2019年10月31日

白サギの休息

/告別式のお手伝い/忌中払い/

クリックすると拡大します

 今日は午前中から告別式のお手伝い
 特別なことは何も出来ないけど、時代が変わったのか、土地柄か、単に斎場の関係か。
 幾つかの点が違っていて、ちょっと驚き。
 滞りなく告別式が終わり、忌中払い。

クリックすると拡大します

 昨日に引き続き、ちゃんとした和食が用意されていてびっくり。
 訊けば、会場自体は結婚式場としてオープンしたけど、数年前に斎場にリニューアルされたとのこと。
 平たく考えると、結婚式を挙げる人は減ったけど、葬式をする人は減っていないと言うことでよろしかったでしょうか。
 前菜 かぼちゃ豆腐、卯の花和え、海老、鰯。

クリックすると拡大します

 造り 鮪、勘八、甘海老、芽物色々。
 ツマ(大根の千切り)が切り身の下では無く、奥に盛り付けてあって、山葵を少し付けて美味しくいただきました。

クリックすると拡大します

 焼肴 かさご香味オイル焼き、烏賊。
 赤ピーマンとブロッコリーが秀逸。

クリックすると拡大します

 揚げ物 天麩羅、海老、白身魚、野菜。
 野菜がなすとインゲン、インゲンの天麩羅ってあまり食べたことが無い。

クリックすると拡大します

 替わり鉢 牛ロースしゃぶすき。
 メインはしゃぶしゃぶ、やり方が分からないので、右側のエノキ、ネギ、青菜をまず煮立てて。

クリックすると拡大します

 煮立ったところでしゃぶしゃぶ、というか、じっくり浸して軽く煮てから食べます。
 特に銘柄は示されていませんが、とても美味しかった。

クリックすると拡大します

 食事 鮪の時雨煮御飯。
 止椀 赤出汁。
 香の物 三点盛り。

クリックすると拡大します

 水菓子 杏仁豆腐、カットフルーツ添え。
 シロップ漬けした杏仁豆腐を食べたのは初めて、甘みがちょっと強いけど、これはこれで美味しい。

クリックすると拡大します

 大きな円卓でしたが、昔話がたくさん聞けて楽しかった。
 ま、葬式で楽しかったは不謹慎ではあるけれど。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月30日

日本一の味噌らーめん

/三ん寅(さんとら)@江戸川橋にて味噌らーめん、塩らーめん/葬儀のお手伝い/

クリックすると拡大します

 有楽町線江戸川橋駅で降りるのは、2015年4月以来二回目。
 あちこち食べ歩いているようで、乗り降りしていない駅が多いなぁ。
 今日は1b出口から地上に出て、左へ少し歩き、最初の信号を左へ折れ、少し歩いて右斜め前へ。

クリックすると拡大します

 お昼は、三ん寅(さんとら)@江戸川橋(新宿区山吹町362)公式ツイッター)へ。
 お弟子さんからの夥(おびただ)しい祝い花に囲まれて、2019/10/29にオープンされました。
 店主の菅原さんは元すみれ本店々長、京都店々長、新横浜ラーメン博物館店々長と17年勤めて独立。
 ぱっと見、読めない店名ですので、店主さんに由来を訊くと、「話すと長いので、短く言うと『寅年の三月生まれ』だから」との事。

クリックすると拡大します

 新横浜ラーメン博物館のすみれが閉店して10カ月ほど、この、外待ちし易い立地を求めて、開店までの時間が掛かったのだろうか。
 店主さんは北海道生まれの北海道育ち、独立と言うことなら土地勘や知人の多い北海道で出店するのかと思いきや。
 料理人であれば、東京で一度は勝負したいのだろうか、東京で自身の腕を試してみたいのだろうか。
 10/29、30、31は11:00-16:00の営業。11/1からは通常営業ですが、当面は味噌らーめんのみの提供とのこと。

クリックすると拡大します

 店内に入り、すぐ右手の券売機で食券を買います。
 メニューは味噌、醤油、塩が各850円。
 ライスやビールもあります。
 買った食券を店員さんに渡し、空いているカウンター席に案内されました。

クリックすると拡大します

 席配置は、店内左側の厨房に少し距離を置いて面したカウンター6席、奥の壁向きカウンター3席、右手に4人掛けテーブル2卓、計17席。
 卓上には特製ヱスビーコショー、一味唐辛子。
 厨房は首の高さの曇りガラスで囲ってあり、調理の手元は伺えません。
 とはいえ中華鍋を振る店長さんの顔は見えるので、何をしているのかは大体検討がつきます。

クリックすると拡大します

 店内は満席で、客あしらいに慣れた女性店員さんが3人ほど、よどみなくお客さんを捌いています。
 声掛けが出来ていたり、愛想が良かったり、テーブルウォッチに隙が無いことが「接客が良い」と思われがちですが。
 本当に良い接客とは、接客されていることを感じさせないこと。
 何かお願いしたいときに既にされていれば、お願いする必要すら無いわけですから。

クリックすると拡大します

 程なくして味噌らーめん850円
 あのすみれの麺相そのままに、ラードを啜っているかのような熱いスープ、両手のグーで殴られるかのような力強い味噌と挽肉の味わい。
 恐ろしいまでに旨い。
 白味噌ベースの味噌たれ、豚骨、鶏ガラベースのスープ、どこにでもある組み合わせに思えるのですが、ここでしか味わえない味わい。

クリックすると拡大します

 角中細麺はちょっとしたボタンの掛け違いで森住製麺と仲違いしてしまい、西山製麺に変わってしまいました。
 この縮れ中細麺も美味しいんだけど、すみれ好きであれば「独立したんだから森住製麺、使ってよ」とお願いしてみたくなりますね。
 たっぷりモヤシとタマネギは、大きな中華鍋でスープと共に煮込まれています。
 大きめの豚肩ロースチャーシュー、乗せられたおろし生姜は味噌らーめんの証、メンマ数本、バッチリ挽肉。

クリックすると拡大します

 続けて塩らーめん850円。友達がいない私は1人で2杯食べないといけないので、大変っす。
 たれと挽肉以外は味噌らーめんと同じですが、熱いラードを合わせてモヤシとタマネギの煮込み塩ラーメンって、他に思い付きません。
 狂おしいまでに旨い。
 これほどまでに熱々のスープなのに塩味がしっかり感じられるって、どんな塩たれなんだろう。

クリックすると拡大します

 角中細麺は全メニュー共通の西山製麺、しっかりとスープを持ち上げます。
 たっぷりモヤシとタマネギを、大きな中華鍋でスープと共に煮込むのは味噌らーめんと同じ。
 おろし生姜と挽肉は無く、大きめの豚肩ロースチャーシュー、メンマ数本、かまぼこ。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 丼は味噌、塩、醤油で共通で使われていました。
 当たり前の話ですが、感謝とは「美味しいラーメンをご馳走になりました」という意味ですよね。

クリックすると拡大します

 その後、大好きな仲間の飲み会を断って、地元の葬儀のお手伝いへ。
 どのようなプロセスで決定したか不明ですが、今夜は通夜、明日が告別式とのこと。

クリックすると拡大します

 つつがなく終えて、通夜ぶるまい。
 どうせカピカピのデリバリー寿司と、乾き物だろと部屋に入ってびっくり。
 職人さんがお鮨を握っているし、職人さんが天ぷらを揚げているし。

クリックすると拡大します

 ごめんなさい、最近の通夜ぶるまいを舐めてました。
 うどんも、茶碗蒸しも、おでんも美味しい。
 車で来てしまったのをどれだけ恨んだか。

クリックすると拡大します

 なんとデザートは二種類。
 しかしながら、今夜の席は私が最年少的な年齢構成なので。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月29日

天中華、うどん、らーめん

/ゆで太郎東五反田店にて天中華、焼きのり、ワカメ/Japanese UDON noodle lab 麺屋 坂本01@大森にて鶏天うどん(温)/らーめん雅楽GARAKU@あざみ野にて鮭節の醤油らーめん/

クリックすると拡大します

 早起きは中華蕎麦のために、今朝はゆで太郎東五反田店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げたチェーン店系路麺店ですが、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 ほぼ同じ時間に訪問すると、ほぼ同じ場所を同じ人が掃除をしているはずなのに。

クリックすると拡大します

 店内に入るとノーゲス、店員さんに食券を渡して、いつもの席に座ります。
 座る席は、下手な写真が少しでも綺麗に写るように、光線を考えて決めています。
 いつもは店内向きに座っていましたが、今朝は壁向きに座ってみました。
 おお、日程は不明ですが、無料クーポンを再配布されています。

クリックすると拡大します

 天中華450円、焼きのり100円、クーポンワカメ
 ネギが少なめでも、海老天が揚げ置きでも、店長さんが無愛想でも。
 日本一美味しい天中華が食べられる幸せ、実感。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は、Japanese UDON noodle lab 麺屋 坂本01@大森公式ツイッター)へ。
 道行くお客さんと同じように店内を覗くと、ついに椅子が導入されたようです。
 椅子の導入に合わせるように、店先には二席ほどの外待ち席が用意されています。
 営業時間が変更され、平日は11:00-15:00 17:00-22:00、土日祝は11:00-15:00です。

クリックすると拡大します

 店先には先着1,000本のちくわ天サービス券が用意されていましたが、他の人に譲って店内へ。
 メニューは微調整され、上段が冷たいうどん、次段が温かいうどん、以下、種物、カレーうどん等、ご飯物などです。
 毎月のように(訪問するたびに)メニューが変更されているので、私のように「全種類食べてやろう」な人には分かりにくい。
 いやいや、毎回新鮮な気持ちで伺えばいいだけですね。

クリックすると拡大します

 設置された丸椅子は10席、脚の部分に足置きが付いたタイプで、短足の私はとても助かります。
 荷物置きは相変わらず用意されていませんが、テーブルの下部にフックが用意されています。
 卓上には七味唐辛子が置かれるようになり、食べ終わる頃に試してみたいですね。
 店員さんは二人、両方とも知った顔ですが、スタンプカードを頂きました。

クリックすると拡大します

 少し待って、鶏天うどん(温)550円
 保冷されたいりこ出汁のうどん汁を、注文分だけ雪平鍋に分けてIHで加熱されています。
 ふわっと立ち上ってくる山椒の香りを追いかけるいりこ出汁の香り。
 くらくらっと、思わず目をつぶってしまいます。

クリックすると拡大します

 程よいコシ、程よい食べ易さの中太うどんは田村製麺、このうどんが自身の身の丈に合っていて、とても美味しい。
 揚げたてで熱々の鶏天は大きいので端で割って食べると、柔らかい優しい味わい、いりこだしも良く染みこんできます。
 時折、九条ネギとおろしを添えながら食べ進め、ほんの少し残った麺に七味唐辛子を振ってみると、旨みを辛さがぱっとはじけさせます。
 美味しくいただき、いただきご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、らーめん雅楽GARAKU@あざみ野(横浜市青葉区)公式ブログ)へ。
 月一で伺えなくなって久しいですが、今月はなんとか月末に伺えました。
 10月の限定らーめんは、鮭節の醤油らーめん。

クリックすると拡大します

 『巷ではあまり見かけない鮭節は、際立つ優しい「旨味」と「甘み」が特徴。
 その訳は、他の天然素材と比較して風味を生み出す遊離アミノ酸が2倍含まれていること。
 鮭特有の爽やかな「旨味」と「甘み」、後半の「風味」をお楽しみください。』

クリックすると拡大します

 仕入れ食材の原価や人件費の高騰を受け、消費税増税のタイミングでほぼ全品50円値上げされています。
 ま、いつも通り券売機に千円札を二枚入れて、らーめんとビールのボタンを押し、黙っておつりをもらうだけですけど。
 ビール450円、今夜はあざみ野で一人お疲れ様会。
 茹でただだちゃ豆が美味しいのなんのって、ビールが進みます。

クリックすると拡大します

 ママさんがいるときだけ作ってくださる試作メニュー、、、試作と言っても永遠に試作なのかも。
 大抵は激辛ですが、今夜の汁無しモヤシアンは辛さ柔らかめ。
 山椒がビシッと利いていて、ビールが一瞬で蒸発しました。

クリックすると拡大します

 今夜はママさんがいるので、話し相手には困らないんですが。
 そんな夜に限って、たまたまお客さんが少なくて、色々と話し込んでしまいました。
 まるで四方山話、何を話したか何にも覚えていないけど、多分、台風被害の話だったかと。

クリックすると拡大します

 閉店時間に食べ終われるように食べ始めた、鮭節の醤油らーめん1,050円
 ※店主さんのご好意により、標準的な盛り付けと異なりますので、ご了承ください。
 節系、煮干系のラーメンは多くありますが、鮭節はラーメンは非常に珍しく、私は雅楽の限定メニューしか知りません。
 色合いから薄めに感じた味わい、確かに飲み始めは薄めに感じますが、鮭節の削り節が溶け出して、しっかりした美味しい味わいに変わっていきます。

クリックすると拡大します

 合わせた麺は三河屋製麺の中細麺、醤油らーめんに使われている麺と共通で、スープによく合うこと。
 トッピングは豚肩ロースレアチャーシュー、鶏モモ肉チャーシュー、穂先メンマ一本、味玉、数種類のネギ。
 多めの量に思えて、するすると食べられる美味しさ。

クリックすると拡大します

 サービスして頂いた半ライス、お米は青森県産まっしぐら特別栽培米。
 昨日から新米になったそうで、炊き方を変えて一番美味しい状態にして提供。
 そのまま食べても美味しいけど、残ったスープを掛けて食べたらもっと美味しい。
 スルッと食べてご馳走様でした。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記