2019年09月07日

地酒考

/自宅でそうめん/博多糟屋らーめん あかつき 北金目店にて島原手延べそうめんセット(そうめん+半焼き飯)/晩酌/

クリックすると拡大します

 特別に用事がない休日は、慌てて出掛ける用事を作らずに、家でのんびりすることにしている。
 仕事が忙しいとか、平日に飲み歩いているとかではなく、単に人生に疲れているから。
 終わりが見えてきたとき、最後の一瞬まで輝きたいと思うのが人情だろうな。

クリックすると拡大します

 朝とお昼の兼用、自宅でそうめんを作りました。
 作ると言っても、そうめんを茹でて、ネギを切って、濃縮のお汁を水で薄めただけだけど。
 自分的には十分満足の一杯、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜になって、このまま一日が終わるのもアレなので、ラーメンでも食べに行くかと。
 訪問の間隔が空いてしまったお店に行ってみたら、臨時休業というか勝手に中休み。
 場所柄、通し営業は無理があるとは思っていたけど、まま、いつやっていつ休むかはお店の自由ですからね。
 しかしして、お店の勝手して、「お客さんが来なくて厳しい」って言われても何とも。

クリックすると拡大します

 夜は、博多糟屋らーめん あかつき 北金目店@平塚市北金目へ。
 安定して営業されているし、特別に限定メニューがあるわけでもないお店は、どうしても足が遠のきがち。
 自宅からバイクで10分圏内なので、もう少し行けよ、的な。

クリックすると拡大します

 店内に入り、左手の券売機に向かい、何か見かけたことのないメニューは無いかなと視線を走らせるまでもなく。
 左上にポップが、博多とんこつラーメン店なのにそうめん?
 じゃそれで、と券売機のボタンを探します。
 何とか探してポチリ、、、うーん、他のメニューも食べてみないとな。

クリックすると拡大します

 店員さんに食券を渡すと「麺の固さはどうされますか?」と訊かれます。
 そうめんも固さの指定ができるのか、と訝しがりつつも「普通で」と答えると、改めて食券を確認した店員さんの顔が「あっ」でしたので、マニュアル通りに訊いただけ、でしょう。
 ここで「カタメンで」と答えたら、固くしてくれたのかな、どうだろうか。

クリックすると拡大します

 先ずは半焼き飯。半焼き飯は単品だと350円ですが、セットだと250円増し。
 この小鉢分のチャーハンを大きな中華鍋を振って調理して250円、、、何とも大変な仕事だと推測します。
 ぱっらぱらの食感にネギと卵とシンプルは味付け、美味しいですねぇ。
 あっ、紅生姜は自分で乗せました。

クリックすると拡大します

 程なくして、島原手延べそうめんセット(そうめん+半焼き飯)850円、そうめん単品だと600円。
 ラーメン丼に冷水を張って素麺を泳がし、茗荷と大葉、角氷を浮かべてあります。
 貧乏性なのでついつい多めに麺を手繰ってしまいますが、専用のお汁で頂けば、何とも素朴な味わいで、とても美味しい。
 薬味の万ネギはぱさっとお汁に入れ、柚子胡椒は時々箸で味わいます。

クリックすると拡大します

 茗荷と大葉は食べるタイミングが難しいのですが、ま、適当に。
 ラーメン屋で素麺、やってみたら結構ウケると思うけど、やってみる勇気が難しいですね。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 晩酌
 神奈川の蔵元である清水酒造が醸す「巖乃泉(いわおのいずみ)」醸造酒。
 神奈川には蔵が13あり、日本酒好きを標榜するなら13蔵の日本酒を飲んどけよと考えていて、やっと飲めました。

 大げさに言うつもりはないけど、地にしか出回っていないからこそ地酒。
 清水酒造の日本酒は(特別な酒販店、飲食店を除いて)その地に行かないと買えない。
 ですので、清水酒造を扱う酒販店を探して、買いに行ってきました。
 日本酒の愛し方は人それぞれ、全国区の日本酒をジャバジャバ飲むのも良し、高級酒をありがたく飲むのも良し、私は地酒を地で飲みたい。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記