2019年10月09日

冷やしちゃんぽん好

/ゆで太郎東五反田店にて天中華、ゲソ天、カレー/昭和洋食開陽亭@品達にて冷やしちゃんぽん/

クリックすると拡大します

 早起きは中華蕎麦のために、今朝はゆで太郎東五反田店(ホームページ)へ。
 ゆで太郎は信越食品が立ち上げたチェーン店系路麺店ですが、途中からゆで太郎システムと共同ブランドとしてどちらも大繁盛されています。
 前回の中華そばでは実現できなかったカレーラーメン、今回の天中華で実現できそうです。

クリックすると拡大します

 天中華450円、ゲソ天100円、クーポンカレー
 カレーラーメンだけではなく、終売が近いゲソ天も合わせてしまい、ちょっとカロリーオーバー。
 味はカレーラーメンとして今日から販売してもらいたいほどの相性で、ひょっとしたらカツカレーラーメンもイケるかも知れない。

クリックすると拡大します

 終日無料サービスの紅生姜がとんこつスープがごとく良く合います。
 ゲソ天は衣替えが早過ぎて、イカをまんま食べることなりつつも、心は満足満足。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 お昼は、昭和洋食開陽亭@品達へ。
 旧どんぶり五人衆の地鶏焼炭火焼 旬(2019/5/3-2011/10/23)、刀削麺 張家(2011/11/18-2018/3/30)、浜茶屋 百万石(2018/5/10-2019/4/25)跡地に、2019/6/3オープン。
 「麺達七人衆 品達ラーメン」として2004/12/1スタート、2006/5/3に「品達どんぶり五人衆」が加わり、2016/4に「品達(品達品川)」として統合されました。
 統合後、2016/4/15に品達羽田がオープンしています。

クリックすると拡大します

 中華麺(ちゃんぽん)がメニューにあったので、そそられて立ち寄りました。
 改めてメニューを確認すると、トルコライス推しなんですね。
 パスタでは無くナポリタンなどのスパゲッティ、ハンバーグ、カレーを販売されています。

クリックすると拡大します

 店内は、カウンター3席、4人掛けテーブルが6卓。
 卓上にはタバスコと粉チーズがあります。
 ランチタイムと言うこともあり、先客6人はのんびり食事をされていて、後客も数人いました。

クリックすると拡大します

 少し待って、冷やしちゃんぽん800円
 冷麺のようにステンレス製のボールに盛り付けられていて、サニーレタス、パプリカ、キュウリ、ベーコン、ミニトマト、ニンジン、モヤシなど具だくさん。
 スープはあっさりした味わいで酸味が利いていて、豚ガラや鶏ガラというより、ドレッシングの様です。

クリックすると拡大します

 各中細麺は少し柔らか仕上げでスープ(?)とは相性はイマイチ、かといって他にこのスープを使う料理は見当たらないです。
 全体的に冷やしすぎていないけど、食べていて温まることも無く、最後まで冷たく美味しくいただけます。
 途中で味変をしようかと思いましたが、ちゃんぽんで味変はおかしいですね。

クリックすると拡大します

 本場のちゃんぽんでは当たり前なのかも知れませんが、ミニピラフがサービスされます。
 バターが利いていて、ホタテ風味、アサリやイカも入っています。
 この量と、この味ならば、この値段は安いと感じます。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記