2019年07月20日

インスタントラーメン

/ゆで太郎平塚桜ヶ丘店にて薬味そば、焼きのり、おろし/インスタントラーメン/北海道ラーメン小林屋中原店@平塚市にて札幌らーめん/

クリックすると拡大します

 朝は、ゆで太郎平塚桜ヶ丘店(ホームページ)へ。
 お休みの日の朝はゆっくり寝たいのですが、今週は下の子が出勤なので、朝は平日と同じ時間に駅まで送って行かなければなりません。
 ま、その帰りに立ち寄った、的な。

クリックすると拡大します

 券売機で食券を買い、受付に出してから、空いている席を見つけ、、、って土曜日の朝6時台、お好きな席にどうぞ状態。
 お好きな席にどうぞ状態ではあるけど、先客が数人いるのがプチ驚き。
 平塚の地に朝からお蕎麦を食べる習慣はなかったはずだし、更に休みの日の朝にお蕎麦を食べるなんて。

クリックすると拡大します

 お待ちどうさまと出来上がってきた、薬味そば480円、焼きのり100円、クーポンおろし
 開店から11時までは天かすが入れ放題だし(11時以降は30円)、紅生姜は終日入れ放題だから、デコ盛りするぞと意気込んでいましたが。
 なにこれ、この綺麗な盛り付け。

クリックすると拡大します

 気を取り直して自己流盛り付けスタート、昭和な人にとっては「食べ物で遊んでいる」と後ろ指さす行為ですね。
 美味しいお蕎麦の上に一本分の茄子素揚げ、たっぷり薬味ネギ、たっぷり天かす、たっぷり花鰹、たっぷり大根おろし、たっぷり紅生姜。
 焼き海苔を挿してから、美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 午後には親父の検査入院に付き合わないといけないので、今日は泣く々々、落語との日本酒と蕎麦の会を辞退することになり。
 落ち込んでいても仕方ないので、インスタントラーメンを作ってみた。
 ラーメン好きだからインスタントラーメン、と言うより普通の人がレトルトカレー、コンビニ弁当、インスタントラーメンを食べる感覚と同じだと思います。
 思い付きで用意したから、冷蔵庫で見つけたキムチと小ねぎのラーメン、美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 夜は北海道ラーメン小林屋中原店@平塚市(公式ツイッターへ。
 小林屋は湘南地区に多店舗展開されているラーメン専門店で、現時点(2019/7)では茅ヶ崎店、厚木店、平塚四之宮店、二宮店、小田原インター店、用田店と7店舗展開されています。
 ここ中原店は半年くらい電気が消えていたので、ついに閉店かと目頭を熱くしていたら、無事6/19に再開されました。
 店長さんにお話を聞くと、人手不足で他店を応援していて、やっと戻ってこれましたと。

クリックすると拡大します

 個人店でもチェーン店でも人生でも、ずっと上り調子がいいに決まっていますが、現実には紆余曲折、山あり谷あり、ありますよね。
 メニューは変わっておらず、みそらーめん650円、正油らーめん600円、しおらーめん650円、札幌らーめん750円、つけめん750円。
 未だに600円、650円で頑張り続けているのは表彰物ですが、無理をされずに値上げされた方が良いと思います。
 サイドメニューは餃子、ご飯ものはチャーシュー丼、ライス。

クリックすると拡大します

 店内は厨房を囲むカウンター2席と8席、2席の方に4人掛けテーブル2卓があるので、全16席です。
 卓上には辣油、酢、醤油、一味唐辛子、白胡椒、豆板醤、おろしニンニク。
 お冷を飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくして札幌らーめん750円
 数年ぶりに食べますが、麺相に変わりはなく、これでもかの白髪ネギ、溢れるほどのサイコロチャーシュー、半身の味玉、揚げねぎ、板海苔一枚。
 中華鍋を振って野菜を煮込んだ豚ガラ、鶏ガラスープは、開店した2006年当時とは比べるまでもなく、あっさり系に寄せてきています。
 当時の味を知っている人が食べたら「味がしない」「味が落ちた」と感じるでしょうけど、当時と今ではラーメン業界の時代背景や消費者の好みが全く変わっていますし。

クリックすると拡大します

 私は開店当時の味も好きで全店訪問しましたし、今のあっさり味も好きです。
 北海道から取り寄せている小林製麺の細麺は、食べ切れない量から、少し物足りないくらいの量に変わっています。
 この位がちょうどいいですよね、量多めを望む人は大盛り、特盛を食べたらいいし。
 途中でおろしニンニクを溶かし込んでみると、これがまた非常によく合います。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記