場所にいないと夕陽は見えませんから。
 その後、新人歓迎会と言う名の暑気払い、、社員全員がお酒が好きではないだろうし、大人数が苦手な人もいるだろう。
 いつの日か、「昔はそんなことやってたんだ」と言われる時代が来るのだろうか。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月30日

冷たいタンメン

/ど・みそキッテグランシェ店@東京にてJAPAN X尽くしの塩ラーメン/鶏節らぁ麺いしばし@南阿佐ヶ谷にて冷やし麻辣タンメン/

クリックすると拡大します

 個人的には多め長めに降っていた雨がすっかり上がり、暑い夏がやってきただけの印象です。
 それを、梅雨明けとか、猛暑、酷暑、と言うらしいけど。
 何とか気を引こうとして強めの言葉を選んでいるのだろうけど、選んでいる背景が透けて見えると、寂しい。

クリックすると拡大します

 お昼は、ど・みそキッテグランシェ店@東京(千代田区丸の内)公式ブログ)へ。
 キッテグランシェのB1フードコーナーに新設された、ラーメン激戦区 東京・丸の内の2019/3/5オープンに合わせてオープン。
 他の店舗はリンクの先を確認して頂くとして、5店舗中3店舗目の訪問となります。

クリックすると拡大します

 先ずは券売機(交通系ICカード対応)で食券を買います。
 メニューはみそこってりらーめん、辛みそらーめん、みそカレーらーめん、白味噌らーめん、みそまぜそば、みそつけ麺、辛みそつけ麺。
 平日限定(11:00-15:00)にて、みそらーめんと丼物をセットでKITTEセットも用意されています。
 標準的なトッピング、ご飯物、ビール、コカ・コーラ、カップ麺。

クリックすると拡大します

 期間限定で2種類の限定メニューが販売されています。
 夏のメニューフェアとして、JAPAN X尽くしの塩ラーメン(2019/7/1-31)。
 スパイシー&クールフェスティバルとして、辛味噌らーめん(2019/7/22-9/30)。

クリックすると拡大します

 店内は満席で、少し待って空いたカウンター席に案内されました.
 席は厨房前にコの字型カウンター14席、隣のラーメン店との仕切り壁向きに8席、計22席。
 卓上には一味唐辛子、山椒、レモン酢、辣油。

クリックすると拡大します

 少し待って、JAPAN X尽くしの塩ラーメン1,200円、7/1から7/31の期間限定、1日10食限定。
 ラーメントッピングとは言え、JAPAN Xがたったの1,200円で食べられる時代になったんですね。
 後10年したら、後20年したら、と考えるとワクワクが止まりません。
 スープはど・みそにしては珍しい豚骨白湯仕立ての塩味、JAPAN Xの味わいを最大限に引き立てます。

クリックすると拡大します

 浅草開化楼製麺の中細麺、ここまで美味しいスープにしっかりと合わせる麺力は、素晴らしいの一言。
 トッピングはJAPAN Xの角煮、肩ロースが二枚、刻み紫タマネギ、細裂きメンマ、白ネギ。
 こんな美味しい角煮は食べたことがなく、塩味が更に美味しさを引き立てます。
 肩ロースも相当美味しいけど角煮の前では一歩か二歩、及ばない感じです。

クリックすると拡大します

 塩らーめんと言うよりJAPAN Xラーメンなワケですが、ここまで美味しいと、味変用の背脂と味噌は要らない気がします。
 気がするけど、出されて「要りません」と返せる正確であるはずも無く、きっちり全部、麺に乗せました。
 やっぱり要らなかった、けど、要るか要らないかは食べてみないと分からないので、少しだけ味見すれば良かった。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 例えば、これまでの飲食店は、五年十年の単位で味を改善させていったわけですが、今では一年、早ければ半年くらいで味を改善しなければお客さんが離れて行ってしまいます。
 そんな世界ですので、開店直後の味や店内の雰囲気をああだこうだと論じることに意味は薄く(全くないわけでは無い)、これからどこに向かうのか、何を目指すのかが大切になってきます。
 1回食べたくらいでそんなことまで分かるのか、、、私には全く分からないので、ちょっとでも琴線に触れた店は、何度も行かないと分かりません。

クリックすると拡大します

 夜は、鶏節らぁ麺いしばし@南阿佐ヶ谷(杉並区阿佐谷南)公式ツイッター)へ。
 向かうときにどのルートが近いか調べるんですけど、JR南阿佐ヶ谷駅と丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅のどちらから向かうか、悩む。
 そこはかとなく新宿駅での乗り換えが楽なJR線で向かいますが、駅から5分くらいは歩くよね。
 暑い。

クリックすると拡大します

 店先には限定メニューが告知されています。
 暗くて何が書いてあるか分からない左側は、鶏清湯つけ麺で、塩と醤油が選べます。
 デカくて明るい方は涼ベジと称し、冷やしタンメン、冷やし麻辣タンメンがラインナップしています。
 どれを食べるか、悩む。

クリックすると拡大します

 タイミング良くノーゲス、食べ終わる頃には満席近かったです。
 先ずは一日の疲れを溶かすハートランド480円で、今夜は阿佐ヶ谷で一人お疲れ様会。
 お店が混んでくるとあまり話が出来ないけど、今日はいつもより少し多めにお話が出来ました。
 ビールのお供はよだれ鶏300円、このお供がとてもとても優等生。

クリックすると拡大します

 ビール一杯で程よくなってきたので、今夜は冷やし麻辣タンメン890円
 夏の冷やしラーメンと言えば、冷たいスープに冷たい麺、トッピングは白髪ネギやモヤシなどの「冷たい野菜」が定番です。
 で、「冷たい野菜」をいったんボイルしたモヤシ、タマネギ、キクラゲ、キャベツ、ニンジン、チンゲンサイと、まさにタンメン。
 タンメンにサイコロ鶏チャーシューを合わせ、全体に自家製冷製辣油を掛けてあります。

クリックすると拡大します

 もちろん丼も冷たいし、辣油さえも冷やされていて、ありそうでなかった冷たいタンメン。
 冷たいから美味しい冷やしラーメンではなく、冷たくても美味しい冷やしタンメン。
 使われている野菜の原価や事前の仕込みなどの手間を考えると、980円はするところを戦略的価格で提供されています。
 再訪されている地のお客さんは冷やしタンメンの美味しさを知っているので、冷やしタンメン一択で訪問されているほど。

クリックすると拡大します

 こんな冷たくて美味しいタンメンは食べたことが無い。
 美味しいですねー、何かのインスパイアだと思ったら、店長さんのオリジナルらしい。
 もっと売れるといいなぁー、思っているだけじゃなくて、できることからやろう。
 スルッと食べてご馳走さまでした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年07月29日

58回目の誕生祝い

/ゆで太郎代々木東口店にて冷しおろしゲソ天そば、焼きのり、海老天/横浜家系ラーメン壱角家品川港南店にてつけ麺(並冷)/いきなりステーキ銀座インズ店にてゴールデンステーキ/

クリックすると拡大します

 早起きは中華蕎麦のために、今朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 ゆで太郎では会員登録すると、毎年誕生月に利用できる500円分お食事券が贈られてきます。
 ということで、58回目の誕生祝いはゆで太郎から。

クリックすると拡大します

 焼きのりの食券だけ買い、受付でお食事券を出しながらメニューを伝えます。
 お食事券を渡すと「お誕生日、おめでとうございます」と祝って頂き、こんな私でも嬉しい。
 ということで、冷しおろしゲソ天そば500円、焼きのり100円、クーポンAB

クリックすると拡大します

 ゲソ天は二本で一本から一本で一本に変わって、とても食べやすいし、とても美味しい。
 食べるときは、ぜーんぶお蕎麦に乗っけて、天かすや紅生姜や薬味ねぎも乗っけて、焼き海苔は挿して。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は食べ損なったので、移動途中に横浜家系ラーメン壱角家品川港南店へ立ち寄りました。
 誕生日のランチが量産型家系ラーメン(って書いていた人がいたけど、そもそも「家系ラーメン」じゃないでしょ)ってのは、実に自分にふさわしい。
 ま、ランチタイムを外して通し営業しているラーメン店が、他に見当たらなかっただけだけど。

クリックすると拡大します

 営業時間はお昼にやっているかどうかしか気にしていませんが、何となく終了時間が長くなったみたい。
 ラーメン店は圧倒的に禁煙が多いのだけど、こちらの店舗は平日は14時以降、土日祝は終日、喫煙できます。
 全席なのか、一部の席なのかは不明です。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、フロア中央のカウンター席の右側は閉鎖していて、左側だけで営業されています。
 この店舗は壱角家の中でも希少な口頭注文後会計、メニューを見ながらオーダーします。
 期間限定メニューのつけ麺をお願いすると、麺量(並140g、大盛り240gが同額)と温度(冷や盛り、熱盛り)を訊かれます。
 つけ麺とラーメンは同じ麺を使っていて、つけ麺は麺の茹で時間が長いので、「提供まで時間が掛かります(とは言え何分とは言わない)」と断りがあります。

クリックすると拡大します

 10分ほど待って、つけ麺(並冷)880円
 冷や盛りでお願いすると、冷たい麺が冷たいチャーシュー、冷たい茹でモヤシ、冷たい味玉、冷たくない板海苔と共に冷たい丼に盛り付けられています。
 白ねぎを散らした熱々のつけ汁に麺を浸けて手繰ると、まま、家系ラーメンスープらしい味わい。
 トップではなく平均点より少し上を狙った味わいと値頃感、美味しいですねぇ。

クリックすると拡大します

 四之宮商店の平打中太麺、ラーメンの時とは別物の柔らかさ、つけ汁に合わせてきてますね。
 特別に美味しいわけじゃないので、目の前の一杯の味をして「こんなん、全然美味しくないじゃん」って切り捨てるのは簡単でしょう。
 朝昼晩、年間を通して、このレベル、クオリティのスープを提供するのは、もの凄いことなんだと思います。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、いきなりステーキ銀座インズ店ホームページ)、2019/4/26オープン、いきなりステーキとして450号店。
 こんな私でも、それなりに慕って下さる飲食店がありますが、あちら立てればこちら立たずは、世の常。
 家庭に帰れば帰ったでそれはそれで大変なので、社畜は社畜らしく、一人、銀座のいきステへ。
 誕生日を朝はゆで太郎に祝ってもらったので、夜はいきなりステーキに祝ってもらおっと。

クリックすると拡大します

 いきなりステーキは、それなりにステーキを食べてゴールド会員になると、誕生月にリブロース300gのプレゼントがあります。
 ラーメンの味玉トッピングを躊躇するほどお金が無い私は、その「ゴールデンステーキ」を中心に、軽く飲んで、軽く食べると。
 いきなりステーキは、立ち食いスタイルで客回転上げて儲けを出すシステムだったのは、大昔の話。
 ロードサイド店だけで無く、この店舗は全席着席スタイル、立ち食いスタイル店も着席スタイルへの改修も進んでいます。

クリックすると拡大します

 いきなりステーキはステーキ一本に絞って利益を確保、、、は昔の話で、店舗限定になりますが牡蠣、牛タン、牛串、カレーも販売しています。
 銀座インズ店は牡蠣販売店、生牡蠣(焼き牡蠣)は1個450円、3個1290円、6個2,520円。
 先ずは生牡蠣(1個)450円、合わせる白ワインは、ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ・シュール・リー(グラス)フランス600円。

クリックすると拡大します

 ワインのことも分からないので、店員さんにセレクトをお願いしました。
 牡蠣は半分を生で、残りにレモンを搾って頂き、最高に美味しいと言うことは無いけど、この値段だったら十分美味しい。
 ワインは生牡蠣にぴったりで、となると焼き牡蠣にも合うのか、焼き牡蠣には違うワインがあるのか、謎は深まるばかり。

クリックすると拡大します

 さて、メインディッシュ。
 店員さんにゴールデンステーキをお願いすると、「お誕生日おめでとうございます」と声を掛けて下さって、それだけで嬉しい私。
 焼く前のステーキを持ってきてくれて、「こちらをお焼きします」と見せて下さいます。
 こういうちょっとしたサービスは高級ステーキ店では当たり前ですが、全国チェーンのステーキ店でもやってくれるんですね。

クリックすると拡大します

 少し時間が掛かって、リブロースステーキ2,070円(バースデークーポンで無料)、焼きはウェルダン。
 なんか今まで、勧められるままにレアでお願いしていて、食べてみて美味しかったから次もレアでお願いしていたけど。
 初めてウェルダンでお願いしてみました。
 合わせた赤ワインは、一番安いヒーローズ カベルネ・ソーヴィニヨン(グラス)チリ520円。

クリックすると拡大します

 ステーキの食べ方は、先ず全部を一口大に切り分けるところから。
 折角のバースディーステーキなので、100円でブロッコリーを追加してみました。
 全体を切り分けたら、ナイフは置いてフォークだけで頂きます。

クリックすると拡大します

 ちゃんと焼いた方が美味しい。
 好みといえば好みかも知れないけど、希少部位ならレアが良いけど、ロースやサーロインは、良く焼きが美味しいんじゃないかと。
 調味料は色々と揃っていますが、イチオシは山葵、2番目はブラックペッパーかな。
 美味しくいただき、ご馳走さまでした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記