2019年12月31日

大晦日

/麺や笑味寿@平塚市富士見町にて塩魚介ラーメン、ライス/年越し蕎麦/

クリックすると拡大します

 大晦日、今年も一年、お疲れ様でした。
 今年の大晦日は、ぽかぽか陽気で、柿の木を見るまでは春かと思いました。
 女房の買い物に付き合って出掛け、隙を突いてラーメンでも食べますか。

クリックすると拡大します

 とは言え、大晦日に営業しているラーメン店は限られます。
 やっぱりここは一つ、24時間営業の家系ラーメン店か、博多ラーメン店かと向かいましたが。
 通りかかった麺や笑味寿@平塚市富士見町が、営業していました。
 去年の5月以来、5回目の訪問です。

クリックすると拡大します

 その頃からポツポツと限定メニューを販売されていて。
 今日も何かやっていないかなと店先を見ると、「復活」と称して、塩魚介ラーメンが告知されていました。
 それじゃ、それにするか。

クリックすると拡大します

 店内に入り、券売機を一応チェック。
 つけ麺と揚げ物メニューが無くなり、チャーシュートッピングは3枚から2枚へ、ライスは無料から2杯まで100円に。
 麺は細麺に変更できるみたいなので、いずれ試してみたいですね。

クリックすると拡大します

 お冷やの置かれたカウンターに着席し、食券を渡しながら「柔らかめで」と伝えます。
 卓上の調味料は、白ごま、おろしにんにく、刻み玉ねぎ、酢、醤油、辣油、一味唐辛子、黒胡椒。
 相変わらず豆板醤は用意されていません。

クリックすると拡大します

 先ずはライス100円
 1杯目は柴漬けを乗せて、お腹が空いているのでラーメンが来る前に食べ始めます。
 ラーメン屋のご飯で外したことは無いけど、こちらのご飯も美味しい。

クリックすると拡大します

 程なくして、塩魚介ラーメン880円
 スープの温度がすっかり下がってしまうほど、麺が見えないほどのトッピング。
 魚介ベースのスープに魚粉を溶け込ませ、塩たれを合わせたスープは、冷たくはなっていなくて、とても美味しい。
 座った席がディアップ近くで、他のお客さんにも出ていた理由が分かります。

クリックすると拡大します

 中太麺はスープによく合っていてとても美味しいのですが、未だに製麺所不明(今更聞けない)。
 トッピングはバラ巻きチャーシュー2枚、茹でほうれん草、たっぷりわかめ、板海苔二枚、白髪ネギ。
 あれこれ入っていてお得感満載、スープの温度も下がっていなくて、とても良い感じです。

クリックすると拡大します

 お楽しみの味変タイム。
 大好きな豆板醤が無いので、おろしニンニク多め、刻みタマネギ多めでやってみました。
 うーんと、ニンニクは要らないかな。

クリックすると拡大します

 残ったスープは2杯目のライスを投入して、と。
 ライスにスープを掛けた場合はスープを残せばいいけど、スープにライスを入れた場合はスープを残せない。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 恒例の年越し蕎麦
 シンプルに海老天を2本のせて頂きます。
 子供たちが大きくなって独立しているので、今年は女房と親父の三人で食べることになるかと思っていたけど。
 一人、帰省してきたので、4人で楽しく食べました。
posted by ふらわ at 21:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月30日

望年会

/名代 箱根そば 中央林間店にてチキンタツタのクリスピーチリ丼セット/ちがさき粋酔会・肉バル来酒 コラボ望年会2019/

クリックすると拡大します

 大晦日イブ、飲み納めと言うことでは無いけど、毎年どこかに飲みに出掛けている気がする。
 いずれも自身の会では無いので、誘って下さる方々に感謝、一年中感謝、年の瀬も感謝。
 今日は大好きな日本酒の会からお誘い頂き、念願の参加、楽しみです。
 の前に、お蕎麦でも。

クリックすると拡大します

 中央林間駅で途中下車して、名代 箱根そば 中央林間店公式ホームページ)へ。
 箱根そばは駅ナカが殆どですが、駅ナカであっても改札外だと行きにくかったりします。
 店先では年越し蕎麦を販売していて、いつか買って食べてみたいと思いつつ、早数十年。

クリックすると拡大します

 券売機二台体制、店舗限定メニューが無いことを確認して、季節(?)限定メニューを。
 前回、他支店で春菊・舞茸天を食べたので、今日はご飯物とお蕎麦のセットメニューを。
 食券を買い、店内に入って右手の受付で「温かい蕎麦で」と添えて食券を出します。

クリックすると拡大します

 席配置は、立ち食いカウンター10席、壁向きカウンターが3席、8席、8席。
 こんな年の瀬のこんな中途半端な時間でも、先客8人、後客6人とお客さんが入っています。
 卓上には安定安心の七味唐辛子。

クリックすると拡大します

 少し待って、チキンタツタのクリスピーチリ丼セット(温そば)660円
 単品だとかけそば310円、ミニかき揚げ天60円、ご飯物350円ですので、セットは60円お得。
 お蕎麦は安定安心の美味しさ、丼はチキンタツタが三つも乗っていて、ピリ辛で美味しい。
 美味しくいただき、ご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 夜は、日本酒×肉バル【来酒】にて、ちがさき粋酔会・肉バル来酒 コラボ望年会2019
 抜栓した日本酒に年を越させるな、をスローガンに、お店の日本酒をたっぷり飲む会。
 とは言え、スローガンはスローガン、会が始まってしまえば、ひたすら飲むだけ。

クリックすると拡大します

 数年前からその存在は知っていましたが、誘われなければ参加できないので。
 今年初めてお誘いがあったのは、日々、徳を積んでいた結果と受け止めています。
 しかも今年から人数を大幅に絞ったとのこと。

クリックすると拡大します

 とは言え、乾杯酒は特別なお酒を抜栓します。
 兵庫の蔵元である黒龍酒造が醸す「黒龍(こくりゅう)しずく」大吟醸酒。
 佐賀の蔵元である富久千代酒造が醸す「鍋島(なべしま)雫しぼり」大吟醸酒。
 高いお酒は早めに飲まないと味が分からないので、乾杯酒はとても嬉しい。

クリックすると拡大します

 アミューズ トリュフを添えたカリフラワーのポタージュ。
 フレンチは先ず身体を温めるスープから出されることが多い。
 トリュフの香りが、もう、たまりません。

クリックすると拡大します

 アントレー フォアグラのテリーヌ、鴨肉の生ハム サラダ仕立て
 フォアグラ、まっすぐ勝負で日本酒を跳ね返す美味しさ。
 うーん、鴨肉が見当たらないけど、、、

クリックすると拡大します

 お酒は適時燗付けされます。
 フレンチにも燗酒があるのは、既に知っているので、これがまた美味しい。

クリックすると拡大します

 アントレー ポルチーニ茸とマンステールのキッシュ。
 店名は来酒ですが、ポルチーニ茸入りのキッシュはとても美味しい。

クリックすると拡大します

クリックすると拡大します

 ポアソン 世界三大スープ、マルセイユ風ブイヤベース。
 世界三大スープは、ブイヤベース、フカヒレスープ、トムヤムクン、ボルシチ。
 美味しい日本酒が冷めても美味しいように、美味しいスープは冷めても美味しい。

クリックすると拡大します

 ヴィアンド 2種のロースト食べ比べ、仔牛ヒレ肉と蝦夷鹿ヒレ。
 メインは肉、贅沢に仔牛と蝦夷鹿、さらに(アントレーで出し忘れた)鴨肉の生ハムも一緒に味わえます。
 どの肉もとても美味しく、日本酒が進みます。

クリックすると拡大します

 デザート 酒粕のチーズケーキ。
 単なるチーズケーキではなく、酒粕入りなのか、どうりで日本酒に合うはずだな。

クリックすると拡大します

 抜栓したお店の日本酒を全て飲み干すことはできなかったけど、そこそこ飲みました。
 この料理と、この日本酒で10,000円会費は安すぎます。
 今年一年、お世話になりました。

クリックすると拡大します
posted by ふらわ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月29日

井細田の新店

/G系ラーメン佐藤ジロー@小田原市扇町2-16-10にてラーメン(並)/石塚酒店にて試飲会/晩酌/

クリックすると拡大します

 午前中はのんびり起きて、朝食をがやがやしながら頂く。
 こうしてうるさいうるさいと文句を言いながら自宅で食べる食事を幸せと呼ぶのだろう。
 私には幸せなんて到底似合わないと思っているけど、それは自分が幸せだからだろう。
 何もかも、ありがたいことです。

クリックすると拡大します

 お昼は、G系ラーメン佐藤ジロー@小田原市扇町2-16-10へ。
 2019/11/27オープン、店長さんは翔龍(後期)の店長さん。
 どんな地にもあるG系(ガッツリ系、ガーリック系)ですが、不思議と小田原には根付かず、豚壱家(足柄店(2010/5/15-2011/1/31)、国府津店(2010/7/17-2015/6/30)が閉店して以来、4年ぶりのG系ラーメン店になります。
 店舗のある味のプラザビル(井細田駅から徒歩一分)は、その駐車場の入りにくさ(停めにくさ)が災いしているのか、何度も店舗が変わっています。

クリックすると拡大します

 調べた限りでは、十八番、博多長浜ラーメン翔龍井細田店(2010/5-不明)、麺処輝(2016/8/6-2017/8/10)、麺や笑(2017/11/20-2018/11/13)、博多ラーメン翔龍(不明)。
 翔龍が二度登場してますが、店長や経営は別なので再開店ではありませんし、どちらの翔龍のことか判断がつかないネット情報もあります。
 開店当初、店内はラーメンを含めて全て撮影禁止のようでしたが、その後、撮影禁止のポップに「ラーメンはいいよ」と書き足されています。

 撮影禁止ですので、メニューとか席配置とか調味料とかは全てすっ飛ばしてラーメンの話だけ。
 券売機を見ると、ラーメン並780円、ネギラーメン並890円、汁なし並880円。
 麺量は並250g、大(100円増し)375g、倍(200円増し)500g。
 トッピングは、生たまご50円、味ねぎ100円、ゆで卵70円、のり100円、からし高菜100、うずら卵100円。
 豚増し、ご飯物はありません。

 席配置は前店踏襲、厨房を囲むL字カウンター6席と5席、壁向きカウンター5席。
 卓上にはラーメンのタレ、酢、一味唐辛子、ブラックペッパー粗挽、ホワイトペッパーパウダー。
 厨房には男性店長さんと女性店員さんがいて、女性店員さんに食券を渡します。
 無料トッピングはヤサイ、ニンニク、アブラ。汁なしは更に辛味、海老、マヨネーズも可能です。

 厨房の様子はイマイチ見えませんが、麺が茹で上がったと思われる頃に「ニンニク入れますか?」と訊かれたので、「ニンニクヤサイ」と答えます。
 しばらくして、茹で上がった麺を丼に入れて、茹で野菜のザルを持ったところで「ヤサイニンニクでしたよね?」と確認が入りました。

クリックすると拡大します

 10分ほどでラーメン(並)780円
 やや乳化したスープからは生肉の旨味を感じることはできず、誤解を恐れずに言えば豚骨清湯と背脂とかえし醤油と魔法の白い粉の味わい。
 野菜はモヤシ7割、キャベツ3割、ラーメン二郎に比べると盛りはおとなしめ、そもそもラーメン二郎でもないしラーメン二郎インスパイアでもありませんし。
 ラーメンはそんな風に難しいことを考えながら食べる料理ではありませんし、開店して一ヶ月でああだこうだも何かポイントがずれています。

クリックすると拡大します

 ミシっとした噛み応えの太麺は村上朝日製麺所、オーションが使われているのか、かなりの噛み応え。
 翔龍時代は鴨宮製麺でしたので、経営が変わったのかもしれませんし、村上朝日製麺所という印象が間違っているのかも知れません。
 刻みニンニクを少しずつ溶かしつつ食べ進めると、甘さと辛さがいい感じです。

クリックすると拡大します

 豚は豚バラブロック肉で二個、大きさはかなり異なり、かなり食感が違います。
 スープをあまり吸わないタイプで、そのまま食べる感じ。
 特別な惹きはありませんが、ラーメン二郎インスパイア不毛の地である小田原では受けると思います。
 スルッと食べてご馳走様でした。

クリックすると拡大します

 少し休んでから、石塚酒店公式ホームページ)へ。
 こちらが「日本酒を楽しむ会」の主催者である石塚さんのお店、というか、二代目の店主さん。
 石塚さんが飲食店を貸し切って自身のお店の日本酒を提供する会を開催されるということは、日本酒の試飲も兼ねていることは分かりきっていること。
 つまり、気に入った日本酒があればお店に買いに来てね、ということでしょう。
 会に参加して、美味しかった、楽しかった、だけでは、ねー

クリックすると拡大します

 他人に厳しく、自分に甘い私にそんなこと言われてもな。
 ということで、年に何度かお店で試飲会をされるので、何年かぶりに伺いしました。
 冷やで7種類、燗で10種類程度の日本酒が飲み放題で900円(税込)。
 年の瀬ということで皆さん忙しく、一時間ほどいましたが、終始ノーゲス。

クリックすると拡大します

 日本酒を飲むというより、いろいろな話をするのが目的だったりします。
 石塚さんは多くを語るタイプではないのですが、来年の話をちらっとされて。
 その日に自身が幹事の会が重ならないことを、祈るばかりです。
 もちろん、一升瓶一本と四合瓶一本を買って、お店を後にしました。

クリックすると拡大します

 お店に一番近い駅は井細田なんだけど、一度も乗り降りしたことがない。
 ここから小田原に行くなら乗ればいいんだけど、小田原に行くことがない。
 人生、用事がないことだらけだな。

クリックすると拡大します

 晩酌
 群馬県の蔵元である永井酒造が醸す「水芭蕉(みずばしょう)」純米大吟醸 干支ボトル。
 お酒好きにとってお酒をもらえることが最高の喜び、ありがとうございます。
posted by ふらわ at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記