2019年07月12日

コラボラーメン考

/お弁当/鶏節らぁ麺いしばし@南阿佐ヶ谷にてコラボ塩らぁ麺/

クリックすると拡大します

 何年かぶりと言うことはないけど、短くても一年ぶり以上、お弁当を詰めた。
 以前はお弁当の写真を公開することもあったけど、今は昔、今ではそんな時間的余裕はない。
 お弁当を詰めていると朝ご飯の時間がなくなってしまって、いま、ここに至る。

クリックすると拡大します

 お店に行くには中央線阿佐ヶ谷駅より丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅の方が近いんだけど、地下鉄への乗り換えが面倒で、JRのみで伺ってしまいます。
 夜は、鶏節らぁ麺いしばし@南阿佐ヶ谷(杉並区阿佐谷南)公式ツイッター)へ。
 ツイッターでフォローされていないこともあって、訪問がついつい後回しになってしまい、今回で三回目になります。

クリックすると拡大します

 今日はいしばし初のコラボラーメンの販売、コラボラーメンのみを1日150食限定で販売されます。
 ツイッターでツイートされる残数にヒヤヒヤしながら向かいましたが、何とか残っているようです。
 麺をらぁ麺すぎ本@鷺ノ宮、スープを麺屋翔@西新宿、そしてトッピングをらぁ麺いしばしが担当するコラボラーメン。

クリックすると拡大します

 店内に入り、石毛店長さん、麺屋翔の大橋店主さんにご挨拶し、券売機で食券を買います。
 ラーメンは限定メニュー一種類だけですが、サイドメニューや飲み物は販売されていて、それじゃビール480円を。
 今夜は阿佐ヶ谷で一人お疲れ様会、1日だけの販売であってもちゃんとしたポップを作られています。
 座った席は自身の日頃の行いを如実に現して、店員さんからは死角になるほど、1人静かにラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして、コラボ塩らぁ麺1,480円
 コラボラーメンって、食材の特別性を強調し、全員ホームランバッターだから圧勝、的な仕上げを多く見かけます。
 食べ手も、全ての食材が最高だから味も最高との評価、食材の説明だけでお腹一杯、をよく見かけます。
 しかしして、石毛さんのコラボラーメンはそういったラーメン好きの情報欲求に配慮しつつも、ちょっと違うんだよね。

クリックすると拡大します

 普段使いの麺、普段使いのスープ、普段使いのトッピングを一つのどんぶりで合わせる。
 ハレの舞台だから、もちろん衣装を華やかにしてはいますが、私は私、それぞれの作り手の顔が見えるラーメンこそ、最高のラーメン。
 当たり前のことなんだけど、それぞれが同じ方向を向いて、同じ歩調で歩けば、隣の歩調に合わせなくても離れたりぶつかったりしないし、綺麗に足並みが揃う。
 どんなときでも飲食は一期一会、毎回特別な一杯ではあるけど、この一杯にラーメン好きのラーメン愛を感じます。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走さまでした。
 しばらく来ていなかったら季節限定メニューも販売されているので、食べに来ないと。
 その時は南阿佐ヶ谷から向かってみるかな、新しい景色が見えるかも知れない。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記