2019年07月22日

あの頃の輝きを失わない

/ゆで太郎代々木東口店にて朝そば(玉子)、焼きのり、コロッケ/四川担担麺 阿吽 キッテグランシェ店@東京にて冷やし担担麺、ランチ半ライス/居酒屋純ちゃん/

クリックすると拡大します

 早起きは中華蕎麦のために、今朝はゆで太郎代々木東口店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムとして共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 今朝は、朝そば(玉子)330円、焼きのり100円、クーポンコロケ

クリックすると拡大します

 小雨が月曜日を濡らすなら、ゆで太郎が週明けを照らしてくれる。
 温かい朝そばをお願いすると、かき揚げと生卵の提供の仕方が日替わりで楽しい。
 輪切り鷹の爪がスッと一線を引く。

クリックすると拡大します

 昭和を越え、平成を飛び越えて令和に入っても、昭和のマナーを持ち出してくる人がいる。
 そーゆー人達だって血の通った大切なファンだと信じていましたが、信じていた私が馬鹿でした。
 これからは馬鹿正直に生き、誰もが気になる嫌われ者を目指します。

クリックすると拡大します

 お昼は、四川担担麺 阿吽 キッテグランシェ店@東京(千代田区丸の内)ホームページ)。
 こちらの阿吽は新宿御苑店に続く4店目、キッテグランシェの開店と同時に、2019/3/5オープン。
 以前はこの手のラーメン集合施設がオープンすると全店訪問して紹介するラーメンフリークを多く見かけましたが、最近は見かけなくなりました。
 見かけなくなったのは、紹介するツールがブログからFacebookやTwitter、Instagramに移り、全世界に発信から身内に発信になり、身内(友達)の少ない私の目に届かなくなったからです。

クリックすると拡大します

 阿吽は各店舗に限定メニューがあるのですが、ここキッテグランシェ店では冷やし担担麺が販売されています(6/1から期間限定)。
 いやいや、このSNS時代に「行ってみたらたまたま限定メニューが!?」などということでは無いのですが、話の流れとして。
 それにしてキッテグランシェ、開店から4ヶ月が過ぎて、随分と落ち着きましたね。

クリックすると拡大します

 メニューは(限定メニューの)野菜たっぷり冷やし担担麺と冷やし担担麺、レギュラーメニューのつゆ無し担担麺、担担麺、つゆ無し黒胡麻担担麺、黒胡麻担担麺。
 それぞれ0辛から5辛までは同額、6辛は100円、痺れも5までは同額、6が100円増し、店員さんに食券を渡すときに確認されます。
 ライス220円、半ライス120円ですが、ランチタイムはそれぞれ110円、60円ですので、半ライスを買って、と。

クリックすると拡大します

 対面カウンター13席、4人掛けテーブルが2卓の店内は満席で、少し待ってからテーブル席に相席前提で案内されました。
 こちらは誰と食べても気にしませんが、相手はこんな加齢臭なジジイと食べると美味しい担々麺もそうでは無くなっちゃうだろうな(すみません。
 卓上には酢と髪留めと爪楊枝。
 何十分も並ぶのはアレだけど、5分、10分で食べられるなら、近隣のサラリーマンやOLも食べやすいよね。

クリックすると拡大します

 程なくして冷やし担担麺1,000円、ランチ半ライス60円。辛さ、痺れ、共に5でお願いしました。
 スープ、麺、具材、ドンブリまでが同じ温度に冷やされていて、ちょっとビックリ。
 これ、個人店が1日限定20食程度出すなら当たり前な話ですけど、レギュラーメニューを1,000食(想像)以上売りながら、限定メニューをこなしてますから。
 肉味噌や水菜、パクチーなどをスープに沈めて、軽く全体を撹拌してから頂きます。

クリックすると拡大します

 冷たいスープですので5辛程度が丁度良い辛さ(温麺の5辛はかなり辛い)、痺れも同様に程々に感じ、とても美味しい。
 多くの担担麺では芝麻醤と肉味噌で味を作っていますが、阿吽では甜面醤や干し海老を味に加え、これぞ阿吽の味を作り上げています。
 味のスパッと切れていて、味を味が追いかけ、箸が止まりません。

クリックすると拡大します

 残ったスープを半ライスに回し掛け、美味しいおじやタイム。
 思っていた以上にスープが残ったので、半ライスでは足りませんでしたが、スープをゴクゴクと飲み干しまして。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は荒木町へ。
 この地にこぢんまりとした小料理店、居酒屋、お蕎麦屋が多く集まっているのはそれなりの歴史的理由があるので、気になる人はググってみて下さいね。
 どの店舗も店先からして味があり、予約制の店も多いだろうけど、「どう、ここ、入ってみない?」と親しい人とふらりと入ることを妄想する。
 夢なら叶うけど、妄想は現実にならない、何てことを考えていたら30分なんてあっと言う間です。

クリックすると拡大します

 今夜はお誘い頂き、居酒屋純ちゃん
 20年前から行きたかった居酒屋でしたが、20年は思い込みすぎていて実際は15年前、しかも行きたかったのは純ちゃんではなく山ちゃんだと知ったのは、こちらの記事から
 飲みに来た常連さん(?)が次々と予約していくので、一般的には予約を受け付けていません。
 今回は居酒屋の神様が下さった貴重な機会、幹事さん、お誘い頂きありがとうございます。

クリックすると拡大します

 店内はカウンター8席、テーブル8席の16席、テーブルにはもう1人か2人は座れます。
 料理7品、〆のご飯、そして25種類の日本酒が飲み放題で7,500円です。
 日本酒はどんどん出され、手元のお猪口に注いだら隣り(後ろ)のお客さんに回すスタイル。
 ま、店主さんのワンオペなので、回すのは日本酒だけでは無く、料理やお水もです。

クリックすると拡大します

 日本酒は25種類のリストがあり、飲みたい銘柄を指定する形ですが、今日は幹事さんが飲みたい順番に注文しました。
 いきなり日本酒から飲んでも良いけど、ここは一つビールから。
 今夜は貸切満席、1人だと寂しいので友達を1人拝み倒して2人で参加です。
 友達は友達が多いので、ここ純ちゃんに何度も来たことがあって勝手を知っていて、助かります。

クリックすると拡大します

 福島の蔵元である夢心酒造が醸す「奈良萬(ならまん)」純米 生貯蔵。
 佐賀の蔵元である古伊万里酒造が醸す「古伊万里 前(こいまり さき)」純米。
 岩手の蔵元である赤武酒造が醸す「AKABU(あかぶ)」純米吟醸 一回火入。

クリックすると拡大します

 1品目は縞海老と甘海老。
 説明では「4人前、1人2尾でおねがいしまーす」と受け取りましたが、、、老眼なので8尾に見えません。
 味付けは塩、生えびを塩で食べる幸せ、素敵。

クリックすると拡大します

 群馬の蔵元である龍神酒造が醸す「ロゼの雪どけ」純米大吟醸。
 山形の蔵元である冨士酒造が醸す「栄光冨士 酒未来(さけみらい)」純米大吟醸 無濾過生原酒。
 山形の蔵元である亀の井酒造が醸す「くどき上手Jr. White 純真無垢」純米大吟醸 播州山田錦 生詰。
 富山の蔵元である若鶴酒造が醸す「苗加屋(のうかや) 玲碧(れいのへき)」純米吟醸 雄山錦。

クリックすると拡大します

 2品目は胡麻豆腐。
 ネット情報をみると、色々な豆腐をお店で作って提供している様です。
 出来たてなので芯が温かく、熱々の豆腐に山葵で頂きます。

クリックすると拡大します

 高知の蔵元である酔鯨酒造が醸す「酔鯨(すいげい)吟麗プレミアム」純米大吟醸。
 宮城の蔵元である寒梅酒造が醸す「宮寒梅(みやかんばい)EXTRACLASS 三米八旨(さんまいはっし)」純米大吟醸。
 埼玉の蔵元である小江戸鏡山酒造が醸す「鏡山(かがみやま)」純米 生もと無垢。
 滋賀の蔵元である冨田酒造が醸す「七本鎗(しちほんやり)」純米 80%精米 火入れ 玉栄。

クリックすると拡大します

 3品目はイワシの刺身。
 こちらも4人前ですが、1人一匹ですね。
 日本酒に合わせる「肴(さかな)」として最高であることから、魚(さかな)と呼ばれる様になったとか。
 ※諸説あります。

クリックすると拡大します

 静岡の蔵元である英君酒造が醸す「英君(えいくん) 夏の白菊」純米吟醸。
 愛知の蔵元である山崎合資が醸す「奥(おく) 夏かすみ吟醸」純米吟醸 生原酒 夢山水五割五分。
 新潟の蔵元である越銘醸が醸す「山城屋(やましろや)Standard class」純米大吟醸 生もと。
 新潟の蔵元である松乃井酒造が醸す「凌駕(りょうが) 弾ける夏」吟醸。

クリックすると拡大します

 4品目はイワシ(いわし?)のタタキ。
 こちらも4人前だけど、目分量は喧嘩になるので小分けして欲しいなぁ。

クリックすると拡大します

 タタキはそのまま食べても良いけど、「1人1枚でお願いします」の板海苔で挟んで食べると超美味しい。
 食べている間はしばし日本酒を休んで、お水を飲むのも大切。

クリックすると拡大します

 長野の蔵元である大信州酒造が醸す「大信州(だいしんしゅう) 純吟手の内」純米吟醸 生詰。
 兵庫の蔵元である山陽盃酒造が醸す「播州一献(ばんしゅういっこん) 夏辛」純米 兵庫北錦。
 群馬の蔵元である町田酒造が醸す「町田酒造(まちだしゅぞう)」鈴伝限定。
 福井の蔵元である田邊酒造が醸す「越前岬(えちぜんみさき)」純米 越前産復活米「九頭竜」 原酒 槽搾り。

クリックすると拡大します

 焼き万願寺唐辛子。
 大量に削りかつお節が掛けられていて、1人1本美味しく頂きました。

クリックすると拡大します

 石川の蔵元である白藤酒造店が醸す「奥能登の白菊 のとのなつやすみ」純米吟醸。
 こちらで19本目(19種類目)、日本酒の銘柄によって飲む量を調整していたので、酔っ払ってはいますが、もう飲めませんではありません。
 でもまあ、ちょっとしたレアな日本酒、とても美味しい日本酒ですから、飲み慣れていないお客さんはかなり良い感じ。

クリックすると拡大します

 サザエの壺焼き。
 調理方法は分からないけど、身は刻まれて醤油ベースのだし汁に沈められています。
 身が何個入っているか分からないので、二個食べたら隣りに回して。

クリックすると拡大します

 こちらサービスでーす、と。
 周りを見渡すと、「目がお腹一杯です」と言っていて、仕方なく独り占め、仕方なくラッキー。
 ああ、日本酒をいったん止めて、食べに専念しちゃったよ。

クリックすると拡大します

 三重の蔵元である瀧自慢酒造が醸す「瀧自慢(たきじまん)」純米吟醸 神の穂50。
 千葉の蔵元であるが醸す「稲花 絆(いなはな きずな)」特別純米 無濾過原酒 生詰。
 愛媛の蔵元である成龍酒造が醸す「伊予賀儀屋(いよかぎや) 清涼純米SEIRYO HANABI」しずく媛。
 京都の蔵元である木下酒造が醸す「玉川(たまがわ)」純米吟醸 祝 生酒。

クリックすると拡大します

 いわしフライ。
 最初の海老に使った塩を掛けて美味しく頂きました。
 最後のお酒は、三重の蔵元である木屋正酒造が醸す「而今(じこん)」特別純米 火入れ。
 片口だけが回され、瓶が回ってこなかったので、写真はありません。

クリックすると拡大します

 〆にTKG、誰が言い出したか、すっかり市民権を得たTKG。
 しかしまあ、日本酒をしこたま飲んでも、白飯を食べたくなる日本人って、どれだけお米が好きなんだろう。
 美味しく飲んで、美味しく食べて、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 新宿駅に着いたらロマンスカーが待っていたので、サクッと乗って帰宅。
 また、居酒屋の神様に微笑んでもらえて、貸切に誘われたら良いなぁ。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記