2019年09月11日

鰹の刺身

/NOODLE VOICE@池袋にて淡麗塩ホタテそば/豚骨清湯・自家製麺 かつら@黄金町にてカツオ竜田揚げ、鰹と煮干し涼麺/

クリックすると拡大します

 お昼は、NOODLE VOICE@池袋(豊島区西池袋)公式ツイッター)へ。
 世のラーメン好きは都内はもとより全国を縦横無尽に食べ歩いているというのに、私は定期券外と言うことだけで、池袋が途端に遠くなります。
 ま、いいか、夏も終わって涼しくなってきたし。

クリックすると拡大します

 夏季限定メニューと入れ替わりに9/11より販売開始された、秋季限定メニューの『淡麗塩ホタテそば』。
 昼夜各20食ずつの販売、たまたま立ち寄ったら限定メニューの販売開始日でラッキーです。
 店内に入り、食券を買って店長さんに渡すと、「麺量はどうされますか」と訊かれます。
 自家製麺と言うこともあり、ランチタイム(11:00-15:00)は全品で並、中、大が同額、並の麺量はメニューによって異なります。

クリックすると拡大します

 うーん、並で。
 並がスープとのバランスが一番良い、ではなく、昨日、鰻を食べ過ぎて、まだお腹が空いていない。
 座った席にもよりますが、入口近くに大きめの壁掛けテレビがあり、ラーメンの出来上がりが退屈しません。

クリックすると拡大します

 程なくして淡麗塩ホタテそば880円
 「淡麗」とは言うけど、あくまでも、この店の「濃厚」に対しての「淡麗」。
 濁りの強い鶏清湯と言うべきか、濁りの薄い鶏白湯と称するべきか、正にその中間狙いのスープは帆立たれと相まって、とても美味しい。
 「(透き通った清湯とか)他店でやっているスープはやりたくないので」の意気込みは大賛成、とは言え実際にラーメンへ落とし込めるのは和食出身の杵柄なのだろう。

クリックすると拡大します

 全粒粉入り細麺はやや柔らか仕上げで、個人的にはこれ以上無い好みの茹で加減です。
 トッピングは鶏モモチャーシューが二枚、材木メンマが数本、煮ホタテが二つ、柚子がひとかけ、板海苔が一枚、薬味ねぎ。

 麺相(見た目)はとても大切ですが、スープと麺の美味しさを少し邪魔している感じがします。
 しかしして、そんなところにしかケチを付けられないほど、完成度が高い。
 スルッと食べて、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、豚骨清湯・自家製麺 かつら@黄金町(横浜市南区前里町)公式ツイッター)へ。
 こっそり、横浜では五本の指に入るほど慕っているのですが、月に一度しか行かないとはどーゆーことよ。
 まま、これからちゃんと食べに行けば良いじゃ無いですか。

クリックすると拡大します

 店先に綺麗にメニューが貼り出されていて、営業時間変更のお知らせも。
 メニューを見ると、上部のパウチはラーメンと餃子、揚げ雲呑、ご飯物など。
 下のパウチは飲み物と夜限定メニュー、SNSのアドレスが紹介されています。
 それでは、美味しいラーメンを食べますかと、ガラッと店内に入ると、半分以上の入り。

クリックすると拡大します

 手前の空いているテーブル席(店内は全てテーブル席)に案内されます。
 強く願えば思いは通じる、とばかりに日本酒スタート。昨日も飲みましたが、何か。
 広島の蔵元である醉心山根本店が醸す「醉心稲穂(すいしんいなほ)」純米吟醸、一杯700円(安い)。

 若い頃は先に料理、合わせる日本酒でしたが。
 歳を取ると、先に日本酒、の味を見てから料理を合わせるようになり。

クリックすると拡大します

 合わせるアテは、葉山あぶづり港からのカツオ竜田揚げ380円
 鰹の切り身は衣が薄く感じほど身厚で、ほっくほくの揚げ加減、二つをマヨネーズで、残りを醤油で美味しく頂きます。
 これでこの値段は何かの計算を忘れているのでは無いか、これだからラーメン屋の一品料理は楽しみ。
 しかしして、このまま二杯、三杯と盃を重ねられないのが、歳を取った証。まーしゃーない。

クリックすると拡大します

 程なくして鰹と煮干し涼麺900円
 立派なパウチまで制作されていますが、尋ねると鰹の仕入れがあった日だけの限定メニューとのこと。
 先ずは穂紫蘇(ほじそ)をざざっとしごいて、全体に散らします。
 逆シルクハット型で透明ガラスの丼に、溢れんばかりの煮干清湯スープ、程よい脂を浮かべてとても美味しい。

クリックすると拡大します

 自家製麺の細麺はツルンとした麺肌、冷たいスープによく合って、とても美味しい。
 トッピングは豚チャーシュー、メンマ、白髪ねぎ、万葱、全体に散らした穂紫蘇。
 ごく稀に穂紫蘇をトッピングしたラーメンを見かけますが、ちゃんとスープとの相性まで考えているのは初めてです。

クリックすると拡大します

 さて、鰹の刺身、葉山あぶづり港たいぞう丸直送との説明があります。
 ※たいぞう丸から直送されてくる理由については、割愛。
 刺身には軽く醤油を当てていて、スープに浸けたり、醤油をかけたりする事なく、そのまま美味しく頂けます。
 って、六切れも乗せてあって、ラーメンのトッピングでは無く、普通に刺身として食べたいほどです。

クリックすると拡大します

 スルッと食べてご馳走様でした。
 食べ終わって店主さんと少し話しをさせていただき、お店を後にしました。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記