2019年10月05日

第二回超プレミアム日本酒会

/名代箱根そば喜多見店にてざる、ちくわ/銀座 喰い切り ひら山にて第二回超プレミアム日本酒会/

クリックすると拡大します

 朝は、名代箱根そば喜多見店ホームページ)へ。
 駅改札を出て正面の最高立地は他店に譲り、小田急マルシェの最下位立地と思われる、少し歩く場所にあります。
 立ち食いそばは、ちょっと立ち寄っていくかのお客さんは少ないので、立地はあまり関係ないですね。

クリックすると拡大します

 券売機を眺めると、券売機自体は全店で共通なのに、どうしてボタンの位置が違うのか、不思議でなりません。
 店舗ごとにある程度の裁量があるのかも知れませんが、わざわざ変える理由が思いつきません。
 ただ、いくつかの店舗を食べ歩く人は想像できないので、同じメニューのボタンは同じである必然性もありません。

クリックすると拡大します

 店内は壁向きカウンターが6席、4人掛け相対カウンター、2人掛けテーブルが7卓と、箱根そばにしては広々としています。
 卓上にはいつもの七味唐辛子、お冷やを汲んで、お蕎麦のできあがりを待ちます。

クリックすると拡大します

 程なくしてざる400円、クーポンちくわ
 箱根そばには「もり」は無くて「ざる」のみ、ざるに刻み海苔を散らすのが箱根そば流。
 暖かいお蕎麦はブレがあるのですが、冷たいお蕎麦はどの店舗でも安定して美味しいです。
 薬味ネギの量が明らかに多くなっているし、わさびも多めです。

クリックすると拡大します

 クーポンでもないと食べないちくわ。
 店内揚げだと思いますが、すっかり冷めていて、これ、温かいお蕎麦に浸して食べるべきだと思いました。
 美味しくいただき、ごちそうさまでした。

クリックすると拡大します

 喜多見から東銀座までは幾つかの行き方があるけど。
 時間に余裕があるので、東銀座まで行かずに有楽町から歩いて電車代を節約しようかと思ったけど。
 100円も変わらないので、東銀座まで行くことにしました。

クリックすると拡大します

 お昼は、銀座 喰い切り ひら山ホームページ)にて、第二回超プレミアム日本酒会
 私のような一介のサラリーマンが気軽に伺えるはずもない銀座の懐石料理店に、こうして伺えるのも人の縁のおかげ。
 夏の終わりと、秋の始まりの季節に伺えるのが、この上ない幸せです。

クリックすると拡大します

 テーブル席を貸し切っての会、ホームページを見る限りでは、料理のコースは通常のとはちょっと違うようです。
 まま、普段は懐石料理を食べ慣れないので、何を食べても美味しいとは思います。
 こうして献立を書いてくださると、ブログに起こすときにとても助かります。

クリックすると拡大します

 さて、今日の超プレミアムな日本酒は全部で4本。
 お金を出しさえすれば買える日本酒もあれば、特別なルートで仕入れた日本酒もあります。
 いずれにしろ、がぶがぶと飲む日本酒ではないことは、間違いありません。

クリックすると拡大します

 先付 菊花浸し 焼松茸。
 懐石料理だと、一品目から松茸、松茸の香りは何度嗅いでもいい香りです。
 一気に「さあ、飲むぞ」な準備が整いますね。

クリックすると拡大します

 一杯目は新潟の蔵本である原酒造が醸す「あわっしゅ」スパークリング純米酒。
 名前ほど泡が強いわけではなく、微発砲なスパークリング、それでいてしっかり日本酒なのは純米酒だから。
 乾杯酒でお代わりはおかしいけど、ま、小さな会なのでお代わりしました。

クリックすると拡大します

 お椀 海老真薯菊花仕立て。
 菊の花がとても輝かしいお椀、真薯(しんじょ)は大きめで、お出汁によく合っています。
 なんとも優しい口当たり、年に一度くらいは味わいたいなぁ。

クリックすると拡大します

 吉乃川が醸す 「眞浩蔵(しんこうぐら)」大吟醸原酒 山田錦七年貯蔵
 創業四七〇年周年記念酒。
 飲んでみると、もの凄い繊細な味わいで、普段飲んでいる日本酒とは全く異なるおいしさ。

クリックすると拡大します

 向附 鰹。
 切り身三切れに対して、薬味がおろしニンニク、辛子、醤油と、まあ、細かい。
 穂紫蘇をしごきながら、どうやって食べるか思案し、醤油とニンニク、醤油と辛子、醤油だけで食べることにした。
 鰹の切り身って溶けたりするんだ、何かの魔法を掛けているのだろう。

クリックすると拡大します

 原酒造が醸す「越の誉(こしのほまれ) もろはく」純米大吟醸秘蔵古酒 8年熟成酒。
 値段はともかく、この日、一番美味しかった一本。
 料理に合わせるというか、料理と共に存在する一杯です。

クリックすると拡大します

 八寸 栗渋皮揚げ、子持ち鮎、鯖寿司、鱧子煮凝り、銀杏、玉子カステラ、稲穂。
 柿の葉っぱは食べられるのかとか、いやいや稲穂は食べられるとか。
 鱧子煮凝りを初めて食べたけど、心揺さぶられる素晴らしい味わい。

クリックすると拡大します

 DHC酒造が醸す「越乃梅里(こしのばいり)」大吟醸原酒
 平成30年度新酒鑑評会金賞受賞酒、DHCとはあのDHCね。
 この日本酒も格別、まあ、今日はそんなのばっかりだから、あれも美味しい、これも美味しいでいいんだけど。

クリックすると拡大します

 鉢 肴 和風タンシチュー。
 数々の多くの野菜と共にタンシチューを煮込んだ逸品。
 このタンシチューと季節のご飯を合わせたセット物をランチで出していて、予約不要なのです。
 そろそろ寒くなってきたので、なんとか機会を見つけて、食べに行こう。

クリックすると拡大します

 新潟の蔵元である金升酒造が醸す「宝づくし ひやおろし」純米大吟醸。
 今の時期、どんなに高級酒を飲んでいて、ひやおろしも飲んでみたい。
 すっきりした味わいで、ご飯物に合いますね。

クリックすると拡大します

 食事 新米白めし
 止椀 赤出汁
 香物 胡瓜 等
 店主さんからイクラをサービスしてくださいました、ありがとうございます。

クリックすると拡大します

 ご飯を食べ終わって、お茶で一息入れます。
 このプレミアムな日本酒会は、幹事さんが数週間前にイベントを立てていました。
 それじゃあ都合が付かない人もいますよと話をもっていって、来年の予定を立てました。

クリックすると拡大します

 水菓子 柿梨ワイン漬け、酒粕クリームブリュレ。
 今回もとても美味しい懐石料理、二度と飲めないと思われる素晴らしい日本酒、ごちそうさまでした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記