2019年08月13日

博多とんこつラーメンとは

/ゆで太郎西五反田2丁目店にて日替わり得セット(冷そば)、麺大盛り/豚骨ラーメン龍天@押上にて白豚骨/

クリックすると拡大します

 銀河まで見えるほど空が青く澄み渡っていて、全くもって暑い。
 こんな日は、どこにも出掛けたくないけど、どんなに暑くてもお腹は減るし。

クリックすると拡大します

 早起きは中華蕎麦のために、今朝はゆで太郎西五反田2丁目店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 今日は、ゆで太郎(システム)で今秋から導入を予定しているタッチパネル式の券売機を試験導入している店舗へ。

クリックすると拡大します

 ゆで太郎(システム)の券売機は、一部の店舗を除き、高額紙幣対応機と非対応機の2台体制ですが、両方とも高額紙幣対応機。
 初画面(トップメージ)はパネル選択式の構成で、次ページ以降はタブ選択方式になっています。
 新メニューの切り替え、これまでは人海戦術で対応していましたが、今後はソフトウェアの入れ替え(細かく言うとメニューテーブルの更新)ですので、センターから一括変更も可能です。
 券売機上部のポップは現状継承、この辺りがゆで太郎らしくて、実に嬉しいです。

クリックすると拡大します

 24時間営業の店舗では、日替わり得セットを24時間販売していて、毎朝10時にメニューが切り替わります。
 もちろん自動的に切り替えることも出来るだろうけど、どこまで自動化して、どこから手動(現場の裁量)にするかはとても大切ですね。
 これまで、お蕎麦の温、冷は、食券を店員さんに渡すときに口頭で伝えていました(一部の店舗では色違いのダブルクリップを導入)。
 タッチパネル式の券売機になってボタンの制約が大幅に改善されたので、温そば、冷そばのボタンが用意されています。

クリックすると拡大します

 頂いたのは、日替わり得セット(冷そば)570円、クーポン麺大盛り
 今日の日替わりはミニかつ丼、麺を大盛りするともり汁ダブルが基本かと思ったら、そうでもなく(お願いすれば2回まで無料サービス)。

 お蕎麦がキラキラ、キリッと冷水で締められていて、とても美味しい。
 かつ丼には大好きな紅生姜をたっぷり乗せて、と。
 美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、豚骨ラーメン龍天@押上(墨田区押上)へ。
 2014/7/2オープン、先行者のレビューを読むと、豚骨ラーメンは豚骨ラーメンでも博多とんこつラーメンらしい。
 「らしい」というのは、店内外のどこを見渡しても「博多」はおろか「九州」「久留米」「小倉」などの言葉を見つけられないからです。

 この地では、豚骨ラーメン、イコール、博多とんこつラーメンなのでしょうか(違いますよねぇ)。
 神奈川で豚骨ラーメンと言えば家系ラーメンを示すことも多いので、地域によって意味合いが異なるのかな。

クリックすると拡大します

 店内に入ると、厨房に面したJ字カウンター12席、先客1人、後客5人。
 卓上には白胡椒、辣油、酢、醤油、ブラックペッパーシルバー、紅生姜、ニンニク、高菜。
 口頭注文後会計、女性店員さんのワンオペですが、タイミングによっては男性だったり、複数人だったりします。
 メニューをみるとラーメンも多いけど、ラーメン以外のおつまみメニューがかなり用意されています。

クリックすると拡大します

 ラーメンメニューは、白豚骨650円、赤豚骨700円、黒豚骨700円、豚骨魚介つけ麺750円。
 醤油ラーメン700円、辛味ラーメン700円、スペアリブラーメン900円、海鮮ラーメン850円。
 って、たれは全て醤油でしょうか。
 冷やし中華や冷やし系ラーメンは用意されていないようです。

クリックすると拡大します

 セットメニューがバーンと紹介されています。
 鶏の唐揚げ、手造り焼餃子(いづれも300円)は、ラーメンとセットにすると20円引きになります。
 って書いちゃうと1行で終わっちゃうので、全てのラーメンメニューへセットした一覧を写真付きで用意されています。
 つか、「唐揚げ」「餃子」の文言と、それぞれの写真、お好きな麺の写真以外は全く同じに見えます。

クリックすると拡大します

 おつまみメニューは250円から350円まで24種類。
 私の感覚からすると、アジフライが200円なのにオクラが300円、ポテト350円なのには違和感があります。
 ドリンクメニューも用意されていますが、今回は頼まないので割愛。
 店員さんにラーメンを注文すると「麺の固さはどうされますか」と訊かれたので、「カタメンで」とお願いしました。

クリックすると拡大します

 白豚骨650円、2分程度で提供。
 スープは豚骨と言うより豚ガラを浅く煮出していて、何かに似せたり、何かを目指した味には感じません。
 しかしして、味わいがしっかりしたり、濃厚なら良いのかと言うと、ラーメンはそんな単純な料理ではありません。
 この味はこの味で立ち位置があるからこそ、この地で、11:00-00:30無休で、5年以上営業を続けているのだと思います。

クリックすると拡大します

 細麺は弾けるほどカタメン仕上げ、スープとの相性はまずまずです。
 トッピングは豚バラ肉チャーシューが二枚、細切りキクラゲ、長ネギ、板海苔二枚。
 板海苔を縦ではなく横に二枚、丼の縁に貼り付ける盛り付け方は、初めて見ました。

クリックすると拡大します

 麺を半分ほど食べたところで味変、卓上の紅生姜、おろしニンニク、高菜を乗せて食べました。
 とんこつラーメンですから、替玉100円(半替玉50円)が用意されていますが、今夜は遠慮しておきました。
 スルッと食べて、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記