2019年09月24日

休み明けは味噌らーめん

/麺屋翔品川店にて味噌らーめん/

クリックすると拡大します

 休み明けは仕事が溜まっているのは当たり前のことで。
 溜められたくらいなので、どうしても今日中に対応しなくてもいいと言えばいいのですが。
 出来るだけやっておきたいと思うのが信条、朝も昼も食べずに頑張って、夜。

クリックすると拡大します

 夜は、麺屋翔品川店(ホームページ)へ。
 こうして夜営業に伺ったのは、新規オープンした時以来かも知れない。
 品達のどの店舗も外待ちが無いのに、麺屋翔だけ10人以上並んでいます。
 本当は喜ぶべきことですが、早く飲みたい私はやきもきしてしまいます。

クリックすると拡大します

 開店当初から通っているのに、食べているメニューが偏っていて、全メニューを食べられていないんだよな。
 ここでおさらいしておくと、終日販売の香彩鶏だし塩らーめん、香彩鶏だし醤油らーめん。
 夜限定の味噌らーめん、辛味噌らーめん。
 数量限定の鶏白湯つけ麺、品川店限定の塩清湯つけ麺。

クリックすると拡大します

 程なくしてカウンター席に案内され、店員さんに食券を渡します。
 先ずは日本酒700円、今夜は品川で一人お疲れ様会♪

 日本酒はあさ開、「スタッフ八重樫の故郷、岩手県のお酒」ですと案内があります。
 2種類あるので純米酒では無い方の、あさ開 本醸造 生貯蔵酒 生缶。

 合わせた料理は鶏皮ポン酢350円、食券制なのでアレですけどね。
 周りを見渡しても、鶏皮ポン酢をアテに日本酒を飲んでいるお客さんは見当たりません。
 日本酒、一合って意外と多いよね、かなり酔うわ。

クリックすると拡大します

 ゴーヤおひたし100円。
 鰹出汁を当て、白ごまをさっと振った逸品、これは美味しい。

クリックすると拡大します

 さてさて、遅くなる前に味噌らーめん840円
 味噌ラーメンは本店では毎水曜のみ、品川は夜のみ、似て非なる一杯、、、いや、かなり違うわ。
 ひき肉を利かせつつ玉ねぎをスープで煮込んである、とろんととろみを感じる味噌スープ、美味しいですなぁ。

クリックすると拡大します

 森住製麺の縮れ中細麺、味噌スープによく合います。
 トッピングは、豚バラ巻チャーシュー、豚肩ロースレアチャーシュー、材木メンマ、味玉。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月23日

再び、山もとへ

/麺処うたり相模大野駅前店@相模大野にて半チャーハン、味噌らーめん/焼鳥山もとにておすすめの焼鳥/

クリックすると拡大します

 10連休も今日でお終い。
 明日からの出勤に備えて、今日はのんびりしたいところですが、今日だからこそ取れた予約。
 さて、その前にラーメンでも食べますか。

クリックすると拡大します

 相模大野駅北口から徒歩数分の、麺処うたり相模大野駅前店@相模大野(相模原市南区相模大野)公式ツイッター)へ。
 2018/9/28にオープンした平塚四之宮店に続いて2019/7/31オープン、小田急グループの神奈川中央交通(神奈中)が運営する花楽のセカンドブランド。
 セカンドブランドというか、花楽をリニューアルしてオープンさせていますが、さて、花楽は全てうたりに替わってしまうのか。

クリックすると拡大します

 広めに用意された二重ドアの風除室にメニューが掲げられています。
 うたりは口頭注文後会計ですので、席に着いてゆっくりメニューを選べる楽しみがあります。
 ですが、満席で案内待ちの間、何を食べようかなぁって眺める楽しみも用意されています。
 ラーメンは味噌、塩、醤油、トッピングは味玉やチャーシュー、メンマなど。
 サイドメニューは餃子、フライドポテト、鶏の唐揚げ、飲み物はつまみも揃っています。

クリックすると拡大します

 店内はゆったりしており、右手のガラス壁向きにカウンター10席、左手の厨房を向いたカウンター8席、奥にはテーブル席として4人掛けが2卓、3人掛けが1卓、2人掛けが2卓。
 一人客で入店し、カウンター席が空いていないとテーブル席に通されるのを避けるため、ちらっと外からカウンター席が空いているのを確認してから。
 というか、テーブル席は全て埋まっていました。

クリックすると拡大します

 つつがなくカウンター席に案内され、もう一度メニューを眺めてから注文します。
 卓上には辣油、酢、醤油、七味唐辛子、白胡椒。
 お冷を飲みながらラーメンの出来上がりを待ちます。

クリックすると拡大します

 先ずは、半チャーハン350円
 調理が見える店舗で、ちょっと待てばラーメンが提供されそうなら、ラーメンの出来上がりを待って、一緒に並べて記念撮影してから食べますが。
 このまま待つ選択肢もありますが、チャーハンがすっかり冷めてしまう危険性があるので、すぐに食べ始めます。

クリックすると拡大します

 卵とネギと調味料で仕上げたチャーハン。
 ラーメンの共用のレンゲですくって食べると、しっとりとパラパラの間の様な食感で美味しい。
 まあ、月に一度もチャーハンを食べないので、どこで食べても大抵美味しく感じてしまうのですが。

クリックすると拡大します

 チャーハンを半分くらい食べたところで味噌らーめん780円
 赤味噌と白味噌をブレンドした味噌たれを、豚ガラ、鶏ガラスープで溶かし、化学の力で整えた安定した味わい。
 モヤシをスープで煮込んであって、モヤシも美味しければ、スープも美味しい。
 ラードが多めでスープが最後までアツアツ、猫舌の私はお冷やのコップから手が離せません。

クリックすると拡大します

 小林製麺の縮れ中細麺を合わせ、幅広い年齢層が美味しいと感じる優等生的な麺です。
 トッピングは味噌ラーメンには珍しいチャーシューがしっかり二枚、細切りメンマが食感に変化を与え、おろし生姜が甘くだれ気味のスープを引き締めます。

 うたり(花楽)でラーメンに初めて接する人も多いだろうから、この値頃感、この美味しさがラーメンの基準になるんだろうな。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は焼鳥山もと、三鷹駅から歩くこと5分くらい。
 去年の12月以来の訪問、年に一度では「毎回初訪」と変わりません。
 お店は1ヶ月先程度までしか予約できないのと、18:00、18:30、20:30、21:00、21:30のスタートなので平日は私にとってほぼ伺えません。
 ですから、予約表を見て、土日営業される18時スタートを予約してから、付き合ってくれる人を探す感じ。

クリックすると拡大します

 先ずはビールで乾杯、ビールは何種類か用意されていますが、今夜はキリンラガーで。
 少し醤油を垂らした鬼おろしの大根と、味噌の何か(忘れてしまった)。
 鬼おろしは自動補充されないので、食べ切らないように、焼き鳥の口直し的に食べます。
 さて、焼き鳥が焼き上がるまで、少しつまみますか。

クリックすると拡大します

 炙り鶏皮ポン酢580円。
 丸っとした皮主体の鶏皮ポン酢しか知らなかったけど、炭の香りを移した鶏皮を細切りし、いい感じで野菜と合わせてあって。
 一品目なのに二人で取り合いになりそうなほど美味しい、どうしましょ。
 鶏皮ポン酢と言っても色々な種類があることを知りました。

クリックすると拡大します

 白レバのたたき〜ねぎ塩〜480円。
 ちょーっと、ねぎ塩と刻み海苔が多いかと思いましたが、なんてことなく、白レバが濃厚すぎます。
 「たたき」なので火を当てた程度の白レバ、再び二人で取り合いのなりそうほど美味しい。

クリックすると拡大します

 ビールを飲み終わったので、壁に並んでいる日本酒を指さして「あれ、ください」と。
 鳥取の蔵元である太田酒造場が醸す「辨天娘(べんてんむすめ)」純米にごり酒 玉栄 23BY。
 前回は「おお、一杯目から燗か」と驚きましたが、今回は「もちろん、一杯目から燗で」と。
 にごりの燗酒、温度調整が難しいけど、きっちりと上燗、一口目から美味しい。

クリックすると拡大します

 今日も前回同様、「おすすめの焼鳥、七本コース1,380円」をお願いしました。
 一串目は丸はつ210円。
 炭にくっつくほど近くで焼き上げてあり、炭の香りがビンビン伝わってくるはつ、美味しい。
 コースであってもさびから始めないのが、山もとの矜持なのか。

クリックすると拡大します

 続いてせせり210円。
 精肉に伊達鶏、内臓は大山どりと使い分けているそうで、せせりは大山どり、食べ慣れた美味しさ。
 焼き上げてからぱらっと実山椒が振られていて、僅かな痺れがとても良い。

クリックすると拡大します

 広島の蔵元である竹鶴酒造が醸す「竹鶴(たけつる)」純米酒 八反 26BY。
 良い色に色づいていますなぁ、美味しくいただきます。
 燗酒なので平盃で飲むのが最善なのですが、どうしても飲み過ぎてしまって、、美味しいんですけどね。

クリックすると拡大します

 やげん280円。
 ここまで肉を残しているやげんは初めて、炭の香りと共にコリコリと美味しくいただきます。
 開店時に空いていた席に、この時点でお客さんが入って満席、みんなきっちり予約しているんですね。
 ほぼ2人客でしたが、1人客が1人いて、私もそういう感じでスマートに焼鳥が食べたいなぁ。

クリックすると拡大します

 うずらの卵280円。
 炭にくっつけるように近づけて焼いているので、炭の跡が付いているじゃないな。
 半熟の半熟に仕上げてあって、とろっとろのうずら、美味しいですなぁ。

クリックすると拡大します

 埼玉の蔵元である神亀酒造が醸す「神亀(しんかめ)」純米酒 28BY。
 神亀にしては寝かせていない感じですけど、いつ飲んでも美味しい神亀。
 今更ながら、お銚子と平盃に「焼鳥山もと」と「和牛クラブ」の二種類があることに気が付きます。
 つまり、同一経営の和牛クラブでも日本酒を出しているんだ。

クリックすると拡大します

 抱き身280円。
 胸肉ほどの肉身に皮が付いていて、とても食べ応えがあります。
 せっかくなので調味料をと、卓上を探しても、何も置かれていないんですね。

クリックすると拡大します

 砂肝210円。
 大手チェーン店系の焼き鳥を除けば、私の知っている砂肝は塩焼き。
 こちらのは塩で焼いてからバルサミコを引いていて、独特の、山もとで無ければ食べられない味わい。
 ここでコースの7本はお終い、さてさて、少し追加しますか。

クリックすると拡大します

 追加の焼鳥の前に、日本酒を変えて、と。
 神奈川の蔵元である泉橋酒造が醸す「いずみ橋 恵(めぐみ)」山廃もと仕込 海老名耕地80% 30BY。
 大好きないずみ橋、飲むときはほぼ冷やですが、久し振りに燗で。

クリックすると拡大します

 つくね280円。
 きりたんぽのように細長いつくねもあれば、お団子型のつくねもあって、あのつくねもこのつくねも美味しい。

クリックすると拡大します

 大阪の蔵元である秋鹿酒造が醸す「奥鹿(おくしか)」速醸 山田錦 無濾過生原酒 23BY。
 「奥鹿」は蔵内で3年間の熟成期間を経て販売されますので、もう、燗付するために販売されている熟成酒。

クリックすると拡大します

 心残り210円。
 「こころのこり」とは心、つまりハツ残り、血管の部分です。
 この辺りになって、やっと店員さんと話ができるようになり。

クリックすると拡大します

 鳥取県の蔵元である山根酒造場が醸す「日置桜(ひおきざくら)」純米酒 生もと(きもと) 玉栄(たまさかえ) 25BY。
 最初から最後まで燗酒、いやいや、たっぷり飲みました。

クリックすると拡大します

 ラストはちょうちん280円。
 ちょうちんは、本物と模したものがありますが、こちらのは本物。
 串を食べ終わったので、〆を食べますか。

クリックすると拡大します

 親子丼980円。
 黄身が乗せてあるのもいいですね、三つ葉も散らしてあって。
 2人で食べましたが、思いの外、量があって、とても美味しくて。

クリックすると拡大します

 磯辺焼き280円。
 昔々、盛り場に軽トラの屋台を改造して販売されていた磯辺焼き。
 思いっきり炭の香りのする味わい、美味しかったぁ。

クリックすると拡大します

 お手洗いに向かう途中にある、店内貯蔵の日本酒。500本とも700本とも、3年とも4年とも。
 美味しい焼鳥、美味しい日本酒をご馳走様でした。
 楽しいおしゃべりに付き合ってくれて、ありがとうございました。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月22日

藤沢で二軒

/北海道らーめん零一壱@長後にて白味噌らーめん/湘南トマトラーメンOKAGESAMA@湘南台にて生シラスと釜あげシラスご飯、トマトラーメン/

クリックすると拡大します

 雨が降り始める前にバイクで出掛けます。
 いずれ定年になり、いずれ都心に出て行くことが億劫になり、こうして地元のラーメン店しか行かれなくなり。
 いやラーメン店、いや外食すらしなくなる日はそう遠くない。
 来たるべき日に向けて、できることからひとつづつ。

クリックすると拡大します

 長後駅からほど近い国道四六七号線沿いの、北海道らーめん零一壱@長後(藤沢市長後)へ。
 喜多方ラーメン、九州とんこつらーめん味道の跡地に、2010/7/30オープン。
 店名はもちろん北海道の市外局番から。
 大箱に見えて個人店らしく、営業時間は11:30-15:00 18:00-23:30と中休みがあります。

クリックすると拡大します

 店内は広々としていて、先ずは左手の券売機に向かいます。
 メニューは白味噌らーめん750円、醤油らーめん650円、塩らーめん650円。
 つけ麺とか混ぜそばはありません。
 他はご飯物、餃子、缶ビール缶チューハイ。ジュースは店外の自動販売機で購入して下さいと券売機にかかれています。

クリックすると拡大します

 先客10人、後客10人、お冷やを置いて下さったカウンター台の席に座りながら、食券をカウンター台に置きます。
 厨房を囲むカウンター9席、4人掛けテーブルが2卓。
 卓上には辣油、酢、醤油、テーブルコショー、一味唐からし、おろしニンニク、豆板醤。
 案内されたカウンター席からは調理がよく見え、効率とか早く提供することより、一杯々々心を込めて丁寧に調理することに重きを置かれているようです。

クリックすると拡大します

 10分ほど待って、白味噌らーめん750円
 ラード多めの熱々スープは化調多めの白味噌仕立て、スープを煮立てるときに合わせている野菜は、白菜、もやし、ねぎと真っ白づくめ(券売機も真っ白。
 一年を通してキャベツを使わずに白菜なのは素晴らしい、ニンジンは付け合わせ程度。
 北海道の味噌といえば赤味噌と信じていましたが、白味噌も美味しいです。

クリックすると拡大します

 西山製麺の縮れ中細麺はやや固め仕上げ、スープとの相性は相思相愛。
 味噌ラーメンにはチャーシューやメンマをトッピングしないことも多いのですが、こちらでは大ぶりの豚肩ロースチャーシュー、数本のメンマ。
 白味噌スープにによく合っていて、とても美味しい。

クリックすると拡大します

 ラーメンに今風のフックやパンチはありませんし、食材の産地や調理方法に拘ってもいません。
 毎日でも食べられるラーメンを突き詰めていくと、味噌ラーメンは味噌汁になりますね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 車をすすっと走らせて、秋葉台公園正面の、湘南トマトラーメンOKAGESAMA(おかげさま)@湘南台(藤沢市石川)へ。
 2017/6/30オープン、鎌倉で丼を扱っていた店主さんが、いつかはラーメン屋を、と転身されたとか。
 藤沢や藤沢の先にクルマかバイクでラーメンを食べに行くと、お腹いっぱいになった帰りに店先を通ること、数回。
 このままではいつまで経っても食べられないので、この店を目指して伺いました(2軒目ですけど、何か)。

クリックすると拡大します

 店内に入る前に、貼り出されたメニューを見ます。
 ネット情報ではトマトラーメン850円のワンメニューに思えましたが、中華そば正油750円、塩750円もあるんですね。
 トマトラーメン専用のトッピングは、湘南ミニトマト100円、とろけるチーズ80円、ニラ50円、酢漬け唐辛子50円とありますが、中華そば用のトッピングは見当たりません。
 御飯物は単品で湘南しらす丼900円、セット御飯として地魚ごはん400円、釜揚げしらすごはん300円。

クリックすると拡大します

 店内に入ると店内中央の仕切りに向いたカウンター4席、左手に4人掛けテーブル、奥の厨房に面したカウンター7席。
 口頭注文後会計、卓上には辣油、コショー、豆板醤、おろしショウガ。
 私は提供されたときや食べたときの新鮮さを大切にしたいので、ラーメンについてできるだけ調べておかない様にしていますが。
 トマトラーメンって、中華鍋を振って調理されるんですね。

クリックすると拡大します

 ラーメンが出来上がる前の場繋ぎにしては立派すぎる、生シラスと釜あげシラスご飯300円
 生シラスが入荷したときだけの特別メニュー、釜あげシラスの半分を生シラスとしても値段は据え置き。
 シラスの上にはおろし生姜と白ネギ、大葉を添えてあり、醤油をサッと掛けて食べる、旨い。
 シラスご飯が旨いだけじゃなく、茄子と豚肉の小鉢が付いて、この値段とは、何がどうなっているのか。

クリックすると拡大します

 シラスご飯を半分ほど食べたところで、トマトラーメン850円。「お好みでどうぞ」と唐辛子酢が付きます。
 中華鍋を振って、スープに湘南ミニトマトと溶き卵、カット豚肉を合わせ、ニラを散らしています。
 スープは飲んだ感じではフォンドボーかな(調べてみると豚骨の上湯スープとのこと)、トマトの酸味と甘味を活かしつつ、豚肉が深く美味しい。

クリックすると拡大します

 大宝めんの平打中細麺はやや柔らか仕上げ、良い感じでスープに寄り添っています。
 マリネしたトマトをセンターに置き、トマトの赤、刻みニラの青、白髪ねぎの白、トリコロールカラーってことですね。
 今まで色々なトマトラーメンを食べてきたけど、ここまでトマトとしっかり向き合ったらトマトラーメンは初めて。

クリックすると拡大します

 全体的に甘めの味付けになっているので、途中から唐辛子酢(赤唐辛子、青唐辛子、生ニンニク)を入れてみます。
 辛さよりスープの甘さをキュッと締めて、美味しいスープが更に美味しく。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 もう、彼岸花の季節です。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記