2019年07月06日

高座郡と中郡

/らーめん味咲亭@高座郡寒川町小谷にてしそ餃子、白正油らーめん/麺処いずみ@中郡二宮町二宮にてみそらーめん/

クリックすると拡大します

 午後に仕事、仕事が無ければ名古屋に行っていたのに・・・
 って、たらればの話をしても仕方ないので、普段は行かれない立地のラーメン店へ行っておきますか。
 雨が降っていたら女房を拝み倒してクルマを借りるところですが、幸い雨が上がっていて、バイクでぴゅーっと。

クリックすると拡大します

 バイクを飛ばすこと一時間、らーめん味咲亭@高座郡寒川町小谷1-1-43へ。
 2019/6/22オープン、店主さんは辻堂、逗子などで飲食店に携わっていたとのこと。
 営業時間は11時から売り切れ終了まで(聞けば20時頃とか)、不定休。

クリックすると拡大します

 駐車場はちょっと離れた場所に三台分が確保されています。
 店舗の隣のクリエイトSD小谷店や、道路反対側の日本一たい焼湘南寒川店の駐車場に停めたらいけません。

クリックすると拡大します

 メニューが店先に張り出されていて、事前に検討が楽しめます。
 ラーメンは白正油らーめん750円、正油らーめん750円、赤味噌らーめん980円。
 トッピングはチャーシュー1枚140円、煮玉子140円、豚角煮330円など。
 サイドメニューに餃子と焼売、ドリンクにおつまみなど。

クリックすると拡大します

 店内は小さな子供が走っても大丈夫なほどゆったりめで、正面奥の厨房を向いたカウンター7席、手前に6席と4席のテーブル、計17席。
 卓上には辣油、酢、醤油、胡椒が用意されています。
 店先のメニューで食べるメニューを決めてきていましたが、席に座って再度(念のため)メニューを眺めると、隣のお客さんが餃子を、、、じゃ、私も。

クリックすると拡大します

 しそ餃子(六個)380円
 餃子はしそ餃子とえび餃子があり、いずれもニンニク未使用ですので、特製ニンニク味噌を付けてくれます(注文時に訊かれます)。
 一つ目は酢と醤油を掛けて食べて美味しい、二つ目は特製ニンニク味噌を付けて食べて美味しい。
 名前ほどは紫蘇が入っていませんが、逆に紫蘇と豚肉のバランスが素晴らしい。

クリックすると拡大します

 餃子を食べ終わる前に、白正油らーめん750円が運ばれてきます。
 白正油とは、濃口醤油等が大豆から作られるの対して小麦から作られ、色がほぼ透明なので、食材の色を生かして味付けする場合に使います。
 スープの色を見ただけだと塩ラーメンに見えますが、味わってみると確かに醤油、白醤油独特の風味と味わいがとても美味しい。
 豚ガラ、鶏ガラのスープにとても合っていて、ガラの味わいが際立って感じられます。

クリックすると拡大します

 細麺は藤沢のかじや製麺、しなやかに茹で上げられていて、スープにとても合います。
 トッピングは昔ながらの豚チャーシュー、数本のメンマ、青と白のねぎと、これ以上でもこれ以下でもないシンプルさ。
 麺を食べ終わってもレンゲでスープを飲んでしまう、美味しいスープって自然に身体が求めてしまう。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 バイクを飛ばすこと一時間半、麺処いずみ@中郡二宮町二宮912へ。
 2019/7/1オープン、立地は東海道線二宮駅北口から徒歩2分、二宮駅北口商店街内。
 店主さんは大塚屋@市ヶ谷出身、大塚屋は味噌ラーメン専門店です。

クリックすると拡大します

 営業時間は11:00-15:00 17:00-20:00 水曜定休とあります。
 他のネット情報ですと50杯売り切れ終了とのことですが、50杯だと夜営業していないと言うことに・・・
 ちなみに店舗専用の駐車場は見当たりませんが、二宮駅近くにコインパーキングが幾つかあります。
 開店後初の土日ということもあってか、店内は満席で外待ちが出来るほど混み合っています。

クリックすると拡大します

 メニューはみそらーめん750円、辛みそらーめん850円、黒ごまみそらーめん850円。
 大盛りは100円増し、トッピングは味玉100円、チーズ100円。
 ご飯物はライス100円、チャーシュー丼400円。
 いったんは飲み物を用意されていませんが、今後が楽しみです。

クリックすると拡大します

 店先で少し待ってから入店、案内されたカウンター席には、タンブラー型のグラスが置かれています。
 席数は厨房を囲むL字カウンター6席、テーブルは4人掛けが2卓、計14席。
 卓上にはフライドガーリック、胡椒。
 厨房には何となく見かけたことのある店主さん、配膳と洗い物を女性店員さんが一人で頑張っています。

クリックすると拡大します

 少し待ってみそらーめん750円
 大塚屋@市ヶ谷では味噌ラーメンの販売を中止してしまったので、復刻版になります。
 頭の中では「あの大塚屋の高濃度」のスープになっていますが、飲んだスープは「それに」比べてみると中濃度に感じます。
 いやいや、先入観を振り払って再度スープを味わうと、赤味噌ベースのたれに豚骨を炊き出した力強いこってりスープ、喉越しはすっきりしてとても美味しい。

クリックすると拡大します

 まだまだ調理器具が水に馴染んでおらず、開店して1週間以内であることを考え合わせると、今後がとても楽しみです。
 麺は三河屋製麺の極太平打ち麺、かなり固め仕上げで、じっくりと咀嚼を楽しめます。
 トッピングは、丼に盛り付けてからバーナーで炙った豚肩ロースチャーシューが3枚、穂先メンマ、白ねぎ。

クリックすると拡大します

 折角なので、卓上に用意されていたフライドガーリックを数粒、入れてみました。
 劇的に何かどうなると言うことはないけど、食感と香りが楽しめます。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記