2019年08月14日

第十一回焼き鳥の会

/ゆで太郎渋谷宮益坂店にて冷やし山海おろし、生卵/Japanese UDON noodle lab 麺屋 坂本01@大森にて鶏天ぶっかけ(冷)/焼鳥おみ乃にて第十一回焼き鳥の会/

クリックすると拡大します

 早起きは中華蕎麦のために、今朝はゆで太郎渋谷宮益坂店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げた路麺店ですが、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 立地の関係から、殆どはゆで太郎システムの店舗へ伺いますが、今朝は久し振りに信越食品の店舗へ。
 どちらの店舗のお蕎麦も美味しいのですが、面倒くさがりの私は同じ店にしか行かないというていたらく。

クリックすると拡大します

 メニューは同じ屋号のお蕎麦屋さんとは思えないほど異なっています。
 単品メニューはほぼ同じ、セットメニューは大幅に異なっています。
 どちらの店舗でも朝定食がありますが、ここはひとつ、山と海で。

クリックすると拡大します

 買った食券を1階の受付に出し、出来上がったらその場で受け取って席まで運びます。
 1階は立ち食いスペースのみで7席、地下一階は2人掛けテーブルが4卓、壁向きカウンター6席、中央に楕円形の立ち食いスペース16席。
 朝の渋谷はノーゲスかと思っていたら、一階にも地下にもお客さんがいました。

クリックすると拡大します

 夏期限定メニューの冷やし山海おろし520円、クーポン生卵。無料トッピングクーポンはどちらの店舗でも共通で使用できます。
 蕎麦つゆはキンキンに冷えていますが、お蕎麦は芯に熱が残っていて、これが信越食品クオリティ、美味しいですね。
 山はなめこ、海はめかぶ、野に大根おろし、地に生卵、愛はサービス揚げ玉。
 美味しく頂き、ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 お昼は、Japanese UDON noodle lab 麺屋 坂本01@大森へ。
 これまでは店員さんとのお喋りが楽しみで、お喋り出来るとは限らないけど、まま、ビジータイムを避けて伺っていました。
 同じ事を続けられない私、今日はランチタイムど真ん中に伺うと、先客2人、後客6人と常時ほぼ満席状態。
 ひょっとして空いていたらどうしようという心配は杞憂に終わり、ほっと胸を撫で下ろします。

クリックすると拡大します

 店内に入り券売機で食券を買います。
 先月とメニューは同一ですが、「山椒抜き出来ます」のテプラ(じゃないけど)が貼られています。
 食券を買って、空いている場所に立ち、食券を店長さんに渡すと、「バイトの子が夏休みなので、夜まで一人なんですよ」と。
 がんばって下さいとは気軽に言えないワンオペ、十分に身体に気を付けて。

クリックすると拡大します

 程なくして鶏天ぶっかけ(冷)500円
 うどんは茹で上げて冷水に泳がせていますが、種物を揚げる時間が掛かるので、提供まで数分掛かります。
 更に磨きが掛かった盛り付け、うどんの整え方も良くなって、するりと食べられます。
 鶏天は鶏のささみ、筋を切るなどして食べやすくしているので、スッと儼み切れて、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 ラーメンの世界では、スープまで飲み干すことが美味しかった証と考えられていますが、お蕎麦やうどんはどうなんだろうか。
 もったいなくて、私は飲み干してしまいますけどね。
 美味しくいただき、ご馳走さまでした。

クリックすると拡大します

 今夜は焼鳥おみ乃、第十一回焼き鳥の会
 いつも通り4人で予約していますが、今日は二人が初訪問です。
 多くの人にお店を紹介して、多くの人に美味しい焼き鳥を食べてもらえたらいいな。
 とは言え、私が紹介できるのは2ヶ月に一人か二人程度、その程度では何の影響もないでしょうけどね。

クリックすると拡大します

 定位置になったと信じて疑わない右隅のカウンター席へ案内されます。
 飲み物を伝えながら、つくねとちょうちんをお願いし、今日の料理を確認すると前回と同じです。
 さて、ビールで乾杯、今日も暑い中をお疲れ様でした。

クリックすると拡大します

 スタートアップは、さび(ささみ)と血肝(ちぎも)から。
 丁寧に焼き上げた焼き鳥は、どちらもふんわりとした食感で、とても嬉しい。
 この焼き鳥が、今夜はおみ乃で焼き鳥を楽しむぞという気持ちを高ぶらせてくれます。

クリックすると拡大します

 続いて泉州水茄子、何回でも食べたい美味しい水茄子ですが、今年は今日で最後だろうなぁ。
 食べるとスッと歯が入っていき、瑞々しさに包まれた甘さ、美味しい。
 ひとつづつ食べて、焼き鳥の合間々々に食べると、ちょうどいいです。

クリックすると拡大します

 銀杏。
 3つ1度に食べたいところ、2つずつ二回に分けて頂きます。
 今までより気持ち粒が小さめで、火の通りが強かったような気がしますが、銀杏の味自体は今まで通り美味しい。

クリックすると拡大します

 砂肝。
 夏は鶏が痩せるのだろうか、小粒でコリッとした食感が硬めです。
 個人的には身厚より小粒の方が好みなので、知らない内に好みがバレてしまっているのかも知れない。

クリックすると拡大します

 今夜の1杯目は、鳥取の蔵元である諏訪酒造が醸す「諏訪泉(すわいずみ)満天星 そら」純米吟醸 生酒 30BY。
 自身の財力と、料理に対する好みを考えると、伺うお店の幅って決して広くないので、出てくるお酒も似たり寄ったりです。
 店員さんが私が前回何を飲んだか覚えているとは思えないけど、毎回違うお酒から出して貰えるのは、とても嬉しい。

クリックすると拡大します

 厚揚げ。
 いつも通り美味しい美味しいと頂きましたが、初訪問の2人も美味しい美味しいと喜んで下さいました。
 味は好みなので、自身の好みを押し付けたり、同意を求めたりするのは愚行の極めなのですが。
 それでも、美味しい美味しいと食べてくれると、嬉しい。

クリックすると拡大します

 はつ。
 まるごと焼き上げるので「まるはつ」と呼ぶお店もありますが、おみ乃でははつははつ。
 おろし生姜と合うことを誰が発見したのか分かりませんが、私は美味しい焼き鳥を美味しく頂くだけです。

クリックすると拡大します

 干し椎茸 冬茹(どんこ)。
 いつにも増して醤油が薄く、ほぼ掛けられていない椎茸焼き、しかしして、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 せせり。
 今日のせせりは脂身が多めで、これはこれで特徴のある美味しさです。
 この辺りで忘れていた調味料をちょっと使ってみる余裕、これまでの自分とは違うのだよ。

クリックすると拡大します

 2杯目は、山形の蔵元である羽根田酒造が醸す「俵雪(たわらゆき) 夏純吟」純米吟醸 30BY。
 夏酒であっても15度あり、すっきりしていないかと思ったら精米歩合50%として、すっきりした飲み心地。
 私は断然日本酒派ですが、焼き鳥にはビールが合う、または気取って白ワイン、が多いのかな。

クリックすると拡大します

 かっぱ。
 毎回、部位は同じだけど、毎回、大きさと味わいが違うのがとても楽しみ。
 今回は全体的に小ぶりで、焦げ部分が多め、これはこれで美味しい。

クリックすると拡大します

 なす。
 水茄子も美味しいけど、焼き茄子も美味しい。
 パラパラッと舞う様な花鰹と、染みこませるような醤油の加減がさらに美味しくさせます。

クリックすると拡大します

 つくね。
 これまでのつくねは団子状になっていて、それはそれで美味しかったのですが。
 今日のはふんわりと握ってあって、火の通りも抜群で、自分史上、最高のつくね。

クリックすると拡大します

 アスパラガス。
 少し焦げ目が多い様に感じましたが、食べてみるとサックサクの瑞々しさ。
 ちゃんと長さを合わせて5等分、って凄いですね。

クリックすると拡大します

 3杯目は、神奈川の蔵元である大矢孝酒造が醸す、「残草蓬莱(ざるそうほうらい) Queeen」純米吟醸 槽場直詰生原酒 30BY。
 クイーンのスペルはQueenですが、「イーお酒」と言うことで、Queeenと命名。
 今日は焼きのタイミングが早くて全体的に杯数が少なめで、その分、お財布にもやさしめです。

クリックすると拡大します

 ちょうちん。
 鶏肉も美味しいんだけど、卵が絶妙に美味しくて、目を開けていられない美味しさ。
 仕入れの関係で必ずあるわけじゃ無いので、席に着いたら直ぐにお願いしなければ、なりません。

クリックすると拡大します

 かしわ。
 部位はもも肉で、おみ乃の焼き台に並べられている炭の温度差を考慮して、大きさを加減して串打ちしてあります。
 しっかりした食べ応えで、七味を振って美味しく頂きました。

クリックすると拡大します

 手羽先。
 おみ乃史上最大、こんなに大きな手羽先は中々お目にかかれません。
 箸を使わずに手で持ってガシガシと食べるのがふらわ流、食べ終わった頃を見計らって店員さんがおしぼりを渡して下さいます。

クリックすると拡大します

 4杯目は、神奈川の蔵元である川西酒造が醸す「丹沢山(たんざわさん) 秀峰」純米酒 阿波山田錦 無濾過生原酒 30BY。
 ほほぉ、秀峰が置いてあるとは知りませんでしたし、このタイミングで出して下さるのも嬉しい。

クリックすると拡大します

 白玉。
 うずらを絶妙な手さばきで半熟に焼き上げてあり、何度食べても驚く美味しさ。
 初訪の2人にも大いに驚いてもらいました。

クリックすると拡大します

 かわ。
 鶏で一番脂身が多い皮、首の皮を束ねて焼き上げてあり、こってりとした美味しさ。
 日本酒が進みますなぁ。

クリックすると拡大します

 ジャガバター。
 この料理は初めてで、聞いたことの無い銘柄の芋じゃないんだ。
 つか、バターは熱いよ、美味しいけど。

クリックすると拡大します

 ソリレス。
 両ももの内側の付け根にある部位で、周りの皮を回して一緒に焼くと、これがまた美味しい。
 軽く山葵、ひとつづつ味わいながらいただきます。

クリックすると拡大します

 ズッキーニ。
 申し訳ない、熱すぎて味がよく分かりませんでした。
 って、その中で〆のご飯ものを頼むタイミングになっていて、他人に食を押し付けてはいけないと言いながら、親子丼を押し付けます。

クリックすると拡大します

 親子丼。
 運ばれてきてからも調理が続いていて、玉子が少しずつ固まっていきます。
 圧倒的に親より子が多い親子丼、男子は一人一丼ですが、女子は半分程度で十分だと思います。

クリックすると拡大します

 鶏スープ。
 会計をしている間にどうぞと出して下さり、熱々だけどふうふうして飲むと、とても濃厚な美味しいスープ。
 ちなみにこの日も個別会計、一括会計だとお店側の計算は楽だけど、飲める人が遠慮して飲まなくなるので、最近は個別会計が増えているという。
 もちろん、定額の食事会、コース料理は話しは別です。

クリックすると拡大します

 会計を済ませたら次回の予約を取ります。
 今夜も美味しく頂き、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記